About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/04/15

Υποδεχτείτε Εμφάνιση(Greek)

Υποδεχτείτε Εμφάνιση(2005,Greek)

Αν και δεν είναι κακό συμπεριφορά να μην κάνετε κράτηση
Η μετάφραση ήρθε στην παπούτσια δεν ξέρω Σαντ παράσταση
Είμαι βέβαιος ότι αναρωτιέμαι γέλιο είναι επίσης εκφοβισμού μου;

Κουρτίνα πάνω από το δωμάτιο
Αναρωτιέμαι σίγουρα είναι ή το περπάτημα outside'm διασκέδαση δύο άτομα
Έχω πιτυρίδα, ακόμη και στη φιλοσοφία δει και στο ταβάνι σε ένα περιορισμένο χώρο

Είναι θλιβερό θέαμα Είναι νέα θλιβερή εμφάνιση
Αλλά γελούν εδώ παίρνει το απαλά με την ερμηνεία σας

Για να μην πω τίποτα σε σας, αλλά θα πρέπει να κοπεί άκρη είναι μαζί σας
Ήρθε το κρύο ειδήσεων «Î¤ÏŽÏÎ±, τι μπορώ να κάνω τώρα;»
Είμαι σίγουρος ότι θα κάνει τα απόβλητοι μου επέκρινε επίσης πίσω από τις σκηνές;

Μέχρι που καμία σχέση
Θα ήταν σίγουρα έχουν ή εγείρει έξω «s διασκέδαση με όλους
Αυτό που νομίζω ότι το επίσης κοίταξε το ταβάνι σε ένα περιορισμένο χώρο

Είναι θλιβερό θέαμα Είναι νέα θλιβερή εμφάνιση
Αλλά γελούν εδώ παίρνει το απαλά με την ερμηνεία σας

Δεν υπόσχονται χτυπήσει πάντα χωρίς αναφορά δεν
Θα σας ανακοινώσω
Ούτε λυπηρό να μην το τραγούδι αυτό το τραγούδι

Είναι θλιβερό θέαμα Είναι νέα θλιβερή εμφάνιση
Αλλά κάθομαι εδώ παίρνει το απαλά με την ερμηνεία σας

Είναι θλιβερό θέαμα Είναι νέα θλιβερή εμφάνιση
Αλλά γελούν εδώ παίρνει το απαλά με την ερμηνεία σας






(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
Say Hello To Show(2005)

予約なんてしてないのに 行いなんて悪くないのに
訳も解らず土足でやって来た Sad show
きっと僕をまた いじめては笑うんだろう?

カーテン越しの部屋
きっと外じゃ 楽しく二人で歩いてたりしてるんだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 哲学にでもふけているよ

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

君とは縁切ったはずなのに 君には何も言ってないのに
冷たいニュースがやって来た 「さあ、どうしよう?」
きっと僕をまた 裏で批判してのけ者にするんだろう?

関係ない彼らまで
きっと外じゃ 楽しくみんなで盛り上がったりしてるだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 何を思う

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

約束もなく 報告もなく いつもknockはなく
君に言い渡すだろう
悲しい歌も そうじゃない歌も

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここに座る

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC (Thank you for access! 72 countries)

MC (Not poetry)

Hello!
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.
In one and a half months from establishment
72 countries visited us.
thank you very much.
We will introduce the following in the order of access.


united states of america
Japan
Germany
France
Greece

Turkey
Kuwait
Iraq
Saudi Arabia
Korea
10

Portugal
Russia
Pakistan
Finland
Poland

Nepal
Ghana
England
Ireland
Philippines
20

Bangladesh
Italy
Columbia
Belgium
Algeria

India
Barbatos
Chile
Malaysia
Indonesia
30

Netherlands
Singapore
Albania
Bosnia-Herzegovina
Kazakhstan

Bhutan
Mexico
Malta
Tajikistan
Taiwan
40

Puerto Rico
Canada
Egypt
Azerbaijan
Serbia
Macedonia

Oman
Panama
Romania
Brazil
Australia
50

United Arab Emirates
Ukraine
Jamaica
Argentina
Greenland
55

Bangladesh
Bulgaria
Albania
Paraguay
Lebanon
60

Croatia
Nigeria
Uganda
South Africa
Thailand
65

Morocco
new zealand
Belarus
Chile
Denmark
70

New Caledonia
Austria
72


I will go a long way!


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(アクセスありがとう!72か国)


MC(Not poetry)

こんにちは!
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。
開設から1ヶ月半で
72か国の方がアクセスしてくれました。
本当にありがとうございます。
以下アクセスをもらえた順にご紹介します。


アメリカ合衆国
日本
ドイツ
フランス
ギリシャ

トルコ
クウェート
イラク
サウジアラビア
韓国

10
ポルトガル
ロシア
パキスタン
フィンランド
ポーランド

ネパール
ガーナ
イングランド
アイルランド
フィリピン

20
バングラデシュ
イタリア
コロンビア
ベルギー
アルジェリア

インド
バルバトス
チリ
マレーシア
インドネシア

30
オランダ
シンガポール
アルバニア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
カザフスタン

ブータン
メキシコ
マルタ
タジキスタン
台湾

40
プエルトリコ
カナダ
エジプト
アゼルバイジャン
セルビア
マケドニア(旧ユーゴスラビア共和

オマーン
パナマ
ルーマニア
ブラジル
オーストラリア

50

アラブ首長国連邦
ウクライナ
ジャマイカ
アルゼンチン
グリーンランド
55

バングラデシュ
ブルガリア
アルバニア
パラグアイ
レバノン
60

クロアチア
ナイジェリア
ウガンダ
南アフリカ
タイ
65

モロッコ
ニュージーランド
ベラルーシ
チリ
デンマーク
70

ニューカレドニア
オーストリア
72


僕はまだまだ進みます!

Arpeggio ~ 2nd piece ~

Arpeggio ~ 2nd piece ~(2017)

From the sky I looked up,
It was definitely raining that day
My voice, arpeggio,
I passed by your ear and cried that feeling.

To scratch the number as many as that
Recall from now
If only I am injured
I was talking about breaking a mirror

Now, you
I trap on words to destroy me
I've dodged all such landmines
Bleach and return
Don't look like a trap on your face

The rain will stop

My voice, arpeggio,
I passed by your ear and cried that feeling.

To scratch the number as many as that
Recall from now
If only I'm injured
I was talking about breaking a mirror

Yes, you too
And by not seeing the mirror alive
I fixed all such mirrors
Bleach and return
Say the suffering of not seeing

Let's change that rain as vision

Even the new rain will fall someday
But I'll not wait for that day anymore
Don't insert an umbrella
Then look at the change in color of the sky
Keep telling that "What color are you today?"

Tell that rain is visionary





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
アルペジオ~2曲目~(2017)

僕の見上げた空からは、
あの日 確かに雨が降っていた
僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

今、あなたは
僕を崩そうと 言葉に罠を仕掛ける
僕はそんな地雷を 全てかわして
漂白して返していく
罠など無いような顔をして

その雨も 止む日が来るから

僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

そう、あなたも
そうして鏡を 見ないことで生きてる
僕はそんな鏡を 全て直して
漂白して返していく
見ないことの苦しみを言う

その雨を 幻と変えよう

新しい雨だって いつか降るだろう
だけど僕はもう その日を待つことはしない
傘を差さないということ
そうして空の色の変化を眺めて
「今日は何色」と伝え続ける。

その雨が 幻と伝える

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Katumbiri sora anu kadéngé(Sudanese)

Katumbiri sora anu kadéngé(2016,Sudanese)

Dimana wae kuring leumpang,anu omongan jeung kitu oge,
Gears kalibet ngarobah ti
Ogé di sakuliah jigana geus.
Kami teu jadi yakin.
Warna sarua teu salamet, jeung
Kuring nyaho éta.
Nah lamun anjeun kasampak di halus jelas
Glimpses ti? Jadi ngarasa.

Kuring kungsi hiji warna kuring teu ngaraos.
Hareupeun panon mah, warna katumbiri bakal ngarobah landscape.
Contona, aya hubungan kajadian, komo
Kuring langsung sirah pikeun maneh anu.

Hujan,katumbiri datang kaluar, atawa hujan,
Atawa laskar pelangi ngaliwatan jandela, ngambang.
Eta Mah,
A saeutik jauh ti sela sakumaha anu.
Urang nempo yén,
Hareupeun panon peculiarly geulis warna upami anjeun hoyong.
Kasampak di eta, atawa kuring ngaraos guligah.

Ieu pikeun tujuan nu prosedur
Kawih tempat saeutik ku saeutik tihang up
Lamun batur ujug-ujug dina impian jeung nunjuk ka

Eta kecap terus urang nempo yen

Kaula di hareupeun anjeun ieu warna.
Ngan kitu baé di hareup urang geus
Boga warna anu béda.
Narima eta teu,jeung
Mah Katumbiri téh ka diffuse.

Warna katumbiri pikeun ngarobah timing teu nyaho.
Disgusting carita
Ogé dinten isuk, kawas kuring geus.
Nyeri dina nyaho leuwih alus
Eta nyoba OFF dirina ngagunakeun pakakas kira-kira kantor jadi nu aya. Ngan
Nu tenderness jeung asih tapi teu meunang leupas.
Ieu téh hiji nyeri anjeun teu bisa neangan leupas tina eta, jeung
Kadang buang jauh lamun kuring bisa.

Hujan,katumbiri datang kaluar, atawa hujan,
Atawa laskar pelangi ngaliwatan jandela, ngambang.
Eta Mah,
A saeutik jauh ti sela sakumaha anu.
Kahiji view pikeun urang
Kuring teu nyaho naha, kuring ngan jauh datang.
Pikeun nyaho eta, atawa kuring ngaraos guligah.

Ieu pikeun tujuan nu prosedur
Kasampak tempat teu accumulating bit ku bit lamun
Lamun batur ujug-ujug magic jeung kaget ku

Kecap terus nempo terus

Nu Katumbiri kasampak dina,
Abdi gé ngobrol jeung nu
Masih jauh dihareupeun anjeun?
Katumbiri sora kiwari, loba ngadéngé.
Komo dina hal ieu, masih hujan teu eureun.

