About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/04/08

(Arabian)التالي البقاء على قيد الحياة

التالي البقاء على قيد الحياة (Arabian,2016)

الاكتئاب مرات عديدة في غرفة غريبة
في ذلك الاكتئاب في بعض الأحيان
كنت أفكر دائما
"ما على قيد الحياة، هل ما جعل؟"
أريد أن إغلاق صورة
العقلية، مثل قطع من مثل هذا الشعور
اي شيء يقوله، حتى دون الحصول على الوجه
ويبدو أنها قد بدا في عجلة من امرنا

أقرب إلى هذه اللحظة الأخيرة
"أذهب مع مناسبة، فإنه يفعل شخص عظيم."
فقد كان من المعارضة لصوت
حتى لقد كان لإجبار انتعاش

في يوم من الأيام
يجب علينا ان قاد
مطاردا من قبل، مطاردة،
وكانت النتائج على أي حال الهروب
في زقاق
لقد حطم في البيض مرة واحدة النقي

تخيل ...
تدفقات حزينة نوعا ما نانت
بكثير من تلك الأيام
وقد تمسك لطريقة الحياة التي نقش
وهذا لا يعني أنه ليس هناك سوى يبقى هذا بالطبع جيدة
عالية يمكن أن تطير المكاتب اليوم ونحن نتطلع أيضا ل

وكان هذا واحد لا يكفي في ذلك الوقت
إنها كلمة قوية، هناك أن هناك اعتذار وقائية
في ذلك الوقت، إذا كانت القضايا
لاحظ أن ليس لي أن تحمي

في يوم من الأيام
هل ترغب قاد
أو مجرد أنك تريد أن تفعل
فروا إلى أن وضع شخص ما
في زقاق
أنا الآن القوة القادمة، البحث

تخيل ...
تدفقات حزينة نوعا ما نانت
بكثير من تلك الأيام
وقد تمسك لطريقة الحياة التي نقش
وهذا لا يعني أنه ليس هناك سوى يبقى هذا بالطبع جيدة
يجوع اليوم في محطة الطيران العالي

تخيل ... ليست للضرب
فكرة أن يستمر خارج عن ارادتي
تخيل ... أن لا تطفو أي شيء
جيدة، حتى أنه إذا كان العائد هنا
مرة واحدة تصل إلى
تخيل ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Next Survive(2016)

見知らぬ部屋に 何度も踏み込んだ
踏み込まれたこともある中で
僕はいつも考えた
「何を生かし、何を作ればいい?」
イメージに近付いていきたい
そんな気持ちから 削るようなメンタル
何も言わず、顔に出さずとも
急いでるように見えたらしい

そんなギリギリに近いところ
「適当でいいよ、それは偉い人のやることだよ」
という声に 反発してきた
そう僕は 反発を力にしてきた

いつの日か
追い込んでいたはずが
追われて、追われて、
結果とにかく逃げていた
行き止まりに当たって
僕は一度 真っ白に砕けた

想像…
流されるなんて 何だか悲しくて
あの頃からずっと
刻む生き方にこだわってきた
勿論良いことだけが残る訳じゃない
高く翔べる所を 今日も探してる

一つあの時足りなかったもの
それは強い言葉、そこに予防線があったこと
発したならその時は
守るべきは僕じゃないことに気付く

いつの日か
追い込んでいたいのか
ただそうしたいのか
追い込むことに逃げていた
行き止まりに当たって
僕は今 次の力、探す

想像…
流されるなんて 何だか悲しくて
あの頃からずっと
刻む生き方にこだわってきた
勿論良いことだけが残る訳じゃない
高く翔べる所に 今日も飢えていく

想像…痛め付けずに
僕を越え続けるアイディアを
想像…何も浮かばずに
ここに戻るならそれでもいい
一度手を伸ばす
想像…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Respuesta de la burbuja(Spanish)

Respuesta de la burbuja(2017,Spanish)

Yo le pregunté a un amigo un día.
"¿Por qué ese momento, no me había sido Ulama?"
Que está diciendo.
"No sabe hace mucho tiempo, que son Ene divertido ahora."
Como si hubiera sido como la suerte, simplemente caer

Es la palabra
Más ligero que el aire
Desaparecen más rápido que la burbuja de jabón
Se convertirá en que no había
Imagino por delante
Pero, triste

Será desechado
Será desechado
Sólo palabras, emite un signo de interrogación

Yo había pedido algún día amigo.
"Lo que en ese momento, no había sido Ulama?"
Que está diciendo.
"No sabe hace mucho tiempo, que son Ene divertido ahora."
Al igual que la buena suerte, como si me menospreciar

Es la palabra
Más ligero que el aire
Desaparecen más rápido que la burbuja de jabón
Se convertirá en que no había
Imagino por delante
Pero, triste

Será desechado
Será desechado
Sólo palabras, emite un signo de interrogación

Mirando el movimiento del reloj
Vómitos y tienen hambre de grandes pensamientos,
No quiero ir muerto en ella
Además de vivir para tallar la actualidad,
Quiero pensar de nuevo cualquier número de años por delante.
¿Qué es tan malo de ella,
No puedo entender por mí.

Más ligero que el aire
Desaparecen más rápido que la burbuja de jabón
Se convertirá en que no había
Imagino por delante
Pero, triste
Imagínese por delante, que va a cambiar la canción.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Smiling

Smiling(2009)

Late night platform
The train hasn't arrived yet
I can't wait to make a round trip to the place
You passed by the second time,
I looked like you said something
But you facing down right away

Sighs spill.
I type in the keyboard.
I complain about bitterness of tomorrow,
Hoping for a reply
After all it will flow to tomorrow

Smiling
I'm frightened behind your smile
The real answer will keep getting far away
Still I'm sure,
I'll answer with the same face
Smile, Ring

Sighs spill.
I type in the keyboard.
I complain about bitterness of tomorrow,
I'll write down again before the response comes

Smiling
I doubt the back of your smile
The real voice is getting far away
Nevertheless,
I'll respond with the same face
Smile, Ring

Take the subway
Fragmentary POETRY
I can't wait I'm writing about it
An inorganic landscape,
looks like you said something
And calls out from the window

Smiling
I'm frightened in the back of your smile
The real voice keeps getting far away
Nevertheless,
I'll answer with the same face
Smile, Ring




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Smiling(2009)

深夜のプラットホーム
電車はまだ来ない
待ち切れずに僕はその場を往復をしてる
二度目に通り過ぎた君は、 
何か言いたそうな顔して
でも、すぐに下を向いて終ってる

溜め息がこぼれる。
キーボードに打ち込んでく。
明日の在り方について
愚痴こぼしては、
返答を期待して
やっぱり明日に流れてく

Smiling
その先に僕は怯えてる
本当の答えが、
ずっと遠ざかっていく
それでもきっと僕も、
同じ顔して答えるよ
Smile,Ring 

溜め息がこぼれる。
キーボードに打ち込んでく。
明日の在り方について
愚痴こぼしては、
返答が来る前にまた、
書きこぼしていく

Smiling
その先を 僕は疑う
本当の声が、
ずっと遠ざかっていく
それでもきっと、
僕も同じ顔して応えるよ
Smile,Ring

地下鉄に乗って
断片的なPOETRYを
待ち切れずに僕は書き綴ってる
無機質な風景が、
何か言いたそうな顔をして
窓から呼びかけてくる

Smiling
その先に 僕は怯えてる
本当の声が
ずっと遠ざかっていく
それでもきっと、
僕も同じ顔をして答えるよ
Smile,Ring

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(About.Clarinet Artist Micina)

MC(Not poetry)











(The image is from official HP)


Good morning.
It is Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

Well, today is
Before

Cheers and Sensibility
http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/cheers-and-sensibility2016-circus-from.html?m=1

Write a poetry saying,
It was this work that made the impression of listening to the artist's live poetry poetry.

I really want to deliver this excitement to the world. I thought that you would acknowledge yourself, I will introduce you.



Micina
web.Official HP



(The image is from official HP)


As a clarinet artist, I continue to move forward with the desire to deliver a new pop clarinet.




She said,

- Clarinet music can still evolve. -

Sounds do not look like shapes, do not touch, do not leave,
It will be the memory of that moment and will soon be the past.

For the one who listens to that momentary time and space
To change to unforgettable impression.
That is the form of music that I aim for.
 
"Clarinet music" without words
Hang around each person's body that you experience
Boost a lot of emotions inside of you.
It definitely
It turns into all the driving force to live now.

I will color your important experiences.

Micina

(Quoted from HP)


The second album "SENSORIUM" "PRISM" released
ITunes also distributes worldwide.

【SENSORIUM】
https://itunes.apple.com/jp/album/sensorium/id1189654670
【PRISM】
https://itunes.apple.com/jp/album/prism/id1189664777

Both are mysterious and you will want to write poetry again.
Please check it.











