About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/03/25

Utopia(Portuguese)

Utopia(2000,Portuguese)

Eu gostaria de ter sido variadamente cantada
pode não saber sequer quão difícil
O céu para, mas pretende Aokaro nenhuma razão não dizem nada
Vento é simplesmente quente e úmido ou porque o verão
Assim como ele fala rua até agora

Desejo-lhe boa nisso
Eu não sou apenas em mim, não há indizível
Na frente de ambos os bons e maus olhos
Eu quero agora é um esforço para desfrutar

Gostaria que as pessoas em torno de várias barulhento
Há uma coisa que você não sabe qualquer pessoas
Eu ri eo que você de frente para o sul
Eu não sei o lugar pequeno também enfrenta Onde está você
Só vai levar rua até agora

Desejo-lhe boa nisso
Você não está apenas em você, não há indizível
Na frente de ambos os bons e maus olhos
Eu quero agora é um esforço para desfrutar
Significado coisa desconhecida para dizer, mesmo que eu sou tão

Eu gostaria de ter sido variadamente cantada
Há uma coisa que você não sabe mesmo o quão difícil
O sol só é semear a ultravioleta hoje
À frente está alinhada com apenas construir a cidade sem luz
Assim como ele fala rua até agora

Desejo-lhe boa nisso
Eu quero amar Idei se não for alterada mesmo desagradável
Na frente de ambos os bons e maus olhos
Eu quero agora porque eu quero olhar para a frente

É sempre a mesma para ficar em frente do olho

qualquer um mesmo


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
ユートピア(2000)

なあ 色々歌われてるけど
どう頑張っても解らないことがある
空は青かろうが何も言うわけないし
風は夏だからか単に蒸し暑いだけで
今まで通り こうしているだけ

なあ それはそれでいい
僕は僕でしかない、言いようがない
良くも悪くも目の前を
楽しむ努力が今は欲しい

なあ 色々うるさい周りの人も
どんな人でも わからないことがある
僕は南を向く 君は何者と笑う
君はどこを向いても 細かなところはわからない
今まで通り つなげていくだけ

なあ それはそれでいい
君は君でしかない、言いようがない
良くも悪くも 目の前を
楽しむ努力が 今は欲しい
意味不明な僕でも言えることはこんなに

なあ 色々歌われてるけど
どう頑張っても わからないことがある
太陽は今日も 紫外線をまくだけで
先は光もなく ただビル街が並んでる
今まで通り こうしているだけ

なあ それはそれでいい
嫌でも変えられない なら好きでいたい
良くも悪くも 目の前を
楽しみたいから 今が欲しい

目の前に来るのはいつも同じ

誰でも同じ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

impulso sensorial(Portuguese)

impulso sensorial(2016,Portuguese)

Aqueles que vieram para a frente do olho
Faça um, mas com o fluxo,
A coisa mais importante é
Quando não há nada
Não espere por qualquer coisa que não venha, e
Este alcance, os impulsos sensoriais!

Sinta-se sensação sentimento
Absolutamente sensível que às vezes se tornam cansado
E a tudo na história
Há também um tempo para se preocupar se você notar
Ainda de frente para ambos
Eu estive procurando por uma luz

Aqueles que vieram para a frente do olho
Mastigá-lo, tentar jogar tudo,
Se certamente assim
Curto Prazo da tristeza
Eu não me importo, não é uma continuação, e
Este alcance, os impulsos sensoriais!

Sinta-se sensação sentimento
Absolutamente sensível que às vezes se tornam cansado
E a tudo na história
Há também um tempo deslocada com a história
Ainda de frente para ambos
Eu estive procurando por uma luz

Porque havia a decepção,
E isso se misturou com a glória da receita
Então, agora a verdade, existem I

Uma vez que eu tinha tudo ido
Do ex-funcionário, agora eu
É certamente vivo mais

Sinta-se sensação sentimento
Uma vez perdido absoluta sensíveis
Quando não está tudo flutuador
Eu penso que há agora, porque eu lutar, então
De frente para ambos ainda
I ir à procura de uma luz

Se aproveitar de mim, impulso sensorial



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
感覚的衝動(2016)

目の前にやってきたもの
それをこなす、流すはするけれど、
もっと大切なのは
何もないときに
何も来ない、と待たないで
この手を伸ばす、感覚的衝動!

Feel Feel Feeling
時に嫌になる絶対敏感
何もかもをストーリーにして
気付いたら悩んでる時もある
それでも共に向き合って
光を探してきたんだ

目の前にやってきたもの
それを噛み砕き、全てを投げてみる、
きっとそうすれば
目先の悲しさを
気にしない、続きがある、と
この手を伸ばす、感覚的衝動!

Feel Feel Feeling
時に嫌になる絶対敏感
何もかもをストーリーにして
君の話とずれる時もある
それでも共に向き合って
光を探してきたんだ

その落胆があったから、なんて
栄光のレシピに混ぜてしまって
事実そうして今、僕がいる

一度何もかもなくなった
その先の僕、今の僕は
きっともっと生かされてる

Feel Feel Feeling
一度失った絶対敏感
何もかも浮かばない時に
あがいたから今があると思う、だから
今でも共に向き合って
光を探していくんだ

僕を生かす、感覚的衝動

Passion fortsätter(Swedish)

Passion fortsätter(2016,Swedish)

inredningar inredningar
Även de som fortsatt varmt
En serie av saker som går att halka
Vi är i fortsatt nedåtvända känsla

Du kan inte göra något ensam
I sorg att det gick bort
Det kommer kan sträcka en hand för att samla bred.

Sedan alla fall elimineras, och
Inte kastas från din egen.
En av ännu en därifrån,
Gå vidare till steg osynlig.

Ansikte mot ansikte mot ansikte
Som de som fortsatte att kämpa
Och hitta verkligheten att förlora
Någon kommer att plocka upp på sidan.

Du kan inte göra något ensam
Minut bara som staplade upp en sådan tanke
Förändring av vänlighet att acceptera.

Det kan inte vara på något sätt, och
Inte sluta från sitt eget.
En av ännu en därifrån,
Gå vidare till steg osynlig.

Framåt för att gå före
Ju mer lidande att det inte finns något svar
Konfronteras med det svaga
Det hade varit håva tragedin på egen hand.

Du kan inte göra något ensam
Det finns bara stå stilla tror
Du kommer att märka att det förflutna var.

Fastna i alla fall, och
Det slutar inte från din egen.
En av ännu en därifrån,
Gå vidare till steg osynlig.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
情熱が続いて行く(2016)

抱え込んで抱え込んで
暖め続けたものでさえ
すり抜けていく事の連続で
俯き続けてる感覚でいる

一人ではどうにもならない
それでも去っていった悲しさで
広い集める手を伸ばせるだろう。

どうせ無くなるから、と
自分から棄てないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

向き合って向き合って
戦い続けたものほど
失う現実を見付けてる
横で誰かが拾い上げていく。

一人ではどうにもならない
そんな思いを重ねた分だけ
受け入れる優しさに変わる。

どうせできないから、と
自分からやめないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

前に行き前を向き
答えがないものに悩むほど
弱いものだと突き付けられる
自分で悲劇をかき集めていた。

一人ではどうにもならない
立ち止まるしかない思いだけ
通り過ぎたことに気付くだろう。

どうせ行き詰まる、と
自分から止まらないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Concerto ~ Psycommunity ~

Concerto ~ Psycommunity ~ (2016)

I've noticed.

Words and mind even on a daily basis
It's always connected to someone
In round and round and round cycle,
From a location that can not be expected to
Reach response, Psycommunity

That's why this way
They are doing their words in order to connect

Also playlist of only one person
From time to time it is flowing from earphones
There together Long Tone
Waiting for your reply

Also words and mind received scratches
It's always connected to someone
In cycle around not missing care,
From a location that can't be expected to
Reach response, Psycommunity

That's why this way
They are doing their words in order to connect

Also playlist of only one person
From time to time it is flowing from earphones
There together Long Tone
Waiting for your reply

That time isn't purity complete
But nothing was just was not
No inclination involved
Now that keep saying the same words what
I feel myself

Words and mind even on a daily basis
It's always connected to someone
I also gone soon,
From a location that can't be expected to
Turn response, Psycommunity

So now this to
They are doing their words in order to connect

I was able to notice.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
協奏曲~ Psycommunity~(2016)

僕は気付いてしまった。

言葉も心も毎日も
必ず誰かに繋がってる
ぐるぐると回るサイクルで、
予想し得ない場所から
届くresponse、Psycommunity

だからこそこうして
繋ぐために言葉を尽くしてる

一人だけのplaylistも
時々イヤフォンから流してる
そこにLong Toneを合わせて
君の返事を待つ

言葉も心も受けた傷も
必ず誰かに繋がってる
気を抜けない回るサイクルで、
予想し得ない場所から
届くresponse、Psycommunity

だからこそこうして
繋ぐために言葉を尽くしてる

一人だけのplaylistも
時々イヤフォンから流してる
そこにLong Toneを合わせて
君の返事を待つ

あの頃は純度完全ではなく
ただ何もなかっただけだった
関わっても傾かず
同じ言葉を言い続ける今こそ
自分自身を感じてる

言葉も心も毎日も
必ず誰かに繋がってる
僕がやがていなくなっても、
予想し得ない場所から
回るresponse、Psycommunity

だから今こうして
繋ぐために言葉を尽くしてる

僕は気付くことができた。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC (new function added, search function etc.)

MC (Not poetry)




Good morning.
Now Japan
It is 8:27 am.
The sunlight came in through the window and it is quite dazzling.

In your country
What time is it now?


there is a notice.

I want everyone to read blogs more comfortably.

That's why we improved the function.


I attached a title to the article.
There is also a language name, so searching is easy.





① Organize by language
Right side of the screen
You can immediately access the language you want to read.

② Translation function
Right side of the screen
In addition you can translate poetry.

③ Access count
The graph on the left shows the change in the number of accesses from opening.