Kecap terus ngarobah sora

Eta kecap terus ayeuna picking nepi sababaraha


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の声が聞こえる(2016)

どこを歩いても、誰と話しても、
歯車を噛み合わせる様に変化しながら、
うまく渡り合っているようだ。
僕には、よく分からない。
同じ色なんかで生きていけないのは、
僕も分かってる。
良く見れば微妙なコントラストが
見え隠れしてないか?そう感じてる。

僕だって決して一色じゃない。
僕の目の前で、虹の色が変わる風景。
例え無関係の出来事であっても、
僕はすぐ頭を抱えてる。

雨が降り、虹が出て、また雨が降り、
また虹が窓越しに浮かぶ。
それを僕は、
少し離れた所から傍観してる。
何度も見ているうちに、
目の前が妙に綺麗な色ばかり。
それを見て、また僕は不安になる。

それを見つめて 目的にして 手順にして
見えない位に少しずつ積み上げたものを
きっと誰かが突然に夢だと指差してるよ

その言葉の 続きを僕は見てる

僕の前では、あんな色だった。
だけど彼女はあの人の前では、
やっぱり違う色。
それを受け止めなきゃいけない、と
僕の虹が乱反射する。

虹の色を変えるタイミングを知らない。
嫌な昔話を
また今日の朝、思い出してしまった。
痛みを知ることで優しくなる
それを振りかざす事は無い。けど、
優しさも思いやりも全部取り払う。
それで痛みを解消できるのならと、
時々捨てたくもなる僕がいる。

雨が降り、虹が出て、また雨が降り、
また虹が窓越しに浮かぶ。
それを僕は、
少し離れた所から傍観してる。
ずっと眺めてるうちに、
物凄く遠くまで来てしまった。
それを知り、また僕は不安になる。

それを見つめて 目的にして 手順にして
見えない位に少しずつ積み上げていけば
きっと誰かが突然に魔法と驚いているよ

その言葉の 続きを見せ続けていく

その虹を見据えた上で、
君と話が出来るようになるのは、
まだ遠い先の話なのかな?
虹の声は、今日も沢山聞こえてくる。
でもこの中では、まだ雨が止まない。

その言葉の 続きを声に変えていく

その言葉の 続きを今日も拾っていく


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Bringen Sie den regen in den Himmel(German)

Bringen Sie den regen in den Himmel(2016,German)

Warum? Als ich die Tür öffnete
Fallen regen vom Himmel
Ich nass in der regen, zu wissen, die Kälte
Wut Wolken Zeigefinger, Schreien
Ich habe versucht, den regen in den Himmel zurückkehren

Vergessen Sie das Wort Regenschirm

Warum? Nur auf dem I
Regen Wolke vorhanden ist
Ich nass in der regen, zu wissen, die Traurigkeit
Wut Wolken Zeigefinger, Schreien
Ich habe versucht, den regen in den Himmel zurückkehren

Ohne auch bereit, den Schirm in die Hand nehmen

Warum? Warum? Warum?
Es ist der regen Worte geflossen, die von oben fiel
Nichts Antwort war nicht aus
Ohne Farbe des Himmels ändert,
Antwort ist nein, nur um es zu wiederholen.

Warum? Schließlich, sobald
Es ist gut an sie zurückbringen zusammen
Ich nass in der regen, zu wissen, die Traurigkeit
Jeder, den ich denke, jetzt sind Sie, wo Sie sind?
Ich habe versucht, den regen in den Himmel zurückkehren

Warum? Warum? Warum?
Ich entschied. Lassen Sie uns ein ändern, indem man, wie

Weiß weiß weiß
Kann nicht, wenn weißen Himmel Regenschirm entmutigt
Es wird auf eine Antwort zu ändern.
Die Farbe des Himmels, auch wenn nicht ändert
Die Antwort. wiederholen Sie es einfach.

Während ein wenig nass
Weiter für den Regenbogen zu warten, kommt heraus.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
雨を空に戻す(2016)

Why? ドアを開けると
空から雨が落ちてくる
僕は雨に濡れ、冷たさを知る
雲を指差して怒り、叫んで
雨を空に返そうとした

傘という言葉を忘れて

Why? 僕の上だけ
雨雲が存在していて
僕は雨に濡れ、悲しさを知る
雲を指差して怒り、叫んで
雨を空に返そうとした

傘を手に取る気もなくて

Why? Why? Why?
上から降った 言葉の雨を流しても
何も答えは出なかった
空の色変わることなく、
返答は無く、ただそれを繰り返す。

Why? 最後に一度
まとめて返せばそれでいい
僕は雨に濡れ、悲しさを知る
誰もが思う、今君はどこにいるの?
雨を空に返そうとした

Why? Why? Why?
僕は決めた。一つずつHowに変えよう

White white white
白い空なら 傘を差さずにいても
一つ答えに変えていく。
空の色、変わらなくても
返答をする。ただそれを繰り返す。

少し濡れながら
虹が出るのを 待ち続ける。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Temps(maintenant) pour adapter(French)

Temps(maintenant) pour adapter(2016,French)

Les gens qui me connaissent pour moi plus que de ne pas
Une couleur différente à partir d'un angle différent, de la luminosité des différents
Connaissant l'existence de l'image réfléchie en vous,
Je plus que quiconque va me regarder

Un tel fait
Et commodément oublié semblant
Il cesserait de marcher attendre votre réponse

Face à elle comment
Comment je continue
Par encore il y a un moyen
Écouter poids donnés

Les gens de savoir que vous plus que vous n'êtes pas
Mais je suppose que, au moment d'un angle différent
Dans l'une des branches réfléchie de vous, chose inchangée
Vous avez plus que quelqu'un que vous connaissez

Un tel fait
Et commodément oublié semblant
Mots "Il est tout", pointant ainsi le doigt

Alors, comment faire face à l'autre
Comment continuer à parler
Ce toujours là est un moyen
Connaître la bonté donnée

Même si le ne veulent pas revoir de temps à autre
Il devient l'ambiance que vous souhaitez effacer tous les
Pour jeter autour de moi dans le passé
Déversement et «Come on, en essayant de faire un détour»,
Placez une main sur mon épaule mauvaise,
Qui détiennent, répétez
Hier de la voix, remplir la voix d'aujourd'hui
Au cours de seulement plus rapide que je pense
Dois-je remarqué

Une telle journée
Pour quelqu'un qui est allé à commodément oeil
Je mot à charge, résultant en attente veut

Il comment Face
Ou continuer à répondre à la façon
Ce toujours là est un moyen
Ecoute quand donné

Devenir fatigué de l'examen de temps en temps
les gens Poke dans l'ambiance semblait tout
Il va montrer mon passé
Déversement et "Allez, travailler dur",
Placez les mains sur l'épaule de mon faible,
Qui détiennent, répétez
La voix d'aujourd'hui, rempli maintenant de la voix
Au cours de seulement plus rapide que je pense
Dois-je construire

Les gens qui me connaissent pour moi plus que de ne pas
Les gens de savoir que vous plus que vous n'êtes pas
Reçu obtenu d'hier,
Je remis à présent,
Attendez demain à venir.
Répétez, répétez, répétez.

Nouveau vous
Vous aurez toujours te trouver dans la première
Je veux être dans ces mots



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
時間(いま)に当て嵌める(2016)

僕を僕以上に 知る人はいない
違う角度から 違う色、違う明るさで
君に映る絵の存在を知りながら、
誰よりも僕は僕を見ていく

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
君の答えを待ち 歩くのをやめてしまう

それをいかに向き合って
いかに思い続けるか
まだ 道があることで
授かれた重さを聴く

君を君以上に 知る人はいない
違う角度から 僕は時に言い当てるけれど
君の映る枝の一つで、変わらないことは
誰よりも君は君を知ってる

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
「それが全てだ」と 言葉、指をさしてしまう

そこでいかに向き合って
いかに話し続けるか
まだ 道があることに
授かれた優しさを知る

時々見直すのも嫌になって
全部消したい気分になってくる
過去に僕を丸投げして
「さあ、寄り道しよう」とこぼす、
ダメな僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
昨日の声、今日の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
気付いていけばいい

そんな毎日を
都合良く目についた誰かへ
僕は依存して 言葉、欲して待ってしまう

そこにいかに向き合って
いかに応え続けるか
まだ 道があることに
授かれた時を聴く

時々見直すのが嫌になって
全部見えた気分で人を突く
過去の僕を見せていって
「さあ、頑張ってます」とこぼす、
弱い僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
今日の声、今の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
築いていけばいい

僕を僕以上に 知る人はいない
君を君以上に 知る人はいない
昨日からもらい受け、
僕は今に引き渡して、
明日が来るのを待つ。
それを繰り返す、繰り返す、繰り返す。

新しい君を
常に君が最初に見付けてく
そんな言葉でありたい


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Tausende Weinen(German)

Tausende Weinen(2016,German)

Denken etwa 1000, sollten 1000 sprechen
"Ich denke, ich habe nicht nichts noch gesagt ' und
Sie sagen, dass du bist.
1 neben der als spricht seine Stimme Ich hörte im Bewusstsein des 1000.

Ich bin so weit?
Kein kratzen, Kopf oder Gesicht?
Ratlos erschöpft Beschreibung
Ich hatte bekommen, um Zaubersprüche zu schreiben.

Wenn ich, aber auch weitere singe werde ich.

Cryin
Antwort auf not cry leicht beobachten ' Sie
Aus Kummer, Sie sprechen zu hören.
Dieses Lied es entkommen.
Ist es so?

Was ist die Wahrheit?
Was Sie reden?
Die gov ' t Sie sprechen, wie Sie sagten, überrascht.
Ich bin das Ferne Gefühl unsichtbare Weinen.
Ich hielt mich, sogar die Farbe?

Was Sie reden, ich komme?
In irgendein Gespräch beginne ich?

Cryin
Antwort auf not cry leicht beobachten ' Sie
Aus Kummer, Sie sprechen zu hören.
Dieses Lied es entkommen.
Ist es so?