(Japanese)
おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

さて、今日は
以前
Cheers and Sensibility
http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/cheers-and-sensibility2016-circus-from.html?m=1
というポエトリーを書き、
アーティストのライブを聴いた感想をポエトリーにしたのが本作でした。

ぜひ世界にこの感動を届けたい。と思って御本人に了承をいただき、ご紹介させていただくことになりました。



Micina




(画像は公式HPより)
クラリネットアーティストとして、新しいポップなクラリネットを届けたい、という気持ちでもって前進し続けています。


- クラリネット音楽は、まだまだ進化していける。 -

音は、形に見えないし、触れないし、残らないし、
その一瞬の記憶となりすぐに過去になっていきます。

その一瞬の時間と空間を、聴いてくれる1人のあなたにとって
忘れられない感動に変えること。
それこそが私の目指す音楽のかたちです。
 
言葉を持たない「クラリネット音楽」が
それを体感するひとりひとりのからだ中をかけめぐって
あなたの中のたくさんの感情を沸き起こす。
それは、間違いなく
今を生きるためのすべての原動力に変わっていく。

大切なあなたの体験を、彩ります。

Micina

(HPより引用)


リリースしているアルバム「SENSORIUM」「PRISM」の二作は
iTunesでも全世界配信をしています。

【SENSORIUM】
https://itunes.apple.com/jp/album/sensorium/id1189654670
【PRISM】
https://itunes.apple.com/jp/album/prism/id1189664777


どちらも神秘的で、またポエトリーが書きたくなりますね。
ぜひチェックしてみてください。

イニシャルI(Japanese)

イニシャルI(2017,Japanese)

He name is I
皆憧れて 人が集まって
僕にはないものばかり
ねだるのも疲れ果てた
どうしても追い付けなくて
恨むしかなかったんだ

"いいところあるさ"
台詞が宙に浮くから
裏返るほど怒ったんだ

いつか上から見たかった
こう言ってやるんだ
「見下したことを許さない!」
僕の前、赤い車走る 背中のナンバーは
イニシャルI

He name is I
言葉軽いのに だけど許されて
僕は「はい」も「そうだ」もない
軽いのが、軽いのが、
どうしても許せなくて
ただ恨み続けた

"いいところあるさ"
台詞に続きがないから
余計見失ったんだ

いつか仕返しをしたかった
こう言ってやるんだ
「見下されて苦しかったんだ!」
僕の前、赤い車走る 背中のナンバーは
イニシャルI

何しても どうにもならない
受け止めるしかなかった
もう長く多く 秒針が進んだね
一つ一つ、言葉に換えたやっと
イニシャルの「I」は「僕」になって
誰も見えなくなった

いつか仕返しをしたかった
こう言いたかった
「その軽さは罪なんだ!」って
僕の前、赤い車がいた 背中のナンバーは
イニシャルI

イニシャルIは消え Iに戻る
My name is I



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/07

Pili kwenye(Swahili)

Pili kwenye(2017,Swahili)


Morning aliamka
Sikuweza kusimama

Mimi mara nyingine tena
Kama kurudi giza kwamba
Moyo, ilikuwa juu ya kuamua

Morning aliamka
Sikutaka kwenda

treni
Si Kudumu kabisa
Moyo, kurudi

kitu kimoja kama siku hiyo
Pia kutokea si kufikiri
Kwa sababu ya pili Lakini
Kutoka kutangatanga akili
Nishati ambayo kuongezeka
Kusababisha yake.
Ilikuwa lengo huko

Nje ya ni baridi
Na mvua bado kuanguka

Morning aliamka
Ilikuwa kuondolewa ahadi

Ninaishi leo
Thamani ya sheria yangu
Mimi kushoto ni

kitu kimoja kama siku hiyo
Pia kutokea si kufikiri
Kwa sababu ya pili Lakini
Kutoka miguu hubadilika
Nishati ambayo kuongezeka
Kusababisha yake.
Ilikuwa lengo huko

leo mimi

Tunaishi sasa katika mechi hii.

Na kuondolewa messy njema,
Kusimama katika mguu huu sasa





(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
セカンドオン(2017)

朝目が覚めた
僕は立てなかった

僕はもう一度
あの闇に戻るのかと
心、決めかけた

朝目が覚めた
行きたくなかった

電車の中
立ちきれなくて
心、帰っていった

あの日と同じことが
また起きるとは考えてなかった
だけど2回目だから
ふらつく心から
立ち上がるエネルギー
それを起こすこと。
そこにフォーカスした

外は寒く
霧雨が降り続く

朝目が覚めた
こだわりを棄てた

僕は今日生きる
大切なマイルール
それを残したんだ

あの日と同じことが
また起きるとは考えてなかった
だけど2回目だから
ふらつく足元から
立ち上がるエネルギー
それを起こすこと。
そこにフォーカスした

今日の僕は

この足で今を生きてる。

散らかったこだわりを棄てて、
今この足で立ち上がろう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Whyte(Tagalog)

Whyte(2009,Tagalog)

รูใหม่
ผมได้ยินบางเพลงป๊อป
รู้สึกผมเขียนลึกลับ
คนที่จะถาม

กับภาวะซึมเศร้าทำไมเรา
ความอ่อนโยนไม่รับคำวิจารณ์ และเข้าใจ
แต่วิสัยทัศน์บริสุทธิ์ตลอดไป
ทุกวันที่เราเติมสีขาว

ถ้าคุณเปิดใช้งานบน ท้องฟ้าเป็นสีฟ้า
สัมผัสเพียงเล็กน้อย
เพียงเล็กน้อย
ผมคิดว่า คุณต้องไปบอก

ทำให้ฉันยอมรับ
มองที่ควงใครสักคนที่คุณรู้จัก
หัวจ้างแม้ว่าจะแออัด
เติมวันสีขาว

ทุกวันฉันแน่ใจว่าย้าย
สติในฉันเพียงเล็กน้อย
ผมอยากจะบอก

จะก่อให้เกิดคำใหม่
ผมได้ยินบางเพลงป๊อป
ร้องไห้เบา ๆ บนระบบสเตอริโอ
คนที่จะถาม

กับภาวะซึมเศร้าทำไมเรา
ความอ่อนโยนไม่รับคำวิจารณ์ และเข้าใจ
ดูบริสุทธิ์ตลอดไป
สีประจำวันสีขาวจะเปลี่ยน

ทุกวันฉันแน่ใจว่าย้าย
สติในฉันเพียงเล็กน้อย
ผมอยากจะบอก

เมื่อไม่มีใครใน

เมื่อไม่มีใครใน จ
ดูบริสุทธิ์ตลอดไป
สีประจำวันสีขาวจะเปลี่ยน

ทุกวันฉันแน่ใจว่าย้าย
สติในฉันเพียงเล็กน้อย
มอยากจะบอก

เมื่อไม่มีใครใน

เมื่อไม่มีใครใน


(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Whyte(2009)

新しい言葉を投げかけるけど
どこかで聴いた Pop Music 
書きなぞってるような気分がして
誰かに尋ねてみる

褒め言葉にWhy 憂鬱にさせて
批判を受け入れる 優しさも理解もない
いつまでも真っ白な視界が 
毎日を白く塗りつぶしていく

上を向けば 空は青い
ほんの小さな感動を 
ほんの少しでも多く
伝えて行きたいと そう思う

受け入れられる僕を作り上げて
わかっている素振り 言葉尻を覗く
いつまでも頭抱え込んで 
白い毎日を塗りつぶしていく

日常はきっと動いてる
無意識の中の僕を ほんの少しでも多く
伝えていきたいと そう思う

新しい言葉を投げかけてみる
どこかで聴いた Pop Music
ステレオでそっと流しながら
誰かに尋ねてみる

褒め言葉にWhy 憂鬱にさせて
批判を受け入れる 優しさも理解もない
いつまでも 真っ白な視界を 
日常が白く塗り変えていく

日常は きっと動いてる
無意識の中の僕を ほんの少しでも多く
伝えていきたいと そう思う

誰もいない 時のように

誰もいない 時のように


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Cards in hand

Cards in hand(2017)

If you notice it in your head
Calendar is deferred
At a faster speed than watch
I thought, I say,
"What day is it today?"

I'm in hand
I look at the cards
All are written as "justice"
While searching for the correct answer from inside
I'll not know which is my dream

Just you are me
I can't get out of it already
I was restrained while I was unaware.
Incorporating the heart of deep inside
I quit fighting with you ... I quit.

I'm in hand
I look at the cards
All are drawn as "Joker"
While searching for the correct answer from inside
I cut off everything and nothing left

Just you me
I can't get rid of it anymore
I was restrained while I was unaware.
Incorporating the heart of deep inside
Because I stopped being insistent on you ...

Only your own justice
I sprinkle and live
You're not right answers
If you look closely you will see something wrong

To be at hand
Let's look at the cards



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
手札のカード(2017)

気が付けば頭の中で
カレンダーが先回り
時計よりも速いスピードで
考えた僕は言う、
「今日は何曜日?」

僕の手元にある
トランプを眺めてみる
全部「正義」と書いてある
中から正解を探しているうちに
どっちが夢なのか 分からなくなるよ

ただ君は僕を
もう抜かすことはできない
知らない間に抑え込んでいた
奥底の心を紐解いて
君と争うのを…やめたから

僕の手元にある
トランプを眺めてみる
全部「ジョーカー」と描いてある
中から正解を探しているうちに
全部切り捨てて 何も残らないよ

ただ君は僕を
もう抜かすことはできない
知らない間に抑え込んでいた
奥底の心を紐解いて
君に拘るのを…やめたから

自分の正義だけを
振りかざして生きている
そんなあなたは正解じゃないし
よく見ると 悪いのが判るよ

手元にある
トランプを眺めてみよう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

" " (Nepali)

"     " (2017,Nepali)

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

त्यहाँ भाँचिएको सम्झनाहरु कुनै प्रयोग हो
त्यहाँ अब कुरा कुनै आवश्यकता छ
अब असहायपन
पछि शब्दहरू परिवर्तन गर्न जाँदै

सबैभन्दा खराब क्षण
र बस संघर्ष सङ्घर्ष
म पनि भाग्यो समय भूल
सबै भन्दा राम्रो समय को 1 पृष्ठ मानिन्छ थियो

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

यसलाई प्रतिनिधित्व गर्न जारी छ
मेरो लागि बाँच्न
बल्कि लागि लड्न,
साथै, यसलाई आज आज परे जान्छ

त्यहाँ भाँचिएको सम्झनाहरु कुनै प्रयोग हो
त्यहाँ अब कुरा कुनै आवश्यकता छ
अब असहायपन
पछि शब्दहरू परिवर्तन गर्न जाँदै

त्यहाँ भाँचिएको सम्झनाहरु कुनै प्रयोग हो
whereabouts थाहा छैन गुमाए,
पनि अब powerlessness
पछि शब्दहरू परिवर्तन गर्न जाँदै




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
「    」(2017)

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

最悪な瞬間
足掻くだけ足掻いて
走り過ぎ、忘れた頃に
最高の瞬間の1ページになっていた

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

壊れた思い出に用はない
居場所分からず迷い、
その無力さも今
言葉に変えていくから


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(Facebook poetry group)

MC(Not poetry)


Good morning.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

Recently I joined the Facebook group and I am linking this blog.

