About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/08/10

Jumping down

Jumping down(2016)

Sunflower didn't bloom only in my bowl.
Was it all started at that time?
Just go up and just wish you could get off
Jump down and break your bones
I know that it hurts.
Repeat such a thing

An enemy appeared! How many times have you been in this?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are searching for a hand (there's nothing there)
If it was right it won,
Even losing anything until you win.

I know because I became alone.
Even if you do, you will not come.
But I am right there as soon as I reach out.
That's how it felt.

An enemy appeared!
Is that really true?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are looking for a hand (so there's nothing)
It was a momentary momentary leak,
Am I not asking about it again?

I know because I became alone.
Even if you do, you'll not come.
But I'll turn around if you call out.
That place is.

How many times
Did you jump off the athletic?
Did you break my bones?
Only one Graduation
I was happy at that time
Now I want to apologize for that background.

I know because I became alone.
The more you think about it, the more enemies will grow.
But I'll turn around if you call out.
'cause that is the only difference.

Even if you do, you'll not come.
Even if you do, you'll not come.
That's why I was closed.
'cause someone opened it now.
That gratitude will be handed over.








(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ジャンピング・ダウン(2016)

僕の鉢にだけ 向日葵が咲かなかった。
その時に全部始まっていたのか?
上るだけ上って ただ降りればいいのに
飛び降りて骨を折って
痛い事を知る。そんな事の繰り返し

敵が現れた!これで何度目だ?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(そこには何もないし)
それが正しければ勝ってきたし、
勝つまで幾らでも負けていく。

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも手を伸ばせば すぐそこにいる。
そんな気がする。

敵が現れた!本当にそうなのか?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(だから何もないし)
それは一時の心が漏れただけで、
僕はまたそれを問い詰めてないか?

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その場所はある。

僕は何回
アスレチックから飛び降りた?
骨を折った?
たった一人のGraduation
あの時は嬉しかったけど
今はその背景に謝りたくなる。

一人になったから 僕は知っている。
思えば思うほど、敵は増える。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その違いだけだから。

ねだっても、ねだっても、人は来ない。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
だから僕は閉め切っていた。
誰かが開けてくれたから今がある。
その感謝は、引き継がれる。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)