Von vor langer Zeit
Ich bin cryin


(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Thousand Cryin(2016)

1000考えて 1000話しているはずなのに
『あなたとはまだ何も話してない』と
君は言う。
隣でにやけて話すあいつの1の声に
1000の意識で 耳を傾けてるのに

僕はそんなに遠いのか?
無駄に傷付き、頭抱えるのか?
説明に疲れ、途方に暮れて
僕は書き綴る事に行き着いた。

それでも 歌う度に また僕は遠くなる。

叫びたい
悩みの答えは 簡単に君を通り過ぎてく
話すことで聞こえない悲しみから
抜け出すこの歌も 離してしまう。
そうなの?

1000考えて 近付くために生まれた歌を
『あなたのことまだ良く知らない』と
君は言う。
隣で簡単に笑うあいつの1の声に
1000の意識で 耳を傾けてるのに

僕はそんなに遠いのか?
無駄に傷付き、頭抱えるのか?
説明に疲れ、途方に暮れて
僕は書き綴る事で問い掛ける。

それでも 歌う度に また僕は遠くなる。

叫びたい
悩みの答えは 簡単に君を通り過ぎてく
話すことで聞こえない悲しみから
抜け出すこの歌も 離してしまう。
そうなの?

真実は何なの?
何を話せばいいの?
君の言う通りに話したら、驚いて後退りされた。
その遠い感覚に 見えない涙を流してる。
その色までも、僕を遠ざけてるの?

何を話せば、僕が見えてくるの?
いくつ話せば、僕が始まるの?

叫びたい
悩みの答えは 簡単に君を通り過ぎてく
話すことで聞こえない悲しみから
抜け出すこの歌も 離してしまう。
そうなの?

もうずっと前から
僕は叫んでる

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/14

The voice of the rainbow

The voice of the rainbow(2016)

No matter where you walk, whatever you talk with,
While changing to mesh gears,
It looks like they are getting along well.
I'm not sure.
I can't live in the same color,
I know that too.
Subtle contrast when looking good
Isn't it obsessed? I feel that way.

I'm never a color.
The scenery where the color of the rainbow changes in front of me.
Even if it is an unrelated event,
I have my head in a hurry.

It began to rain, a rainbow came out, it started to rain again,
A rainbow also floats through the window.
That I,
I'm sitting by a distance.
While I was watching over and over,
There are only strangely beautiful colors in front of my eyes.
Looking at it, I get worried again.

Looking at it and using it as a procedure and making it as a procedure
Little by little stacked on the invisible place
I'm sure I point at someone suddenly as a dream

I'm watching the continuation of that word

It was such a color in front of me.
But, in front of that person,
After all it is different color.
I must accept it
My rainbow is irregularly reflected.

I don't know the timing to change the color of the rainbow.
A bad old story
I also remembered this morning.
Become gentle by knowing pain
There's no way to distract it. but,
Get rid of all kindness and consideration.
If that pain can be eliminated,
I sometimes wish to throw away.

It began to rain, a rainbow came out, it started to rain again,
A rainbow also floats through the window.
That I,
I'm sitting by a distance.
While I was gazing all the way,
It has come so far.
I know that, and I feel uneasy again.

Looking at it and using it as a procedure and making it as a procedure
If you pile up little by little to invisible place
Surely someone is suddenly surprised with magic

Continue showing the continuation of that word

Looking at the rainbow,
It will be possible for you to talk with you,
Is it still a far story?
The voice of the rainbow sounds a lot today as well.
But within this, it will not stop raining yet.

I'll change the continuation of that word into voice

I'll pick up the continuation of that word today as well



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
虹の声が聞こえる(2016)

どこを歩いても、誰と話しても、
歯車を噛み合わせる様に変化しながら、
うまく渡り合っているようだ。
僕には、よく分からない。
同じ色なんかで生きていけないのは、
僕も分かってる。
良く見れば微妙なコントラストが
見え隠れしてないか?そう感じてる。

僕だって決して一色じゃない。
僕の目の前で、虹の色が変わる風景。
例え無関係の出来事であっても、
僕はすぐ頭を抱えてる。

雨が降り、虹が出て、また雨が降り、
また虹が窓越しに浮かぶ。
それを僕は、
少し離れた所から傍観してる。
何度も見ているうちに、
目の前が妙に綺麗な色ばかり。
それを見て、また僕は不安になる。

それを見つめて 目的にして 手順にして
見えない位に少しずつ積み上げたものを
きっと誰かが突然に夢だと指差してるよ

その言葉の 続きを僕は見てる

僕の前では、あんな色だった。
だけど彼女はあの人の前では、
やっぱり違う色。
それを受け止めなきゃいけない、と
僕の虹が乱反射する。

虹の色を変えるタイミングを知らない。
嫌な昔話を
また今日の朝、思い出してしまった。
痛みを知ることで優しくなる
それを振りかざす事は無い。けど、
優しさも思いやりも全部取り払う。
それで痛みを解消できるのならと、
時々捨てたくもなる僕がいる。

雨が降り、虹が出て、また雨が降り、
また虹が窓越しに浮かぶ。
それを僕は、
少し離れた所から傍観してる。
ずっと眺めてるうちに、
物凄く遠くまで来てしまった。
それを知り、また僕は不安になる。

それを見つめて 目的にして 手順にして
見えない位に少しずつ積み上げていけば
きっと誰かが突然に魔法と驚いているよ

その言葉の 続きを見せ続けていく

その虹を見据えた上で、
君と話が出来るようになるのは、
まだ遠い先の話なのかな?
虹の声は、今日も沢山聞こえてくる。
でもこの中では、まだ雨が止まない。

その言葉の 続きを声に変えていく

その言葉の 続きを今日も拾っていく

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(Sick Experience Experience)

MC(Not poetry)

Good evening.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

Japan is now
It's 5:58 pm in the evening.

In your country
What time is it?


today
Please listen to stories born out of experience, surgery, hospitalization due to illness, also becoming the energy of my poetry.

About ten years ago from now,
Coincidentally from examination of hernia
I found kidney disease.

then,
With kidney disease surgery
With the influence that cut the stomach nearly 40 cm,
High fever over 40 degrees and severe pain,
Full of whole body tube,
It was in a state of pain that I could only move my wrist.
At this time, I remember that memories floated like running lamps.


At the same time poetry
It's Say Hello To Show.

Poetry here

http://poppoetryjapan.blogspot.jp/2017/04/say-hello-to-show.html?m=1


This experience will reset the past negative past and the accumulation that has been accumulated and it became the opportunity to go forward by being 0.
During this hospital I wrote the manuscript,
On 2nd after discharge he decided to publish the book by going to the publisher, but I will tell that story at a later date.







MC(病気の手術経験)


こんばんは。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

日本は今
午後5時58分、夕方です。

あなたの国では
今何時ですか?


今日は
僕のポエトリーのエネルギーにもなっている、病気で入院して手術、そこでの経験から生まれた話を聞いてください。

僕は今からおよそ10年前、
ヘルニアの検査から偶然にも
腎臓病が見つかったんです。

そのとき、
腎臓病の手術で
お腹を40㎝近く切った影響で、
40度を超える高熱と激痛、
全身管だらけ、
手首しか動かせないくらいに苦しい状態でした。
この時、思い出が走馬灯のように浮かんだことを覚えています。


同時に浮かんだポエトリーが
Say Hello To Showです。

この経験はそれまでのネガティブな過去や、積み上げてきたことをリセットすることになり、0になったことで前に進むきっかけにもなりました。
この入院中に僕は原稿を書き、
退院後2日には出版社に赴いて本の出版を決めていますが、その話はまた後日しますね。

Say Hello To Show

Say Hello To Show(2005)

Although I haven't made a reservation, I don't feel bad
Sad show came ashore without knowing the translation
You surely will smile if you tease me again?

A room across the curtain
I'm sure they are having fun outside and walking by themselves
It's a cramped room and I see it even on the ceiling and in philosophy

It's sad show It's new sad show
But I gently embrace it with your interpretation and laugh here

You ought to have broken off with you but you have not told anything
Cold news came "Now, what shall I do?"
I'm surely criticizing me behind the scenes to make it a ridiculous one?

Not related to them
Surely it will be fun outside and everyone will be excited
In a cramped room I wonder what you think with the ceiling

It's sad show It's new sad show
But I gently embrace it with your interpretation and laugh here

There's no promise and no report, always knock none
I'll give it to you
Sad songs and songs that are not so

It's sad show It's new sad show
But we gently take in the interpretation of you and sit here

It's sad show It's new sad show
But I gently embrace it with your interpretation and laugh here




(Designed by.Takashi Hayashitani)



(Japanese)
Say Hello To Show(2005)

予約なんてしてないのに 行いなんて悪くないのに
訳も解らず土足でやって来た Sad show
きっと僕をまた いじめては笑うんだろう?

カーテン越しの部屋
きっと外じゃ 楽しく二人で歩いてたりしてるんだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 哲学にでもふけているよ

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

君とは縁切ったはずなのに 君には何も言ってないのに
冷たいニュースがやって来た 「さあ、どうしよう?」
きっと僕をまた 裏で批判してのけ者にするんだろう?