Among them
I encounter words and sensibilities I have never felt.
Little by little, I would like to read the work of other colleagues.

Thank you as always.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

最近Facebookのグループに参加して、このブログをリンクさせて頂いています。

その中でも
感じたことのない言葉や感性に出会います。
少しずつ、他の仲間たちの作品を読んでいきたいと思っています。

いつもありがとう。

リアルなThe End、自由の約束(Japanese)

リアルなThe End、自由の約束(2013,Japanese)

僕の隣にいた手のかからないOption
そう確かに存在、君の存在がそこにあって
暇しないように 逃がさないように
声をかける義務が 僕にのしかかる
我慢できなくて 沈黙に目を逸らす
僕はそいつに「愛」って名前を付けたんだ

「ずっと一緒にいるよ」
手錠をかけたまま二人は手を繋いでた
暗い場所探して、不慣れなKISSをして
「あなたのために」って僕は言うセレモニーは続いた

The Endは決まっていたかのように
僕の椅子を取り上げた 
何もかも失って僕は灰になり
手錠の片方から君が去っていく
だけど心は気持ちよかった
「全部失くした もう悩まなくていいんだ」と

僕は会話でさえ届かない悪夢に
思い浮かぶアイディア この中だけでこだましてる
ああ・・・いつからか
過去を踏み潰し 声をかける未来
まだ見えてない
全て否定して夢の中でも殺される
僕はそいつに「愛」って名前を取り上げた

顔を向け何も見ない
手錠を失くしたまま時間だけが過ぎた
誰もいないところで不慣れに好きという
詩を歌うこと、セリフ読むこと
セレモニーをやめにした

何もなく君と出会い
手錠のないその手を僕は差し出した
言葉失った僕 震える手を繋ぎ
詩を歌うこと
近い距離感で過ぎる時間に恋をした

自由は決まっていたかの様に僕の椅子 差し出した 
何もかも失って僕は灰になり 
欠片二人で拾い君と歩いてく
だから心は気持ち良かった
「全部失くして新しい世界が来たんだ」と

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)



(Designed by.Takashi Hayashitani)

Percée(French)

Percée(2016,French)

Voir la salle pour aller casser.
Pour changer
Devenir un spectacle tellement différent.
Si ça casse les souvenirs flottent
Il associe également
Mentir, juste regarder.

Lorsque les modifications seront
Comme ça, comme un cassé
Regarder et graver
J’aime sentir

L’incapacité à briser la percée
Invisible tout en acceptant
Devenir un nouveau départ,
Attendre le début de la suivante
Percée

Certain temps inégal, irrégulier et
Après tout le
Closer ne fait ne pas semblant
Si vous pouvez flotter
Il associe également
Aussi claquer hors les histoires

Lorsque les modifications seront
De cette façon, je vais
Prendre l’au-delà.
J’aime sentir

L’incapacité à briser la percée
Aussi ne veux pas changer alors que
Pourtant, dans la première
Attendre le début de la suivante
Percée

Aujourd'hui encore dans les décombres
Partir de cet emplacement
Lorsque vous commencez à voir.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ブレイクスルー(2016)

壊れ行く部屋を見る。
変わり行くために
変われ果てた姿になっていく。
壊れれば思い出が浮かび
あれもこれも関連付けて
立ちすくみ ただ眺めてた。

変わるときはきっと
こうやって壊れていき、
見届けて焼き付けていく
そんな感じな気がする

ブレイクスルー 壊す障害は
目に見えるもの受け入れながら
新しい最初になって、
次の最初を走りながら待つ
ブレイクスルー

ムラとムラとを集めながら
満遍なくたって
知らんぷりしないで近付いていく
変わるなら思い出が浮かび
あれもこれも関連付けて
叩かれるのも ストーリーのうち

変わるときはきっと
こうやって進んでいって
受け止めて先を見据えてく
そんな感じな気がする

ブレイクスルー 壊す障害は
変えたくない目も受け止めながら
それでも最初になって、
次の最初を走りながら待つ
ブレイクスルー

今は瓦礫でも
その場所から
始まる時を見届けて。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/06

Eye os comhair an bhalla(Irish)

Eye os comhair an bhalla(2016,Irish)

Ar ócáid ​​amháin bhí sé ag caint faoi seo.
Is é roimh an "balla ard an oiread sin.
Cén fáth gach duine I gáire ag dom? "
Ach tá deirí láidre, nach bhfuil oiriúnach do dom,
Situ, an iar gan aon monologue.
Straddle ritheadh ​​an chéad chéim,
Níl a fhios aici fiú an t-ainm,
Téigh am atá caite agus aoibh gháire wry.
An fáinne ar an finger fáinne na láimhe clé, tá sé éadóchas.

Fiú amháin ag insint an airde an bhalla nach mó ná
Tá ag gach duine a brón nach n-lucht féachana
Tá an brón nach bhfuil chomh maith dá ngairtear balla
Dealraíonn sé go bhfuil a fhios go fóill.

Ar ócáid ​​amháin bhí sé ag caint faoi seo.
"Mhair mé an mballa ard más é.
Cén fáth go fóill tú ag gáire ag dom? "
Ach tá deirí láidre, nach bhfuil oiriúnach do dom,
Situ, an iar gan aon monologue.
Straddle ritheadh ​​an chéad chéim,
Níl a fhios aici fiú an t-ainm,
aghaidh Amazed, lena súile dúirt sí dó.
"I ndáiríre bhfuil a fhios agat agat fiú? "Tá sé éadóchas.

Fiú amháin ag insint an airde an bhalla nach mó ná
Tá ag gach duine a brón nach n-lucht féachana
An brón thosaíonn glacadh
Dealraíonn sé go bhfuil a fhios go fóill.

Tosaíonn sé a labhairt deaslabhartha liom.
cainteanna amach mar gheall ar an airde an bhalla.
Ach ar chúis éigin,
Nach bhfuil sí a chur ar an guth.
Thuig mé ag.
Ós rud é an freagra nach bhfuil tú ag iarraidh a chloisteáil teacht.
Ós rud é d'iarr neart glacadh.

Tá mé léi
Phreab sé thar héadrom an mballa is airde
Chuala mé scéal den sórt sin.
sé go fóill
Come chun labhairt faoi an airde sin bhalla.
A cháineadh di go bhfuil sé ach luck.

I Ar deireadh labhair sé ar an mbealach seo.
"Tá an balla glacadh leis, arna chinneadh nuair atá os comhair ar aghaidh. "

Sé agus ansin
Rud ar bith nach bhfuil ag caint.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
目の前の壁(2016)

ある時彼はこう話してきた。
『こんなにも高い壁を前にしてる。
なんで皆は俺を笑うんだ?』
語尾は強いけど、僕に向いてない、
その場、その先のない独り言。
通りすがりの段差をまたぐ、
名も知らない彼女が、
苦笑いしながら過ぎて行く。
左手薬指のリングに、彼は絶望する。

越えていない壁の高さを語っても
誰も見向きもしない悲しさを
壁とも呼ばれない悲しさを
彼はまだ知らないようだ。

ある時彼はこう話してきた。
『それならば高い壁を乗りきった。
なんでそれでも俺を笑うんだ?』
語尾は強いけど、僕に向いてない、
その場、その先のない独り言。
通りすがりの段差をまたぐ、
名も知らない彼女が、
呆れ顔、目を向けて彼に囁いた。
『本当はあなたも知ってるんでしょ?』彼は絶望する。

越えていない壁の高さを語っても
誰も見向きもしない悲しさを
受け入れて始まる悲しさを
彼はまだ知らないようだ。

彼は僕には雄弁に語り出す。
その壁の高さを語り出す。
だけど何故か、
あの彼女には声をかけない。
僕には分かる。
聞きたくない答えが来るから。
受け入れる強さを求められるから。

僕は彼女が
最も高い壁を軽く飛び越えた
そんなニュースを耳にした。
彼はまだ
あの壁の高さについて話してくる。
彼女をただの運だと批判する。

僕は彼に最後、こう話した。
『壁は受け入れて、前を向いた時に決まる。』

それから彼とは
何も話していない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

琶音(Chinese)

琶音(2016,Chinese)

