About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/08/21

Insertion Song

Insertion Song(2005)

It's useless to panic
The reality that the image doesn't yet resemble
Notice it, turn the calendar
Where is your kindness in you?

Even in my dream, when I wake up
In a state difficult to distinguish
I can't even go next to you.
I'm lazy at this place

Someday, someday, it will arrive
This song that is sad today
Until then it was a bit far away
Let's speak casually

A corner of the magazine's page
Skipping unconsciously
I can't even go next to you.
I can see the lost stuff

Someday, I want to deliver it soon
Take this lonely song again today
Until then it was a bit far away
I'm casually holding still

Always cause for something
Bad time, everything fails
Unnoticed, without entering
I remembered how to avoid hurting

Someday, someday, it will arrive
This song still sad still
Until then it was a bit far away
Let's speak casually

Someday, someday, it will arrive
This song isn't a theme song
Until then it was a bit far away
Let's speak casually



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
挿入歌(2005)

慌てても仕方ないことだけど
イメージとはまだ似つかない現実
それに気づく、カレンダーをめくる
君の中でその優しさは、
どこに置かれてるの?

夢の中でも、目が覚めても
判別の困難な状態で 
君の隣に行くことすらも、できないで
この場所で口ずさんでるよ

いつか、いつか、届くだろう
今日も寂しげな この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

雑誌のページの片隅を
無意識に飛ばし読みして 
君の隣に行くことすらも、できないで
迷っている僕が見えるよ

いつか、すぐに、届けたい
今日も寂しげな この歌を
それまではこうして 少し離れて
さりげなく じっとしているよ

いつも何かの原因で
間が悪く、すべて失敗する
いつの間にか、立ち入らずに
傷つかない手口を覚えてた

いつか、いつか、届くだろう
今も寂しげな この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

いつか、いつか、届くだろう
主題歌じゃない この歌が
それまではこうして 少し離れて
さりげなく 声をかけよう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/18

Smile·Song Buy

Smile·Song Buy(2008)

He laughed as her smile was cold.
A sadly empty boy
Someday he want to laugh well
He decided to wear shoes

Nobody smiles without doubt
Someone giving up with some money
Being there
He heard it.

Without changing the expression
Rhythm as it is
He depends on rumors of the walking wind

In the beginning it was stuck
Sad and old information with color
Fingering fingers around the body
They laugh at him who made up my mind

Smile that is easy to approach
Someone giving up with some money
Being there
He heard it.

Without changing the expression
Without mirror speculation
He is walking behind the rumors of the wind

It's lined up right now.
He appealed in line with just as much money
A smiley seller pushes back money
The man told him only one and closed the store.

Without changing the expression
Instead of this smile
His song of happiness walking
Let me listen






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
スマイル・ソング(2008)

彼は
笑顔が引いてると笑われた
悲しくも空しい少年
いつかうまく笑いたい
決心して靴を履いた

誰も疑わない笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに
リズムもそのまま
彼は歩いてく 風の噂に依存して

そもそもはこびりついた
色の付いてる 悲しくも昔の情報
煽り指をさす身のまわり 
決心した彼を笑う

近づきやすい笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに 
鏡目もやらずに
彼は歩いてく 風の噂に寄りかかって

今 目の前に それが並んでる
彼はあるだけの金並べて訴えた
笑顔売る者 金を突き返し
彼に ひとつだけ告げ 店を閉めた

表情(かお)を変えずに
この笑顔の代わりに
彼の歩いてきた幸せの歌
聞かせてあげよう




(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/16

スマイル・ソング(Japanese)

スマイル・ソング(2008,Japanese)

彼は
笑顔が引いてると笑われた
悲しくも空しい少年
いつかうまく笑いたい
決心して靴を履いた

誰も疑わない笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに
リズムもそのまま
彼は歩いてく 風の噂に依存して

そもそもはこびりついた
色の付いてる 悲しくも昔の情報
煽り指をさす身のまわり 
決心した彼を笑う

近づきやすい笑顔
いくらかの金で 譲る者
そこにいるのさと
彼は耳にしたんだ

表情(かお)を変えずに 
鏡目もやらずに
彼は歩いてく 風の噂に寄りかかって

今 目の前に それが並んでる
彼はあるだけの金並べて訴えた
笑顔売る者 金を突き返し
彼に ひとつだけ告げ 店を閉めた

表情(かお)を変えずに
この笑顔の代わりに
彼の歩いてきた幸せの歌
聞かせてあげよう




(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/08/15

Morning Glory(Japanese)

Morning Glory(2016,Japanese)

ベッドに入っていた。
目をつぶりたくなかった。
夢を見たところで、何も楽しむことなく
またあの 怖い朝が
やって来るのを知っていたから。

アラームが鳴るまで、
目を開けずに動かない。
アラームが鳴ったら、
大丈夫な時まで動かない。
そうしないといけなくなって
今日は運良く、起き上がれた。

着替えながら悩む。
今日は行くのを止めようか。
靴を履きながら悩む。
今日も行くのを止めようか。

仕方ない時間、仕方なく家を出て、
仕方なく走り、仕方なく電車に揺られる
今日も電源の点いてないPCに
空想のキーボード、ブラインドタッチ。
あと何時間、あと何分、
あと何時間、あと何分、
さっき振り向いた時と時間 変わってない

多分僕は ここでは要らない存在
ずっと突き付けられて
フロア逃げ出して 車つかまえて
家まで帰るんだ。

今度こそ、夜が明けた。

アラームが鳴る前
目を開けずにはいられない。
アラームが鳴ったら、
その時はもう家にはいない。
そうしたいと思える喜び。
僕は運良く、起き上がれた。

着替えながら悩む。
今日はどんな時計がいいか。
靴を履きながら悩む。
今日はこれで向かおうか。

歩いてく時間、歩いて家を出て、
何気なく歩き、
空いた席座り電車に揺られる
今日も電源の点いたPCに
早々のルーティーン、
フライングゲット。
あと何時間、あと何分、
あと何時間、あと何分、
さっき振り向く前にチャイムが鳴った

あの恐ろしい朝が
今の僕のスイッチをつけたんだ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)





(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/08/14

Tear, Dear, Hear

Tear, Dear, Hear(2003)

It seems I lost all I lost
I suddenly got free in my head
Kindness and your Needs
It flowed again without meshing

Just a little bit off
Because there is nothing
Call out by not being anything
Fault goes out
Usual thing

Tear
But it's not a sad song
The cause is unnecessary
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule

You always have a cold answer
I'm anxious at any time in my head

Kindness and your Needs
I can't turn around properly
I couldn't wait.
You've not said anything bad, aren't you?
The badness during this
I want you to fix who you are
I want to present it as expected

Dear
This isn't a sad song
You don't need authority
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule

About to understand even without telling
I want you to know

Speak as I speak
Too much injured
I want you to fix who you are
I want to present it as expected

Hear
This isn't a sad song
I don't need grounds
With eyes open in the bed
Let's also think about today's schedule






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Tear,Dear,Hear(2003)