④ Pick up popular articles
I will introduce the best 5.

⑤ Bookmark function
Thank you (^ ^)

⑥ Archive function
It is summarized every week.

⑦ Search within blog
You can search for favorite articles.

⑧ Follow function
You will be able to receive the latest information by e-mail.

⑨ Cooperation with Google +

⑩ Report misconduct
This blog
The work was created by me,
For many people to see,
We do not express violent things, such as age restriction, obscene expression. However, if there is inappropriate behavior you can report here.




I hope that you will receive a poetry everyone.





MC(新機能追加。検索機能など)

MC(Not poetry)

おはようございます。
今日本は
午前8時27分です。
陽の光が窓から入ってきて、すごく眩しいです。

あなたの国では
今何時でしょうか?


お知らせがあります。

ブログを皆さんにもっと快適に読んでもらいたい。

ということで、機能を整備しました。


記事にタイトルをつけました。
言語名もあるので、検索も簡単。

①言語ごとに整理
画面右側
読みたい言語にすぐにアクセスできます。

②翻訳機能
画面右側
さらにポエトリーを翻訳できます。

③アクセス数
左のグラフは開設からのアクセス数の変化です。



④人気記事をピックアップ
ベスト5をご紹介します。

⑤ブックマーク機能
お願い致します(^^)

⑥アーカイブ機能
週ごとにまとめています。

⑦ブログ内検索
好きな記事を検索できます。

⑧フォロー機能
最新情報がメールで受け取れるようになります。

⑨Google+との連携機能

⑩不正行為を報告
このブログは
作品は僕が作成したものであり、
多くの方に見ていただきたいため、
年齢制限を伴うような暴力的なもの、猥褻な表現をしません。しかし、不適切な行為がありましたらここで報告ができます。




皆さんのもとにポエトリーが届きますように。


Science fiction boy

Science fiction boy(2008)

Always in this head
In the words suddenly saw image
Happens Fortunately if true for reality
Maybe if that I thought I wrote as it is it's not words
Eventually summarizes a little can't be representation
A thing different from the words but I want to say real intention

Science fiction boy fly
It lives only in the far this dream
Ano meaning unknown regret when I woke up
There is an image that I want to tell even chewing

I want to say say there would be meaning even I have nothing basis
So more hope that is your interpretation
Maybe if the meaning of goodbye is only goodbye it's not words
So good if a it say laughing Crazy word
Not palm visible thought I tried to open the inside of the head

Science fiction boy fly
It lives only in the far this dream
Love Letter of bedside when I woke up
There is the image you want to keep the tension

Though I know of no
But I don't know I've heard
Massage send randomly become want to seek consent
Toka is a different truth to talking happily
Because I do not know Do not want you to stop that sort of

Science fiction boy fly
It lives only in the far this dream
Ano meaning unknown regret when I woke up
There's an image that I want to tell also face down answer

Placed on a exhilarating melody



(Takashi Hayashitani)

(Japanese)
空想科学少年(2008)

いつもこの頭の中で
ふと見たイメージを言葉にして
たまたま現実に当てはまってれば幸い
思ったことをそのまま書いたなら たぶんそれは言葉じゃない
表現なんてできないから 結局は少しまとめてる
本音なんて 言いたいけれど 言葉とは違うものなのさ

飛んでいく 空想科学少年
今の所 この夢の中だけで住んでる
目が覚めたときの あの意味不明な後悔を
噛み砕いても 伝えたい イメージがある

根拠なんてないけど でも意味があるなんて言ってみたい
それで君の解釈ができればもっと幸い
さよならの意味がさよならだけなら たぶんそれは言葉じゃない
狂言だなんて笑ってる それでいいならそれでいい
頭の中を 開けてみたって 考えなんて見えやしなくて

飛んでいく 空想科学少年
今の所 この夢の中だけで住んでる
目が覚めたときの 枕元のLove Letter
テンションを 保ちたい イメージがある

ないのはわかってるのに
聞いたってわからないのに
同意を求めたくなって 無作為に送るMassage
楽しそうに話しているのに 本当のところは違うとか
そういうのやめてほしいな 僕にはわからないから

飛んでいく 空想科学少年
今の所 この夢の中だけで住んでる
目が覚めたときの あの意味不明な後悔を
答え伏せても 伝えたい イメージがある

爽快なメロディに乗せて

Смысл головоломки(Russian)

Смысл головоломки(2017,Russian)

Подробнее Подробнее
Я не знаю, как, скажите нам приятный запах
Подробнее Подробнее
Далеко, красивый вид
Так как найти идти

Подробнее Подробнее
Не знаю, как, но нужда слова
Подробнее Подробнее
Не прикасайтесь к уху, чем BGM
Так как подобрать звук

Чувствительный, покосившийся к
'Повторно Поглаживание лелеять является
Потому что это не царапает чувствовать себя мели
Заверните его в еще

Который известен
Но это вовсе не квадрат
С изображением чувства головоломки
Хотите чрезмерную
Иногда разговоры приходят ложь реальность
В то время как лицевой стороной вниз
Давайте соответствовать

Подробнее Подробнее
Не знаю, как, но нужда слова
Подробнее Подробнее
Не касайтесь глаз, чем фоновая музыка
Подобрал звук, так как увеличение

Чувствительный, покосившийся к
'Повторно Поглаживание лелеять является
Потому что это не царапает чувствовать себя мели
Заверните его в еще

Который известен
Но это вовсе не квадрат
С изображением чувства головоломки
Хотите чрезмерную
Иногда разговоры приходят ложь реальность
В то время как лицевой стороной вниз
Давайте соответствовать

Такой запах, как я не знаю,
Такой звук, как не слушать
Такой взгляд, такие как невидимый
Такое хотят услышать, такое слово


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
感覚パズル(2017)

もっともっともっと
知らないような、素敵な香り 教えて
もっともっともっと
遠く離れた、素敵な視野を
見付けて行くから

もっともっともっと
知らないような、だけど欲しい言葉を
もっともっともっと
BGMよりも 耳に触れない
音を拾い上げるから

敏感に、壊れそうに
大切に撫でているのは
壊したと感じて 傷付かないため
それですら包み込んで

分かってはいるよ
だけども時に 全部真四角な
感覚パズルをイメージして
甘えたくなるよ
時々話し掛けてくる 嘘な現実に
下を向きながらも
当て嵌めていこうよ

もっともっともっと
知らないような、だけど欲しい言葉を
もっともっともっと
BGMよりも 目に触れない
音を拾い、あげるから

敏感に、壊れそうに
大切に撫でているのは
壊したと感じて 傷付かないため
それですら包み込んで

分かってはいるよ
だけども時に 全部真四角な
感覚パズルをイメージして
甘えたくなるよ
時々話し掛けてくる 嘘な現実に
下を向きながらも
当て嵌めていこうよ

知らないような そんな香りを
聴かないような そんな音を
見えないような そんな視界を
聞きたいそんな、そんな言葉を

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/03/24

Why?te

Why?te(2008)

I'll cast a new word
Pop Music I heard somewhere
I felt like I was tracing in writing
Ask someone

Make Why Melancholy for Praise
I don't understand the kindness of accepting criticism
Pure white vision forever
I paint every day white

The sky is blue if you look up
Just a small emotion
Just a little more
I think that I want to tell it

Build me up for acceptance
I peek at the unexplained language swank
Hold your head forever
Fill the white everyday

Everyday is surely moving
Just a little more than me in the unconscious
I think that I want to tell it

Try a new word
Pop Music I heard somewhere
Gently flush with stereo
Ask someone

Make Why Melancholy for Praise
I don't understand the kindness of accepting criticism
forever and ever
A pure white field of view
Everyday becomes painted white

Everyday is definitely moving
I'm unconscious
I want to tell you even a little bit, I think so

As when no one is there

As when no one is there




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Whyte

新しい言葉を 投げかけるけど
どこかで聴いた Pop Music 
書きなぞってるような気分がして
誰かに 尋ねてみる

褒め言葉にWhy 憂鬱にさせて
批判を受け入れる 
優しさも理解もない
いつまでも 真っ白な視界が 
毎日を白く 塗りつぶしていく

上を向けば 空は青い
ほんの小さな感動を 
ほんの少しでも多く
伝えて行きたいと そう思う

受け入れられる 僕を作り上げて
わかっている素振り 言葉尻を覗く
いつまでも 頭抱え込んで 
白い毎日を 塗りつぶしていく

日常は きっと動いてる
無意識の中の僕を 
ほんの少しでも多く
伝えていきたいと そう思う

新しい言葉を 投げかけてみる
どこかで聴いた Pop Music 
ステレオでそっと 流しながら
誰かに 尋ねてみる

褒め言葉にWhy 
憂鬱にさせて 
批判を受け入れる
優しさも理解もない
いつまでも 
真っ白な視界を 
日常が白く 塗り変えていく

日常は きっと動いてる
無意識の中の僕を 
ほんの少しでも多く
伝えていきたいと そう思う

誰もいない 時のように

誰もいない 時のように

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Dust~HOKORI

Dust~HOKORI(2009)

At last no winds blowing thick clothes are blowing
The T-shirt is already sweating.
As dust is flying everywhere you look
The words shake, floating, I'm looking for a place

The word you want to stretch out and grab
Don't fly with dust
Try to scoop gently with both hands

Look at me happy, close up.