下雨了。
日期的改变,如果注意到
我还在想我同样的事情。
该行动是在开始的时候,
尽管仍有持续
和挖空只存在
这是不必要的,批评我。

我如果不解释,直到结束
这里是不允许的义务?
我说明进行,如果你想,
“我没有足够的话我还。”
我是这样看下来。

天空已经黑了。我也因此惊魂
雨还在下。
在琶音辚
你开始谈论这首歌。
这是可悲的,下着雨。

什么被遗忘昨天
这将填补今天的话。
所以也很伤心
直到你找到这个词来填补明天
担心朝下。

回首看仅仅是个开始
我在后面不要笑。
据说只有在不。
“人们还知道在此之前,我知道了。”
我是这样看下来。

天空已经黑了。我也因此惊魂
雨还在下。
在琶音辚
你开始谈论这首歌。
这是可悲的,下着雨。

如果你不想后悔,
不仅继续发布。
只用了一天到一天
我相信没有。

天空已经黑了。我也因此惊魂
而雨还在下
在琶音辚
你开始谈论这首歌。
悲哀吗
它要下雨

早上来了。
但是,天是蓝的,
雨还没有停。
琶音太吵了。


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
アルペジオ(2016)

雨が降り続く。
気が付けば日付は変わり
まだ僕は同じことを考えていた。
そのアクションは始まりで、
まだ続きがあるのに
そこだけをくり抜いて
余計なことを、と僕を批判する。

僕は最後まで説明しないと
許されない義務があるの?
説明書が欲しいなら作るけど、
『まだ僕には 言葉が足りないんだ』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

昨日忘れたものを
今日の言葉で埋めていく。
それでまた悲しくなって
明日埋めるワードが見つかるまで
下を向いて思い悩む。

最初だけを見て振り返って
背中で僕を笑わないで。
いないところだけで話が進む。
『僕が知る前にまた知られている』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

後悔したくないのなら、
公開し続けるしかない。
日々を使いきることしか
ないと信じてる。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて
雨が降り続く

朝が来ていた。
空は青いけど、
雨は降り続く。
アルペジオは鳴り響く。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

LITTLE POP

LITTLE POP(2000)

This is different from escape
A little change for tomorrow

The schedule in front of me stops closing
Tell me
"Remove it? Will you spread it?"
Either way the pain goes round
3 am and 5 am
Peeping into the cell phone without any translation

In the evening
Return to the room and stay alone
The same music as usual
To absorb repeatedly
7am and 3pm
There's no reason in the dark

Just a little bit
Choose what you want to do, like this
In a long long day's continuation
This is different from escape, a little change for tomorrow

There's a kind of existence that people are being heard
I walk with delusions like time has stopped
I wonder if anyone can see me
There's no reason in the dark

Just a little bit
Choose what you want to do, like this
In a long long day's continuation
This is different from escape, a little change for tomorrow

I wonder if anyone can see me
I feel sad again today.

Just a little bit
Choose what you want to do
In a long long day's continuation
This is different from escape, a little change for tomorrow

A little bit more
Choose what you want to do
In a long long day's continuation
This is different from escape, a little change for tomorrow



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
LITTLE POP(2000)

これは逃げとは違う 
明日の為のちょっとした切り替え

目の前の予定が詰め寄って 
僕に言う
「取り外すの?広げるの?」 
どちらにしても痛みは巡る
午前三時と午前五時 
訳も無く携帯を覗く

夕方になって
部屋に戻って独りきり
いつもと同じ音楽を 
繰り返して吸収する
午前七時と午後三時 
訳もなく目の前が暗い

少しだけ 少しだけ 
君のしたい事を選び抜いてこう
長い長い一日の連続の中
これは逃げとは違う、明日の為のちょっとした切り替え

人に聞き流されてる様な存在が
時間が止まった様に妄想と歩いてる 
僕は誰かに見てもらえるか
訳もなく目の前が暗い 

少しだけ 少しだけ 
君のしたい事を選び抜いてこう
長い長い一日の連続の中
これは逃げとは違う、明日の為のちょっとした切り替え

僕は誰かに見てもらえるか 
今日もまた心寂しい

少しだけ 少しだけ 
君のしたい事を選び抜いて
長い長い一日の連続の中
これは逃げとは違う、明日の為のちょっとした切り替え

もう少し もう少し 
君のしたい事を選び抜いて
長い長い一日の連続の中
これは逃げとは違う、明日の為のちょっとした切り替え


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Jučer(Croatian)

Jučer(2017,Croatian)

Ja would'm u potrazi za Å¡to?
Biste li želite ići tamo gdje sam ja?
Zaustavljanje hodati, sad mi je
To ne je bolno trn
Budući da se ne sjaji
Mnogo je u takvom mračnom putu
Čeka stopirati

Jedan i jedan
Idi prošlosti duga svjetla u automobilu
„S u ovom stanju
To postaje naljepnicu palčeve

Želim ispuniti san,
Prije svega to zaboraviti
Budući da zaboravim odredište
Ona je postala bojati unaprijed

Pitam Što li ozlijeđen?
Biste li želite ići tamo gdje sam ja?
Umorni od hodanja je, na moje sada
To ne miriše s naviku
Budući da se ne sjaji
Mnogo je u takvom mračnom putu
Čeka stopirati

Jedan i jedan
Idi prošlosti duga svjetla u automobilu
„S u ovom stanju
To postaje naljepnicu palčeve

Želim ispuniti san,
I osjetiti negativan u trenutku reći
Budući da zaboravim odredište
Ona je postala bojati unaprijed

U ovakvom trenutku,
Pitam je što će on?
U ovakvom trenutku,
Pitam je zašto dolaze?
Misao je stalo ...

Jedan i jedan
Idi prošlosti duga svjetla u automobilu
Jedan i jedan
Idi prošlosti duga svjetla u automobilu

uzeo sam niz ruku
Ne znam ostalo Å¡to km ili
I podsjetio odredište
Unaprijed od toga, za početak rada




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Yesterday(2017)

僕は何を求めてるんだろう?
僕はどこに行きたいんだろう?
歩くのを止めた、今の僕には
痛々しい棘はないけど
輝いてないから
こんな暗い道中でずっと
ヒッチハイクを待ってる

1台、1台と
ハイビームの車が過ぎていく
このままじゃ
親指を立てた標識になってしまうよ

夢を叶えたい、
そもそもそれも忘れて
行き先も忘れたから
進むのが恐くなったんだ

僕は何を痛めてるんだろう?
僕はどこに行きたいんだろう?
歩き疲れた、今の僕には
癖のある匂いはないけど
輝いてないから
こんな暗い道中でずっと
ヒッチハイクを待ってる

1台、1台と
ハイビームの車が過ぎていく
このままじゃ
親指を立てた標識になってしまうよ

夢を叶えたい、
言う時点で負けな気がして
行き先も忘れたから
進むのが恐くなったんだ

こんな時、
彼ならどうしたんだろう?
こんな時、
僕はどうして来たんだろう?
立ち止まって考えた…

1台、1台と
ハイビームの車が過ぎていく
1台、1台と
ハイビームの車が過ぎていく

手を降ろした
残り何㎞か分からない
行き先思い返して
進むのをまた、始めよう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Fil de piano ROCK(French)

Fil de piano ROCK(2007,French)

Insatisfaisant regarder même au milieu de la nuit NOUVELLES
Je pense toujours
Caster viendra me dire toujours dans le même visage.
Côte à côte, seuls les mots faciles à entendre dans l'oreille

Il dit: « Il est plein de compétences bien du monde. »
« Est-ce plus facile est sûrement devenir dira Araizarai tout. »
dormir encore ces mots au monde

Donc, je me tenais au-dessus du fil de piano
Je me demande si vous allez à quoi
Ou aucun sens à la bonne vieille chanson
Où vous ne voulez pas montrer qui est fermé au fond pour l'instant
Tout Raising suspendu sa raison
Je ne trouve pas la réponse

Mais là où il est difficile
Toujours à ne pas manquer encore pensent venir sauter NOUVELLES
La nécessité de prendre ces mots faciles à entendre dans l'oreille

Il dit « ne tourne pas comme ça, je suis bien. »
« L'une des flatteries, il disent qu'ils vont ne pas dire. Pour paraphraser les mots »
Alors qu'il est pas au courant de votre coeur

Donc, je me tenais au-dessus du fil de piano
Je me demande si vous allez à quoi
Ou aucun sens à la bonne vieille chanson
Où vous ne voulez pas montrer qui est fermé au fond pour l'instant
Il a également Si vous aviez été passé avec un sourire
Je ne trouve pas la réponse

La place est comme il aime
Je déteste également lieu, comme il est
Melody parfois boueuse belle vigoureuse
Si Swallow brassé un tel endroit de quelqu'un d'autre
Je pense que je pense que le va changer quelque chose pour le moment




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
ピアノ線のROCK(2007)

夜中のNEWS見ても物足りない
いつも思う
キャスターはいつも同じ顔で僕に言ってくる。
耳に聞こえやすい そんな言葉だけを並べて

彼は言う「世の中綺麗事だらけだ」
「洗いざらい 全部言ってしまいなって きっと楽になるさ」
世の中にはまだ こんな言葉が眠ってる

そう僕はピアノ線の上に立って
どっちに行こうか迷ってる
古き良き歌には 意味がなかったりする
とりあえず奥底にしまってる 見せたくない所
その理由 吊るし上げてるだけじゃ
答えなんて見つからないよ

だけどそこが難しいところさ
いつも思う やっぱり見逃せないNEWSは飛び込んでくる
耳に聞こえやすい そんな言葉を拾う必要性

彼は言う「そんなんじゃうまく回らないよ」
「お世辞のひとつ、それは言っちゃ駄目だって。言葉言い換えて」
君の心に気づかれないように

そう僕はピアノ線の上に立って
どっちに行こうか迷ってる
古きよき歌には 意味がなかったりする
とりあえず奥底にしまってる 見せたくない所
それもまた笑顔でしまっておいたら
答えなんて見つからないよ