全部なくなった そう僕は失った
頭の中 突然に空きができた
優しさと君のNeedsは 
またも噛み合わずに 流れていった

ちょっとしたことで外れていって
何もないから 
何でもないことで声をかけて
ぼろが出て行く 
いつものことさ

Tear 
だけど悲しい歌じゃない 
原因なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

君はいつでも冷たい回答で
頭の中 いつでも不安だらけさ

優しさと君のNeedsが 
うまく回るのなんて 
待てなかった
悪いことは何も言ってないよね?
この間の悪さを 
どこの誰だか直して欲しい
期待通りに 差し出したいさ

Dear 
これは悲しい歌じゃない 
権限なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

語らなくても 解るくらいに 
君には知っていて欲しい

話せば話すほど離れていって
余計に傷ついて 
どこの誰だか直して欲しい
期待通りに差し出したいさ

Hear 
これは悲しい歌じゃない 
根拠なんて必要ないさ
ベッドの中で目を開けたまま 
今日の予定でも考えようよ

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/12

Third Man

Third Man(2017)

In the other side, "he's evil"
Here 'he's cruel'
In a conversation, in between
Either way it sounds legitimate,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Look at the place where white and black are combined
Third man

In the other side "I'm not bad"
At this time "he's bad"
Pick up whispers, get into ears
Both of them feel right,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
See the place where justice was combined
Third man

Faced to defeat,
The moment of winning
Without even noticing it even
You're knocked down

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Survive without winning or losing
Third man




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
第三の男(2017)

向こうでは「あいつは悪だ」
こっちでは「奴は残酷だ」
言い合いの中、間に入っては
どっちもまともに聴こえて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
白と黒を合わせた先を見る
第三の男

向こうでは「僕は悪くない」
こっちでは「奴が悪いんだ」
囁きを拾う、耳に入っては
どっちもまともに感じて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
正義を合わせた先を見る
第三の男

倒すために向き合って、
勝った瞬間
それすらも気付くことなく
君は倒される

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
勝敗を外して生き残る
第三の男

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/11

MC(Become become)

MC(Become become)

Good morning.
Japan is in the morning.
"Typhoon"
Due to the period of heavy rain,
I wondered if it gets wet in the rain but also in poetry?
I think everyday.



Thanks to you, Poetry
"Become"
Exceeded 2,000 PV.
Thank you very much.
I wrote it for those with mental disabilities,
It would be greatly appreciated if you don't like it,
feel the courage and power.


Well then, also.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(Become become)

おはようございます。
日本は朝。
「台風」という、
暴風雨が多い時期のため、
雨に濡れてまたポエトリーでも浮かばないかな?と思う毎日です。



お陰さまで、ポエトリー
「Become」
が2,000PVを超えました。
ありがとうございます。
精神の障害を持つ方に向けて書きましたが、
そうでない方にも、勇気や力を感じていただければ幸いです。


それでは、また。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/10

Jumping down

Jumping down(2016)

Sunflower didn't bloom only in my bowl.
Was it all started at that time?
Just go up and just wish you could get off
Jump down and break your bones
I know that it hurts.
Repeat such a thing

An enemy appeared! How many times have you been in this?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are searching for a hand (there's nothing there)
If it was right it won,
Even losing anything until you win.

I know because I became alone.
Even if you do, you will not come.
But I am right there as soon as I reach out.
That's how it felt.

An enemy appeared!
Is that really true?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are looking for a hand (so there's nothing)
It was a momentary momentary leak,
Am I not asking about it again?

I know because I became alone.
Even if you do, you'll not come.
But I'll turn around if you call out.
That place is.

How many times
Did you jump off the athletic?
Did you break my bones?
Only one Graduation
I was happy at that time
Now I want to apologize for that background.

I know because I became alone.
The more you think about it, the more enemies will grow.
But I'll turn around if you call out.
'cause that is the only difference.

Even if you do, you'll not come.
Even if you do, you'll not come.
That's why I was closed.
'cause someone opened it now.
That gratitude will be handed over.








(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ジャンピング・ダウン(2016)

僕の鉢にだけ 向日葵が咲かなかった。
その時に全部始まっていたのか?
上るだけ上って ただ降りればいいのに
飛び降りて骨を折って
痛い事を知る。そんな事の繰り返し

敵が現れた!これで何度目だ?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(そこには何もないし)
それが正しければ勝ってきたし、
勝つまで幾らでも負けていく。

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも手を伸ばせば すぐそこにいる。
そんな気がする。

敵が現れた!本当にそうなのか?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(だから何もないし)
それは一時の心が漏れただけで、
僕はまたそれを問い詰めてないか?

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その場所はある。

僕は何回
アスレチックから飛び降りた?
骨を折った?
たった一人のGraduation
あの時は嬉しかったけど
今はその背景に謝りたくなる。

一人になったから 僕は知っている。
思えば思うほど、敵は増える。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その違いだけだから。

ねだっても、ねだっても、人は来ない。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
だから僕は閉め切っていた。
誰かが開けてくれたから今がある。
その感謝は、引き継がれる。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/09

Światło ciągłe(Polish)

Światło ciągłe(2016,Polish)

Kiedy światło znika
Im więcej będziesz z boku
Ty gapisz się daleko,
Mówię o tym z uśmiechem do tej pory,
Ten smutek jest zbyt ciężki,
Chciałem uciec.
Ale dopóki dłoń nie dotrze do ramienia tego spojrzenia,
W tym czasie powinienem był przejechać.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć uśmiech ma zbyt wiele różnic
Nadal niech sięgnąć po światło.

Podczas rozmowy metody wymazywania wymieniane są
Im więcej nie możesz wymazać, tym więcej zapominasz.
Nieuchronnie nie ma łez, jest smutek.
Nie mówiąc ani biało-czarne
Będę pijany przez ciemność, tak jak prawda, którą chcę.
Jego szansa, że ​​nie ma słowa, ale jest pusta.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć jest różnica w jej rzeczywistości
Nadal niech sięgnąć po światło.

Możesz zachować to tak, jak jest, prawda?
Wkrótce potem wiedziałem, że zniknę
Aby nadal szukać światła, nadal śpiewaj,
Jeśli ktoś wyciągnie rękę, czy jest lekki?

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć uśmiech ma zbyt wiele różnic
Nadal niech sięgnąć po światło.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć jest różnica w jej rzeczywistości
Nadal niech sięgnąć po światło.






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/08

Schnittansicht eines Regenbogens(German)

Schnittansicht eines Regenbogens(2013,German)

Auge weg von nichts Konversation
Während weiter zu sagen, dass es schön ist
Ich gucke am achromatischen Regenbogen

Ich frage meine Freunde nicht um Rat
Ich bin weg von der Menge,
Ich werde sehen, bis Platinregen aufhört.

Die Romantik, von der ich geträumt habe, war ein Plastik.
Es hörte auf zu regnen und in einen Regenbogen von sieben Farben zu schneiden.
Tränen in der offensichtlichen Antwort, beim Verschütten
Ich habe Lieder geschrieben

Diese Zeit ist schon so viel von diesem Tag vergangen.
Während er fortfährt, Tugend zu erbrechen, Meinung, Zögern,
Ich sehe den achromatischen Regenbogen.

