About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/12/10

Стать(Russian)

Стать(2017,Russian)

Даже вы,
не становятся украшением.
Иногда нас кричат,
что это личность, но
Он существует так много людей, как есть
Чтобы стать особенным,
Я должен ходить
Да, ты тоже для кого-то
Это нормально, даже если я думаю, что даю это

Я должен искать его скорее
Если он защищен,
Вы также должны защищать кого-то
Я думаю, что могу это сделать

Вы…
Много, вы, возможно, видели трагедию
Вы…
Много, вы можете увидеть демонов
Но вам решать сдаться.
Я покажу вам доказательство

Вы,
конечно, не монстры
Иногда вы кричите
когда вы легко
Он существует столько, сколько есть людей,
Это отличается от прогнозирования правды.
Да, в том направлении, в котором вы верили
Вы можете думать, что он там.

Скорее, я должен продолжить
Из-за голоса
Растянутое зеркало существует бесконечно
Кошмар, замеченный, прерывает

Вы…
Возможно, вы слышали шум
Вы…
Много, вы можете услышать шум
Однако,
Ты был совершен.
Я покажу вам доказательство

Индивидуальность,
И ты, и я, и тот человек.
Но, я скажу это снова
Чтобы стать особенным,
вы идете оттуда.
Необходимость
И кто-то, я, как и ты.

Протянуться в темноте.
Даже если вы касаетесь пальца,
Индивидуальность меняется на специальную.
Сделайте один шаг.
Это настоящая личность.

Покажем это доказательство.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

君は…
沢山の悲劇を見てきたかも知れない
君は…
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は…
沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は…
沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど、
与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/12/07

What you want?

What you want?(2016)

I continued running,
the way is beautiful
Forever this bustle and fantasy
I wanted to go by.
But I thought,
On a bright morning
that began to communicate
Why did you want to stop?

That's ...
not the number of conversations
That's ...
not a greeting temperature
Rather, I began to feel kindness
I feel like I'm getting far away

I want to dream
I can't stop my feet,
I had a dream,
The regeneration of yesterday's cycle,
I'll let you know

With actions that always painted someone
Sometimes it hurts
The solitary backward calculation
that I came today
You only have to be kindness tomorrow

Strong words, that is seen on their backs
With that kind of feeling holding in my heart
I wanted to pass by.
But words,
On the night we started communicating
Now why did you just want to stop?

It's not a function of smile
It's not the temperature of the reaction
Rather it began to feel kindness
I feel like I'm getting far away

I want to dream
I can't stop my feet.
However
I had a dream
The regeneration of yesterday's cycle
I'll let you know

With the idea that I always drew someone
I also have things
I can't avoid saying at times
The imagination of the objective
which I came today
You only have to be kindness tomorrow

By the time it gets brighter again
Will my feet move?

Always draw someone and walk
Take all the ruined facts
Such sorrow that I came today
You may change to kindness tomorrow


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
What you want?(2016,Japanese)

走り続けて来た道は美しく
いつまでも この喧騒と幻想を
通り過ぎて行きたかった
でも 思い、
通じ始めた明るい朝に
立ち止まりたくなったのはなぜ?

それは会話の回数じゃない
それは挨拶の温度じゃない
寧ろ優しさを感じ始めた中で
僕は遠くなって行く気がして

夢を見たい
足を止められない だけど
夢を見た
昨日のサイクルの再生が
分からなくさせるよ

いつも誰かを描いた行動で
時に傷付ける事もある
今日浮かんだ逆算の孤独が
明日 優しさになればいい

強い言葉、その背中見られている
そんな感じで 心留めていたまま
通り過ぎていきたかった
でも 言葉、
通じ始めた 夜に
今はただ 止まりたくなったのはなぜ?

それは笑顔の関数じゃない
それは反応の温度じゃない
寧ろ優しさを感じ始めた中で
僕は遠くなって行く気がして

夢を見たい
足を止められない
だけど
夢を見た
昨日のサイクルの再生が
分からなくさせるよ

いつも誰かを描いた考えで
時に言わざる得ない事も受けて
今日浮かんだ客観の想像が
明日 優しさになればいい

また明るくなる頃に
足が動くかな?