好きなところはそのままで
嫌いなところも、そのままで
激しくドロドロしたメロディも時には美しい
他の誰かのそんなところ煎じて飲み込めば
とりあえずなんか変わってくとは思うよね


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Réponse Bubble(French)

Réponse Bubble(2017,French)

Moi, j'ai demandé à un ami un jour.
« Pourquoi ce moment-là, non, j'avait été Ulama? »
Vous dites.
« Je ne sais pas il y a si longtemps, vous êtes amusant Jan maintenant. »
Comme si elle avait été comme la chance, juste tomber

Il est le mot
Plus léger que l'air
Disparaître plus vite que bulle de savon
Il deviendra qu'il n'y avait pas
J'imagine avant
Mais, triste

Il sera mis au rebut
Il sera mis au rebut
Juste des mots, dégage un point d'interrogation

Je l'avais demandé à un ami un jour.
« Qu'est-ce à ce moment-là, non, j'avais été Ulama? »
Vous dites.
« Je ne sais pas il y a si longtemps, vous êtes amusant Jan maintenant. »
Comme bonne chance, comme moi déprécier

Il est le mot
Plus léger que l'air
Disparaître plus vite que bulle de savon
Il deviendra qu'il n'y avait pas
J'imagine avant
Mais, triste

Il sera mis au rebut
Il sera mis au rebut
Juste des mots, dégage un point d'interrogation

En regardant le mouvement de la montre
Et Vomissements ont faim de grandes pensées,
Je ne veux pas mort dans ce
En plus de vivre à sculpter aujourd'hui,
Je veux repensez un certain nombre d'années à venir.
Qu'est-ce que la mauvaise de celui-ci,
Je ne comprends pas pour moi.

Plus léger que l'air
Disparaître plus vite que bulle de savon
Il deviendra qu'il n'y avait pas
J'imagine avant
Mais, triste
Imaginez l'avenir, il va changer la chanson.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Bubble-Response(German)

Bubble-Response(2017,German)

Ich bat ich einen Freund einen Tag.
„Warum diese Zeit hatte ich keine Ulama gewesen?“
Sie sagen.
„Sie wissen nicht, über eine so lange Zeit vor, Sie sind Jan Spaß jetzt.“
Als ob es wie Glück gewesen war, nur fallen

Es ist das Wort
Leichter als Luft
Disappear schneller als Seifenblase
Es wird sich, dass es keine war
Ich stelle mir vor
Aber traurig

Es wird verworfen
Es wird verworfen
Nur Worten gibt ein Fragezeichen aus

Ich hatte einen Freund fragt einen Tag.
„Was zu diesem Zeitpunkt hatte ich keine Ulama gewesen?“
Sie sagen.
„Sie wissen nicht, über eine so lange Zeit vor, Sie sind Jan Spaß jetzt.“
Wie viel Glück, als ob schmälern mich

Es ist das Wort
Leichter als Luft
Disappear schneller als Seifenblase
Es wird sich, dass es keine war
Ich stelle mir vor
Aber traurig

Es wird verworfen
Es wird verworfen
Nur Worten gibt ein Fragezeichen aus

Mit Blick auf die Bewegung der Uhr
Erbrechen und sind hungrig nach großen Gedanken,
Ich will nicht tot gehen drin
Zusätzlich zu leben heute zu schnitzen,
Ich möchte vor einer beliebigen Anzahl von Jahren zurückdenken.
Was ist so schlimm daran,
Ich kann nicht für mich verstehen.

Leichter als Luft
Disappear schneller als Seifenblase
Es wird sich, dass es keine war
Ich stelle mir vor
Aber traurig
Stellen Sie sich vor der Zukunft wird es den Song ändern.


(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。

2017/04/05

Response bolha(Portuguese)

Response bolha(2017,Portuguese)

Eu, eu perguntei a um amigo um dia.
"Por esse tempo, não, eu tinha sido Ulama?"
Você está dizendo.
"Não sei quanto a um longo tempo atrás, você está Jan divertido agora."
Como se tivesse sido como sorte, apenas caindo

É a palavra
Mais leve do que o ar
Desaparecem mais rápido do que bolha de sabão
Vai tornar-se que não houve
Imagino frente
Mas, triste

Ele será descartado
Ele será descartado
Apenas palavras, emite um ponto de interrogação

Eu tinha pedido um amigo um dia.
"O que, nesse momento, Não, eu tinha sido Ulama?"
Você está dizendo.
"Não sei quanto a um longo tempo atrás, você está Jan divertido agora."
Como boa sorte, como se menosprezar me

É a palavra
Mais leve do que o ar
Desaparecem mais rápido do que bolha de sabão
Vai tornar-se que não houve
Imagino frente
Mas, triste

Ele será descartado
Ele será descartado
Apenas palavras, emite um ponto de interrogação

Olhando para o movimento do relógio
Vômitos e estão com fome de grandes pensamentos,
Eu não quero ir para os mortos nela
Além de viver para esculpir hoje,
Eu quero pensar para trás qualquer número de anos à frente.
O que há de tão ruim nisso,
Eu não consigo entender por mim.

Mais leve do que o ar
Desaparecem mais rápido do que bolha de sabão
Vai tornar-se que não houve
Imagino frente
Mas, triste
Imagine em frente, ele vai mudar a música.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)  

Of piano wire ROCK

Of piano wire ROCK(2007)

Unsatisfactory even by the middle of the night of NEWS
I think always
Caster will come to say to me always in the same face.
Side by side only those words that easy to hear in the ear

He says, "is full of world fine skill."
"It is will surely ease become would say top and bottom all."
Still sleeping these words to the world

So I stood on top of the piano wire
I'm wondering whether you go anyway
Or no meaning to the good old song
Where you do not want to show you are closed to bottom for the time being
Just is raising suspended its reason
Missing Nante answer

But where there is difficult
Always not to be missed still think NEWS come jump
The need to pick up such words easy to hear in the ear

He says, "does not turn like that I'm well."
"One of flattery, it is Even useless to say. To paraphrase words"
So as not to be noticed in your heart

So I stood on top of the piano wire
I'm wondering whether you go anyway
Or no meaning to the good old song
Where you do not want to show you are closed to bottom for the time being
It also If you previously put away with a smile
Missing Nante answer

Place is as it is love
I hate place also, as it is
Melody sometimes beautiful vigorous muddy
If swallow brewed such a place of someone else
I think I think the will change something for the time being



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ピアノ線のROCK(2007)

夜中のNEWS見ても物足りない
いつも思う
キャスターはいつも同じ顔で僕に言ってくる。
耳に聞こえやすい そんな言葉だけを並べて

彼は言う「世の中綺麗事だらけだ」
「洗いざらい 全部言ってしまいなって きっと楽になるさ」
世の中にはまだ こんな言葉が眠ってる

そう僕はピアノ線の上に立って
どっちに行こうか迷ってる
古き良き歌には 意味がなかったりする
とりあえず奥底にしまってる 見せたくない所
その理由 吊るし上げてるだけじゃ
答えなんて見つからないよ

だけどそこが難しいところさ
いつも思う やっぱり見逃せないNEWSは飛び込んでくる
耳に聞こえやすい そんな言葉を拾う必要性

彼は言う「そんなんじゃうまく回らないよ」
「お世辞のひとつ、それは言っちゃ駄目だって。言葉言い換えて」
君の心に気づかれないように

そう僕はピアノ線の上に立って
どっちに行こうか迷ってる
古きよき歌には 意味がなかったりする
とりあえず奥底にしまってる 見せたくない所
それもまた笑顔でしまっておいたら
答えなんて見つからないよ

好きなところはそのままで
嫌いなところも、そのままで
激しくドロドロしたメロディも時には美しい
他の誰かのそんなところ煎じて飲み込めば
とりあえずなんか変わってくとは思うよね

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(58Countries&40color poetries)

MC(58Countries&40color poetries)


Good morning.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

Every day many people have access,
Today it will be a month since opening,
We received access from
58
countries.

thank you very much.

Poetry is posted in
40
 color languages.

Since I think that I would like to try new things in the future as well, I would appreciate your favor.



(Japanese)
MC(Not poetry)

おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

毎日沢山の方からアクセスいただき、
今日で開設から1ヶ月になりますが、
58か国の方からアクセスをいただきました。

本当にありがとうございます。

40色の言語でポエトリーを掲載させていただいています。

今後もまだまだ新しくトライしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

Million Miles(Norwegian)

Million Miles(2016,Norwegian)

Jeg lurer du gjorde ikke gjennom hvorfor?
PÃ¥ senga, tenker alene
Onward, videre, videre,
Endless Million Miles
Fordi ingenting kommer ikke synlig også framover
La meg nok det.

Jeg tror at minst i morgen vil komme.
For nå greit å ta en pause i dag.

Jeg vet ikke hva som er
Det ville være lei av å gå Million Miles
Du kan også treffe folk dersom vi vandrer
I den typen som går på uansett
Du vil kanskje savne når jeg ser ned
Så det er, prøver å så mye som i dag

Jeg tror at minst i morgen vil komme.
Vi har for tiden i dag hodet ned.