Durch das Bedauern des Bedauerns,
Ich bin weg von der Menge,
Ich werde sehen, bis Platinregen aufhört.

Wie bunt ist die Liebe plastisch.
Der Regen hörte auf,
Es schneidet in den Regenbogen der sieben Farben,
Ich sah den Abschnitt,
Ich sah es an
Beim Blick auf den Himmel zu einer natürlichen Antwort,
Ich bezweifle das.

Weit weg,
Weit weg wie diese Landschaft,
Die Realität, dass es etwa 3 Schritte vergeht.
Verloren im Meer von "stillschweigende Zustimmung"
Ich habe meine Knie gestohlen.
"Lass uns mit einem Lächeln auf das und jemand anderes durchgehen."
Es ist komisch.
Jeder beobachtet mich Im Falle von
Hang auf das Wort Gleichgültigkeit.

Die Romantik, von der ich geträumt habe, war ein Plastik.
Der Regen hörte auf,
Ich habe versucht, einen Regenbogen der sieben Farben zu schneiden
Beim Blick auf den Himmel zu einer natürlichen Antwort,
Ich glaube an mich.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/07

Pysyvästi vihreä(Finnish)

Pysyvästi vihreä(2013,Finnish)

Järjestä punainen, sininen, vihreä paletti
Valkoinen, musta ja keltainen ovat samassa paikassa
Oh, seitsemän värin sateenkaari
Voit värittää kaiken eläväksi
Jätä se minulle.

Keltavihreä, ruskea paletti loistaa
Purppura, voin hyväksyä kirsikan kukkien värin
Voi meren meri
Voit tehdä siitä värin, joka ei näytä vähän
Jätä se minulle.

9: 24,
Tehdään myös yksi paratiisi täällä
Tämä on se, minun väri on kiusallista
Mutta tällainen väri, kuinka hieno on se?

Minulle kerrotaan, että he ovat kymmeniä muita
Mikä väri olet? Mikä väri olen?
Älä katso sitä näin tikkaiden hallitsijassa
Surulliset primäärivärit heijastuvat peiliin
Syötä labyrintti, ikuisesti vihreä
Se menee pitkälle kauas

Yksi sana, yksi täällä,
Jos annat värin
Väri, värikylläisyys pelkää
Uusi väri, miksi ei?

Niin, se on se.
Harmaa kaupunki taivas on tummaa väriä
Itsemurha toimii moottoritien yli joen auton
"Mestari, hyvää mieltä!"
Älä katso tällaisia ​​silmiä
Karkeat primäärivärit peilissä
Pysyvästi, ikuisesti vihreä
Aina värjätty ikuisesti ja ikuisesti ...







(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
永久にグリーン(2013)

赤、青、緑 パレットに並べる
白も黒も黄色も 皆同じ所へ
ああ 七色の虹よ
全部ビビッドに彩ってもいいじゃない
僕に任せておくれよ

黄緑、茶色 パレットは輝く
紫、桜色も僕は受け入れるよ
ああ 七色の海よ
ちょっと似合わない色にしてもいいじゃない
僕に任せておくれよ

9時24分、
ここにもひとつ、楽園を作ろう
これがそう、僕の色 なんか照れくさい
でもこんな色、なんて素敵じゃない?

あのさ 十人十色と謳われるけれど
君は何色?僕は何色?
杓子定規に そんな目で見ないで
鏡に映る 意外な原色
迷宮入り、永久にグリーン 
染まり行く ずっと遠くまで

言葉にひとつ、ここにもひとつ、
色をつけるなら
君の色、僕の色 混ぜこぜにして
新しい色、なんていいんじゃない?

ああ、あのさ 
灰色の都会 空は暗い色
車の川を渡る 自殺行為のハイウェイ
「策士!常識!」 
そんな目で見ないで
鏡に映る 粗末な原色
永久に、永久にグリーン 
染まり行く ずっとずっとずっと…

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/06

Sky·High

Sky·High(2005)

Unusually the overhead is blue one color
Without seeing the reality you looked over
Always somewhere cloudy
There is no guarantee to deliver even if you want to cry

Good music for your body
Introducing in favorite
Let's find a gap

Sky High
Gray Sky Boiled Ending
Little by no means
You should say words

What on earth has that man on earth
I guess it was a bitter smile on me
Always somewhere cloudy
There's no tightness even after cleaning

A good choice for your body
Introducing in favorite
Let's pry the gap

Sky High
Gray sky
Not always boiling
Little by no means
You should say words

From tomorrow to choose
Take a finger

Sky · high
Everyone so much,
it's not scary
Little by no means
Let me know the words







(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
スカイ・ハイ(2005)

珍しく頭上は青一色
見渡した現実はそうは行かずに
いつもどこかが曇りがち
叫びたくても 届く保証がない

体に良い音楽を
好き好んで取り入れて
隙間を見つけていこう

スカイ・ハイ
灰色の空 煮えたぎらない結末
少しずつ整頓して
言葉にすればいい

あの人はいったい何を持って
僕に苦笑いしたんだろうね
いつもどこかが曇りがち
掃除をしてもキリがない

体に良い選択を
好き好んで取り入れて
隙間をかき分けよう

スカイ・ハイ
灰色の空
煮えたぎらない いつも
少しずつ整頓して
言葉にすればいい

選ぶべき明日の中から
指をさして

Sky・high
みんなそんなに
恐いわけじゃない だから
少しずつ整頓して
言葉を僕に聞かせて

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/05

フォーマット(Japanese)

フォーマット(2010)

久しぶりに 言葉が頭をよぎった

消防車のサイレンが聞こえる

だからといって 何を言いたいというわけでもないけど

浮かんできたことを積み重ねて 形にしていきたいと思う

僕の中で 目的がフッと消えていったとき

はっきり言って

すべてやめてしまおうと思った

休みたかった

時間を傍目で眺めていたかった

直視すると

またそれに 一喜一憂してしまうから

そんな面倒くさい 課題を 投げ捨てて

言葉の束縛から 逃げ出して

一日が過ぎ 気がつけば もう

四ヶ月間も カレンダーをめくっていない

久しぶりに カレンダーを 今日に追いつけようじゃないか

何が起こるわけではないけど


何かが起きれば良いかなと、そう思う



(Takashi Hayashitani Pop Poetrist)





(Designed by. Takashi Hayashitani)

Unchanged time

Unchanged time(2016)

Something unusual
I throw things out
But as it's sacrificed and singing
Time which doesn't change much flows
Something hot
I want to stop today Today Another time

Find a reason, it gets tired too

Everyone is looking for an echo
While not in other corners
Facts that most draw from it
I know it but
I'll be asking again tomorrow

Something unusual
I throw things out
But I breathed music into my ears
Time which doesn't change much flows
Something hot
I want to stop today Today Another time

Where is the solution? It got tired too

Everyone is looking for an echo
While not in other corners
Facts that most draw from it
I know it but I look down.
I'll be asking again tomorrow

Perhaps I'm looking for a solution today
Like running around in the train
Because I feel like vacancies will come
Leave it in the corner about today
Let's sleep

I'll be asking again tomorrow

I'll be asking again tomorrow




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
変わりない時間(2016)