関係ない彼らまで
きっと外じゃ 楽しくみんなで盛り上がったりしてるだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 何を思う

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

約束もなく 報告もなく いつもknockはなく
君に言い渡すだろう
悲しい歌も そうじゃない歌も

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここに座る

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Γη της προσωπικότητας (Greek)

Γη της προσωπικότητας (2017,Greek)

Είναι ευγένεια φροντίδα ακούει καλά,
Ήταν εύκολο να φανταστεί κανείς
Επίσης, λάβετε συμπόνια
Το ίδιο σημαντικό,
Είμαι από εκείνη την ημέρα που ήταν απελπισμένα για να εκφράσουν τη θλίψη, εγώ δεν είχα να το δείτε

Μπορείτε να έχετε την τεχνογνωσία
Αν η λέξη δεν ταιριάζει στο καλούπι
Γίνετε γδαρμένο
Αλλά μόνο να πω ότι είναι
Νομίζω ότι δεν έχει παρατηρήσει στο πίσω μέρος του μπροστά από το χαμόγελο του ματιού

Έτσι, αν μόνο ο ένας τον άλλον δεδομένο
Οι άνθρωποι θα είναι επώδυνη, θα περάσει ο ένας τον άλλον
Γι 'αυτό ήρθα εδώ,
Δεν ταιριάζουν σε λέξεις και, ας ληφθέντων

Είναι ευγένεια φροντίδα ακούει καλά,
Ήταν εύκολο να φανταστεί κανείς
Επίσης, λάβετε συμπόνια
Το ίδιο σημαντικό,
Για να έχετε αυτή τη μέρα που έχει γίνει απελπιστική για να εκφράσουν τη θλίψη, την ελπίδα και θέλετε να το δείτε

Μπορείτε να έχετε την τεχνογνωσία
Αν η λέξη δεν ταιριάζει στο καλούπι
Γίνετε γδαρμένο
Αλλά μόνο να πω ότι είναι
Νομίζω ότι δεν έχει παρατηρήσει στο πίσω μέρος του μπροστά από το χαμόγελο του ματιού

Έτσι, αν μόνο ο ένας τον άλλον δεδομένο
Οι άνθρωποι θα είναι επώδυνη, θα περάσει ο ένας τον άλλον
Έτσι, έρχονται τώρα,
Δεν ταιριάζουν σε λέξεις και, ας ληφθέντων

Αύριο, αύριο, με κανέναν

Από τώρα ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

Petrol(Japanese)

Petrol(2016,Japanese)

いつも噂話は事実じゃない
目の前で見えた事でも それは片側の事
そんな世界を毛嫌いし逃げて来た
離れ過ぎてたらいつの間にか
多分僕は話題になっている

ありとあらゆるimageを浮かべて
何が来ても笑顔で受ける 用意をしておく
それをしているだけなのに
異世界の人として 結局は一人ぼっち

そんな『これまで』も受け止めよう
眩暈すらする、なんて 本当だったね
泣き、叫ぶ。あらゆる意味のcryを
やっぱり僕は飲み込んで
明日もまた 笑顔で行く 支度をして

その嘆きは取り敢えず受け止める
だけどまだもう一人 聞いてない人がいる
そんな両側に目を向けて言って来た
見つめ過ぎてたらいつの間にか
多分僕は突き放されている

ありとあらゆるimageを浮かべて
何が来ても言葉変えない 用意をしておく
それをしているだけなのに
異世界の人として 結局は一人ぼっち

そんな『これまで』も受け止めよう
こんな闘いを、貴方も していたのなら
泣き、叫ぶ。あらゆる意味の『暗い』を
やっぱり僕は飲み込んで
明日もまた 笑顔で行く 支度をして

全て受け止める 全て受け入れる
ここにいる事が 罪だとしても
そこでブレてしまう事が 一番の罪で
なら僕はどうしたらいいの?
貴方はこんな世界で どう叫んだの?

そんな『これまで』も受け止めよう
眩暈すらする、灰色の話の中
泣き、叫ぶ。あらゆる意味のcryを
やっぱり僕は歌にして
明日もまた 笑顔で行く Petrol


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Take you hope

Take you hope(2017)

If you are in pain
I'll never see it unless it is a mirror
So now I don't mind
A slight scratch wound that occurred in front of you
I can't escape because I can see it
I'll iterate over and over

A serious story
'cause I say so
I don't want to see people's pain

Ourselves, I want to eavesdrop
At such a moment
I'll step another step to someone else.
You can open the way like that
I believe so now

Take you hope Take you hope

All that you move
If there's something you can do with eyes even once
How can you see it, you can hear it
My slight scratch that happened in front of me
Thinking because of being visible
I would like to iterate in the same way

A serious story
'cause I say so
I can't keep an eye on people's pain

Ourselves, I want to eavesdrop
At such a moment
I'll step another step to someone else.
You can open the way like that
I believe so now

Take you hope Take you hope

Even soon
Transitory event
Even putting it in one corner
Just like a word will continue
I'm going to stack it up.
"It's not a lie"

Ourselves, I want to eavesdrop
At such a moment
I reach another person else
You can open the way like that
I believe so now

Take you hope Take you hope

The word that I gave
It will be changed to a promise forever
Fighting against such pressure
Another new phrase was born
To someone next
The day we hand over will surely come.

Until then
I'll sing at all

Take you hope Take you hope


(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Take you hope(2017)

自分が受ける痛みなら
鏡でもない限り 目にすることはない
だから今は気にはならないけど
目の前で起きた ほんのちょっとのかすり傷は
見えてしまうゆえ 逃げられないし
何度も反復してしまうんだ

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みは見たくない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

自分が動く全てを
一度でもいいから 目にできることがあれば
どう見えてるか、聴こえてるかを
目の前で起きた 僕のちょっとのかすり傷を
見えてしまうゆえ 考えながら
同じように反復していきたい

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みに目を背けない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

すぐにでも
翻すような出来事
目にすることも片隅に置きながら
少しでも言葉が続くように
積み重ねていくんだ
『嘘じゃないよ』ってね

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一つ手を伸ばす
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

発した言葉は
永遠に約束に換わる
そんな重圧と闘って
また新しいフレーズが生まれて
次の誰かに
ふと手渡す日がきっと来る。

それまで僕は
全力で歌うよ

Take you hope Take you hope


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/13

Svar Song(Danish)

Svar Song(2016,Danish)


De stavet skrive gamle dage, én efter én
Lad os synge en sang, der svarer med hensyn til side-by-side.
Denne sang er også i morgen
At ændringen pågældende
Den ønsker et eller andet sted, mens forudsige.

Voksede op Tadashisa at lige
Bend, dråbe, skydedøre,
Arekore fik at vide, som til selektivt at anvende
Jeg prøvede at gøre det hjælpeløst
Og jeg gik rundt omkring også vendt tilbage til den lige

Selvom ingen kender svaret
RÃ¥dgivningen af ​​spørgsmÃ¥lstegnet, der er tilbage
Jeg fik at vide, at jeg havde givet til mig
Ikke engang ved sådan noget
Jeg havde Riposte Datte med afgjort

Det er Svar på i går
Unsight dette er for i morgen

De, spelt skrevet for længe siden, er en efter en
Med en følelse af, at blev fortalt til en anden.
Nu selv denne sang
Der kan blive en lytter
Den ønsker et eller andet sted, mens forudsige.

Voksede op Tadashisa at lige
Bend, dråbe, skydedøre,
Arekore fik at vide, som til selektivt at anvende
Jeg prøvede at gøre det vil acceptere
Og jeg gik rundt omkring også vendt tilbage til den lige

Selvom ingen kender svaret
RÃ¥dgivningen af ​​spørgsmÃ¥lstegnet, der er tilbage
Jeg har fået at vide jeg jeg blev også bestemt
Det er ikke, hvad der kan være afhængig
Findes men masser hvis der

Det er Svar på i går
Unsight dette er for i morgen

Og jeg gik rundt omkring også vendt tilbage til den lige
Det er Svar på i går
Unsight dette er for i morgen





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
アンサーソング(2016)

昔書き綴ったもの、一つ一つを
並べた上で 答えた歌を歌おう。
この歌も明日には
問いかけに変わることを
どこかで望んで、予測しながら。

真っ直ぐなことを正されて育った
曲げる、落とす、滑らせる、
あれこれ使い分けるように言われた
どうしようもなくて やってみたけど
回り回ってまた真っ直ぐに戻った

誰も答えなんて知らないまま
疑問符なままのアドバイスを
僕にくれてたんだ 伝えてたんだ
そんなことも知らず
僕は決め付けだって 突き返してた

それが昨日へのAnswer
これが明日へのUnsight

昔書き綴ったもの、一つ一つが
他の誰かに 言われた感触を持つ。
この歌も今すぐに
リスナーになれることを
どこかで望んで、予測しながら。

真っ直ぐなことを正されて育った
曲げる、落とす、滑らせる、
あれこれ使い分けるように言われた
受け入れて欲しくて やってみたけど
回り回ってまた真っ直ぐに戻った

誰も答えなんて知らないまま
疑問符なままのアドバイスを
僕も求めたんだ 伝えてたんだ
依存できるものは無い
でも存在ならいくらでも見付けられる

それが昨日へのAnswer
これが明日へのUnsight

回り回ってまた真っ直ぐに戻った
それが昨日へのAnswer
これが明日へのUnsight


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Normal de vacanță(Romanian)

Normal de vacanță(2016,Romanian)

Astăzi,
A fost aruncat albumul de absolvire tocat.
Pentru mine,
În partea I nu doresc să-și amintească,
Numele pe care îl vrei să mă vezi, deoarece nu există nici acolo,
Ceea ce, de asemenea, nu a avut regrete.

doar
La tot da drumul
Dau vina toate amintirile,
Devine un motiv pentru a nu merge mai departe.
Pentru că m-am gândit atât de
Numai loc important, lăsînd decupate,
Cred că acceptarea Să.

De asemenea, la acel moment, de asemenea, de cel anterior
Am de undeva, nu este permisă.
Suferă de un astfel de lucru.
Ceea ce este că nu este suficient?
Am devenit obosit, există doar un început de peste ...

numai
Dacă credeți că ați venit progresat până la acest loc,
Și a fost scris cu un pătrat de la picioare,
ura continua să devină mai înainte.
Se crede acest lucru
resentimentele au continuat mizeria trecutul lor,
Spicy să accepte știu.

De asemenea, la acel moment, de asemenea, de cel anterior
Am de undeva, nu este permisă.
Suferă de un astfel de lucru.
Ceea ce este că nu este suficient?
Devine obosit, de asemenea, doar începe ...