Jeg vet ikke hvor du skal dra
Riktig svar vet ikke Million Miles
Svaret er ikke ikke du sannsynligvis fortalt
I en slik ting å være klar over når uformell
Når jeg ser ned, kan du gå glipp
Så det er bare å prøve å i dag

De voksne som hadde malt disse dager
Dessverre langt det er meg,
Har fortsatt i dag å si er at det er best
Velig strukket brystet
Bare ett av ordene

Hvor skal du? Spørsmål prøve.
Vi vil fortsette å legge merke Million Miles



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Million Miles(2016)

どうして通じなかったんだろう?
ベッドの上、一人で考える
先へ、先へ、先へ、
延々と続く Million Miles
進んでも何も見えてこないから
それくらいにしておこうよ。

少なくとも明日は来ると思う。
とりあえず今日は一休みしてもいい。

何があるか分からないから
歩くのも疲れちゃうMillion Miles
君も歩けば人に当たる
関わりは続いてく そんな中で
下を向いてたら 見逃すかも知れない
だからそれは、今日限りにしよう

少なくとも明日は来ると思う。
とりあえず今日は俯いていていい。

どこに行くか分からないし
正解も分からないMillion Miles
答えは多分言われるんじゃなくて
ふとした時に気付くもの そんな中で
下を向いてたら、見逃すかも知れない
だからそれは、今日だけにしよう

あの頃描いてた大人には
残念ながら程遠い僕だけど、
今日が一番だと言い続けられてる
胸を張って伝えられる
たった一つの言葉

どこに行くの?問い掛けてみる。
気付き続けるだろう Million Miles

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Bubble Response(Cebuano)

Bubble Response(2017,Cebuano)

Ako, nangutana ko sa usa ka higala sa usa ka adlaw.
"Nganong panahona, Dili ko na Ulama?"
Ikaw nga nag-ingon.
"Ayaw mahibalo bahin sa maong usa ka hataas nga panahon ang milabay, ikaw Jan makalingaw karon."
Ingon nga kon kini sama luck, lang sa pagkahulog

Kini mao ang pulong
Gaan kay sa hangin
Mahanaw mas paspas pa kay sa sabon Bubble
Kini mahimong nga walay
mahanduraw ko sa unahan
Apan, masulob-on

Kini nga gilabay
Kini nga gilabay
Lang mga pulong, naghatag sa usa ka timaan nga pangutana

Ako nangutana sa usa ka higala sa usa ka adlaw.
"Unsa nga panahon, Dili ko na Ulama?"
Ikaw nga nag-ingon.
"Ayaw mahibalo bahin sa maong usa ka hataas nga panahon ang milabay, ikaw Jan makalingaw karon."
Sama sa maayong luck, ingon nga kon tamayon kanako

Kini mao ang pulong
Gaan kay sa hangin
Mahanaw mas paspas pa kay sa sabon Bubble
Kini mahimong nga walay
mahanduraw ko sa unahan
Apan, masulob-on

Kini nga gilabay
Kini nga gilabay
Lang mga pulong, naghatag sa usa ka timaan nga pangutana

Nagtan-aw sa sa kalihukan sa mga bantay
Nagsuka-suka ug mga gigutom alang sa dako nga mga hunahuna,
Dili ko gusto nga moadto patay nga diha niini
Dugang pa sa pagpuyo sa pagkulit karon,
gusto ko sa paghunahuna pagbalik sa bisan unsa nga gidaghanon sa mga tuig sa unahan.
Unsa nga dili maayo nga sa niini,
ako dili makasabut alang kanako.

Gaan kay sa hangin
Mahanaw mas paspas pa kay sa sabon Bubble
Kini mahimong nga walay
mahanduraw ko sa unahan
Apan, masulob-on
Hunahunaa sa unahan, kini usab sa mga awit.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Bëhuni(Albanian)

Bëhuni(2017,Albanian)

Ju gjithashtu nuk do të bëhet një figurinë
Unë nganjëherë qaj se është individualitet
Ajo ekziston vetëm numrin e njerëzve
Nëse ju nuk eci në të veçantë
Pra, ju gjithashtu për dikë
Iinda gjithashtu jam duke shkuar për të dhënë

Ju nuk keni për të gjetur vend
Në qoftë se ajo është e mbrojtur
Ju gjithashtu nuk keni për të mbrojtur dikë
Unë mendoj se e mirë për të bërë këtë

Ju mund të keni parë një shumë të tragjedisë
Ajo mund të marrë një sy në një shumë të demonëve
Por të siguruar që ata japin janë besuar për ju
Duke u përpjekur për të treguar prova edhe tani

Ju nuk jeni një përbindësh kurs
Unë do të dërgoj britma të jetë më e lehtë kur
Ajo ekziston vetëm numrin e njerëzve
Nuk është një parashikim të dinë të vërtetën
Pra, për ju për të besuar drejtimit
Iinda mendoj edhe për të provoni përballet

A nuk po të mos progresit në vend
Sepse zëri hyn
Dhe kjo shtrirë pasqyrë dhe ka një pafund
I Nightmare parë ndërpret

Ju mund të keni dëgjuar shumë zhurmë
Ju mund të dëgjoni një shumë zhurmë
Por të siguruar që ata japin janë besuar për ju
Duke u përpjekur për të treguar prova edhe tani

personalitet
Ju gjithashtu, edhe unë, ka edhe për atë person.
Por unë them përsëri
Ne këmbë nga atje për të bërë një të veçantë.
Nevoja është
Gjithashtu për atë person, edhe unë, aty ju gjithashtu.

Në errësirë, Arritja,
Edhe vetëm preku me gisht
Personaliteti do të ndryshojë të veçantë.
Një hap më tej,
Është personalitet i vërtetë.

Duke u përpjekur për të treguar prova edhe tani


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/04

Дайте воля досега.(Bulgarian)

Дайте воля досега.(2016 ,Bulgarian)

Също така се излъчваше думи съм щастлив
Кими би не се радвайте
Също така се излъчваше думи съм тъжен
То само със сила ще отидат в близост
Такива като дори се колебайте да се удължи страна
Много тъмно място
Махай се от там
Искам да натиснете гърба
Бях го помолил да песен

По това време и просто
Какво Хайде разликата? Дори и да поиска
Без Моят Бог е променило
Винаги да се загуби. Просто да се загуби.
Изглежда добре далеч Но сега
По това време и просто
Това е сигурно нещо аз не знам

Също така се излъчваше думи съм щастлив
Кими би не се радвайте
Също така се излъчваше думи съм тъжен
То само със сила ще отидат в близост
Такива като дори се колебайте да се удължи страна
Много тъмно място
Не се измъкнем от там
Скръбта, искам да чуя
Бях го помолил да песен

По това време и просто
Какво Хайде разликата? Дори и да поиска
Без Моят Бог е променило
Винаги да се загуби. Просто да се загуби.
Тя дава на разстояние един глас далеч Но сега
По това време и просто
Със сигурност това е различно не знам

Мини покрай по-просто, че когато
С помощта на всеки ден на зърно от много дълго звезда
Аз живея тук сега

По това време и просто
Чувствам се щастлив, със сигурност аз не знам




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
遠くまで放つ。(2016)

嬉しいって言葉 放っても
君が喜ぶことは無いだろう
悲しいって言葉 放っても
強いて寄り添えるだけだろう
手を伸ばすのも迷うような
凄く暗い場所
そこから抜け出したい
背中を押してもらいたい
僕は歌に それを求めてた

あの時とたった今
さあ何が違うの?と聞かれても
変わったことなんてなくて
いつも迷う。どうしても迷う。
だけど今は 遠くまで良く見える
あの時とたった今
分からないけど 確かな事なんだ

嬉しいって言葉 放っても
君が喜ぶことは無いだろう
悲しいって言葉 放っても
強いて寄り添えるだけだろう
手を伸ばすのも迷うような
凄く暗い場所
そこから抜け出せない
嘆き、聞いてもらいたい
僕は歌に それを求めてた

あの時とたった今
さあ何が違うの?と聞かれても
変わったことなんてなくて
いつも迷う。どうしても迷う。
だけど今は 遠くまで声を放つ
あの時とたった今
分からないけど 確かに違うんだ

時は思うより 簡単に過ぎていく
長い長い星の毎日の 一粒を借りて
今ここに生きてる

あの時とたった今
分からないけど 確かな幸せを感じて


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Tullut(Finnish)

Tullut(2017,Finnish)

Et myöskään tullut hahmo
Joskus itkeä, että se on yksilöllisyyttä
Se on olemassa vain ihmisten lukumäärä
Jos et vaeltanut erityisiä
Joten, sinun on myös joku
Iinda myös aion antaa

Sinun ei tarvitse löytää melko
Jos se on suojattu
Sinulla on myös ei tarvitse suojella jotakuta
Mielestäni hyvä tehdä niin

Saatat nähnyt paljon tragedia
Se saattaa katsomaan paljon demonit
Mutta varmistaa, että ne antavat on uskottu teille
Yrittää näyttää todiste nytkin

Et ole tietenkään hirviö
Aion huutaa olla helpompaa, kun
Se on olemassa vain ihmisten lukumäärä
Ei ennusteen tietää totuus
Joten, teille uskoa suunnan
Iinda edes ajatella yrittää päin

Älä ellei edistystä melko
Koska ääni siirtyy
Ja se ulottui peiliin ja olemassa ääretön
Olen painajainen nähnyt keskeytykset

Olet ehkä kuullut paljon melua
Saatat kuulla paljon melua
Mutta varmistaa, että ne antavat on uskottu teille
Yrittää näyttää todiste nytkin

persoonallisuus
Tekin, minäkin, on myös kyseiselle henkilölle.
Mutta minä sanon jälleen
Kävelemme sieltä tulla erityinen.
Tarve on
Lisäksi kyseiselle henkilölle, minäkin, siellä myös.

Pimeässä saavuttaen,
Jopa vain kosketti sormella
Persoonallisuus muuttuu erityistä.
Yksi askel pidemmälle,
Se on tosi persoonallisuutta.