何か珍しく
僕は考える事を投げ出して
でも こもって歌うのはそのままで
大して変わりない時間が流れる
何か熱いものを
今日は止めておきたい Another time

理由を探す、それも疲れ切って

誰もが反響を探してる
そうでないことも 片隅にありながら
ほとんどがそこから 抜き取る事実
それも分かってはいるけれど
明日にはまた 求めてるだろう

何か珍しく
僕は考える事を投げ出して
でも 耳に音楽を吸い込んで
大して変わりない時間が流れる
何か熱いものを
今日は止めておきたい Another time

解決はどこ?それも疲れ切って

誰もが反響を探してる
そうでないことも 片隅にありながら
ほとんどがそこから 抜き取る事実
それも分かっては下を向く、でも
明日にはまた 求めてるだろう

多分今日解決を探すのは
電車の中で駆け回るような
空しさが来る気がするから
今日くらいは 隅に置いておいて
一眠りしよう

明日にはまた 求めてるだろう

明日にはまた 求めてるだろう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/03

Διατομή ουράνιου τόξου(Greek)

Διατομή ουράνιου τόξου(2013,Greek)

Κλείνει το μάτι από τίποτα χωρίς συνομιλία
Συνεχίζοντας να λέει ότι είναι όμορφο
Είμαι πεσμένος στο αχρωματικό ουράνιο τόξο

Δεν ζητώ συμβουλές από τους φίλους μου
Είμαι μακριά από το πλήθος,
Θα δω μέχρι να σταματήσει η πλατίνα.

Ο ρομαντισμός που ονειρεύτηκα ήταν ένα πλαστικό.
Σταμάτησε να βρέχει και να κόβει σε ένα ουράνιο τόξο επτά χρωμάτων.
Τα δάκρυα στην προφανή απάντηση, ενώ χύνονται
Είχα ορθογραφικά τραγούδια

Αυτός ο χρόνος έχει περάσει ήδη τόσο πολύ από εκείνη την ημέρα.
Ενώ συνεχίζουμε να εμεταλλεύουμε την αρετή, τη γνώμη, τον δισταγμό,
Κοιτάζω στο αχρωματικό ουράνιο τόξο.

Με τη μετακίνηση λύπη της λύπης,
Είμαι μακριά από το πλήθος,
Θα δω μέχρι να σταματήσει η πλατίνα.

Όπως πολύχρωμα, η αγάπη είναι πλαστική.
Η βροχή σταμάτησε,
Κόβει στο ουράνιο τόξο των επτά χρωμάτων,
Είδα το τμήμα,
Το κοίταξα.
Αναζητώντας τον ουρανό σε μια φυσική απάντηση,
Αμφιβάλλω.

Μακριά,
Μακριά όπως το τοπίο,
Η πραγματικότητα ότι περνάει με περίπου 3 βήματα.
Έχασε στη θάλασσα "σιωπηρή συγκατάθεση"
Έκλεψα τα γόνατά μου.
"Ας περάσουμε με ένα χαμόγελο σε αυτό και σε οποιονδήποτε άλλον."
Είναι παράξενο.
Όλοι με παρακολουθούν. Σε περίπτωση που
Κρατήστε τη λέξη αδιαφορία.

Ο ρομαντισμός που ονειρεύτηκα ήταν ένα πλαστικό.
Η βροχή σταμάτησε,
Προσπάθησα να κόψω ένα ουράνιο τόξο από τα επτά χρώματα
Αναζητώντας τον ουρανό σε μια φυσική απάντηση,
Πιστεύω σε μένα.







(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC (50,000 PV)

MC (50,000 PV)


Good morning.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.
Indeed,
Within 5 months since opening,
We have reached 50,000 views.


Thank you very much.


more more more,
Since it will grow,
Thank you in the future.



Well then.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(50,000PV)


おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。
お陰様で、
開設から5ヶ月経たずして、
閲覧数50,000を達成しました。


ありがとうございます。


もっともっともっと、
成長していきますので、
これからもよろしくお願い致します。



それではまた。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist) 

2017/08/02

Calme(French)

Calme(2017,French)

Après tout,
À partir du dialogue
Je n'ai aucun mot pour me connecter avec mon coeur
Douleur de ce sourire,
Chercher, se gratter, trouver, endommager

Soudainement, il s'effondrera
Une voix pour dire
J'ai cherché la victoire ou la défaite là-bas, je viens de revenir.
Imagination à l'arrière du visage souriant
Je me suis senti troublé, fermé le couvercle
Éloigner de l'horloge

Le temps passe.

Je regardais un tel paysage jusqu'à un certain temps,
Je suis venu ici pour s'installer maintenant
Qui essayez de gagner?
D'accord,
Plus vous pensez, il n'y a pas de sale

Soudainement, il s'effondrera
Une voix pour dire
Je range mes lignes et je viens de revenir.
L'imagination à une question à voir par les yeux
Je me suis senti troublé, fermé le couvercle
Pour échapper aux mots

Le temps passe.

Je regardais un tel paysage jusqu'à un certain temps,
Je suis venu ici pour s'installer maintenant
Qui essayez de gagner?
D'accord,
Plus vous pensez, il n'y a pas de sale

"Pourquoi ne comprenez-vous pas?"
Pourquoi ne le reconnaissez-vous pas? "

"Pourquoi ne comprenez-vous pas?"
Pourquoi ne le reconnaissez-vous pas? "

Il ne changera pas au son
Il est converti en mouvement quotidien

Je regardais un tel paysage jusqu'à un certain temps,
Je suis venu ici pour s'installer maintenant
J'ai cessé de concurrencer.
À ce moment,
J'ai remarqué que cet endroit n'est pas sale

D'accord

D'accord

Allez, ouvrez-le




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Calm(2017)

結局、
吹き出しの中から
心と繋がる言葉はない
その笑顔から悲しみを、
探し、傷付き、見つけ、傷付いた

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
そこで勝ち負けを探して、ただ帰ってる
目に映る 笑顔の奥への想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
時計から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
自分の台詞を並べて、ただ帰ってる
目に映る クエスチョンへの想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
言葉から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

それは音に変わることなく
日々の動きに変換される

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
僕は競うことをやめた
そんな時、
気が付いたんだ、ここは汚れていないよ

大丈夫

大丈夫

さあ、開いてごらん


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/31

Rainbow cross section

Rainbow cross section(2013)

Eye away from nothing conversation
While continuing to say that it's beautiful
I'm peeping at the achromatic rainbow

I don't ask my friends for advice
I'm away from the crowd,
I'll see until platinum rain stops.

The romance I dreamed about was a plastic.
It stopped raining and cut into a rainbow of seven colors.
Tears in the obvious reply, while spilling
I was spelling songs

That time has already passed so much from that day.
While continuing to vomit virtue, opinion, hesitation,
I'm peeking at the achromatic rainbow.

By dragging regret of regret,
I'm away from the crowd,
I'll see until platinum rain stops.

Like colorful, love is plastic.
The rain stopped,
it cuts into the rainbow of the seven colors,
I saw the section,
I looked at it.
While looking up at the sky to a natural reply,
I doubt it.