De fiecare dată când emite cuvinte
De asemenea, mă simt frica merge atât de departe.
Dar să-și petreacă fără a spune în ea
Nu a putut fi pentru mine, din păcate.
Cel puțin acesta poate fi este
În fără cuvinte revărsate, am de gând să-l spun.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
普通の休日(2016)

今日、
卒業アルバムを切り刻んで捨てた。
僕にとっては、
思い出したくない部分で、
僕の見たい名前は、そこにはないから、
何も未練はなかった。

ただ
何もかも消してしまおうとするのは
全部思い出のせいにして、
前に進まない理由になってしまう。
そう思ったから
大事な所だけは切り抜いて残して、
受け入れていこうと思う。

その時も、その前からも
僕はどこからか、認められていない。
そんな事に悩まされる。
足りないものは何なのか?
もう嫌になるけど、やり直すしかない…

やっと
この場所まで進んで来れたと思ったら、
足元に振り出しと書いてあって、
前に進むのが嫌になってしまう。
そう思っては
過ぎた自分の惨めさを恨み続けて、
受け入れる辛さを知る。

その時も、その前からも
僕はどこからか、認められていない。
そんな事に悩まされる。
足りないものは何なのか?
もう嫌になるけど、また始めるしか…

言葉発する度に
また遠くなっていく怖さを感じてる。
だけどそれで言わずに過ごすことは
残念ながら 僕にはできなかった。
せめてできるのは
言葉こぼさずに、言っていくこと。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Stagepass(Cebuano)

Stagepass(2016,Cebuano)

Sa diha nga ako gigugol sa lawak klasehanan
Kini naghunahuna nga kini sa tanan
Dinhi ug lain-laing mga mga tawo sa pagbuhat sa dili, ako
Busa ania ako dinhi walay pulos kon daotan, ako
Usa ka pagdumot batok sa nga gilimod.

Kon wala pagkahibalo sa gawas
King na sa pagkuha sa daan nga
Ug kon makadungog emergency
Usa ka taas nga lamang makalingaw,
Relasyon maayo 3 nga mga tawo
Bisan wala ako makakita sa daghan nga

Kon karon,
Dili makatabang diha sa klasehanan, dili ko gusto nga adunay
Kon kamo sa pagtan-aw sa maong usa ka panahon,
Dili nga sa akong hunahuna ang tanan nga Nante walay kapuslanan.
sa labing gamay
Adunay lang nga bahin sa lawak.
Karon, kini na sa usa ka agianan sa pagtan-aw sa halapad nga kalibutan.

Pinaagi sa paggamit niana nga dalan,
-Usab sa lang pinaagi sa pagtan-aw sa gawas usab sa usa ka lakang.
sa walay pagpanghibalo
Sa diha nga tabok sa lawak-klasehanan nga nagtapok sa tigulang na,
Kini daw nga kini mao ang usa ka maayo nga.

Ako sa ingon.

Kon wala pagkahibalo sa gawas
King na sa pagkuha sa daan nga
Ug kon makadungog emergency
Usa ka taas nga lamang makalingaw,
Relasyon maayo 3 nga mga tawo
Bisan wala ako makakita sa daghan nga

Kon karon,
Dili makatabang diha sa klasehanan, dili ko gusto nga adunay
Kon kamo sa pagtan-aw sa maong usa ka panahon,
Dili nga sa akong hunahuna ang tanan nga Nante walay kapuslanan.
sa labing gamay
Adunay lang nga bahin sa lawak.
Karon, kini na sa usa ka agianan sa pagtan-aw sa halapad nga kalibutan.

Pinaagi sa paggamit niana nga dalan,
-Usab sa lang pinaagi sa pagtan-aw sa gawas usab sa usa ka lakang.
sa walay pagpanghibalo
Sa diha nga tabok sa lawak-klasehanan nga nagtapok sa tigulang na,
Kini daw nga kini mao ang usa ka maayo nga.

Ako sa ingon.

Usa ka mangitngit nga lawak
Sa walay lawak
Nasamok ako usab.
Siya mohunong sa na, ako naghunahuna.
Niadtong panahona, gikan sa dapit
Ug ang tingog nga akong "Kimi ni importante",
Mabuhi sa laing adlaw, naghunahuna ko sa ingon.
Kini mao usab ang usa ka hataas nga panahon ang milabay,
Kon ang usa ka tawo nga mibiya sa sama nga think tingog,
Kini ang panahon nga ako mobiya.

Nga na nga gigamit sa sa tingog
ako magpadayon sa paglaum.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Stagepass(2016)

教室の中で過ごしてた頃
それが全部だと思ってた
ここと違う人はいない、って
だからここでダメならダメなんだ、って
否定されてることを恨んでた。

外を知らないまま
教室は歳を取っていく
そしていざ聞けば
あれだけ楽しそうで、
仲が良かった3人は
ずっと会ってないんだって

もし今、
教室にいられない、いたくない
そんな時間を見てるのなら、
全部がダメだなんて思うことはない。
少なくとも
そこはほんの一部の部屋。
今、広い世界を見る パスをもらってるんだ。

そのパスを使って、
一歩分でも外を見るだけで変わるよ。
いつしか
歳を重ねた教室を横切るとき、
これで良かったと思えるはず。

僕はそうだった。

 å¤–を知らないまま
教室は歳を取っていく
そしていざ聞けば
あれだけ楽しそうで、
仲が良かった3人は
ずっと会ってないんだって

もし今、
教室にいられない、いたくない
そんな時間を見てるのなら、
全部がダメだなんて思うことはない。
少なくとも
そこはほんの一部の部屋。
今、広い世界を見る パスをもらってるんだ。

そのパスを使って、
一歩分でも外を見るだけで変わるよ。
いつしか
歳を重ねた教室を横切るとき、
これで良かったと思えるはず。

僕はそうだった。

暗い部屋
誰もいない部屋で
僕も悩んでた。
もうやめてしまいたい、って思った。
そんなとき、どこかから
「君が大切だ」って声がして、
もう一日生きていける、そう思った。
それも昔、
誰かが同じ思いをして残った声ならば、
次は僕が残す番だ。

その声になれることを
僕は望み続ける。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Blind touch

Blind touch(2016)

I know what color it is,
After all there is much visible sight.
Who is facing what to whom
Whether you keep your eyes on me or hold your head,
I didn't know in the end.
So I don't look at the screen
I'll touch you

Perhaps there are many people who can see it,
Why are not you touching such people?
Now that wall is
I don't need it for anyone

I can't see it
I can't see.
So I don't know
While laughing at his hands,
Tilt only the ears, not tilt backwards.
I can touch because I can't see it.

Someone's name from the same person
I don't know the meaning that there are several.
Who did you face to whom?
Whether you keep your eyes on me or hold your head,
I didn't know in the end.
So I don't look at the screen
I'll touch you

I'm the only one that can't be seen
Touching with such a person
Tomorrow to universe
Does it sound like I have to get out in the morning?

I can't see it
I can't see.
So I don't know
In the midst of being suspicious of his hands,
Tilt only the ears, not tilt backwards.
I can touch because I can't see it.

In a balloon that I'll not enter
I'll make a correlation diagram,
By the time I got it I could see another line again
Just turn them all off, holding the head, getting tired

I can't see it.
I don't even want to see it.
I don't know for you
Even if the voice is turned off, even if it is laughed,
Tilt only the ears. No matter what,
I'll touch it because I can't see it.

I'll fight against something I can't see.

From that end,
Again with scratches, not falling to the bottom
The truth that can not be avoided without seeing it is
Keep it away
It will be the beginning.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ブラインドタッチ(2016)

僕はそれが何色かは分かるけど、
やっぱり見えない視界が多い。
誰が誰にどんな顔をしてるかが
目を凝らしても、頭抱えても、
結局は分からなかった。
だから僕は画面を見ないで
タッチしていくよ

多分見えてる人が多いのに、
そんな人ほどタッチしないのはなぜ?
今 その壁は
誰にとっても要らない

僕は見えていない
見ることができない。
だから分からないだろうと
その手を笑われてきた中で、
耳だけを傾けて、後は傾かない。
見えないからタッチができる。

同じ人から同じ誰かの名前が
いくつも存在する意味が分からない。
誰が誰にどんな顔をしたいかが
目を凝らしても、頭抱えても、
結局は分からなかった。
だから僕は画面を見ないで
タッチしていくよ

見えてないのは僕だけだろう
そんな人とタッチしていくことは
明日 宇宙に
朝イチで出なきゃ、と聞こえるの?

僕は見えていない
見ることができない。
だから分からないだろうと
その手を疑われてきた中で、
耳だけを傾けて、後は傾かない。
見えないからタッチができる。

僕の入らない吹き出しの中で
相関図 作り上げるけど、
できた頃にはまた違う線が見えて
全部消して、頭抱えて、疲れるだけ

僕は見えていない。
見ようとも思わない。
お前には分からない、と
声を消されたとしても、笑われても、
耳だけを傾ける。何が聞こえても、
見えないからタッチしていく。

見えないものと闘っていく。

あの終わりから、
もう一度傷付き、底に落ちないため
見ずに避けて通れない真実が
それを遠ざけていく
始まりになる。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

A few little things

A few little things(2016)

Not just a little thing
"No silly," but if I don't speak
I'm worried
Fingers pointed to me to far away

Continue to show scars, I wanted to know that
I'm wearing a prickly armor to protect themselves
"Nobody's crying Scratching itself about this person or that person, go to overlook

Noticed a few little things
Build a long invisible
"Not easy."
Go I thought the narrow field of view

Seeking understanding, at been silent was screaming
I don't know, but I don't mourn
"Nobody" is understood and
He gave the approach only piloting eyes away in known facts

Noticed a few little things
In invisible staring hopefully at the
Noticing Visibility is changed greatly

Things to see "Okay?"
And calling out to go
I can't see where events
To keep saying "it's OK"
Should stack it up

A few little things, Realize
A few little things, Building
A few little things, Realize
A few little things, Building

Noticed a few little things
Partnerships as invisible
Noticing Go big, world

Scratching the big day
The clock had stopped By rotating the should forward to the present.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
A few little things(2016)

ほんのちょっとした事が言えない
『他愛もない』が話せなくて
僕は悩んでる
指される指が僕を遠くさせる

傷を見せ続け 存在を知りたかった
僕は身を守る 刺だらけの鎧を着て
『誰も来ない』と泣き続ける
近付いたこの人やあの人が
傷付いて去って行く事を見過ごして

ほんのちょっとした事に気付いて
見えないくらいに築いていく
『簡単じゃない』
視界は狭く思い込んで行く

理解求めて ずっと無言で叫んでた
僕は分からない、分からないと嘆くけど
『誰も来ない』のは理解され
近付く事を諦めていっただけ
知られる事で離れた事実に目を向けず

ほんのちょっとした事に気付いて
見えないくらいに見つめていけば
気付かないうちに
視界は大きく変わって行く

 å…ˆãŒè¦‹ãˆã¦ã‚‹ç‰©äº‹ã‚‚
『大丈夫?』と声を掛けて行く
先が見えない出来事に
『大丈夫』と言い続ける為に
それを積み重ねる必要がある

ほんのちょっとしたこと
気付いて
ほんのちょっとしたこと
築いて

ほんのちょっとした事に気付いて
見えないくらいに築いていけば
気付かないうちに
世界は大きく先に進んで行く

あの日大きく傷付いて
止まっていた時計が
急回転して 現在へ進むはず。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/12

Rin(Italian)

Rin(2016,Italian)

Fare oggi è ieri
Oggi i problemi Rubrica domani
Domani può essere sicuro di ieri
Mentre ha ricordato tale ciclo
Sempre ciò che ora è dignitosa
Vai bellezza ridipinto suoi piedi

Ora i vecchi tempi, ho di nuovo e di nuovo
E 'stata accolta con inattesa calamità inaspettata
Ma l'era più dolorosa è
Che tale si è
Siamo presi e di vivere

Per vivere ora.