So as to get closer to you
But as if to notice it little by little
I want to embrace the word casually
Now, shaking, floating, I'm looking for a place to go

A word you want to stretch out and pick up
Determination to inhale with dust
Try to lead it kindly with your hands

Look, I'm looking lonely

The word that I want to open my hand and pick up
Even if you inhale with dust
Let's welcome you gently

The word you want to stretch out and grab
Don't fly with dust
Gently handle it with your hands

At last no winds blowing thick clothes are blowing
The T-shirt is already sweating.
As dust is flying everywhere you look
The words shake, floating, waiting with my hands raised


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
埃(2009)

やっと厚着のいらない風が吹いている
もうTシャツが汗ばみかけている
どこを見ても埃が飛んでいるように
言葉が揺れて、浮かんで、行き場探しているよ

手を伸ばして掴んでみたい言葉
埃と共に飛んでしまわないように
優しく両手で掬う様にして

ごらん、嬉しそうに寄り添うよ

そっと近づくように、ばれないように
でも少しずつ気づかせるかのように
さりげなく言葉浮かべてみたい
さあ、揺れて、浮かんで、行き場を探しているよ

手を伸ばして拾ってみたい言葉
埃と共に吸い込む判断を
優しくその手で導く様にして

ごらん、寂しそうに見ているよ

手を開いて拾ってみたい言葉
埃と共に吸い込んだとしても
優しくその手で出迎えていこうよ

手を伸ばして掴んでみたい言葉
埃と共に飛んでしまわないように
優しくその手で掬う様にして

やっと厚着のいらない風が吹いている
もうTシャツが汗ばみかけている
どこを見ても埃が飛んでいるように
言葉が揺れて、浮かんで、手を挙げて待っているよ

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

360° -Drehung Antwort

360° -Drehung Antwort(2016)

Ich weiß es nicht, ich weiß es nicht.
Es nicht einmal wissen.
Um zu hören, versuchen sich zu bewegen
Ohne Mitteilung an die Hand, die mit den Bedürfnissen geschrieben wurde
Sie und aneinander vorbei.

Ich muss sicherlich gedacht haben diese.
Bisher von Wörtern,
Um die Linie zwischen Punkt und dem Punkt.
Dann bohren nach unten zu graben,
Ergebnis Auch nur ein Missverständnis
Ist nahe bei Null wie möglich zu drehen Blau
Um blau zurück.

Herz, zu lesen,
Ich versuche, die Rückseite der Rücken vorzustellen
Weil ich wusste nicht, nachdem alle
Ich fragte zögernd,
Mir wurde gesagt, dass es 0° ist.

Ich will wissen, was ich wissen will.
Ich nicht nur zu wissen,
Seite an Seite mit Ihnen, Sie kennen mich auch
Und es endete sonst mit nur einer Umfrage nach oben
Ich weiß nicht.

Ich muss sicherlich gedacht haben diese.
Bisher von Wörtern,
Um die Linie zwischen Punkt und dem Punkt.
Dann bohren nach unten zu graben,
Ergebnis Auch nur ein vorübergehendes
Ist nahe bei Null wie möglich zu drehen Blau
Um blau zurück.

Herz, zu lesen,
Ich versuche, die Rückseite der Rücken vorzustellen
Weil ich wusste nicht, nachdem alle
Ich fragte, ohne zu überprüfen,
Mir wurde gesagt, dass es 0° ist.

Und diese Person in dieser Person
Auf diese Weise Aufruf von Ihnen ist anders
Und diese Person in dieser Person
Daß die Größe der Stimme unterscheidet
Ich würde aus dem Kopf leiden

I 360° ist sicherlich 0°,
Das ist um so weit gewesen
Ich beschloss, auf diese Weise zu verlassen.



360°回転アンサー(2016)

僕は知らない、僕は知らない。
それすらも知らない。
耳にするまで、動くことを求める
needsと書かれてる手に気付くことなく
君とすれ違う。

きっとこう思ってるに違いない。
これまでの言葉、
点と点とを結んで線にする。
そうして掘り下げて掘り下げて、
結果ただの勘違いだって
捻りすぎて 限りなく0に近いブルーが
背中まで青くさせるよ。

心、読み取る、
その裏の裏を僕は思い浮かべてみる
やっぱり分からなかったから
仕方なく聞いてみたら、
0°だと言われたんだ。

僕は知りたい、僕は知りたい。
僕だけが知るのではなく
君と並んで、君も僕を知る
そうでないとただの調査になっちゃって
僕は分かれない。

きっとこう思ってるに違いない。
これまでの言葉、
点と点とを結んで線にする。
そうして掘り下げて掘り下げて、
結果ただのすれ違いだって
捻りすぎて 限りなく0に近いブルーが
背中まで青くさせるよ。

心、読み取る、
その裏の裏を僕は思い浮かべてみる
やっぱり分からなかったから
調べずに聞いてみたら、
0°だと言われたんだ。

あの人と、この人で
君の呼び方が違うこと
あの人と、この人で
声の大きさが違うこと
僕は頭を抱えてしまうよ

360°は確かに0°だけど、
ここまで回ってきたことを
僕はこうして 残すことにした。

(Takashi Hayashitani)

Μια επέκταση στο Aria (Greece)

Μια επέκταση στο Aria (2016,Greece)

Σταματήστε και λέω
Σταματήστε και είμαι ουρλιάζοντας
αλλά ανεπαίσθητα
Η πρώτη, η πρώτη, η προγενέστερη
Κυνηγώντας τη σκιά του προσώπου που κάνει τόσο
Πάντα δεν είναι καλό παραμυθά

Είμαι στο μου, σημαντικό φανταχτερό
αλλά
Εκεί, σε αυτό και με γεμίζει
Πολύ περισσότερο από ό, τι νομίζω
Εκδόθηκε λόγια, δεν εκτός από την υπέρθεση

Αν είδατε κοίλα
Επίσης, όταν τέλος συναίσθημα
Αν υπογραφεί στο παρελθόν και η γραμμή
Ο άλλος, θα πρέπει να έρθει σε θέα

Χωρίς να διαβάζει τα λόγια του χαρακτήρα
Αντιλαμβάνονται την έκφραση
Επίσης τελειώνει εκεί συνομιλία
Το πίσω μέρος, το πίσω, η πλάτη είναι
Φτάνοντας στη σκιά του προσώπου που κάνουν
Κακή τέλος αφηγητής

Είμαι στο μου, σημαντικό φανταχτερό
αλλά
Εκεί, σε αυτό και με γεμίζει
Πολύ περισσότερο από ό, τι νομίζω
Εκδόθηκε λόγια, δεν εκτός από την υπέρθεση

Από τις λέξεις που συγκεντρώνει σε έναν χρόνο
Από ό, τι αισθάνεστε ότι είναι εντελώς κουρασμένος
Σε χαιρετισμό περιστασιακή κάθε φορά που θα συναντήσετε
Ο άλλος, θα πρέπει να έρθει σε θέα

Χωρίς να περιμένει για να επέλθη
Στο παρελθόν ήταν το μήνυμα
Καλή ακόμη Πόσο περίπου μικρές και μεγάλες
Συνεχίζει να καλύψουν κάθε
Λόγια του προσώπου, το πίσω από τις λέξεις
Θέλω να ζήσω στην ίδια ζεστασιά

Το πίσω μέρος του πίσω μέρος του πίσω από τις λέξεις
Φύλλο προβληματισμένος Μεταμφίεσης
Του προσώπου του κάποιον που δεν είναι κατά τη γνώμη μου
Η πρώτη, η πλάτη είναι, εκ των οποίων είναι
Τεντωμένο το χέρι στο σκοτάδι των ανθρώπων που κάνουν
Θλίψη Αποκαλύψτε αφηγητής




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
延長線上のアリア(2016)

止まれと僕は言っている
止まれと僕は叫んでる
だけどいつの間にか
その先は、その先は、その先は
そうやって人の影を追いかける
いつも良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

くりぬいて見たのなら
そこで終わる気持ちにも
これまでと線で結んだなら
もう1つ、見えてくるはず

言葉の文字を読み取らず
その表情を感じ取り
そこで終わる会話にも
その奥は、その奥は、その奥は
そうやって人の影に手を伸ばす
終わり良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

一度に束ねた言葉より
疲れ終わる気持ちより
会うたびに何気無い挨拶で
もう1つ、見えてくるはず

降りかかるのを待たずに
通り過ぎたメッセージに
大小なんてどうでもいい
ひとつひとつ 応え続けて
言葉の顔、言葉の背中を
同じ温かさで生きていたい

言葉の裏の裏の裏を
察し悩んだ空想を
僕ではない誰かの顔の
その先は、その奥は、その内は
そうやって人の闇に手を伸ばし
嘆き紐解くストーリーテラー

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Someday,It's Skyblue

Someday,It's Skyblue(2009)

This after it dawned
What do you sing?
The note that somebody arriving isn't yet caught
in sounds all the time here

Even as for the figure
unlike night last expectation
I change an expression and pay more attention to you

A singing voice not to arrive now
I push it aside, and I listen carefully
I turn into black sky soy sauce
I'll wear shoes calmly

Rain doesn't yet stop and
I still apply it to uneasiness
Block up the footsteps edge to step forward to
I stopped walking sometime

I've a note here all the time
I change an expression, and let's send it to you

View under cover of darkness
I push it aside, and you sing a song
Skyblue where the purple changes soon
I'll open a door calmly

For a singing voice not to arrive now
The nonchalant answer that listened carefully makes it
Even if, on the black reflection
of the moon day, it is white
I'll turn a foot calmly

If look at the top to remember Skyblue
Let's wave our hand in the sky calmly




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Someday,It's Skyblue(2009)

この夜が明けた後は
君は何を歌うのかな?
届いてる 誰かがまだ見つからない
音符がここで ずっと鳴ってるよ

夜の先期待と違う姿でも
表情を変えて 君に目を向ける

今 届かない歌声を
かき分けて僕は 耳を澄ます
黒い空 紫に変わっていく
静かに靴を履いてみよう

まだ雨が止まなくて
まだ不安に当てはめる
踏み出す足音 耳をふさいで
いつか歩くのも やめてた、なんて

ずっとここに 音符を抱えてる
表情を変えて 君に届けよう

暗さに隠れた視界を
かき分けて君は 歌を歌う
紫は もうすぐ変わるSkyblue
静かにドアを開けてみよう

今 届かない歌声に
耳を澄ました空 返事がする
黒い空 明日は白くても
静かに足を向けていこう

思い出す 上を見ればSkyblue
静かに空に 手を振ろう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Dezyèm sou(Haitian)

Dezyèm sou(2017,Haitian)

Maten leve
Mwen pa t 'kanpe

Mwen yon lòt fwa ankò
Epi si retounen nan ak sa yo ki fènwa
Kè, te sou yo deside

Maten leve
Mwen pa t 'vle ale

tren an
Pa konplètman kanpe
Kè, li tounen

Li se menm bagay la kòm jou sa a
Epitou rive pa t 'panse
Paske li se yon dezyèm fwa Men,
Soti nan lide iregilye
Enèji leve
Sa lakòz li.
Li te konsantre nan gen

Deyò se frèt
Li se Furitsuzuku farinen

Maten leve
Li te abandone angajman

Nou konnen mwen vivan jodi a
Presye règ mwen
Mwen te kite l '

Li se menm bagay la kòm jou sa a
Epitou rive pa t 'panse
Paske li se yon dezyèm fwa Men,
Soti nan pye iregilye
Enèji leve
Sa lakòz li.
Li te konsantre nan gen

jodi a mwen

N ap viv kounye a nan sa a janm yo.