Far away,
far away like that scenery,
The reality that it passes by about 3 steps.
Lost in the sea of ​​"tacit consent"
I stole my knees.
"Let's go through with a smile on that and anyone else."
It's strange.
Everyone is watching me. In case of
Hang on the word indifference.

The romance I dreamed about was a plastic.
The rain stopped,
I tried to cut a rainbow of the seven colors
While looking up at the sky to a natural reply,
I believe in me.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/30

虹の断面図(Japanese)

虹の断面図(2013,Japanese)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)









(Designed by. Takashi Hayashitani)

Who simpler than


Who simpler than(2016)


So complete armed
Completely armed there too
In this narrow basket
A silent conflict, we're talking about behind the scenes
In a gathering with the same words
Popping him with different words
Differences in colors, palettes don't mix
I hold my head

I ask
I'll live while feeling the wall
Can we continue it?

Even if it's called a cheeky bystander
I have no objections.
But I can say only this.
There's no enemy there

A complete lie that willn't worry
Peaceful, visible complete armed
In this narrow basket
Silent conflict, send encryption with fingertips
A gathering in the same language
Slightly different color, scenery you don't want to see
Complex, more sharp than spider web thread

I ask
While feeling the walls the same thing
When is the end of confession?

Even if it's called a cheeky bystander
I have no objections.
But I can say only this.
There's no enemy there

In the first place there are no enemies

I miss the sky while knocking down
There is a long gray cloud
For the longest time I
"It will rain, let's have an umbrella! "
That's screaming.
The words to be exchanged after getting wet
I'm sure I'll hurt and it's over.

Let's finish.
I'm not going to break the wall.
"I can't see such a thing"
Because I keep telling the truth.
When I ran away, I was being chased.
There was no good in the long run.
It was easy.
If you don't run away,
It surely comes with us.

Simple than anyone, that's the only intention of clouds




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Who simpler than(2016)

そんなに完全武装
あっちにも完全武装
こんなに狭いカゴの中で
無言の争い、裏側で話を進めては
同じ言葉を着た集まりで
違う言葉を纏う彼をつつく
色の違い、パレットは混ざらない
僕は頭を抱える

僕は問う
壁を感じながら生きていく
それを続けられるのか?って

生意気な傍観者と言われても
異論を僕は持ってない。
でもこれだけは言える。
目に映るもの そこに敵はいない

心配させない完全な嘘
平穏さ、見える完全な武装
こんなに狭いカゴの中で
無言の争い、指先で暗号を送り込む
同じ言葉を着た 集まり
微かに違う色、見たくない景色
網よりも複雑な、切れかけの蜘蛛の糸

僕は問う
壁を感じながら同じことの
告白の終わりはいつ?って

生意気な傍観者と言われても
異論を僕は持ってない。
でもこれだけは言える。
目に映るもの そこに敵はいない

そもそも敵はいない

叩き落とす間 空を見逃してる
長いこと灰色の雲がいる
ずっと僕は
『雨が降るぞ、傘を差せ!』
そう叫んでるんだ。
濡れてからの交わす言葉は
きっと傷つけ合って終わりだから。

もう終わりにしよう。
僕は壁を壊すつもりはない。
『そんなものは見えない』
事実を言い続けるから。
逃げていた頃、僕は追われていた。
結局は良いことなんてなかった。
簡単なことだった。
逃げなければ、
きっと付いてきてくれる。

誰よりも単純な、それだけの雲の意図

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/29

The Word's Back Replay

The Word's Back Replay(2017)

I understand, but it seems to be drifted by the emotions that caught up
Struggling to stop it
Words aren't thrown away
I'll continue even if I leave it
So I'll say the same words today

A little long ago,
There's a back in the word
Including me,
Where it's not words
I'll try to get something from it
Just what I don't expect
Just passing each other

2 seconds ago,
What I said is replayed
Even if you ask whether you're right or wrong
I don't know in the end
Why are you now
Have you cooled down?

A little while ago
There's a back in the word
Loud voice,
I told you it was important
Continue stacking and repeat replay
Only disappointment as to whether it's still missing
Just passing each other

5 minutes ago,
I'm replaying what I said
Even if you ask whether you're right or wrong
I don't know in the end
Why are you now
Have you cooled down?

Can I look it as the answer?

I can't say "Don't mind"
If I were told
I'll hold back behind at first
Because I get tired there
Today as well, you don't speak the main theme

3 days ago,
I'm replaying what I said
Even if you ask whether you're right or wrong
I don't know in the end
Why are you now
Have you cooled down?

Today as well, you don't speak the main theme
Today, I'm looking around the main theme

Why are you now
Have you cooled down?

There's no answer there.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
The Word's Back Replay(2017)

分かってはいるけれど
沸き出た感情に流されそうになる
それを塞き止めることに苦労する
言葉は捨てるものじゃない
放ってからも続いていく
だから今日も同じ言葉を言うよ

少し昔
言葉には背中があって
僕も含めて、
言葉でないところ
そこから何かを得ようとしてしまうから
期待していないことばかり
すれ違うばかり

2秒前、
言ったことがリプレイされる
正しいか間違いかを尋ねても
結局は分からないのに
なぜ、君は今
冷めてしまったの?

少し昔
言葉には背中があって
声を大にして、
そこが大事だと言った
積み重ね続けて、リプレイを繰り返す
まだ足りないのかと失望ばかり
すれ違うばかり

5分前、
言ったことをリプレイしてる
正しいか間違いかを尋ねても
結局は分からないのに
なぜ、君は今
冷めてしまったの?

それが答えと見ていいの?

『気にするな』とは言えないよ
僕が言われたら
真っ先に背後を押さえてしまうから
そこに疲れてしまうから
今日も君は
メインテーマを話さない

3日前、
言ったことをリプレイしてる
正しいか間違いかを尋ねても
結局は分からないのに
なぜ、君は今
冷めてしまったの?

今日も君は
メインテーマを話さない
今日も僕は
メインテーマを見回してる

なぜ、君は今
冷めてしまったの?

そこに答えはないんだね。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/28

Hello, asphalt

Hello, asphalt(2012)

I can't think of words
A song about such a thing
Something like that,
Even though I take it forcibly
I want to tell you

Anyway, even if I spend today without a thing
I turn to an unnoticed line of sight

Hands on the asphalt
Even if I apply for a wish
Just a little sensitive I feel cold

After all I don't have confidence
After all they look confident

As usual even after 10 years
It keeps turning around the air

I wonder what she can do for her reason
Expect for an unimaginable gaze

Hands on the asphalt
Even if I apply for a wish
Just a little sensitive I feel cold

Love in the possibility alone
Consuming tiring tears and effort

that is
I'll not go forward, experience nothing to do anything
Today is also crouching here

I wonder what she can do for her reason
I wonder what I can laugh for why

Hands on the asphalt
Even if I apply for a wish
Just a little sensitive I feel cold

Not yet
I don't see anything





(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ハロー、アスファルト(2012)

言葉思いつかない
そんな事についての歌
なんかそんな
無理矢理にとってつけてでも
君には伝えたい

とりあえず事なく今日を過ごしても
ありもしない 視線に振り向く

アスファルトに手をついて
願い申し込んでも
少し敏感に冷たさを感じるだけ

やっぱり自信がつかめない 
やっぱりみんな自信家に見える

10年経っても相変わらずの問題
それが 宙を回り続ける

何を理由に胸を張れるんだろう
ありもしない 視線に期待する

アスファルトに手をついて
願い申し込んでも
少し敏感に冷たさを感じるだけ

可能性だけで恋をして 
つまらない涙と努力を消費して

それは
何もためにならない経験、進まない
今日もここでしゃがんでる

何を理由に胸を張れるんだろう
何を理由に 笑えるんだろう

アスファルトに手をついて
願い申し込んでも
少し敏感に冷たさを感じるだけ

まだ
何も映らない


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/27

Theme Song

Theme Song(2009)

Look inside my head, so many
Even though there are plenty of voiced ideas
Yes ... That word doesn't come out
The song escapes from memory
Not to notice as not to fall

I want someone to see
I want someone to pick it up
The words don't come out today as well
Exhausting the means out
I have a head holding it.