Che soffrono di ferite di ieri
Make up ammucchiati oggi
Domani è chiamato ieri
Mentre ha ricordato tale ciclo
Sempre quello che sei dignitosa
Vai bellezza ridipinto la sua intenzione

Ora i vecchi tempi, ho di nuovo e di nuovo
E 'stata accolta con inattesa calamità inaspettata
Ma l'era più dolorosa è
Che tale si è
Siamo presi e di vivere

Per vivere ora.

Anche se la disperazione ieri
Ora, se sei un dignitoso Mr.
è necessaria anche la disperazione
L'Così è come quello che
Essere ricevuto non mollare

Ora l'essere vivo.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
凛(2016)

昨日が今日を作る
今日が明日を見出だす
明日が昨日を確かめる
そんなサイクルを思い返しながら
常に今こそが凛とした
その足で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日の傷に悩む
今日を重ね埋め合わせ
明日が昨日を名付ける
そんなサイクルを思い返しながら
常に君こそが凛とした
その意志で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日に絶望したとしても
今、君が凛とした君であれば
その絶望も必要になる
だからそんな君であることを
諦めず受け止めること

今を生きていて。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

hasta que la comisión de los días(Spanish)

hasta que la comisión de los días(2017,Spanish)

Ahora bien, hay cosas que suceden
A diferencia de la Moraimono
Todavía no dice "robado"
Lo que fue prestado por un corto período de tiempo de lo que pienso
Polaco hasta la próxima está llegando
Creemos que nos conectamos

Una nueva era
Próximamente, en breve
Pero si era alguien de sus pertenencias
Se convierte en el nuevo "sólo en la" era
Ayer, hoy
Si usted no tiene nada de conexión
Sólo seguir cambiando hasta que se

Ahora bien, hay cosas que suceden
A diferencia de la Moraimono
No imaginar el "control"
Lo que fue prestado por un corto período de tiempo de lo que pienso
Polaco hasta el último momento a otro vendrá
Creemos que nos conectamos

Una nueva era
Próximamente, en breve
Pero si era alguien de sus pertenencias
Se convierte en el nuevo "sólo en la" era
Hoy y mañana
Si usted no tiene nada de conexión
Sólo seguir cambiando hasta que se

Ahora, hay un lugar hacia
Incluso si lo que el ojo
No quiero romper el tema sólo se
Lo que fue prestado por un corto período de tiempo de lo que pienso
Polaco hasta el último momento a otro vendrá
Estoy esperando el día para cometer durante la ejecución

Una nueva era
Próximamente, en breve
Pero si era alguien de sus pertenencias
Se convierte en el nuevo "sólo en la" era
Mañana no voy a negar ayer
Sólo También seguirá cambiando hoy




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
until committing day(2017)

今、向かうものがある
貰い物とは違うよ
「奪った」なんて尚更ない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次がやって来るまで 磨き上げて
繋いでいくことと信じてる

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
昨日、今日に
何の繋がりもないのなら
それまで変わり続けるだけ

今、向かうものがある
貰い物とは違うよ
「支配」なんて考えてない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次が来るギリギリまで 磨き上げて
繋いでいくことと信じてる

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
今日と明日に
何の繋がりもないのなら
それまで変わり続けるだけ

今、向かう場所がある
何を目にしていても
テーマだけは崩したくない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次が来るギリギリまで 磨き上げて
走りながら託す日を待つんだ

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
明日が昨日を否定してるわけじゃない
今日も変わり続けるだけ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Character of the Earth

Character of the Earth(2017)

I listen carefully to kindness,
It's easy to imagine, though
To receive compassion
It's about as important,
I was desperate to express sorrow, that day I was not watching it

Even though I know
If that word doesn't fit in the form
To get scratched
But just saying that
I don't notice the back of the smile in front of my eyes

Yes, only to give in
People become painful, they will pass each other
So I came here,
Let's also receive words that don't suit

I listen carefully to kindness,
It's easy to imagine, though
To receive compassion
It's about as important,
I desire to have you see it this day, desperately desiring to express sorrow

Even though I know
If that word doesn't fit in the form
To get scratched
But just saying that
I don't notice the back of the smile in front of my eyes

Yes, only to give in
People become painful, they will pass each other
So now I came,
Let's also receive words that don't suit

Tomorrow, tomorrow, with anyone

from now…



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

Темное облако B.G.M.(Russian)

Темное облако B.G.M.(2016,Russian)

На данный момент он заметил, что не вдумчивый
Тяжелые, тяжелые копья, просто застрял на меня
Я нет.
"Тема" — без сострадания,
Очень незаметно,
Изменится на свет до вашего лица. Глядя на это, я чувствую себя счастливым.

Так не спрашивая для назначения
В своего рода невидимой
В результате улыбкой кто-то может быть даже сегодня.
Я надеюсь, что это.
И никакой шум затухания.
Я чувствую эстетики там.

Сегодня перед темные облака появляются.
Разрыва в глубокий, глубокий, устойчивый
Сегодня в передней части в голубое небо. Чтобы увидеть его держать собирается.

До конца кредиты
Меня зовут потока. Но моя музыка течет.

Я понял, что момент молча
Наблюдая за облака тяжелый, тяжелый и жесткий на меня один.
Я не хочу видеть облаков.
Не "Я" история
Очень незаметно,
Изменится на свет до вашего лица.
Смотреть его, я искать счастливы.

Не так заинтересованы в
Глаза доброты
Трудно изменить кого-то улыбку.
У меня есть голова,
И вы пожалеете, не произнося ни звука. Там я чувствую себя виноватым.

Сегодня перед темные облака появляются.
Разрыва в глубокий, глубокий, устойчивый
Сегодня в передней части в голубое небо.
Чтобы увидеть его держать собирается.

До конца кредиты
Меня зовут потока. Но моя музыка течет.

Только экскурсант
Темные облака, заполнение синий,
Попробуйте сказать "приемлемо".
Не голос дождей продолжает падать.
Может быть, я хочу, чтобы простить

Просто дайте мне.

До конца кредиты
Меня зовут потока. Но моя музыка течет.

Моя музыка начал течь. Спасибо.
В фронт ждать
Я считаю, темные тучи,
И делать музыку, Изменится на синий.
Так оно и будет.

Я остаться в успокаивающее фоновая музыка.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Dark Cloud B.G.M.(2016)

思いやりなんて 気付かれた瞬間に
重い、重い 槍となって 僕に刺さるだけ
僕はそうじゃない。
思いやりに『主語』は無く、
ずっと気付かれないまま、
明るい顔に変わってく。
それを見ていて 僕は幸せを感じてる。

だからその先を求めずに
目には見えない優しさで
今日も誰かの笑顔の きっかけになれる。
僕の望みはそれだけ。
そして音も立てずにfadeoutする。
そこに美学を感じてる。

今日も目の前に 暗い雲が見える。
深い、深い、溝を地道に埋めて行き、
今日も目の前を 青い空に変える。
それを見続けて行く。

エンドロールの最後まで、
僕の名前は流れない。
だけど流れるのは僕の音楽。
   
気付いた僕は 気付かれぬ瞬間に
重い、重い 雲を見て 僕にのし掛かる。
その雲を見たくない。
ストーリーに『僕』は無く、
ずっと気付かれないまま、
明るい顔に変わってく。
それを見ていて 僕は幸せを眺めてく。

だからその先に興味は無い
目に映った優しさは
誰かの笑顔を 難しく変える。
僕は頭を抱えて、
そして音も立てずに後悔する。
そこに罪を感じてる。

今日も目の前に 暗い雲が見える。
深い、深い、溝を地道に埋めて行き、
今日も目の前を 青い空に変える。
それを見続けて行く。

エンドロールの最後まで、
僕の名前は流れない。
だけど流れるのは僕の音楽。

だけど僕は
暗い雲を青く塗り潰して、
『大丈夫』と言ってみる。
声の無い事に 天気雨が降り続く。
多分僕は  è¨±ã—て欲しいだけ。

そんな僕を許して欲しいだけ。

エンドロールの最後まで、
僕の名前は流れない。
だけど流れるのは僕の音楽。

僕の曲が流れ始めた。
ありがとう。を待つ前に
僕は暗い雲を見付けて、
黙々とBGMを作っていき、
青く変わってく。それでいい。

僕は心地良いBGMで居続ける。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Whyte(French)

Whyte(2009,French)

Casting de nouveaux mots, mais
Pop musique entendue quelque part écrire trace que j’aime sentir
Demandez à quelqu'un de le faire.

Compliment à dépression pourquoi, me faire
Aucune tendresse pour accepter la critique et les comprendre.
Le champ de vision éternellement pure Chaque jour, nous remplissons blanc.

Une fois activé, le ciel est bleu.
Juste un peu touché
Et vous souhaitez passer vers le bas un peu plus
Je pense.