いつも誰かを描いて歩いて
全部台無しの事実を受ける
今日浮かんだそんな悲しさを
明日 優しさに変えていい


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/12/05

What you want?(Japanese)

What you want?(2016,Japanese)

走り続けて来た道は美しく
いつまでも この喧騒と幻想を
通り過ぎて行きたかった
でも 思い、
通じ始めた明るい朝に
立ち止まりたくなったのはなぜ?

それは会話の回数じゃない
それは挨拶の温度じゃない
寧ろ優しさを感じ始めた中で
僕は遠くなって行く気がして

夢を見たい
足を止められない だけど
夢を見た
昨日のサイクルの再生が
分からなくさせるよ

いつも誰かを描いた行動で
時に傷付ける事もある
今日浮かんだ逆算の孤独が
明日 優しさになればいい

強い言葉、その背中見られている
そんな感じで 心留めていたまま
通り過ぎていきたかった
でも 言葉、
通じ始めた 夜に
今はただ 止まりたくなったのはなぜ?

それは笑顔の関数じゃない
それは反応の温度じゃない
寧ろ優しさを感じ始めた中で
僕は遠くなって行く気がして

夢を見たい
足を止められない
だけど
夢を見た
昨日のサイクルの再生が
分からなくさせるよ

いつも誰かを描いた考えで
時に言わざる得ない事も受けて
今日浮かんだ客観の想像が
明日 優しさになればいい

また明るくなる頃に
足が動くかな?

いつも誰かを描いて歩いて
全部台無しの事実を受ける
今日浮かんだそんな悲しさを
明日 優しさに変えていい


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)





(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/12/02

Aria on the extension line

Aria on the extension line(2016)

"Stop!" I'm saying
"Stop!" I'm screaming.
But before getting in touch
In the meantime, the destination is
Doing that, chasing people's shadows
Always a bad storyteller

I'm me,
Important fancy
However,
You and I are you,
To fill it up,
Far more than I feel,
Saying a word,
There is nothing else to repeat

If you see it cut out
To the feeling that ends there
If you tied with a line so far
Another one should be visible

I don't read the word of words
Feel the expression
Also in conversations that end there
The back is its back, its back is
Doing so reaches for people's shadows
The closing storyteller

I'm an important, fantasy that I'm
However
Between you and me, to fill it
Far more than I think
I can't speak a word, I can't repeat it

From words bundled at once
From a feeling of being exhausted
Every time I see him,
I have a casual greeting
Another one should be visible

Without waiting for the falling down
To the message passed by
I don't care about large and small
Continue to respond one by one
The face of words, the back of words
I want to live with the same warmth

The back of the back of the word
I imagined the fantasy I was worried about
The face of someone who's not me
Beyond that, the back is the inside of it
Doing so,
reaching out to the darkness of people
A mourning storyteller




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
延長線上のアリア(2016)

止まれと僕は言っている
止まれと僕は叫んでる
だけどいつの間にか
その先は、その先は、その先は
そうやって人の影を追いかける
いつも良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

くりぬいて見たのなら
そこで終わる気持ちにも
これまでと線で結んだなら
もう1つ、見えてくるはず

言葉の文字を読み取らず
その表情を感じ取り
そこで終わる会話にも
その奥は、その奥は、その奥は
そうやって人の影に手を伸ばす
終わり良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

一度に束ねた言葉より
疲れ終わる気持ちより
会うたびに何気無い挨拶で
もう1つ、見えてくるはず

降りかかるのを待たずに
通り過ぎたメッセージに
大小なんてどうでもいい
ひとつひとつ 応え続けて
言葉の顔、言葉の背中を
同じ温かさで生きていたい

言葉の裏の裏の裏を
察し悩んだ空想を
僕ではない誰かの顔の
その先は、その奥は、その内は
そうやって人の闇に手を伸ばし
嘆き紐解くストーリーテラー

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/11/28

MC(one side of a rainbow)

MC(one side of a rainbow)

Hello.
This is Hayashitani.


"Rainbow Cross Section"
By saying that,
Find a nice flower,
Because I was able to take a nice photo,
I will introduce it here.

(Photo by.Takashi Hayashitani)

I took it by reflecting it on the window glass.




(Japanese)
MC(虹の一面)

こんにちは。
林谷です。


「虹の断面図」
ということで、
素敵な花を見つけて、
素敵な写真が撮れましたので、
ここで紹介しますね。
窓ガラスに反射させて撮りました。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




2017/11/27

8-й колір веселки(Ukrainian)

8-й колір веселки(2017,Ukrainian)

Раптом
З мостової веселки
Я побачив гарного старого хлопця.
Вам непристойно
Ти махала

До хлопчика.
Ти уявив мене?
Ви уявили, що це так?