I squeezed it out and made it hard.
Somewhere in this forcible song
Let's keep keywords
It will change tomorrow

It's going to be a voice, so many
There is a Theme song that's finished
Yeah ... the title doesn't come out
"It doesn't matter."
Just saying it to me
Not to be noticed

I want someone to see
I want someone to pick it up
Such words don't come out today as well
I'm aimed at my back & holding my head.

I thought it wasn't a feeling I made
Somewhere in this forcible song
Let's keep keywords
It's changed tomorrow

In a tight life with conditions attached
I wonder if I can find something
Still far away
You shook hands provocatively
Are you on stand?

To nonsense, forcibly made it
Somewhere in this forcible song
Let's keep keywords
It will change from tomorrow

Just like to wake up in the morning
You can say a few words
Everyone anyone





(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
テーマソング(2009)

頭の中にほら、こんなに沢山の
モヤモヤとしたアイディアが詰まっているのに
そう・・その言葉が出てこない
歌は記憶から逃げていく 
ばれないように 気づかれないように

誰かに見てほしい
誰かに拾ってほしい
言葉は今日も出てこない 
手段を出し尽くして 
頭抱えてるんだ

絞り出して、頑張って作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう
明日には変わっていくよ

声になりそうな、こんなに沢山の
出来上がったTheme songがあるのに
そう・・タイトルが出てこない
「どうでもいいことなんだ」 
ただ口にして言ってみた 
気づかれないように

誰かに見てほしい
誰かに拾ってほしい
そんな言葉は今日も出てこない 
背中向けられて 頭抱えてるんだ

感覚じゃない 考えて作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう 
明日には 変わっているよ

条件がついてる 窮屈な生活の中で
何かを見出して うまいこと進めていけるかな
まだ遠いところで
君は挑発的に手を振って 
待ち受けているの

ナンセンスに、強引に作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう
明日から 変わっていくよ

朝起きて同じように
挨拶をすればいい
誰でも 誰にでも

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/26

テーマソング(Japanese)

テーマソング(2009,Japanese)

頭の中にほら、こんなに沢山の
モヤモヤとしたアイディアが
詰まっているのに
そう・・その言葉が出てこない
歌は記憶から逃げていく 
ばれないように 気づかれないように

誰かに見てほしい
誰かに拾ってほしい
言葉は今日も出てこない 
手段を出し尽くして 
頭抱えてるんだ

絞り出して、頑張って作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう
明日には変わっていくよ

声になりそうな、こんなに沢山の
出来上がったTheme songがあるのに
そう・・タイトルが出てこない
「どうでもいいことなんだ」 
ただ口にして言ってみた 
気づかれないように

誰かに見てほしい
誰かに拾ってほしい
そんな言葉は今日も出てこない 
背中向けられて 頭抱えてるんだ

感覚じゃない 考えて作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう 
明日には 変わっているよ

条件がついてる 窮屈な生活の中で
何かを見出して うまいこと進めていけるかな
まだ遠いところで
君は挑発的に手を振って 
待ち受けているの

ナンセンスに、強引に作った
この無理矢理な歌のどこかにも
キーワードをしまっておこう
明日から 変わっていくよ

朝起きて同じように
挨拶をすればいい
誰でも 誰にでも

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)





(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/07/25

MC(Poem's pharmacy)

MC(Poem's pharmacy)

Good morning.
In Japan now,
It's 7:25 am.

Up to now,
I thought about what I would like to do with my expression in the future, I was worried, and I was trying to get lost.

What was decided,
This is the title of this blog.


Poem's pharmacy

With words born from my experience,
If you can save those who are suffering.

I wish and I named it so.



for that reason,
Labels that had been installed for each language so far,
Also set up for each emotion,
I changed it so that I can also access it from my emotions.


Now I have installed English only labels,
I plan to set up other languages ​​as well.

Then,
It was Pop poetrist.



(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
MC(ポエムの薬局)

おはようございます。
日本は今、
午前7時25分です。

これまで、
僕は今後自分の表現で何がしたいのかを
考えて、
悩んで、
迷いながらも取り組んできました。

決まったことが、
このブログのタイトルです。


ポエムの薬局

自分の経験から生まれた言葉で、
苦しんでいる人を救えたら。

と願い、そう名付けました。



そのため、
これまで各言語ごとに設置していたラベルを、
各感情ごとにも設置して、
感情からもアクセスできるように変更しました。


今は英語のみラベルを設置しておりますが、
他の言語に関しても設置していく予定です。

それでは、
Pop poetristでした。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/24

Fits the time(now)

Fits the time(now)(2016)

There's no one who knows me more than me
Different colors from different colors, with different brightness
While knowing the existence of the picture reflected on you,
I'll look at me more than anyone

Such a fact
Friendly conveniently forgotten
I'll stop waiting for your answer

How to face it
How do you keep on thinking
'Cause there's still a way
Listen to the weight that was given

There's no one who knows you more than you
From different angles I'll tell you sometimes
It's one of the branches that you see, and what doesn't change is
You know more than anyone than anyone

Such a fact
Friendly conveniently forgotten
Words say "That's all", I'll point my finger

So how to face each other
How to keep talking
I still have a way
Know the kindness that was given

Sometimes I don't want to review it
I feel like wanting to erase all of them
Throw me in the past
"Come on, get on your way"
I put my hands on my shoulder,
To stop, repeat
Yesterday's voice filled with today's voice
While going faster than you think
You better notice

Every day
To someone noticed conveniently
I depend on words, I want and wait

How to face it
How to keep responding
I still have a way
Listen when I was awarded

Sometimes I don't want to review it
Punch a person with the feeling that I could see it all
Show me the past me
"Come on, I'm doing my best"
I put my hands on my weak shoulder,
To stop, repeat
Today's voice fills with the voice of the present
While going faster than you think
You should build it.

There's no one who knows me more than me
There's no one who knows you more than you
I got it from yesterday,
I handed it over now,
I'll wait for tomorrow to come.
Repeat, repeat, repeat.