Me rendre acceptable,
Coup d’oeil à l’échangisme quelqu'un que vous connaissez.
Avoir la tête pour toujours Remplissez pour blanc tous les jours.

Tous les jours, je me déplace bien sûr.
Inconsciente en moi un peu plus,
Si je veux faire passer.

Elle pose un nouveau mot.
J’ai entendu quelque part dans la musique Pop
Pleurant doucement sur la stéréo Demandez à quelqu'un de le faire.

Compliment à dépression pourquoi bonté, à accepter la critique, aucune compréhension.
Le champ de vision éternellement pure

Peinture blanche tous les jours va changer.
Tous les jours, je me déplace bien sûr.
Moi dans le cadeau

Je tiens à dire un peu plus

Lorsque personne d’autre dans

Lorsque personne d’autre dans




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Whyte(2009)

新しい言葉を投げかけるけど、
どこかで聴いたPop Music 
書きなぞってるような気分がして
誰かに尋ねてみる。

褒め言葉にWhy 憂鬱にさせて、
批判を受け入れる優しさも理解もない。
いつまでも真っ白な視界が、
毎日を白く塗りつぶしていく。

上を向けば空は青い。
ほんの小さな感動を
ほんの少しでも多く伝えて行きたいと、
そう思う。

受け入れられる僕を作り上げて、
わかっている素振り 言葉尻を覗く。
いつまでも頭抱え込んで、
白い毎日を塗りつぶしていく。

日常はきっと動いてる。
無意識の中の僕をほんの少しでも多く、
伝えていきたいとそう思う。

新しい言葉を投げかけてみる。
どこかで聴いたPop Music
ステレオでそっと流しながら
誰かに尋ねてみる。

褒め言葉にWhy 憂鬱にさせて、 
批判を受け入れる優しさも理解もない。
いつまでも真っ白な視界を、
日常が白く塗り変えていく。

日常はきっと動いてる。
無意識の中の僕を
ほんの少しでも多く伝えていきたいと 
そう思う

誰もいない 時のように

誰もいない 時のように


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/11

MC(About Facebook page)

MC(Not poetry)


Good evening.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.
Now Japan
It's 8:49 PM.

In your country
What time is it?



Today is the announcement.

Facebook Page
https://facebook.com/Pop-Poetrist-Takashi-Hayashitani-274549223000806/?ref=m_notif&notif_t=page_fan_milestone

I created a Facebook page.
I hope to be able to explain the circumstances of each piece of work and my feelings.

It's like a library. I like to read it any time.


Please come by all means.
We look forward to.

(Japanese)
MC(Facebookページについて)


MC(Not poetry)


おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。
今日本は
午後8時49分です。

あなたの国では
今何時ですか?



今日はお知らせです。
https://facebook.com/Pop-Poetrist-Takashi-Hayashitani-274549223000806/?ref=m_notif&notif_t=page_fan_milestone

Facebookページを作成致しました。
各作品の経緯や、僕の感覚などを紐解く説明ができればと思っています。

図書館みたいな感覚です。いつでも読める、のような。


ぜひお越しください。
お待ちしています。

NO WING,NO WIND

NO WING,NO WIND(2000)

Even if I show far-off you in a side
I called for cross-purposes
Always start late to go earlier
It's swung around to the daily speed

I continued being said and was spurted here
The wind doesn't blow anymore

I want to stretch out No Wing feather
I want to get on the No Wind wind
But with the freeness that I a little
want to add nothing to a back more
I walk all the time

I only thought that
I caught it as soon as you could
take your ease and was produced
if in two people
Expect it to a head wind
The wind that what I blow on increases wind wounds
not to press the back and is transferred here, and to doesn't blow

I want to stretch out No Wing feather
I want to get on the No Wind wind
But the freeness that I a little
want to add nothing to a back more
Express it all the time

With this foot


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
NO WING,NO WIND(2000)

遠くの君を 側で見せても
すれ違いを呼んだだけ
先に行こうと いつも出遅れて
日々の速さに振り回されてる

言われ続けて ここに飛ばされた
もう風は 吹いて来ないよ

No Wing 羽を伸ばしたい
No Wind 風に乗ってみたい
だけど背中に何も付けないまま
ほんの少し足りない自由さで
ずっと歩いてく

ただ二人でいれば 楽になれると
すぐに掴み取れると思ってた
向かい風に期待して
吹いて来るのは後ろ 追わない風
傷を増やして ここに飛ばされた
もう風は吹いて来ないよ

No Wing 羽を伸ばしたい
No Wind 風に乗ってみたい
だけど背中に何も付けないまま
ほんの少し足りない自由さを
ずっと表して

この足で


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Saltando verso il basso(Italian)

Saltando verso il basso(2016,Italian)

Girasole non fioriscono solo nella mia ciotola.
Il tutto non ha cominciato in quel momento?
Ma appena posso scendere fino solo salire
salto dolorosamente
So che fa male. La ripetizione di una cosa simile

Il nemico è apparso! Che 's tempo con questo?
Anche solo stato al Arekore vituperato
La fantasia di desiderare troppo
Anche esplorato la mano (per niente là)
Essa è stata vinta se corretto,
Si perderà in quanto per vincere.

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Ma essere lì appena raggiungere una mano.
Tale sento che.

Il nemico è apparso! E 'davvero probabile?
Anche solo stato al Arekore vituperato
La fantasia di desiderare troppo
Anche esplorato la mano (si fa per niente)
E 'solo perdite di cuore temporanei,
Anche io non affrontato esso?

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Ma mi voltai, moltiplicare la voce.
La sua posizione è.

I molte volte
E 'saltato da Athletic?
Ha rotto l'osso?
Solo una persona di laurea
Ma a quel tempo ero felice
Ora voglio scusarmi con lo sfondo.

Lo so perché ho fatto per una sola persona.
Più ci penso, se si, il nemico aumenterà.
Ma mi voltai, moltiplicare la voce.
Perché solo la differenza.

Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Anche accattonaggio, anche accattonaggio, la gente non venire.
Quindi non era completamente chiuso.
Vi è ora perché qualcuno ha dato mi ha aperto.
L'apprezzamento è ripreso.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ジャンピング・ダウン(2016)

僕の鉢にだけ 向日葵が咲かなかった。
その時に全部始まっていたのか?
上るだけ上って ただ降りればいいのに
飛び降りて骨を折って
痛い事を知る。そんな事の繰り返し

敵が現れた!これで何度目だ?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(そこには何もないし)
それが正しければ勝ってきたし、
勝つまで幾らでも負けていく。

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも手を伸ばせば すぐそこにいる。
そんな気がする。

敵が現れた!本当にそうなのか?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(だから何もないし)
それは一時の心が漏れただけで、
僕はまたそれを問い詰めてないか?

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その場所はある。

僕は何回
アスレチックから飛び降りた?
骨を折った?
たった一人のGraduation
あの時は嬉しかったけど
今はその背景に謝りたくなる。

一人になったから 僕は知っている。
思えば思うほど、敵は増える。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その違いだけだから。

ねだっても、ねだっても、人は来ない。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
だから僕は閉め切っていた。
誰かが開けてくれたから今がある。
その感謝は、引き継がれる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Rin

Rin(2016)

Yesterday makes today
Today tomorrow to see litters
Tomorrow is yesterday to make sure
But think back to such cycles
Always dignified now
With their feet facing the beauty

Now and old times, I many times many times
Seen the unexpected calamity
But it's more painful
To be like you
Catch the live

To live now.

Suffer the pain of yesterday
Today stack up
Naming yesterday tomorrow
But think back to such cycles
At all times you're dignified
Facing in the beauty

Now and old times, I many times many times
Seen the unexpected calamity
But it's more painful
To be like you
Catch the live

To live now.

Even if I'm in despair yesterday
Now, you did and you should
Its desperate need to be
So to you
Give and take

Alive now.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
凛(2016)

昨日が今日を作る
今日が明日を見出だす
明日が昨日を確かめる
そんなサイクルを思い返しながら
常に今こそが凛とした
その足で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日の傷に悩む
今日を重ね埋め合わせ
明日が昨日を名付ける
そんなサイクルを思い返しながら
常に君こそが凛とした
その意志で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日に絶望したとしても
今、君が凛とした君であれば
その絶望も必要になる
だからそんな君であることを
諦めず受け止めること

今を生きていて。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Вада Blue(Belarusian)

Вада Blue(2009,Belarusian)

Акрамя таго, гледзячы на ​​неба зарапады стан светла-блакітны
Ня неяк настрой відавочна
Я хачу даць закідалі такім сабе
Я хачу скончыць Грэючы адказы

Светла-блакітны колер неба, «ÐÐ»Ðµ не тое, што не мяняецца.»
Было б аддзяліць настрой падобнае
Калі ён вызначыў усё лёгка ўказаў
«Ð¯ ўпэўнены, што проста" адна плявок у

Святло этапу застаецца захапляўся шмат
Вы думаеце, такія рэчы
Цікава, калі ўсё-ткі смешна?
Я, але ў светла-блакітных агнях
Я думаю, што раптам і «Ð”авайце спяваць пусты шэры»

Пракалолі неба занадта сіні светла-блакітны
Я хачу, каб акуратна схаваны ў цені будынка
Такія, як канчатак толькі ціха ў іх
Я хачу, каб сцерці кідання Грэючы адказы

Святло этапу застаецца захапляўся шмат
Вы думаеце, такія рэчы
Цікава, калі ўсё-ткі смешна?
Але ў светла-блакітных агнях
Я думаю, што раптам і «ÐŸÑ€Ð°ÑÐ¿ÑÐ²Ð°ÐµÐ¼ шэрую сцяну.»

У колеры, выдатным ад гледжання Stage Light
Вы думаеце, такія рэчы
Я хачу паглядзець на магчымасць колераў вясёлкі
Такім чынам, у светла-блакітных агнях
Я думаю, што раптам і «ÐŸÑ€Ð°ÑÐ¿ÑÐ²Ð°ÐµÐ¼ шэрую сцяну.»