Apre sa, abandone sal Bon an,
Kanpe volonte nan pye sa a kounye a




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
セカンドオン(2017)

朝目が覚めた
僕は立てなかった

僕はもう一度
あの闇に戻るのかと
心、決めかけた

朝目が覚めた
行きたくなかった

電車の中
立ちきれなくて
心、帰っていった

あの日と同じことが
また起きるとは考えてなかった
だけど2回目だから
ふらつく心から
立ち上がるエネルギー
それを起こすこと。
そこにフォーカスした

外は寒く
霧雨が降り続く

朝目が覚めた
こだわりを棄てた

僕は今日生きる
大切なマイルール
それを残したんだ

あの日と同じことが
また起きるとは考えてなかった
だけど2回目だから
ふらつく足元から
立ち上がるエネルギー
それを起こすこと。
そこにフォーカスした

今日の僕は

この足で今を生きてる。

散らかったこだわりを棄てて、
今この足で立ち上がろう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(Not poetry)

MC (Not poetry)

Good Morning.

It's Hayashintai
I'm Pop poetrist.

Now Japan
It's 9:31 AM.

In your country
What time is it now?

I'm a work
"I will not regret it"
I'm keeping in mind.
I will definitely call out when I come up with ideas, such as stocking tomorrow.
Because I know that it will be born if it is released.
If you accumulate on the contrary, the idea will not come up.

So I will continue to introduce it.


No lifetime life,
For that
A day you will not regret.


(Japanese)
MC(Not poetry)

おはようございます。

Pop poetristの林谷です。

今日本は
午前9時33分です。

あなたの国では
今何時でしょうか?

僕は作品は
「出し惜しみしない」
を心掛けています。
明日にストックしとこう、などは思わず思い付いたら必ず発信します。
発すれば生まれることを知っているから。
反対に溜めていると、発想が浮かばなくなるから。

だからまだまだ紹介していきます。


後悔しない一生、
そのための
後悔しない一日を。

2017/03/23

impulso sensoriale(Italian)

impulso sensoriale(2016,Italian)

Coloro che sono venuti alla parte anteriore dell'occhio
Fare una, ma per il flusso,
La cosa più importante è
Quando non vi è nulla
Non aspettare nulla non arriva, e
Questo portata, impulsi sensoriali!

Sentire sensazioni sentimento
Assolutamente sensibile che a volte diventano stanco
E il tutto nella storia
Vi è anche un momento di essere preoccupati se si nota
Ancora rivolto sia
Sono stato alla ricerca di una luce

Coloro che sono venuti alla parte anteriore dell'occhio
Masticare, provate a buttare tutto,
Se così sicuramente
A breve termine del dolore
Non mi interessa, c'è una continua, e
Questo portata, impulsi sensoriali!

Sentire sensazioni sentimento
Assolutamente sensibile che a volte diventano stanco
E il tutto nella storia
Vi è anche un momento spostato con la storia
Ancora rivolto sia
Sono stato alla ricerca di una luce

Perché c'era la delusione,
E si sono mischiati con la gloria della ricetta
Quindi, per ora, infatti, ci sono io

Una volta avevo tutto andata
Del primo servitore, ora mi
E 'sicuramente più viva

Sentire sensazioni sentimento
Una volta perso assoluta sensibili
Quando non tutto galleggiante
Penso che ci sia ora perché faccio fatica, così
Di fronte a entrambi ancora
Vado alla ricerca di una luce

Approfitta di me, impulso sensoriale


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
感覚的衝動(2016)

目の前にやってきたもの
それをこなす、流すはするけれど、
もっと大切なのは
何もないときに
何も来ない、と待たないで
この手を伸ばす、感覚的衝動!

Feel Feel Feeling
時に嫌になる絶対敏感
何もかもをストーリーにして
気付いたら悩んでる時もある
それでも共に向き合って
光を探してきたんだ

目の前にやってきたもの
それを噛み砕き、全てを投げてみる、
きっとそうすれば
目先の悲しさを
気にしない、続きがある、と
この手を伸ばす、感覚的衝動!

Feel Feel Feeling
時に嫌になる絶対敏感
何もかもをストーリーにして
君の話とずれる時もある
それでも共に向き合って
光を探してきたんだ

その落胆があったから、なんて
栄光のレシピに混ぜてしまって
事実そうして今、僕がいる

一度何もかもなくなった
その先の僕、今の僕は
きっともっと生かされてる

Feel Feel Feeling
一度失った絶対敏感
何もかも浮かばない時に
あがいたから今があると思う、だから
今でも共に向き合って
光を探していくんだ

僕を生かす、感覚的衝動


(Takashi Hayashitani 2016)

17/37

17/37(2017)

Thinking now
Why did he take a pen
Did you run the words on the notebook
Twenty years later, now.
It's an impulse that I don't know.
Certainly I can say
Today also repeating words

To him in those days
How do I see now?
If something goes wrong in the city
I wonder if he will tell me.

He painted the past and was mourning
I'll draw the present and continue
Still continuing, still going on
Even if I'm gone, the words are
Still continuing, still going on

Thinking now
Why did he take a pen
Did you run the words on the notebook
Twenty years later, now.
It's an impulse that I don't know.
Certainly I can say
Today also repeating words

To this me now
How can he see from him?
If something goes wrong in the city
I'll give him a hand with "Long time no see"

He painted the past and was mourning
Eventually I'll draw tomorrow, even if laughed
Still continuing, still going on
Even if it goes away, the word is
Still continuing, still going on

Things to remember long and long
To forget in one second
It's fun because there are both
Words are infinite,
I'll keep singing.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
17/37(2017)

今思えば
なぜ彼はペンを執って
ノートに言葉を走らせたのか
20年後、今。
それは分からない衝動。
確かに言えるのは
今日もまた言葉を重ねてること

あの頃の彼に
今の僕はどう見えるだろう?
何か間違って 街中ですれ違ったら
彼は僕に 声をかけてくれるかな?

彼は過去を描き、嘆いてた
僕は今を描き、続けてく
まだ続く、まだ続く
僕がいなくなっても言葉は
まだ続く、まだ続く

今思えば
なぜ彼はペンを執って
ノートに言葉を走らせたのか
20年後、今。
それは分からない衝動。
確かに言えるのは
今日もまた言葉を重ねてること

この今の僕に
あの彼からはどう見えるだろう?
何か間違って 街中ですれ違ったら
僕は彼に 「久しぶり」と手を挙げるよ

彼は過去を描き、嘆いてた
やがて明日を描き、笑われても
まだ続く、まだ続く
仮にいなくなっても言葉は
まだ続く、まだ続く

長く長く 思い返すもの
一秒で忘れること
どっちもあるから楽しくて
言葉は無限、
僕は歌い続けよう。

(Takashi Hayashitani 2017)

Mirai.(Dutch)

Mirai.(2016,Dutch)

Future trok op dat moment
Hemel kleurrijke ballon kleurrijke
Het is het oppakken groene één zijde bladeren
Nu dat het is uitgegroeid tot het verleden
Als dus gewend te vormen
Ook toekomstige beeltenis nu
Ik ben benieuwd of iets leuk om de tijd die je bent vergeten?

Verbale ga je gang van de actie
Voor mij is het moment
Zou Dumb schuld onbeschrijfelijk komen

Helemaal alleen helemaal alleen
Het loslaten van de dingen die werden gebouwd
Iedereen die gekke ding aarzeling Zelfs ik
Maar de eerste is zeker
Het is gericht op de toekomst

Future trok op dat moment
Hemel kleurrijke ballon kleurrijke
Het is het oppakken groene één zijde bladeren
Nu dat het is uitgegroeid tot het verleden
Als dus gewend te vormen
Ook toekomstige beeltenis nu
Ik ben benieuwd of iets leuk om de tijd die je bent vergeten?

Essentie die ik genoemd nu bij toeval
Of nog de naam van de put
Er is nog steeds behoefte ik kan om ervoor te zorgen dat veel

Helemaal alleen helemaal alleen
Toevertrouwen dat de bouw van de
Iedereen die gekke ding aarzeling Zelfs ik
Maar alleen in de eerdere
Niet geschikt voor de toekomst

Future trok op dat moment
Hemel kleurrijke ballon kleurrijke
Het is het oppakken groene één zijde bladeren
Nu dat het is uitgegroeid tot het verleden
Als dus gewend te vormen
Ook toekomstige beeltenis nu
Ik ben benieuwd of iets leuk om de tijd die je bent vergeten?

Het maakt niet uit hoe hard
Tot een einde komen ook voor mij
Dus de manier van leven, zoals verlof
Het zal doorgaan tot het einde komt


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
未来。(2016)

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな?