До хлопчика.
Ти є,
Заперечувати це була тенденція.
Обставини відрізняються від себе,
Для тих, хто плоский
Я написав саркастичну серію пісень.
З тією ж темою
Я не можу співати
Але для вас
Навіть зараз я ненавиджу це.

До хлопчика.
Якщо ти не чекаєш мене
Ти здивований?
Як я очікував?

До хлопчика.
Я
На всі рухи, марнотратність,
У пошуках мистецтва
Я прибув раніше ніж будь хто ще.
Я відчуваю, що я відстаю.
До цієї дилеми
Я страждаю
Але я і я
Мені це не подобається

Давайте шукати нову веселку.
Давайте пофарбуємо нову веселку.
Ти, ти та ти
Я можу зробити більш красиву веселку.
Вірство - це подарунок для вас

Раптом
З мостової веселки
Я побачив нового хлопчика.
Бути консервативним
Я хвилю тебе.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
8番目の虹色を(2017)

ふと、
架かった虹から、
懐かしい少年が見えた。
君は控えめに、
手を振っていたよね。

少年へ。
君は僕を、イメージしてた?
こうなることを、イメージしてた?

少年へ。
君は、
否定をすることが、トレンドだった。
自分と境遇が違う、
平坦なような人達に、
皮肉を連ねた歌を書いていたよね。
同じテーマで、僕は歌えない。
でも君のことは、
今でも嫌いじゃない。

少年へ。
君が僕を想定外だと、
驚いているかな?予想通り?

少年へ。
僕は、
全ての動きに、無駄のなさと、
芸術を求めては、
誰よりも早く来たはず、でも。
取り残されている感覚も併せ持つ。
そのジレンマに、僕は悩んでる。
でも僕や君を、
嫌いにはならないからね

新しい虹を探そう。
新しい虹を彩ろう。
君や君や君と、
もっと美しい虹にできる。
信じることが君へのプレゼント

ふと、
架かった虹から、
新しい少年が見えた。
僕は控えめに、
君に手を振るよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/11/22

JUST

JUST(2016)

Conveniently, best timing,
I seemed to pick it up,
I envied him like that
Even if I do the same,
Doing an unpleasant face,
just being departed,
Everyone was saying "My god",
I was dissatisfied

I've such a memory

Conveniently, best timing,
I seemed to pick it up,
I envied you like that
Even if I do the same,
You'll be shadowed within range of sight.
I was dissatisfied that it was just not having a hard time

I've such a memory

As usual, as usual,
It's casually stopped,
The color of the car changed

Conveniently, best timing,
I seemed to pick it up,
Such a person was envious.
Even if I do the same,
A question that comes to mind,
a face like an emoji,
Even you and I were frustrated

I've such a memory

Always a little, just a little,
If you turn FOCUS,
It was more than yesterday.

My servant.
This song is also out of bounds as usual
There's such a possibility
Become one of the memories
There's such a possibility
All I can say is,
Things to decide for yourself
To accept
That it's important




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
JUST(2016)

都合良く 絶好のタイミングを
拾い上げているように見えてた
彼が羨ましかった
僕が同じようにしても
不愉快な顔をして 去られるだけで
誰もが我が儘だって
不満募らせてた

そんな記憶がある

都合良く 絶好のタイミングを
拾い上げているように見えてた
君が羨ましかった
僕が同じようにしても
視界の範囲内 陰口を言われる
苦労していないだけだ
不満募らせてた

そんな記憶がある

いつも通る いつも通りの
何気無く停まっている
車の色が変わった

都合良く 絶好のタイミングを
拾い上げているように見えてた
奴が羨ましかった
僕が同じようにしても
頭に浮かぶquestion 絵文字みたいな顔
お前も我が儘だって
不満募らせてた

そんな記憶がある

いつも少し ほんの少し
FOCUSを向けたら
昨日より増えていた

今の僕
この歌も 相変わらずの的外れ
そんな可能性もある
記憶のうちのひとつになる
そんな可能性もある
ただ言えるのは
自分で決めていくこと
受け止めていくこと
それが大切だということ

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)