A new you
You'll always find it first
I want to be such a word





(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
時間(いま)に当て嵌める(2016)

僕を僕以上に 知る人はいない
違う角度から 違う色、違う明るさで
君に映る絵の存在を知りながら、
誰よりも僕は僕を見ていく

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
君の答えを待ち 歩くのをやめてしまう

それをいかに向き合って
いかに思い続けるか
まだ 道があることで
授かれた重さを聴く

君を君以上に 知る人はいない
違う角度から 僕は時に言い当てるけれど
君の映る枝の一つで、変わらないことは
誰よりも君は君を知ってる

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
「それが全てだ」と 言葉、指をさしてしまう

そこでいかに向き合って
いかに話し続けるか
まだ 道があることに
授かれた優しさを知る

時々見直すのも嫌になって
全部消したい気分になってくる
過去に僕を丸投げして
「さあ、寄り道しよう」とこぼす、
ダメな僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
昨日の声、今日の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
気付いていけばいい

そんな毎日を
都合良く目についた誰かへ
僕は依存して 言葉、欲して待ってしまう

そこにいかに向き合って
いかに応え続けるか
まだ 道があることに
授かれた時を聴く

時々見直すのが嫌になって
全部見えた気分で人を突く
過去の僕を見せていって
「さあ、頑張ってます」とこぼす、
弱い僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
今日の声、今の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
築いていけばいい

僕を僕以上に 知る人はいない
君を君以上に 知る人はいない
昨日からもらい受け、
僕は今に引き渡して、
明日が来るのを待つ。
それを繰り返す、繰り返す、繰り返す。

新しい君を
常に君が最初に見付けてく
そんな言葉でありたい

(Takashi Hayashitani Pop poetrist) 

Mahimong(Cebuano)

Mahimong(2017,Cebuano)

Dili ka usa ka dayandayan
Usahay sila nagasinggit alang sa Personalidad
Kini adunay daghan nga mga tawo ingon nga adunay
Kinahanglan kita maglakaw aron mahimong espesyal
Oo, mahimo nimo kining ihatag sa uban

Kinahanglan ko pa kini pangitaon
Kung ikaw naluwas, kinahanglan ka nga magluwas sa usa ka tawo,
Naghunahuna ako nga mahimo ko kini
Busa sa akong hunahuna mahimo nimo

Tingali nakatan-aw ka daghang mga trahedya
Mahimo ka magtan-aw sa daghang mga demonyo
Apan gisalig ka nga moundang
Atong ipakita kana nga pamatuod

Dili ikaw usa ka mangtas Siyempre
Nagasinggit sila sa dihang malipay ako usahay
Kini adunay daghan nga mga tawo ingon nga adunay
Dili kini usa ka panagna nga nahibal-an ang kamatuoran
Oo, nagtuo ka sa imong direksyon
Sa akong hunahuna atong atubangon

Kinahanglan kong magpadayon
Aron makasulod sa tingog
Adunay usa ka salamin nga walay katapusan nga tiled
Ang maanyag nga nakita nga nakababag

Tingali nakadungog ka og daghan nga kasaba
Mahimong madunggan nimo ang daghang kasaba
Apan gisalig ka nga mohunong
Atong ipakita kana nga pamatuod

Ang personalidad
Ikaw ba usab, kanako, ngadto kaniya.
Apan isulti ko kini pag-usab
Sa piho nga ako mogawas didto.
Ang kinahanglan
Siya ba usab, kanako, kanimo.

Pagkab-ot sa kangitngit,
Bisan kon imong gihikap ang imong tudlo
Espesyal ang pagbag-o sa personalidad.
Misulong ko usa ka lakang,
Kana usa ka tinuod nga personalidad.

Atong ipakita kana nga pamatuod







(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MORE

MORE(2005)

Things that started the day before yesterday
Only casually on the first notebook
With unexplained clouds and
I feel a temperature that can't be said either way

It will suddenly rain
Water droplets on windows are increasing rapidly

Hope is always far away
Your dream passed by.
Taking the unfamiliar exit
Let's check it from today

Everything around us
Deny say good thing wrapped
Even if you point out something, again
I only feel depressed and drown
In case of
It will suddenly rain
Water droplets on windows are increasing rapidly

Fantasy is still far away
Just walk to sunny places
Taking the unfamiliar exit
Let's check it from today

Even if you're aware of mistakes
I want the courage to turn back there
Don't tell the story, and tomorrow is also saying that?

Hope is always far away
Your dream passed by.
Taking the unfamiliar exit
Let's check it from today

Hope is always far away
Your dream passed by.
Taking the unfamiliar exit
Let's check it from today





(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
MORE(2005)

おととい始めた物事が
ノートの一枚目にだけ さりげなく
説明できない雲行きと
どちらとも言えない温度感 感じてるよ

突然に雨は降る
窓につく水滴が急に増えていく

望みはいつも遥か遠く
君の夢が通り過ぎて
慣れない出足を踏んで
今日から確かめよう

身の周りのものをひたすらに
否定しては うまいことくるまって
何かを指摘されても、また
落ち込んでかき消していくだけ 感じてるよ

突然に雨は降る
窓につく水滴が急に増えていく

幻想はまだ遥か遠く
晴れた所へただ歩いて
慣れない出足を踏んで
今日から確かめよう

過ちには気づいていても
そこに引き返す勇気が欲しい
その話は無しにして、と明日も言ってるの?

望みはいつも遥か遠く
君の夢が通り過ぎて
慣れない出足を踏んで
今日から確かめよう

望みはいつも遥か遠く
君の夢が通り過ぎて
慣れない出足を踏んで
今日から確かめよう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/23

Ancora luce(Italian)

Ancora luce(2016,Italian)

Quando la luce scompare
Più si rimane al fianco
Stai lontano,
A questo punto parlo con un sorriso,
Quel dolore è troppo pesante,
Volevo scappare.
Ma finché la mano non raggiunge la spalla di quel sguardo,
A quel tempo avrei dovuto correre.

La luce è nata.
La luce scomparirà.
Anche se il sorriso ha troppa differenza
Ancora raggiungiamo la luce.

Nella conversazione del metodo di cancellazione viene scambiato
Più non si può cancellare, più si dimentica.
Inevitabilmente non c'è lacrima, c'è dolore.
Senza dire bianco o nero
Sarò ubriaco dal buio come la verità che voglio.
La sua probabilità che non esiste alcuna parola, ma è vuota.

La luce è nata.
La luce scomparirà.
Anche se c'è una differenza nella sua realtà
Ancora raggiungiamo la luce.

Puoi mantenerla com'è, giusto?
Poco dopo sapevo che sarei scomparsa
Per continuare a cercare la luce, continua a cantare,
Se la mano di qualcun altro si allunga, è luce?

La luce è nata.
La luce scomparirà.
Anche se il sorriso ha troppa differenza
Ancora raggiungiamo la luce.

La luce è nata.
La luce scomparirà.
Anche se c'è una differenza nella sua realtà
Ancora raggiungiamo la luce.






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/22

MC (How do I want to go?)

MC (How do I want to go?)


Hello.
Long time no see.
Pop poetrist's
It's Takashi Hayashitani.

Thanks to you,
The number of views increased,
It has become possible to receive words and reactions from various places.
Thank you very much.