口頭が行動の先を行く
その瞬間僕に
何とも言えぬ 罪悪感が来るだろう

たったひとり たったひとりで
築き上げたもの それを手放すなんて
誰だって僕だって迷い狂うこと
でもその先はきっと
未来に向いている

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな?

今僕が呼ぶ本質はもしや
未だ井戸の名前なのか
まだ僕はずっと 確かめる必要がある

たったひとり たったひとりで
築き上げたもの それを委ねるなんて
誰だって僕だって迷い狂うこと
でもその先にしか
未来には向かない

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな?

どんなに頑張っても
僕にも終わりがやって来る
だから残すような 生き方をして
終わりが来るまで 続けていく


(Takashi Hayashitani 2016)

MC(29 Countries)

MC (Not poetry)

Good evening.

It's Hayashintai
I'm Pop poetrist.

Now Japan
It's 5:47 PM.
It's evening.

There are four seasons in Japan,
Will it change from winter to spring just now?
it's dark.
Although there are individual differences,
Is it okay if I do not have to wear the coat a little more? It is a climate.

Although 20 days have passed since we opened it,

United states of america
Japan
Germany
France
Greece

Turkey
Kuwait
Iraq
Saudi Arabia
Korea

Portugal
Russia
Pakistan
Finland
Poland

Nepal
Ghana
England
Ireland
Philippines

Bangladesh
Italy
Columbia
Belgium
Algeria

India
Barbatos
Chile
Malaysia
(In no particular order)


We confirmed access from 29 countries.

Thank you very much.



Sadly, in personal circumstances I feel that sputtering of words is rampant.

That is why it is the strength to have feelings to cherish words,
I also want to put myself in an environment that respects words in the same way.


Thank you as always.
People who will wake up and sleeping people will be having a wonderful dream day.



MC(Not poetry)

こんばんは。

Pop poetristの林谷です。

今日本は
午後5時47分です。
夕方です。

日本は四季があり、
今丁度冬から春に変わるかな?
くらいです。
個人差はありますが、
もう少しでコートを着なくて良いかな?くらいの気候です。

開設して20日が経とうとしていますが、

アメリカ合衆国
日本
ドイツ
フランス
ギリシャ

トルコ
クウェート
イラク
サウジアラビア
韓国

ポルトガル
ロシア
パキスタン
フィンランド
ポーランド

ネパール
ガーナ
イングランド
アイルランド
フィリピン

バングラデシュ
イタリア
コロンビア
ベルギー
アルジェリア

インド
バルバトス
チリ
マレーシア
(順不同)

29か国の方からのアクセスを確認しました。

本当にありがとうございます。



悲しいことに、身の回りでは言葉の吐き捨てが横行しているように感じてしまいます。

だからこそ言葉を大切にする気持ちを持つことを強さにして、
同じように言葉を大切にする環境に身を置いていきたいと思っています。


いつもありがとう。
これから起きる人も、寝る人も、素敵な夢を見る一日になりますように。

延長線上のアリア(Japanese)

延長線上のアリア(2016,Japanese)

Stop and I said
Stop and I shouted.
But in no time at all
Beyond, beyond, beyond the
そうやって人の影を追いかける
いつも良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

くりぬいて見たのなら
そこで終わる気持ちにも
これまでと線で結んだなら
Another One, see the

言葉の文字を読み取らず
その表情を感じ取り
そこで終わる会話にも
Its back its back its back
そうやって人の影に手を伸ばす
終わり良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

一度に束ねた言葉より
疲れ終わる気持ちより
会うたびに何気無い挨拶で
Another One, see the

降りかかるのを待たずに
通り過ぎたメッセージに
Large and small not how
ひとつひとつ 応え続けて
Words of Glory, words of back
With the same warmth of living.

Words behind the back of the back of the
Observation I thought
僕ではない誰かの顔の
The first, the back , the one that
そうやって人の闇に手を伸ばし
嘆き紐解くストーリーテラー



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
延長線上のアリア(2016)

止まれと僕は言っている
止まれと僕は叫んでる
だけどいつの間にか
その先は、その先は、その先は
そうやって人の影を追いかける
いつも良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

くりぬいて見たのなら
そこで終わる気持ちにも
これまでと線で結んだなら
もう1つ、見えてくるはず

言葉の文字を読み取らず
その表情を感じ取り
そこで終わる会話にも
その奥は、その奥は、その奥は
そうやって人の影に手を伸ばす
終わり良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

一度に束ねた言葉より
疲れ終わる気持ちより
会うたびに何気無い挨拶で
もう1つ、見えてくるはず

降りかかるのを待たずに
通り過ぎたメッセージに
大小なんてどうでもいい
ひとつひとつ 応え続けて
言葉の顔、言葉の背中を
同じ温かさで生きていたい

言葉の裏の裏の裏を
察し悩んだ空想を
僕ではない誰かの顔の
その先は、その奥は、その内は
そうやって人の闇に手を伸ばし
嘆き紐解くストーリーテラー

(Takashi Hayashitani 2016)

成为(Chinese)

成为(2017,Chinese)

你也不要成为小雕像。
但对个人的坚持
它是人的只是人的在场的数目
特别不活
那么,你是别人的吗
我放弃

我必须要找到相当
如果受保护的
不捍卫某人你
所以我认为我可以

看过很多悲剧
也许看了那么多的恶魔
但是,我致力于你
现在股票的显示

你当然不要怪物
但随着时间的推移强烈抗议有乐趣和
它是人的只是人的在场的数目
预计不会知道事情的真相
是的我们相信在你的方向
我认为让我们的脸

而做必须要不進
要输入的声音
存在无限平铺的镜子
虽然被打断可以看到噩梦

你可能听说过很多的噪音
你可能会听到很多的噪音
但是,我致力于你
现在股票的显示

个性是
还有你,对我来说,给他。
但是再说一遍
特别是被我踩在那里。
需要
他也是,对我来说,给你。

在黑暗中,伸出
只是触及手指
在特别的人格改变。
迈出一步,
我是它的真实个性。

现在股票的显示




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう

(Takashi Hayashitani 2017)

You Can Do It

You Can Do It(2016)

In roadside we do not have anyone
I he was singing my lyrics
Only say that "no one has done."
Guys have been throwing the cans out the window.
I was threw the cans.
I Can Do It!

Now, at the roadside
There's a concert.

Nante After the change before the change
It would be like this.
Really Maybe if it
Because since I was a child
Throw back to mirror the cans invisible even now
I Can Do It!

We in the word of his "no relationship"
I am walking alone of my lyrics began
Only say that "no one has done."
He has been throwing a strange cans with the guy.
I was threw the cans.
I Can Do It!

Now, in the lyrics
It was me to vibration.

Nante After the change before the change
It would be like this.
Really Maybe if it
Because since I was a child
Throw back to mirror the cans invisible even now
I Can Do It!

So strange because guy,
It is not necessary to have a strange
When you become an adult
It might come throw the can in the same way.
Let me say in light of it
You Can Do It!

(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
You Can Do It(2016)

僕らは誰もいない道端で
僕の歌詞を彼が歌っていたんだ
「誰もやってない」というだけで
窓から奴等が缶を投げてきた。
僕は缶を投げ返した。
I Can Do It!

今、その道端で
コンサートがあるんだ。

変わる前変わる後なんて
こんな感じだろう。
本当にそれなら多分
子供の頃からだから
今も見えない缶を鏡に投げ返す
I Can Do It!

僕らは彼の「関係ない」の一言で
僕の歌詞の一人歩きが始まった
「誰もやってない」というだけで
変な奴だと缶を投げてきた。
僕は缶を投げ返した。
I Can Do It!

今、その歌詞で
振動してくれたんだ。

変わる前変わる後なんて
こんな感じだろう。
本当にそれなら多分
子供の頃からだから
今も見えない缶を鏡に投げ返す
I Can Do It!

だから変な奴だから、
変でいる必要はない
君が大人になるとき
同じように缶を投げてくるかも知れない。
それを踏まえて言っておこう
You Can Do It!

(Takashi Hayashitani 2016)

2017/03/22

Χαμογελαστά(Greek)

Χαμογελαστά(2009,Greek)

Αργά τη νύχτα τρένο για το σπίτι δεν έχει έρθει ακόμα
Για να μην περιμένετε είμαι μετ 'επιστροφής
Αν θέλετε να είστε σίγουροι οτι ψηφίστηκε για δεύτερη φορά,
Και κάτι να πω ότι ήταν πιθανό να αντιμετωπίζουν
Αλλά, που λήγει πρόσωπα υπό σύντομα
Με ρέει το πληκτρολόγιο ως διαρροή αναστεναγμό
Είναι χυθεί σκύλες αύριο τρόπο
Και απάντηση ελπίδα θα εξακολουθεί να ρέει αύριο

Χαμογελώντας μπροστά φοβάμαι
Φύγε πολύ πραγματική απάντηση
Απάντηση ήταν το ίδιο πρόσωπο, αλλά ακόμα και είμαι σίγουρος
χαμογελαστά

Με ρέει το πληκτρολόγιο ως διαρροή αναστεναγμό
Είναι χυθεί σκύλες αύριο τρόπο
Πηγαίνετε χυθεί ή να γράψει πριν έρθει η απάντηση

Χαμογελώντας μπροστά αμφιβάλλω
Φύγε πολύ την πραγματική φωνή
Απάντηση ήταν το ίδιο πρόσωπο, αλλά ακόμα και είμαι σίγουρος
χαμογελαστά

Αποσπασματική ΠΟΙΗΣΗ στο μετρό
Για να μην περιμένετε ότι είμαι γράφονται εγγραφής
Ανόργανα τοπίο με κάτι να πει ήταν πιθανό να αντιμετωπίζουν
Στη συνέχεια καλείτε από το παράθυρο

Χαμογελώντας μπροστά φοβάμαι
Φύγε πολύ την πραγματική φωνή
Απάντηση ήταν σίγουρα αντιμετωπίζουν το ίδιο και εγώ ακόμα
χαμογελαστά



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Smiling(2009)

深夜のホーム 電車はまだ来ない
待ち切れずに僕は往復をしてる
二度目に通り過ぎた君、 
何か言いたそうな顔して
でも、すぐに下向いて終ってる
溜め息 こぼれるようにキーボード流して
明日の在り方だなんて愚痴こぼしては
返答期待して やっぱり明日に流れてく

Smiling その先僕は怯えてる
本当の答え ずっと遠ざかっていく
それでもきっと 僕も同じ顔して答えるよ
Smiling 

溜め息 こぼれるように キーボード流して
明日の在り方だなんて愚痴こぼしては
返答が来る前にまた書きこぼしていく

Smiling その先僕は疑う
本当の声がずっと遠ざかっていく
それでもきっと 僕も同じ顔して答えるよ
Smiling

地下鉄に乗って 断片的なPOETRY
待ち切れずに僕は書き綴ってる
無機質な風景 何か言いたそうな顔して
そうして窓から呼びかけてる

Smiling その先僕は怯えてる
本当の声がずっと遠ざかっていく
それでもきっと 僕も同じ顔して答える
Smiling


(Takashi Hayashitani Pop poetrist) 

Momentary loneliness

Momentary loneliness(2010)

After a long absence, we visited a familiar bar.