Акрамя таго, гледзячы на ​​неба зарапады стан светла-блакітны
Ня неяк настрой відавочна
Я хачу даць закідалі такім сабе
Кіну у шэрым адказвае неба

Хай Сашо святло сіняга неба таго ж колеру пальца




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Water Blue(2009)

水色の空 放心状態で眺めても
なんだか気分は ハッキリしない
そんな自分に踏ん切りつけたい
Grayな回答 終わりにしたい

水色の空 「だけど変わんないじゃない」
そんな風に気分を区切ってしまう
簡単に指さして全部決まるなら
「きっと楽なんだ」 独り 吐き出して

Stage Light ずっと見とれたまま
そんな事考えてるなんて
やっぱりおかしいかな?
だけど 水色の灯りの中で
「灰色の空に歌ってみよう」とふと思う

水色の空 余りにBlue 突き刺さって
ビルの陰にそっと隠れていたい
自分の中だけで静かに終わる様な
Grayな回答 投げて消したい

Stage Light ずっと見とれたまま
そんな事考えてるなんて
やっぱりおかしいかな?
だけど水色の灯りの中で
「灰色の壁に歌ってみよう」とふと思う

Stage Light 視界と違う色で
そんな事考えてるなんて
虹色の可能性 見ていたい
だから水色の灯りの中で
「灰色の壁に歌ってみよう」とふと思う

水色の空 放心状態で眺めても
なんだか気分はハッキリしない
そんな自分に踏ん切りつけたい
Grayな回答 空に投げよう

水色の空 同じ色 指を指そう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

ปริศนาความรู้สึก(Thai)

ปริศนาความรู้สึก(2017,Thai)

ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
ผมไม่ทราบเช่นบอกให้เราทราบกลิ่นที่ดี
ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
ห่างไกลเป็นสนามที่ดีของมุมมอง
ตั้งแต่หาไป

ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
ไม่ทราบเช่น แต่คำที่คุณต้องการ
ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
อย่าสัมผัสหูกว่า BGM
เพราะรับเสียง

มีความละเอียดอ่อนที่จะง่อนแง่น
อะไรลูบสิ่งที่เป็น
เพราะมันไม่ได้มีรอยขีดข่วนและความรู้สึกที่ยากจน
ห่อมันแม้ใน

ซึ่งเป็นที่รู้จัก
แต่ที่บางครั้งตารางทั้งหมด
ภาพของความรู้สึกของจิ๊กซอว์
ต้องการ overreliance
บางครั้งการพูดคุยมาเป็นความจริงโกหก
ในขณะที่การวางแนวของที่ต่ำกว่า
ลองมาพอดี

ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
ไม่ทราบเช่น แต่คำที่คุณต้องการ
ข้อมูลเพิ่มเติมอีก
อย่าสัมผัสตากว่า BGM
Pick up เสียงเพราะการเพิ่มขึ้นของ

มีความละเอียดอ่อนที่จะง่อนแง่น
อะไรลูบสิ่งที่เป็น
เพราะมันไม่ได้มีรอยขีดข่วนและความรู้สึกที่ยากจน
ห่อมันแม้ใน

ซึ่งเป็นที่รู้จัก
แต่ที่บางครั้งตารางทั้งหมด
ภาพของความรู้สึกของจิ๊กซอว์
ต้องการ overreliance
บางครั้งการพูดคุยมาเป็นความจริงโกหก
ในขณะที่การวางแนวของที่ต่ำกว่า
ลองมาพอดี

ดังกล่าวมีกลิ่นเหมือนผมไม่ทราบว่า
ดังกล่าวเป็นเสียงเหมือนไม่ได้ฟัง
ดังกล่าวมีวิสัยทัศน์เช่นที่มองไม่เห็น
ดังกล่าวต้องการที่จะได้ยินเช่นคำ



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
感覚パズル(2017)

もっともっともっと
知らないような、素敵な香り 教えて
もっともっともっと
遠く離れた、素敵な視野を
見付けて行くから

もっともっともっと
知らないような、だけど欲しい言葉を
もっともっともっと
BGMよりも 耳に触れない
音を拾い上げるから

敏感に、壊れそうに
大切に撫でているのは
壊したと感じて 傷付かないため
それですら包み込んで

分かってはいるよ
だけど時に 全部真四角な
感覚パズルをイメージして
甘えたくなるよ
時々話し掛けてくる 嘘な現実に
下を向きながらも
当て嵌めていこうよ

もっともっともっと
知らないような、だけど欲しい言葉を
もっともっともっと
BGMよりも 目に触れない
音を拾い、あげるから

敏感に、壊れそうに
大切に撫でているのは
壊したと感じて 傷付かないため
それですら包み込んで

分かってはいるよ
だけど時に 全部真四角な
感覚パズルをイメージして
甘えたくなるよ
時々話し掛けてくる 嘘な現実に
下を向きながらも
当て嵌めていこうよ

知らないような そんな香りを
聴かないような そんな音を
見えないような そんな視界を
聞きたいそんな、そんな言葉を

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/10

Bubble Response(Korean)

Bubble Response(2017,Korean)

어느 날 나는 친구에게 물었다.
"왜 그 무렵, 나는 원망 있었어?"
그대는 이렇게 말했다.
"그런 옛 것은 모르는 지금 너는 즐거워 잖아."
마치 행운이 단지 내려온 것처럼

그 말이
공기보다 가볍고
비누 방울보다 빨리 사라져
없었던 일로되어가는
나는 그 앞을 상상
그냥 슬퍼진다

버려진가는
버려진 간다
말에 그냥 물음표를 발하는

어느 날 나는 친구에게 질문했다.
"왜 그 무렵, 나는 원망 있었어?"
그대는 이렇게 말했다.
"그런 옛 것은 모르는 지금 너는 즐거워 잖아."
마치 행운이 나를 폄하 것처럼

그 말이
공기보다 가볍고
비누 방울보다 빨리 사라져
없었던 일로되어가는
나는 그 앞을 상상
그냥 슬퍼진다

버려진가는
버려진 간다
말에 그냥 물음표를 발하는

시계의 움직임을 바라보고
위인의 사고에 굶주려 있다고 토하고,
그래서 죽어가는 것은 싫어요
또한 오늘도 새기 듯이 살아,
몇 년 중에도 회상 싶은거야.
그것은 무엇이 나쁘다거나
나에게는 이해가되지 않아요.

공기보다 가볍고
비누 방울보다 빨리 사라져
없었던 일로되어가는
나는 그 앞을 상상
그냥 슬퍼진다
그 앞을 상상하여 노래에 바꾸어 간다.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Bubble Response(2017)

ある日僕は、友達に尋ねてみた。
「どうしてあの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、ただ降ってきたかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

ある日僕は、友達に尋ねていた。
「何であの頃、僕は恨まれていたの?」
君はこう言った。
「そんな昔のことは知らない、今お前は楽しそうじゃん。」
まるで幸運が、僕を貶すかのように

その言葉が
空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる

捨てられていく
棄てられていく
言葉にただ、疑問符を放つ

時計の動きを眺めて
偉人の思考に飢えていると吐いて、
それで死んでいくのは嫌だよ
また今日も刻むように生きて、
何年先でも思い返したいんだよ。
それの何が悪いというのか、
僕には理解ができないよ。

空気よりも軽く
シャボン玉より早く消えて
なかったことになっていく
僕はその先を想像して
ただ、悲しくなる
その先を想像して、歌に変えていく。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

ho fihlela ho etsa letsatsi(Sotho)

ho fihlela ho etsa letsatsi(2017,Sotho)

Joale, ho na le lintho tse etsahalang
Fapaneng ho tloha Moraimono
Leha ho le joalo ho na 's na "utsoelitsoe"
Se neng se alimiloeng pakeng khutšoanyane ho feta kamoo u nahanang
Le e bentšitsoeng ho fihlela tlang e tla
Re lumela hore re hokela

A mehla e mecha
E tlang, e tla haufinyane
Empa ha e-ba thepa ea motho e mong
Ho fetoha le lecha "feela" mehla
Maobane, kajeno
Haeba ho na le ho na mabapi
tsoela pele feela ho fetola ho fihlela ho

Joale, ho na le lintho tse etsahalang
Fapaneng ho tloha Moraimono
Ha ke nahane hore re "Ke tla busa"
Se neng se alimiloeng pakeng khutšoanyane ho feta kamoo u nahanang
Le e bentšitsoeng ho fihlela motsotsong oa ho qetela ho ea ho o tla tla
Re lumela hore re hokela

A mehla e mecha
E tlang, e tla haufinyane
Empa ha e-ba thepa ea motho e mong
Ho fetoha le lecha "feela" mehla
Kajeno 'me hosasane
Haeba ho na le ho na mabapi
tsoela pele feela ho fetola ho fihlela ho

Joale, ho na le sebaka se ka nģ'a
Le hoja re se etsang le ka leihlong la ka
Ha ke batle ho senya sehlooho feela
Se neng se alimiloeng pakeng khutšoanyane ho feta kamoo u nahanang
Le e bentšitsoeng ho fihlela motsotsong oa ho qetela ho ea ho o tla tla
Ke emetse letsatsi leo ka lona ho etsa ha mathang

A mehla e mecha
E tlang, e tla haufinyane
Empa ha e-ba thepa ea motho e mong
Ho fetoha le lecha "feela" mehla
Hosane ha ho bolele e latola maobane
Feela hape tsoela pele ho fetola kajeno




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
until committing day(2017)

今、向かうものがある
貰い物とは違うよ
「奪った」なんて尚更ない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次がやって来るまで 磨き上げて
繋いでいくことと信じてる

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
昨日、今日に
何の繋がりもないのなら
それまで変わり続けるだけ

今、向かうものがある
貰い物とは違うよ
「支配」なんて考えてない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次が来るギリギリまで 磨き上げて
繋いでいくことと信じてる

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
今日と明日に
何の繋がりもないのなら
それまで変わり続けるだけ

今、向かう場所がある
何を目にしていても
テーマだけは崩したくない
思うよりも短い間 借り受けたものを
次が来るギリギリまで 磨き上げて
走りながら託す日を待つんだ

新しい時代
やって来る、すぐに来る
でも、誰かの持ち物になったなら
新しい「だけの」時代になる
明日が昨日を否定してるわけじゃない
今日も変わり続けるだけ

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)