About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/08/21

Insertion Song

Insertion Song(2005)

It's useless to panic
The reality that the image doesn't yet resemble
Notice it, turn the calendar
Where is your kindness in you?

Even in my dream, when I wake up
In a state difficult to distinguish
I can't even go next to you.
I'm lazy at this place

Someday, someday, it will arrive
This song that is sad today
Until then it was a bit far away
Let's speak casually

A corner of the magazine's page
Skipping unconsciously
I can't even go next to you.
I can see the lost stuff

Someday, I want to deliver it soon
Take this lonely song again today
Until then it was a bit far away
I'm casually holding still

Always cause for something
Bad time, everything fails
Unnoticed, without entering
I remembered how to avoid hurting

Someday, someday, it will arrive
This song still sad still
Until then it was a bit far away
Let's speak casually

Someday, someday, it will arrive
This song isn't a theme song
Until then it was a bit far away
Let's speak casually



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
挿入歌(2005)

慌てても仕方ないことだけど
イメージとはまだ似つかない現実
それに気づく、カレンダーをめくる
君の中でその優しさは、
どこに置かれてるの?

夢の中でも、目が覚めても
判別の困難な状態で 
君の隣に行くことすらも、できないで
この場所で口ずさんでるよ

いつか、いつか、届くだろう
今日も寂しげな この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

雑誌のページの片隅を
無意識に飛ばし読みして 
君の隣に行くことすらも、できないで
迷っている僕が見えるよ

いつか、すぐに、届けたい
今日も寂しげな この歌を
それまではこうして 少し離れて
さりげなく じっとしているよ

いつも何かの原因で
間が悪く、すべて失敗する
いつの間にか、立ち入らずに
傷つかない手口を覚えてた

いつか、いつか、届くだろう
今も寂しげな この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

いつか、いつか、届くだろう
主題歌じゃない この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/18

Smile·Song Buy

Smile·Song Buy(2008)

He laughed as her smile was cold.
A sadly empty boy
Someday he want to laugh well
He decided to wear shoes

Nobody smiles without doubt
Someone giving up with some money
Being there
He heard it.

Without changing the expression
Rhythm as it is
He depends on rumors of the walking wind

In the beginning it was stuck
Sad and old information with color
Fingering fingers around the body
They laugh at him who made up my mind

Smile that is easy to approach
Someone giving up with some money
Being there
He heard it.

Without changing the expression
Without mirror speculation
He is walking behind the rumors of the wind

It's lined up right now.
He appealed in line with just as much money
A smiley seller pushes back money
The man told him only one and closed the store.

Without changing the expression
Instead of this smile
His song of happiness walking
Let me listen






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
スマイル・ソング(2008)

彼は
笑顔が引いてると笑われた
悲しくも空しい少年
いつかうまく笑いたい
決心して靴を履いた

誰も疑わない笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに
リズムもそのまま
彼は歩いてく 風の噂に依存して

そもそもはこびりついた
色の付いてる 悲しくも昔の情報
煽り指をさす身のまわり 
決心した彼を笑う

近づきやすい笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに 
鏡目もやらずに
彼は歩いてく 風の噂に寄りかかって

今 目の前に それが並んでる
彼はあるだけの金並べて訴えた
笑顔売る者 金を突き返し
彼に ひとつだけ告げ 店を閉めた

表情(かお)を変えずに
この笑顔の代わりに
彼の歩いてきた幸せの歌
聞かせてあげよう




(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/16

スマイル・ソング(Japanese)

スマイル・ソング(2008,Japanese)

彼は
笑顔が引いてると笑われた
悲しくも空しい少年
いつかうまく笑いたい
決心して靴を履いた

誰も疑わない笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに
リズムもそのまま
彼は歩いてく 風の噂に依存して

そもそもはこびりついた
色の付いてる 悲しくも昔の情報
煽り指をさす身のまわり 
決心した彼を笑う

近づきやすい笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに 
鏡目もやらずに
彼は歩いてく 風の噂に寄りかかって

今 目の前に それが並んでる
彼はあるだけの金並べて訴えた
笑顔売る者 金を突き返し
彼に ひとつだけ告げ 店を閉めた

表情(かお)を変えずに
この笑顔の代わりに
彼の歩いてきた幸せの歌
聞かせてあげよう




(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/08/15

Morning Glory(Japanese)

Morning Glory(2016,Japanese)

ベッドに入っていた。
目をつぶりたくなかった。
夢を見たところで、何も楽しむことなく
またあの 怖い朝が
やって来るのを知っていたから。

アラームが鳴るまで、
目を開けずに動かない。
アラームが鳴ったら、
大丈夫な時まで動かない。
そうしないといけなくなって
今日は運良く、起き上がれた。

着替えながら悩む。
今日は行くのを止めようか。
靴を履きながら悩む。
今日も行くのを止めようか。

仕方ない時間、仕方なく家を出て、
仕方なく走り、仕方なく電車に揺られる
今日も電源の点いてないPCに
空想のキーボード、ブラインドタッチ。
あと何時間、あと何分、
あと何時間、あと何分、
さっき振り向いた時と時間 変わってない