Here is the underground world.
Conversation, thought,
Everything is artistic,
I like that kind of atmosphere that seems to be somewhat distinct from society.
Like the jazz flow that resounds to a natural extent, Master speaks.

"Loneliness is the true art".

I'm more today than yesterday,
I'm seeking more beautiful things,
If this is true and "all"
Balance the beauty and loneliness,
You may get lost by putting your finger.

An idea floats in the head of "one".
Where should the truly beautiful things go?
Where should I turn what I produce?

While doing such a conversation, it has changed unnoticed,
While taking in the jazz melody in the ear, I talk about wine.

Loneliness certainly,
It may boast of the ultimate beauty.
I'm a lonely person I probably can't become such a person.

That's why I
Instantaneously entering my world,
I'll make one again today.

so,
I'll create art in the moment of loneliness.

Let's seek out engagement with art born from "one".



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
瞬間の孤独


久しぶりに、馴染みのバーに足を運んだ。

ここは地下の世界。
会話、思想、
すべてが芸術的で、
どこか社会と一線を
画しているような、
そんな雰囲気が気に入っている。
自然な程度に響く
ジャズの流れに沿ったように、
マスターは話す。

「孤独こそ、真の芸術」だって。

僕は昨日よりも今日、
ってより美しいもの
を求めているけど、
もしこれが本当で、
「すべて」なら、
美しさと寂しさを
天秤にかけて、
指を差すことに、迷うかもしれない。

「ひとり」の頭の中で、
アイディアが浮かぶ。
真に美しいものは、
どこに行くべきだろう。
僕が生み出すものは、
どこに向けるべきだろう。

そんな会話をしながら、
いつの間にか変わっている、
ジャズのメロディを
耳に取り込みながら、
僕はワインを口にする。

孤独は確かに、
究極の美しさを
誇るかもしれない。
寂しがり屋な僕は
そんな人に多分、なれない。

だから僕は
瞬間的に
自分の世界に入り込んで、
今日も又一つ、作り上げる。

そう、
瞬間の孤独をまとって
アートを生み出していく。

「ひとり」から生まれたアートで、
関わりを求めていこう。

(Takashi Hayashitani 2010)

బిలీఫ్(Telugu)

బిలీఫ్(2017,Telugu)

ఇది చాలా పాడే కొనసాగింది
ఇది చాలా డ్రా కొనసాగింది
చిత్రం వెళ్ళడానికి మార్గంలో ఉంది
కొన్నిసార్లు మేము "సులభమైన కలిగి"
ఇది కూడా విషయం దూషించబడ్డాడని జరిగినది

నేను ఒక బిగ్గరగా వాయిస్ పెంచడానికి కాల్ ప్రయత్నించారు
మాత్రమే ప్రత్యుత్తరం స్వంతంగా వాయిస్.
సొంత kno శాంతపరచడానికి
మరింత వాయిస్ పెంచడానికి
మాత్రమే గానం కొనసాగించడానికి

ఆ సమయం నుంచి
ఖచ్చితంగా కాదు ఏమీ మార్చబడింది
నేను మార్చలేదు ఎందుకంటే ఇప్పుడు ఉంది
చాలా బలం అప్పుడు వెళ్ళి
ఇది ఒక నమ్మకం కాల్, నేను పాడే.

ఎక్కడైతే, విస్తృత స్థానంలో అడుగున.
ఇప్పటికీ, రోడ్ కనిపిస్తుంది.

ఇది చాలా పాడే కొనసాగింది
ఇది చాలా డ్రా కొనసాగింది
చిత్రం వెళ్ళడానికి మార్గంలో ఉంది
కొన్నిసార్లు అది "ఆత్మ భిన్నంగా ఉంటుంది."
కూడా ఉన్నాయి నిర్లక్ష్యం చేయబడింది

నేను ఒక బిగ్గరగా వాయిస్ పెంచడానికి కాల్ ప్రయత్నించారు
మాత్రమే ప్రత్యుత్తరం స్వంతంగా వాయిస్.
సొంత kno శాంతపరచడానికి
దానితో అంతం కాదు క్రమంలో
మాత్రమే గానం కొనసాగించడానికి

ఆ సమయం నుంచి
ఖచ్చితంగా కాదు ఏమీ మార్చబడింది
నేను మార్చలేదు ఎందుకంటే ఇప్పుడు ఉంది
చాలా బలం అప్పుడు వెళ్ళి
ఇది ఒక నమ్మకం కాల్, నేను పాడే.

ఎక్కడైతే, విస్తృత స్థానంలో అడుగున.

ఎవరైనా కొత్త పదాలను చూడని
కొత్త కవితలు
ఇది చాలా పాతతరానికి ఒకరి కళ్ళు పొందుటకు చెప్పారు
అప్పుడు బలం వెళ్ళి
ఇది ఒక నమ్మకం కాల్, నేను పాడే.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
信念(2017)

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『楽をしてる』って
罵られた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
さらに声をあげて
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。
まだ、道は見えている。

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『趣旨が違う』って
見過ごされた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
それで終わらないために
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。

誰も見ていない 新しい言葉
新しいポエトリー
誰かの目につくのが ずっと先でもいい
続いていく強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

(Takashi Hayashitani 2017)

MC(World poetry Day)

MC(Not poetry)


Good morning.
Now Japan
It's 7:38 am.

In your country
What time is it now?


"World poetry day"

Yesterday evening, I checked on Facebook etc if it was an important day.
I will be lyrics for 20 years this year,
Embarrassing story, I did not know.


From the opening of this blog I actually posted only what I wrote in the past, but I was making a new work whether there was a fringe.


Belief(English)
http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/belief2017-i-have-been-singing-for-long.html?m=1

I wrote a will to express poetry overseas.


Please take a look.



(Japanese)
おはようございます。
今日本は
午前7時38分です。

あなたの国では
今何時でしょうか?



『World poetry day』
 (世界作詩記念日)

昨日の夜、…大切な日だとFacebookなどで確認しました。
僕は作詞を始めて今年で20年になりますが、
恥ずかしい話、知りませんでした。


僕はこのブログ開設から、実は過去に書きためたものだけを掲載していましたが、縁もあったのか、僕は新作を作っていました。

Belief

http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/belief2017-i-have-been-singing-for-long.html?m=1

海外にポエトリーを表現していきたいという意志を書きました。


ぜひご覧になってみてください。

Πεποίθηση (Greece)

Πεποίθηση (2017,Greece)

Έχω το τραγούδι για μεγάλο χρονικό διάστημα
Έχω την κατάρτιση όλη την ώρα
Η εικόνα είναι ακόμα μπροστά
Μερικές φορές "Είμαι έχοντας εύκολο"
Ήμουν πολλές φορές κατηγορηθεί

Προσπάθησα καλώντας με δυνατή φωνή.
Η φωνή της απάντησης είναι μόνο τον εαυτό μου.
Για αυτοδημιούργητος αυτο-απόδοσης για άνεση
Περαιτέρω αύξηση της μια φωνή
Δεν είχα καμία επιλογή αλλά για να συνεχίσει το τραγούδι

Από εκείνη τη στιγμή
Σίγουρα τίποτα δεν έχει αλλάξει
Έχω τώρα γιατί δεν αλλάζουν
Δύναμη που μπορεί να συνεχιστεί για μεγάλο χρονικό διάστημα
Αποκαλώντας την μια πεποίθηση, τραγουδώ.

Για την ευρύτερη και βαθύτερη όπου και αν είναι.
Ακόμα, ο τρόπος είναι ορατή.

Έχω το τραγούδι για μεγάλο χρονικό διάστημα
Έχω την κατάρτιση όλη την ώρα
Η εικόνα είναι ακόμα μπροστά
Μερικές φορές «Σκοπός είναι διαφορετική"
Υπήρχαν πράγματα που αγνοείται

Προσπάθησα καλώντας με δυνατή φωνή.
Η φωνή της απάντησης είναι μόνο τον εαυτό μου.
Για αυτοδημιούργητος αυτο-απόδοσης για άνεση
Για να μην τελειώσει
Δεν είχα καμία επιλογή αλλά για να συνεχίσει το τραγούδι

Από εκείνη τη στιγμή
Σίγουρα τίποτα δεν έχει αλλάξει
Έχω τώρα γιατί δεν αλλάζουν
Δύναμη που μπορεί να συνεχιστεί για μεγάλο χρονικό διάστημα
Αποκαλώντας την μια πεποίθηση, τραγουδώ.

Για την ευρύτερη και βαθύτερη όπου και αν είναι.