Yrittää näyttää todiste nytkin




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Πάρτε ελπίζετε(Greece)

Πάρτε ελπίζετε(2017,Greece)

Αν ο πόνος που δέχομαι
Δεν θα είναι στο μάτι για όσο διάστημα δεν υπάρχει στον καθρέφτη
Αλλά γιατί δεν πρέπει να με νοιάζει τώρα
Αυτό συνέβη μπροστά από ένα μικρό κομμάτι της γρατζουνιές είναι
Δεν ξεφύγει, γιατί θα δει
Θα πρέπει να επαναληφθεί πολλές φορές

σοβαρά
Για λόγους να το πω έτσι
Δεν θέλω να δω τον πόνο των ανθρώπων

Τον εαυτό μου, έτσι ώστε να θέλουν να προστατεύσουν
Σε μια τέτοια στιγμή
Κατευθύνοντας το πόδι ένα βήμα για κάποιον άλλο
Πώς να σταματήσουμε να ανησυχούμε και να αρχίσει να ζει μόνο τέτοιος αριθμός
Πιστεύω ότι έτσι και τώρα

Πάρτε ελπίζετε Πάρτε ελπίζετε

Το μόνο που μπορώ να μεταφέρω
Αν είναι εκεί για να είναι σε θέση να οφθαλμό λόγω καλής ακόμη μία φορά
Αν έχετε δει, αν το ακούω
Μια στιγμή μηδέν μου που σημειώθηκε μπροστά από το μάτι
Ενώ σκέφτεται γιατί θα δει
Θέλω να επαναλάβω με τον ίδιο τρόπο

σοβαρά
Για λόγους να το πω έτσι
Μην διώχνουν τον πόνο του ατόμου

Τον εαυτό μου, έτσι ώστε να θέλουν να προστατεύσουν
Σε μια τέτοια στιγμή
Κατευθύνοντας το πόδι ένα βήμα για κάποιον άλλο
Πώς να σταματήσουμε να ανησυχούμε και να αρχίσει να ζει μόνο τέτοιος αριθμός
Πιστεύω ότι έτσι και τώρα

Πάρτε ελπίζετε Πάρτε ελπίζετε

σύντομα ακόμη
Εκδηλώσεις, όπως πτερυγισμός
Ενώ τοποθετείται σε μια γωνία και να είναι στο μάτι
Για να ακολουθήσετε τις λέξεις, ακόμη και μια μικρή
Εμείς πάμε για να τακτοποιήσουν
Ι Ι «Î”εν είναι ψέμα».

Τον εαυτό μου, έτσι ώστε να θέλουν να προστατεύσουν
Σε μια τέτοια στιγμή
Ένα άλλο μακριά για κάποιον άλλο
Πώς να σταματήσουμε να ανησυχούμε και να αρχίσει να ζει μόνο τέτοιος αριθμός
Πιστεύω ότι έτσι και τώρα

Πάρτε ελπίζετε Πάρτε ελπίζετε

Οι λέξεις που εξέδωσε η
Αντικαταστήστε την υπόσχεση για πάντα
Καταπολέμηση τέτοια πίεση
Και, επίσης, γεννήθηκε μια νέα φράση
Η επόμενη κάποιου
Ξαφνικά Δίνοντας μέρα σίγουρα θα έρθει.

Έχω μέχρι να είναι
Τραγουδήστε σε πλήρη ισχύ

Πάρτε ελπίζετε Πάρτε ελπίζετε


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Take you hope(2017)

自分が受ける痛みなら
鏡でもない限り 目にすることはない
だから今は気にはならないけど
目の前で起きた ほんのちょっとのかすり傷は
見えてしまうゆえ 逃げられないし
何度も反復してしまうんだ

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みは見たくない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

自分が動く全てを
一度でもいいから 目にできることがあれば
どう見えてるか、聴こえてるかを
目の前で起きた 僕のちょっとのかすり傷を
見えてしまうゆえ 考えながら
同じように反復していきたい

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みに目を背けない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

すぐにでも
翻すような出来事
目にすることも片隅に置きながら
少しでも言葉が続くように
積み重ねていくんだ
『嘘じゃないよ』ってね

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一つ手を伸ばす
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

発した言葉は
永遠に約束に換わる
そんな重圧と闘って
また新しいフレーズが生まれて
次の誰かに
ふと手渡す日がきっと来る。

それまで僕は
全力で歌うよ

Take you hope Take you hope


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Nail crackled as the strings of a violin

Nail crackled as the strings of a violin(2013)

Pour the medicine take for granted today.

In addition, to survive tomorrow.
Now my body is like the strings of a violin
The tuned every day every day against the world.
The flow of traffic is the flow of the river like,
From one flows into the other.

Strong sunlight behind the station wrapped up in the building enclosure.
She was fed up of my clumsiness See more nice.
With raised hands.
I'm lonely too,
all kinds of people to send mail to.
『After a long time. How are you?』

I, alone in my pose a question or say what I most damaged.
I look at my nails and have a little crackled.
I wonder had I seen this part.

I think so, and even can nod.
When the night has come.
I don't know what happens tomorrow.
A little anxiety and to skirmish.
Answer mail doesn't come after all.
Then the nail into the cracks.
『I hurt, what did. Nothing I hadn't better. No, it cannot.』

I flow with the wind streaming through the window.
Now,
today also tuned the strings of a violin, and against public
Those went to sleep.
While tomorrow the modest expectations.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
バイオリンの弦と罅割れた爪(2013)


今日も、当たり前のように薬を流し込む。
また、明日から生きていくために。

今僕の体は、バイオリンの弦の様に
毎日、毎日調律しては、世間と照らし合わせてみてる。
車の流れは、まるで川の流れのように、
一方から、もう一方へと流れていく。
強い日差しに負けて、駅ビルの囲いの中に包まれる。

彼女は、僕の不器用さに嫌気がさして
「もういいです。」と両手を挙げた。
僕は寂しさのあまり、ありとあらゆる人へメールを送る。
「久しぶり。元気?」
って、一番ダメージを受けている僕が何を言うか、
と自分の中だけで問いを投げかける。

ふと自分の爪を眺めてみると、
少しヒビ割れている。
きっとこんな部分も見られていたんだろう。
そう思うと、嫌でも頷ける。

やがて夜が来る。
明日どうなるかわからない。
少しの不安と小競り合いをする。
メールの返事はやっぱり来ない。
そうしてまた、爪にヒビが入る。
「何をしたって、今は傷つくのかな。
何もしないでいた方がいいのかな。いや、それはできない。」

そんな思いは、窓から流れる風と一緒に外に流れていく。

さあ、今日もバイオリンの弦を調律して、
世間と照らし合わせたうえで、
眠りに就こう。
明日に、ささやかな期待を寄せながら。

(Takashi Hayashitani Pop Poetrist)

হয়ে উঠুন(Bengali)

হয়ে উঠুন(2017,Bengali)

এছাড়াও আপনি একটি ক্ষুদ্র হত্তয়া হবে না
আমি কখনও কখনও কাঁদতে এটি ব্যক্তিস্বাতন্ত্র্য হয়
এটা শুধুমাত্র মানুষের সংখ্যা বিদ্যমান
আপনি বিশেষ মধ্যে পদচারণা না থাকে তাহলে
সুতরাং, আপনি এছাড়াও কারো জন্য
Iinda এছাড়াও দিতে যাচ্ছি

আপনি বরং খুঁজে বের করতে হবে না
এটা সুরক্ষিত থাকে তাহলে
এছাড়াও আপনি আত কেউ রক্ষা আছে
এতো কাজ আমি করতে ভাল মনে

আপনি বিয়োগান্ত নাটক অনেকটা দেখে থাকতে পারেন
এটা তোলে ভূত অনেক কটাক্ষপাত করা হতে পারে
কিন্তু নিশ্চিত দিন যে, তাদের আপনি নিহিত
এখনও প্রমাণ দেখানোর চেষ্টা

আপনি একটি কোর্স দৈত্য নও
আমি সহজ যখন হতে চিত্কার করবে
এটা শুধুমাত্র মানুষের সংখ্যা বিদ্যমান
নেই একটি ভবিষ্যদ্বাণী সত্য জানতে
সুতরাং, বিশ্বাসী দিক আপনাকে
এমনকি মুখোমুখি চেষ্টা মনে Iinda

না যদি না উন্নতি বরং কি
কারণ ভয়েস প্রবেশ
এবং এটা আয়না প্রসারিত এবং সেখানে একটি অসীম
আমি দুঃস্বপ্ন দেখা বিঘ্নিত

আপনি অনেক আওয়াজ শুনেছি পারে
আপনি অনেক আওয়াজ শুনতে পায়
কিন্তু নিশ্চিত দিন যে, তাদের আপনি নিহিত
এখনও প্রমাণ দেখানোর চেষ্টা

ব্যক্তিত্ব
এছাড়াও আপনি আমিও সেখানে সেই ব্যক্তির হয়।
কিন্তু আমি আবার বলতে
আমরা সেখান থেকে হেঁটে একটি বিশেষ পরিণত হয়।
প্রয়োজন নেই
এছাড়াও সেই ব্যক্তিকে আমিও সেখানে আপনার কাছে।

অন্ধকারে পৌঁছনো,
এমনকি শুধু আঙুল স্পর্শ
ব্যক্তিত্ব বিশেষ পরিবর্তন হবে।
এক ধাপ বহুদূরে,
এটা 'সত্য ব্যক্তিত্ব s।

এখনও প্রমাণ দেখানোর চেষ্টা


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(please! Translate)

MC (Not poetry)

Hello.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

Suddenly, please.
My poetry
Is there someone who can translate it into Greenlandic languages?

I can not translate Greenland languages ​​on the translation site found by me.