However,
As for me specifically as a poetrist,
What goals are you aiming for?
When thinking about it,
Although I have talked about before,
I would like to touch more people.
I'm thinking forward.
I definitely make progress.

However,
I also think that I shouldn't think about the future.

This concrete outlook,
I would like to think more than ever.


Although this word itself is ambiguous and it's touched,
It's for the past.
It was a conversation with myself.


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(今後どう進みたいか?)


こんにちは。
お久しぶりです。
Pop poetristの
Takashi Hayashitaniです。

お陰さまで、
閲覧数も増え、
各地から、言葉や反応をいただけるようになってきました。
ありがとうございます。

しかしながら、
自分は具体的にポエトリストとして、
どんなゴールを目指しているか?
ということを考えた時、
以前にもお伝えしたことはありますが、
より多くの方に触れていただきたい。
と思い前進してきました。
確実に前進はしています。

ただ、
その先を考えていかないと、とも思っています。

この具体的な見通しを、
これまで以上に考えていきたいと思います。


この言葉自体も曖昧で歯がゆいですが、
先のためです。
自分との会話でした。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Aplicando la vista a la música(Spanish)

Aplicando la vista a la música(2017,Spanish)

La gente camina, yo también camino.
No sé a dónde se enfrenta.
Paso por ahora, esa persona
También se supone que me cruza.
No salte de mi regla
Si eres consciente de suprimir
Pasó un coche blanco y negro.

Lo que dijo
Se dice que todo el mundo dijo
Desconocido
"Tú también lo harás", como se emite el aire
Creo.
¿Por qué, "Tienes reglas para la intención?"
No quiero oírlo,
¿Tengo que hacer lo que todos dicen? "

Libertad, libremente, las personas están entre sí
Mientras lo digas, hazlo
¿Por qué haces filas y caminas con hileras?

Especialmente, no hay tal cosa.

La gente sufre, yo también sufro.
No sé lo que piensa.
Paso por ahora, esa persona
Mi corazón, cruzar también está dentro de la suposición.
No salte de mi regla
Si eres consciente de suprimir
El coche blanco y negro cantaba gris

Que dijiste
Se dice que todo el mundo dijo
Desconocido
"Tú también lo harás", como se emite el aire
Yo digo,
¿Por qué tienes reglas de intención?
No quiero oírlo,
¿Tengo que hacer lo que todos dicen? "

Libertad, libremente, las personas están entre sí
Mientras lo digas, hazlo
¿Por qué caminar en filas en filas?

Porque no quiero algo, no hay.

Que dijiste
La cara en ese momento, la escala de palabras,
Comportamiento hasta entonces,
Hablar con otras personas
Recoger todo y dar respuestas

No habrá respuesta, la respuesta no vendrá.

Sufro.

No entiendo las palabras.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/21

First Deja Vu

First Deja Vu(2016)

This eyes for the first time, this ear
There's a memory that shook my heart even when I passed by.
But I didn't understand your name.
Time passed slowly,
To the number that came unexpectedly in the walking path
I was the second
I felt the first impulse.

Then it's as you can see
I listen without singing the same song 1000 times
That's me and I feel comfortable.

If there's anything moving at all
Second impulse suddenly visited

Like I heard it somewhere

Without being listened to by anyone
Even if I pass by Memory that I shook
I'll tell you the name of this song.
Time passed slowly,
The solution flew from the side, and
I was the second
I feel the first impulse.

Then it's as you can see
I listen without singing the same song 1000 times
That's me and I feel comfortable.

If there's anything moving at all
Second impulse suddenly visited

Like I heard it somewhere

Like I heard it somewhere

I feel it somewhere




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
ファースト・デジャ-ヴュ(2016)

初めてこの目、この耳
通り過ぎた時も 心が揺れた記憶がある
だけど君の名前まで分からなかった。
時がゆっくり経っていって、
散歩道で何気無く入ったナンバーに
僕は2回目の
初めての衝動を感じた。

それからは見ての通りさ
同じ曲を1000回 流さずに聴いてる
それが僕らしくて 心地よい。

少しでも動くものあれば
突然訪れる 2回目の衝動

どこかで聴いたような

誰に聴かれなくても
通り過ぎたとしても 僕が揺れた記憶で
君にこの曲の名前を伝える。
時がゆっくり経っていって、
解決は横から飛んできた、そして
僕は2回目の
初めての衝動を感じる。

それからは見ての通りさ
同じ曲を1000回 流さずに聴いてる
それが僕らしくて 心地よい。

少しでも動くものあれば
突然訪れる 2回目の衝動

どこかで聴いたような

どこかで聴いたような

どこかで感じてる


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/20

The beginning song

The beginning song(2007)

Although I came from a neighboring town, somewhat the world is different.
I thought that I don't want to,
After all looking around above,
The eyes become points.
Here my name
If you leave it carved somewhere
I feel like I can do something

If you don't make it in time,
The door closes in front of you, the train leaves.
I've no time to grieve it,
The same colored train will come again.

Oh in a fast-forward city
I managed to bring a dream.
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed

As much as music alone with klaxon
It resonates, but it does not match
Often it often comes true
Straying at the height of the building
Keep an eye on the guide
I got out of the station today.

I still have something to sing like this

Taxis and salaried workers
Which line is lining up?
Red face, shaking feet
Although the viewpoint isn't right
The face feels warm somewhat

Oh in a fast-forward city
I managed to bring a dream.
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed

Someday I'll be in this
Will it be massaged into dust?

Pillars of the pedestrian bridge Who wrote it
Strikeout which can't be said as words
Let's remember today and live.

Is it fast forwarding?
Feel impatient with the movement of the signal
Shaken by crowds
I mourn that the station is still there

Oh in a fast-forward city
Even now I've a dream
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
始まりの歌(2007)

隣町から来たのに何だか世界が違う。
したくないと思っていたけど、
やっぱり上を見回して、
目が点になってしまう。
ここで自分の名前
何処かに彫り残しておけば
きっと何か やっていける様な気がして

間に合わないと駆け込んで
目の前でドアが閉まる、電車は去って行く。
それを悲しむ暇もなく、
また同じ色した 電車がやってくる。

ああ 早送りの街に
なんとか夢を運んで来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に 歌って行こう

klaxonだけで音楽になるくらい
鳴り響く、だけど合っていない
がっくり来ることが多い
ビルの高さに迷いつつ
案内に目を凝らして
今日も駅から抜け出た

こんな僕でも 歌えることはまだ残ってる

タクシーとサラリーマン達は
どっちが並んでるだろう?
赤い顔、ゆれる足元
視点は合っていないけれど
その顔はなんだか 暖かい感じがした

ああ 早送りの街に
なんとか夢を運んで来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に 歌って行こう

いつか僕もこの中で
揉まれて塵になってしまうのか

歩道橋の柱 誰が書いたのか
言葉とも言えない殴り書きを
今日も思い出して生きよう。

ああ 早送りなのか
信号の動きに焦り感じる
人ごみに揺らされる
まだその駅だと 嘆くけど

ああ 早送りの街で
今でも夢を抱えて来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に歌って行こう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)