Νέες λέξεις δεν έχουμε δει από κανέναν
νέα Ποίηση
Είναι ένα μακρύ δρόμο για να δείτε τα μάτια κάποιου
συνεχίζοντας τη δύναμη
Αποκαλώντας την μια πεποίθηση, τραγουδώ.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
信念(2017)

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『楽をしてる』って
罵られた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
さらに声をあげて
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。
まだ、道は見えている。

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『趣旨が違う』って
見過ごされた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
それで終わらないために
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。

誰も見ていない 新しい言葉
新しいポエトリー
誰かの目につくのが ずっと先でもいい
続いていく強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

La creencia(Spanish)

La creencia(2017,Spanish)

Ha continuado a cantar mucho
Se ha continuado dibujando mucho
La imagen está en el camino a seguir
A veces, "tenemos un fácil"
También maldecían la cosa

Traté de llamar para levantar una gran voz
La voz de la respuesta sólo su propia cuenta.
A la comodidad propia KNO
elevar aún más la voz
No sólo era seguir cantando

A partir de ese momento
No estoy seguro de nada ha cambiado
Hay ahora porque no he cambiado
Fuerza Ikeru sido muy seguido
Diga que es una creencia, yo canto.

Siempre que sea amplia, profunda en el lugar.
Aún así, el camino es visible.

Ha continuado a cantar mucho
Se ha continuado dibujando mucho
La imagen está en el camino a seguir
A veces "el espíritu es diferente."
También hubo que ha sido pasado por alto

Traté de llamar para levantar una gran voz
La voz de la respuesta sólo su propia cuenta.
A la comodidad propia KNO
Con el fin de no terminar con ella
No sólo era seguir cantando

A partir de ese momento
No estoy seguro de nada ha cambiado
Hay ahora porque no he cambiado
Fuerza Ikeru sido muy seguido
Diga que es una creencia, yo canto.

Siempre que sea amplia, profunda en el lugar.

Cualquier persona que no se ve nuevas palabras
nueva poesía
Dice mucho incluso antes de ponerse en los ojos de alguien
A continuación, vaya fortaleza
Diga que es una creencia, yo canto.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
信念(2017)

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『楽をしてる』って
罵られた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
さらに声をあげて
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。
まだ、道は見えている。

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『趣旨が違う』って
見過ごされた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
それで終わらないために
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。

誰も見ていない 新しい言葉
新しいポエトリー
誰かの目につくのが ずっと先でもいい
続いていく強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

(Takashi Hayashitani 2017)

Di fronte alla parete (Italian)

Di fronte alla parete (2016,Italian)

In una occasione ha parlato di questo.
E 'stato prima che il "muro alto così tanto.
Perché tutti Rido di me? "
Ma terminazioni sono forti, non è adatto per me,
Situ, il primo senza monologo.
Straddle il passaggio del passo,
Lei non sa nemmeno il nome,
Superare mentre sorriso ironico.
Sul ring del dito anulare della mano sinistra, è la disperazione.

Anche dire l'altezza del muro non superi
Ognuno una tristezza che non ha nemmeno guardare
La tristezza che non è anche conosciuto come il muro
Sembra che ancora non si sa.

In una occasione ha parlato di questo.
"Ho resistito alla parete alta se.
Perché ancora si ride di me? "
Ma terminazioni sono forti, non è adatto per me,
Situ, il primo senza monologo.
Straddle il passaggio del passo,
Lei non sa nemmeno il nome,
Il fronte stupito, verso gli occhi e sussurrò a lui.
"In realtà non si sa nemmeno? "Ha disperazione.

Anche dire l'altezza del muro non superi
Ognuno una tristezza che non ha nemmeno guardare
La tristezza che inizia ad accettare
Sembra che ancora non si sa.

Si comincia a parlare eloquentemente a me.
Si comincia a parlare l'altezza della parete.
Ma per qualche motivo,
Che lei non ha messo una voce.
Capisco che.
Perché la risposta non si vuole sentire venire.
Dal momento che ha chiesto per la forza di accettare.

io la
E 'saltato leggermente il muro più alto
Ho sentito tali notizie.
ancora
Venite a parlare l'altezza di quel muro.
Criticare il suo è solo fortuna.

Sono l'ultimo a lui, ho detto questo.
"Il muro è accettata, determinato al momento rivolto in avanti. "

Lui e l'allora
Tutto quanto non parlare.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
目の前の壁(2016)

ある時彼はこう話してきた。
『こんなにも高い壁を前にしてる。
なんで皆は俺を笑うんだ?』
語尾は強いけど、僕に向いてない、
その場、その先のない独り言。
通りすがりの段差をまたぐ、
名も知らない彼女が、
苦笑いしながら過ぎて行く。
左手薬指のリングに、彼は絶望する。

越えていない壁の高さを語っても
誰も見向きもしない悲しさを
壁とも呼ばれない悲しさを
彼はまだ知らないようだ。

ある時彼はこう話してきた。
『それならば高い壁を乗りきった。
なんでそれでも俺を笑うんだ?』
語尾は強いけど、僕に向いてない、
その場、その先のない独り言。
通りすがりの段差をまたぐ、
名も知らない彼女が、
呆れ顔、目を向けて彼に囁いた。
『本当はあなたも知ってるんでしょ?』彼は絶望する。

越えていない壁の高さを語っても
誰も見向きもしない悲しさを
受け入れて始まる悲しさを
彼はまだ知らないようだ。

彼は僕には雄弁に語り出す。
その壁の高さを語り出す。
だけど何故か、
あの彼女には声をかけない。
僕には分かる。
聞きたくない答えが来るから。
受け入れる強さを求められるから。

僕は彼女が
最も高い壁を軽く飛び越えた
そんなニュースを耳にした。
彼はまだ
あの壁の高さについて話してくる。
彼女をただの運だと批判する。

僕は彼に最後、こう話した。
『壁は受け入れて、前を向いた時に決まる。』

それから彼とは
何も話していない。

(Takashi Hayashitani 2016)

2017/03/21

Belief

Belief(2017)

I have been singing for a long time
I've been drawing it all the time
The image is still ahead
Sometimes "I'm having easy"
I was sometimes accused

I tried calling with a loud voice.
The voice of reply is myself only.
For self-made self-performance to comfort
Further raising a voice
I had no choice but to continue singing

From that time
Surely nothing has changed
I have now because I did not change
Strength that can continue for a long time
Calling it a belief, I sing.

To wider and deeper wherever it is.
Still, the way is visible.

I have been singing for a long time
I've been drawing it all the time
The image is still ahead
Sometimes "Purpose is different"
There were things that were overlooked

I tried calling with a loud voice.
The voice of the reply is myself only.
For self-made self-performance to comfort
In order not to end it
I had no choice but to continue singing

From that time
Surely nothing has changed
I have now because I did not change
Strength that can continue for a long time
Calling it a belief, I sing.

To wider and deeper wherever it is.

New words not seen by anyone
New Poetry
It's a long way to see someone's eyes
Continuing strength
Calling it a belief, I sing.



(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
信念(2017)

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『楽をしてる』って
罵られた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
さらに声をあげて
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。
まだ、道は見えている。

ずっと歌い続けてきた
ずっと描き続けてきた
イメージはまだまだ先にある
時に『趣旨が違う』って
見過ごされた事もあった

声を大にして 呼んでみたけど
返事の声は自分だけ。
自作自演 慰めるために
それで終わらないために
歌い続けるしかなかった

あの時から
きっと何も変わっていない
変わらなかったから今がある
ずっと続いていける強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

どこまでも広く、深いところへ。

誰も見ていない 新しい言葉
新しいポエトリー
誰かの目につくのが ずっと先でもいい
続いていく強さ
それを信念と呼んで、僕は歌う。

(Takashi Hayashitani 2017)

99F WINDOW

99F WINDOW(2005)

I carry me to the elevator
mineral matter
Of the view
which arrived at is good Penthouse

Window of the 99th floor
The scenery to see wants to go only the roof of the building in coming
there of the window
If there is a wing, to be able to meet you from here

Even if I look at a back
Even if I do my best how
The person that I without the wing am happy
I go down the stairs and can walk

The scenery which a window of the
99th floor looks like
"I turn to the bottom and walk"

If there is the coming wing which wants to go there of the window,
to be able to meet immediately from here

Even if I look at a back
Even if I talk about anything
The person that you
without the wing are happy
I go down the stairs and can walk

The emergency staircase
which is gloomy today
I run it down silently
Such a daily life
that seems to have
the mind upset colors it
without noticing

Even if I look at a back
Even if I talk about anything
The person that
I without the wing am happy
I go to go down the stairs,
and to meet you


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
99F WINDOW

エレベーター 無機質に僕を運んでく
辿り着いた 見晴らしのいい
最上階の部屋

99階の窓
見える風景はビルの屋上ばかり
窓の向こう あそこに行きたい
翼あれば ここから君に会えるのに

背中 眺めても
どう頑張っても
翼のない 僕は幸せな人
階段を降りて 歩いて行ける

99階の窓 見える風景は
「下を向いて歩いてる」

窓の向こう あそこに行きたい
翼あれば ここからすぐに会えるのに

背中 眺めても
何を語っても
翼のない 君は幸せな人
階段を降りて 歩いて行ける

今日も暗い非常階段
黙々と駆け降りる
気の狂いそうな そんな毎日は
気づかずに彩っていく

背中 眺めても
何を語っても
翼のない 僕は幸せな人
階段を降りて 君に会いに行くよ

(Takashi Hayashitani 2005)

Gugma nagpadayon(Cebuano)

Gugma nagpadayon(2016,Cebuano)

racking yugto
Bisan ang mga tawo nga nagpadayon sa mainit nga
Ang usa ka serye sa mga butang nga mahapangdol
Kita sa nagpadayon nawong sa pagbati

Ikaw dili sa pagbuhat sa bisan unsa nga butang nga nag-inusara
Sa kasubo nga kini bisan milakaw
Kini mahimo oron sa usa ka kamot sa pagkolekta ang gilapdon.