多分僕は ここでは要らない存在
ずっと突き付けられて
フロア逃げ出して 車つかまえて
家まで帰るんだ。

今度こそ、夜が明けた。

アラームが鳴る前
目を開けずにはいられない。
アラームが鳴ったら、
その時はもう家にはいない。
そうしたいと思える喜び。
僕は運良く、起き上がれた。

着替えながら悩む。
今日はどんな時計がいいか。
靴を履きながら悩む。
今日はこれで向かおうか。

歩いてく時間、歩いて家を出て、
何気なく歩き、
空いた席座り電車に揺られる
今日も電源の点いたPCに
早々のルーティーン、
フライングゲット。
あと何時間、あと何分、
あと何時間、あと何分、
さっき振り向く前にチャイムが鳴った

あの恐ろしい朝が
今の僕のスイッチをつけたんだ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)





(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/08/14

Tear, Dear, Hear

Tear, Dear, Hear(2003)

It seems I lost all I lost
I suddenly got free in my head
Kindness and your Needs
It flowed again without meshing

Just a little bit off
Because there is nothing
Call out by not being anything
Fault goes out
Usual thing

Tear
But it's not a sad song
The cause is unnecessary
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule

You always have a cold answer
I'm anxious at any time in my head

Kindness and your Needs
I can't turn around properly
I couldn't wait.
You've not said anything bad, aren't you?
The badness during this
I want you to fix who you are
I want to present it as expected

Dear
This isn't a sad song
You don't need authority
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule

About to understand even without telling
I want you to know

Speak as I speak
Too much injured
I want you to fix who you are
I want to present it as expected

Hear
This isn't a sad song
I don't need grounds
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Tear,Dear,Hear(2003)

全部なくなった そう僕は失った
頭の中 突然に空きができた
優しさと君のNeedsは 
またも噛み合わずに 流れていった

ちょっとしたことで外れていって
何もないから 
何でもないことで声をかけて
ぼろが出て行く 
いつものことさ

Tear 
だけど悲しい歌じゃない 
原因なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

君はいつでも冷たい回答で
頭の中 いつでも不安だらけさ

優しさと君のNeedsが 
うまく回るのなんて 
待てなかった
悪いことは何も言ってないよね?
この間の悪さを 
どこの誰だか直して欲しい
期待通りに 差し出したいさ

Dear 
これは悲しい歌じゃない 
権限なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

語らなくても 解るくらいに 
君には知っていて欲しい

話せば話すほど離れていって
余計に傷ついて 
どこの誰だか直して欲しい
期待通りに差し出したいさ

Hear 
これは悲しい歌じゃない 
根拠なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/12

Third Man

Third Man(2017)

In the other side, "he's evil"
Here 'he's cruel'
In a conversation, in between
Either way it sounds legitimate,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Look at the place where white and black are combined
Third man

In the other side "I'm not bad"
At this time "he's bad"
Pick up whispers, get into ears
Both of them feel right,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
See the place where justice was combined
Third man

Faced to defeat,
The moment of winning
Without even noticing it even
You're knocked down

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Survive without winning or losing
Third man




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
第三の男(2017)

向こうでは「あいつは悪だ」
こっちでは「奴は残酷だ」
言い合いの中、間に入っては
どっちもまともに聴こえて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
白と黒を合わせた先を見る
第三の男

向こうでは「僕は悪くない」
こっちでは「奴が悪いんだ」
囁きを拾う、耳に入っては
どっちもまともに感じて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
正義を合わせた先を見る
第三の男

倒すために向き合って、
勝った瞬間
それすらも気付くことなく
君は倒される

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
勝敗を外して生き残る
第三の男

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/11

MC(Become become)

MC(Become become)

Good morning.
Japan is in the morning.
"Typhoon"
Due to the period of heavy rain,
I wondered if it gets wet in the rain but also in poetry?
I think everyday.



Thanks to you, Poetry
"Become"
Exceeded 2,000 PV.
Thank you very much.
I wrote it for those with mental disabilities,
It would be greatly appreciated if you don't like it,
feel the courage and power.


Well then, also.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(Become become)

おはようございます。
日本は朝。
「台風」という、
暴風雨が多い時期のため、
雨に濡れてまたポエトリーでも浮かばないかな?と思う毎日です。



お陰さまで、ポエトリー
「Become」
が2,000PVを超えました。
ありがとうございます。
精神の障害を持つ方に向けて書きましたが、
そうでない方にも、勇気や力を感じていただければ幸いです。


それでは、また。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)