Even just being able to introduce the site is glad.

Email this blog
If you are looking at Facebook etc, you can write it there.


If completed,
We will post your name as a translator or special thanks.

http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/permanently-green.html?m=1
please,This poetry
We look forward to.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
こんにちは。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

突然ですがお願いです。
僕のポエトリーを
グリーンランド語に翻訳していただける方はいますか?

僕で見付けられる翻訳サイトではグリーンランド語が翻訳できません。

サイトを紹介していただけるだけでも嬉しいです。

このブログにメール
もしくはFacebookなどをご覧の方はそちらに書き込んでいただく形でも構いません。


もし完成したら、
翻訳者かスペシャルサンクスとしてお名前を掲載させていただきます。

http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/03/permanently-green.html?m=1

お待ちしています。

Another long way

Another long way(2017)

New "Nice to meet you"
I'm constantly asking, I'm asking
Even if you're disappointed with the new line
Still I don't want to stay

But inside the head
As if stabbing with a sharp needle
"Your figure is only a dream"
As I heard it
It gets pretty depressed

In such a feeling
I say
"After all it's what you want to do"

A new voice color
I'm constantly asking, I'm asking
Even if you're disappointed with the new line
Still I don't want to stay

But inside the head
As if stabbing with a sharp needle
"The place you drew is a dead end."
As I heard it
It gets pretty depressed

In such a feeling
I say
"After all it's what you want to do"

"What do you want to do"

Sometimes in my head
As if stabbing with a sharp needle
"I don't agree with your existence."
As I heard it
It gets pretty depressed

In such a feeling
I say
"After all it's what you want to do"

"What do you want to do"

"How do you believe it"


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Another long way(2017)

新しい「はじめまして」
僕は常に求めてる、求めてる
新しい台詞に失望しても
それでも居座ることを望まない

だけど頭の中を
鋭い針で刺すかのように
「お前の描いた姿は夢でしかない」
と聞き取ってしまっては
お決まりの憂鬱になる

そんな気持ちの中で
僕は言い聞かす
「結局は君がどうしたいかだよ」

新しい声色を
僕は常に求めてる、求めてる
新しい台詞に失望しても
それでも居座ることを望まない

だけど頭の中を
鋭い針で刺すかのように
「お前の描いた先は行き止まりだ」
と聞き取ってしまっては
お決まりの憂鬱になる

そんな気持ちの中で
僕は言い聞かす
「結局は君がどうしたいかだよ」

「君がどうしたいかだよ」

時に頭の中を
鋭い針で刺すかのように
「お前の存在なんて嘘っぱちだ」
と聞き取ってしまっては
お決まりの憂鬱になる

そんな気持ちの中で
僕は言い聞かす
「結局は君がどうしたいかだよ」

「君がどうしたいかだよ」

「君がどう信じるかだよ」

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/03

Shout παρενόχληση(Greek)

Shout παρενόχληση(2016,Greece)

Δεν μεταδίδεται είναι αυτό το συναίσθημα που ακούστηκε να χτυπάει σε πολύ στο κεφάλι μου
Τοποθέτηση επανάληψη
Πιο λυπηρό εάν η υψηλή

Πολύ πριν Sad Song
Δεν ξέρω τον τίτλο ποτέ τώρα
Κάθε φορά που ο Κατεβασμένοι σηκωθεί να
Για να τραγουδώντας σε όλη τη διαδρομή
Πριν από αυτό άκουσε τη φωνή
Και το όνομά μου είναι γνωστή
Χωρίς αφήνοντας ένα αποτύπωμα
Sad κόσμο να περνάει μόνο μέσα από τις λέξεις

Πολύ ακολούθησε παρενόχληση Shout
Ακόμη και γελοιοποίηση γέλιο φαινόμενο
Για να ακουστεί γύρω από
Για να φωνάξει μια γρατσουνιά κατευθύνεται στα μάτια

Στην άλλη μνήμη είναι
Χωρίς να γνωρίζει ποιος φταίει
Για να σας καταδικάσει στο μπροστινό μέρος του ματιού
Τραβήξτε τη σκανδάλη προς το ρύγχος
Δεν έχουν απήχηση ακόμη και να πέσουν (γιατί;)

Πολύ πριν από όλους
Μέχρι τώρα από τώρα
Δεν κανέναν να έρθει προς τα εμπρός
Ένας πυροβολισμός μέσα είναι το μυαλό κατάρα της
Φαίνεται να είναι το γέλιο σε όλη τη διαδρομή
Πριν από αυτό για να παραδώσει τη φωνή
Έχει αποφασιστεί η τύχη μου
Χωρίς αφήνοντας ένα αποτύπωμα
Sad λέξεις κόσμου εισπνέουν μόνο

Στη διαπασών παρενόχληση Shout
«Bites είναι» Paranoid το δάχτυλο
Για να επιβιώσει εδώ
Για να φωνάξει μια γρατσουνιά κατευθύνεται στο μικρόφωνο

Αν συνεχίσει κραυγή
Κόσμο γεμάτο ορατό έρθει κραυγή
Για το σύνολο των επικοινωνιών
Ονομάζεται η παρενόχληση
Στην πόλη όπου φοβούνται αγκαλιά
Live,
Θα επιβιώσει,
Θα επιβιώσουν

Πληγή Shout παρενόχληση σήμερα
Η μοναξιά ακόμα και παραφυσικά
Για να ακούσουμε τη γνώμη σας
Για να φωνάξει το μικρόφωνο για βλάβη στα μάτια

Εκτός και αν ο Κίμι αόρατο κραυγή
Εκτός και αν είναι, δεν μπορώ να δω κραυγή
Κανείς δεν φαινόταν να είναι κραυγή

Πριν από αυτό για να παραδώσει τη φωνή
Έχει αποφασιστεί λόγια μου
Χωρίς αφήνοντας ένα αποτύπωμα
Οι λέξεις μόνο, λυπημένος δεν υπάρχει κόσμος φωνή

Πολύ ακολούθησε παρενόχληση Shout
Paranormal ακόμα και μια αίσθηση απογοήτευσης
Για να ακούσετε εμένα
Για να φωνάξει το μικρόφωνο για βλάβη στα μάτια



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Shout harassment(2016)

ずっと頭の中でガンガン響いてる この感覚が伝わらない
繰り返す マウンティング 
高くなればより悲しい

ずっと前のSad Song 
今の今までタイトルが分からない
倒されて起き上がる度に 
ずっと歌ってるのに
声を聞かれるその前に 
僕の名前が知られてる
足跡を残さずに 
言葉だけ吸い取れる 悲しい世界

降り続くShout harassment 
笑い声すら嘲笑現象
周りに聞こえるために 
目線を中に向け傷をシャウトする

もう記憶の中では
誰のせいか知らずに 
目の前の君を断罪する
銃口を向けtriggerを引く 
君が倒れても響かない(なぜ?)

ずっと前のEveryone 
今の今まで
誰も名乗り出ないんだ
撃ち抜かれ心呪うのを 
ずっと笑ってるようだ
声を届けるその前に 
僕の居場所が決まってる
足跡を残さずに 
言葉だけ吸い込める 悲しい世界

鳴り響くShout harassment 
指を『刺される』被害妄想
ここで生き残るために 
マイクを中に向け傷をシャウトする

叫び続ければ 
見えてくる叫びだらけの世界
全てのコミュニケーションに 
ハラスメントと呼ばれる 
恐怖が寄り添う街の中で
生きる、
生き抜くんだ、
生き抜いてやる

痛み抜くShout harassment 
孤独感すら超常現象
君に聞かせるために 
目線にマイク向け傷をシャウトする

叫ばなければ 君が見えない
叫ばなければ 僕が見えない
叫ばなければ 誰も見えない

声を届けるその前に 
僕のセリフが決まってる
足跡を残さずに 
言葉だけ、声が無い 悲しい世界

降り続くShout harassment 
挫折感すら超常現象
僕に聞かせるために 
目線にマイク向け傷をシャウトする

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Zostań(Polish)

Zostań(2017,Polish)

Można również nie staną się figurka
Czasami płaczę, że jest indywidualność
Istnieje tylko liczbę osób
Jeśli nie wszedł do specjalnego
Więc również dla kogoś
Iinda też zamierzam dać

Nie musisz znaleźć raczej
Jeśli jest chroniony
Ty też nie masz, aby chronić kogoś
Myślę, że dobrze, aby to zrobić

Może widzieliście wiele tragedii
To może spojrzeć na wiele demonów
Ale zapewniają, że dadzą wam powierza
Próbuje pokazać dowód nawet teraz

Nie jesteś potworem kurs
Będę krzyczeć być łatwiejsze, gdy
Istnieje tylko liczbę osób
Nie przewidywania znać prawdę
Tak, do ciebie wierzyć kierunku
Iinda nawet myśleć spróbować stoi

Nie, chyba raczej postępu
Ponieważ głos wchodzi
I przeciągnął lustro i istnieje nieskończona
I koszmar widać przerwań

Może słyszeliście dużo hałasu
można usłyszeć dużo hałasu
Ale zapewniają, że dadzą wam powierza
Próbuje pokazać dowód nawet teraz

osobowość
Ty też, ja też, nie ma też do tej osoby.
Ale powiem jeszcze raz
Idziemy stamtąd się specjalnego.
Potrzeba jest
Również do tej osoby, ja też, tam również.

W ciemności, osiągnięcia,
Nawet tylko dotknął palcem
Osobowość zmieni się specjalnego.
Jeden krok dalej,
To prawdziwa osobowość.

Próbuje pokazać dowód nawet teraz




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)