Sukad gihapon giwagtang, ug
Dili gilabay gikan sa imong kaugalingon.
Usa sa lain pa gikan didto,
Aron mopadayon sa pagpakusog dili makita.

Nawong sa nawong sa nawong
Ingon nga sa mga tawo nga nagpadayon sa pagpakig-away
Ug sa pagpangita sa kamatuoran sa pagkawala
Adunay usa ka tawo na sa pagkuha sa sa sa sa kilid.

Ikaw dili sa pagbuhat sa bisan unsa nga butang nga nag-inusara
Minuto lamang nga nagtapok sa maong usa ka hunahuna
Kausaban sa kalolot sa pagdawat.

Kini dili mahimo nga gihapon, ug
Dili mohunong sa gikan sa iyang kaugalingon.
Usa sa lain pa gikan didto,
Aron mopadayon sa pagpakusog dili makita.

-Atubang sa unahan sa pag-adto sa atubangan sa
Ang mas pag-antos nga walay tubag
Nga giatubang sa niini nga huyang
Kini nga rake sa trahedya sa ilang kaugalingon.

Ikaw dili sa pagbuhat sa bisan unsa nga butang nga nag-inusara
Adunay on lamang gihapon hunahuna
Imong mamatikdan nga sa nangagi mao ang.

Get giugbok gihapon, ug
Kini dili mohunong gikan sa imong kaugalingon.
Usa sa lain pa gikan didto,
Aron mopadayon sa pagpakusog dili makita.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
情熱が続いて行く(2016)

抱え込んで抱え込んで
暖め続けたものでさえ
すり抜けていく事の連続で
俯き続けてる感覚でいる

一人ではどうにもならない
それでも去っていった悲しさで
広い集める手を伸ばせるだろう。

どうせ無くなるから、と
自分から棄てないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

向き合って向き合って
戦い続けたものほど
失う現実を見付けてる
横で誰かが拾い上げていく。

一人ではどうにもならない
そんな思いを重ねた分だけ
受け入れる優しさに変わる。

どうせできないから、と
自分からやめないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

前に行き前を向き
答えがないものに悩むほど
弱いものだと突き付けられる
自分で悲劇をかき集めていた。

一人ではどうにもならない
立ち止まるしかない思いだけ
通り過ぎたことに気付くだろう。

どうせ行き詰まる、と
自分から止まらないで。
そこからさらにもう1つ、
見えないステップに進めてく。

(Takashi Hayashitani 2016)

Like a Small Yacht

Like a Small Yacht(1999)

The place that I want to go
To find only this
It was
totally squeezed up in a bottle
I am like a small yacht

A person
who gets lonely easily is
the same quietly
and wants to pretend to sleep

Even as for me
who was transparent
that the window
which fatigue dwells in
in the cast-off shell
which I am troubled so much
without noticing, and
passed always projects it obediently

What I want to try
So that only these overflow
Without deciding the destination
It's only drained somewhere
A person
who gets lonely easily is the same quietly and
wants to take a rest a little in the shade

Even as for me
who was transparent who is projected as it is
even if I cover it whom
I'm troubled so much without noticing,
and fatigue returns to in an open cast-off shell

Surely have
already understood all
you're still late
a little when this cold disappears somewhere though seem
to turn its back and all as before

I who was transparent
who was tired from grieving that fatigue dwell
in the cast-off shell which
I'm troubled so much without noticing, and
passed so much sleep

The place that I want to go
To find only this
It was totally squeezed up in a bottle
I'm like a small yacht




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
ヨット

行ってみたい所は 
これだけ求めるのに
まるで瓶に詰められた
小さなヨットみたい

寂しがりや そっとそのままで
眠るふりをしていたい

気がつかずに こんなに悩んで
通りすぎた抜け殻に 疲れが宿る
窓はいつも 素直に映し出してる
透き通った僕でさえも

試したい事は
これだけあふれるのに
行き先も決めずに
ただ どこかへ流される
寂しがりや そっとそのままで
日陰で少し休みたい

気がつかずに こんなに悩んで
何もない抜け殻に 疲れが戻る
隠してもこのまま映し出される
透き通った僕でさえも

きっとみんなはもうわかっている
まだ君は後ろ向きな様だけど
この風邪が どこかへ消える頃
少し遅れて 全て元どおり

気がつかずに こんなに悩んで
通りすぎた抜け殻に 疲れが宿る
悲しむことに こんなにも疲れた
透き通った僕が眠る

行ってみたい所は 
これだけ求めるのに
まるで瓶に詰められた
小さなヨットみたい



(Takashi Hayashitani 1999)

Blue Rain

Blue Rain(2008)

As usual
Rain bangs forehead with good timing
Today as well
Turning to the bottom without noticing a lie
Only tiredness remains
Just a while ago I was saying that
Like to regret the past

Without a reason I
I got into the telephone box
I want to be protected in a narrow space
Everything was exhausted, all

Blue rain as predicted
I fall as much as I didn't know
But the bag has a small umbrella
I want to get wet wet mood
Let's draw an umbrella 'cause there's still tomorrow

As usual
Rain bangs forehead with good timing
Gradually
Misery feels blurred than rain
I want to stop thinking

Values ​​are
It was another thing to think from now
Perhaps that's it.

Unknown
There's me who can't cry there
I also have trouble with that too
Everything was getting tired of all

Blue rain as predicted
I fall as much as I didn't know
But the bag has a small umbrella
I want to get wet wet mood
Let's draw an umbrella 'cause there's still tomorrow

Surely tomorrow, there is something good
Surely tomorrow, the sky will be sunny
Even if I talk it disappears in another conversation
now
Change something only to something

Blue rain as predicted
I fall as much as I didn't know
But the bag has a small umbrella
I want to get wet wet mood
Let's draw an umbrella 'cause there's still tomorrow


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Blue Rain(2008)

いつも通りに 
タイミング良く 雨が前髪をつたう
今日も君の 
嘘に気付けずに下を向く
疲れだけが残る 
少し前あれだけ言い放ってた 
過去を悔いるように

理由なく僕は 
電話ボックスに入った
狭い空間に守られたくなるくらい 
全部が全部、疲れきっていて

予報通りの 青い雨 
知らなかっただけの僕に落ちる
だけどバッグには小さい傘がある
気分的には濡れてしまいたいけれど 
傘を差そう まだ明日があるから

いつも通りに 
タイミング良く 雨が前髪をつたう
じわじわと 
雨よりも滲む情けなさが 
考えを止めたがる 

価値観は 
今から思えば別な物だった 
多分それだけだけど

いつの間にか 
そこに泣けない僕がいて
それに悩む これもまた僕がいて 
全部が全部 疲れきっていて

予報通りに 青い雨 
知らなかっただけの僕に落ちる
だけどバッグには小さい傘がある
気分的には 濡れてしまいたいけれど
傘を差そう まだ明日があるから

きっと明日は、良いことがあるさ
きっと明日は、空は晴れるさ
僕が話しても それは別の会話に消える
今 
言えることだけを歌に変えて

予報通りの 青い雨 
知らなかっただけの僕に落ちる
だけどバッグには小さい傘がある 
気分的には濡れてしまいたいけれど
傘を差そう まだ明日があるから


(Takashi Hayashitani 2008)

Arpej(Turkish)

Arpej(2016, Turkish)

Yağmur düşmeye devam ediyor.
Tarihinden sonraki şey değişti
Hala aynı şeyi düşünüyordum.
Başlangıçta eylemdir
Hala daha fazlası vardır.
Orada sadece bir oyma
Bir no-beyin ve eleştirmek.

Ben sonuna kadar açıklamak istemiyorum
İçinde izin gerekir değil mi?
Sen talimatları ama olabilir.
' Benim için yeterli değil kelime?'
Ve aşağı yüzüm.

Gökyüzü karanlık zaten. Bu yüzden de ağlamak
Yağmur düşmeye devam ediyor.
Arpej
Anlatı ile bu şarkı söyle.
Bu üzücü ve yağmur tutar.

Dün bir şey unuttum
Günün sözü doldurun.
Çok üzücü bir daha
Siz bulana kadar kelime gömmek yarın
Yere bakıyorsunuz ve merak.

Sadece ilk arkasına bak
Arkada gülme bana.
Defa sadece hikaye devam ediyor.
' Bu da bilinen önce ben '
Ve aşağı yüzüm.

Gökyüzü karanlık zaten. Bu yüzden de ağlamak
Yağmur düşmeye devam ediyor.
Arpej
Anlatı ile bu şarkı söyle.
Bu üzücü ve yağmur tutar.

Pişman olmak istemiyorsanız
Sadece Yayıncılık tutun.
Ama geçen gün elde etmek için
Ben inanmıyorum.

Gökyüzü karanlık zaten. Bu yüzden de ağlamak
Yağmur düşmeye devam ediyor
Arpej
Anlatı ile bu şarkı söyle.
Bu üzücü
Yağmur devam ediyor

Sabah gelmişti.
Gökyüzü mavidir ama ben
Yağmur düşmeye devam ediyor.
Arpej blaring.




(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
アルペジオ(2016)

雨が降り続く。
気が付けば日付は変わり
まだ僕は同じことを考えていた。
そのアクションは始まりで、
まだ続きがあるのに
そこだけをくり抜いて
余計なことを、と僕を批判する。

僕は最後まで説明しないと
許されない義務があるの?
説明書が欲しいなら作るけど、
『まだ僕には 言葉が足りないんだ』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

昨日忘れたものを
今日の言葉で埋めていく。
それでまた悲しくなって
明日埋めるワードが見つかるまで
下を向いて思い悩む。

最初だけを見て振り返って
背中で僕を笑わないで。
いないところだけで話が進む。
『僕が知る前にまた知られている』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

後悔したくないのなら、
公開し続けるしかない。
日々を使いきることしか
ないと信じてる。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて
雨が降り続く

朝が来ていた。
空は青いけど、
雨は降り続く。
アルペジオは鳴り響く。

(Takashi Hayashitani 2016)