About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/04/22

Земля личности(Russian)

Земля личности(2017,Russian)

Это доброта заботы слышит хорошо,
Это было легко представить себе,
Кроме того, получать сострадание
Так же, как важно,
Я в тот день, который был отчаянно, чтобы выразить печаль, я я не видел

Вы можете иметь ноу
Если слово Мара не укладывается в пресс-форму
Стать поцарапан
Но только сказать, что это
Я думаю, что он не заметил на задней стороне передней части улыбки глаза

Таким образом, если только друг с другом с учетом
Люди будут болезненными, она будет проходить друг к другу
Так что я пришел сюда,
SUIT не слова также, давайте Received

Это доброта заботы слышит хорошо,
Это было легко представить себе,
Кроме того, получать сострадание
Так же, как важно,
Для вас в этот день, который стал отчаянным, чтобы выразить печаль, надежду и хочет видеть его

Вы можете иметь ноу
Если слово Мара не укладывается в пресс-форму
Стать поцарапан
Но только сказать, что это
Я думаю, что он не заметил на задней стороне передней части улыбки глаза

Таким образом, если только друг с другом с учетом
Люди будут болезненными, она будет проходить друг к другу
Так что приезжайте сейчас,
SUIT не слова также, давайте Received

Завтра, завтра, с кем

С этого момента ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

Touch the hand

Touch the hand(2016)

It epitomizes the insipidity of the cycle was thrown intentionally kept turning back to change my
Considering I been laughing essential to yesterday
Now a critical failure, but after tomorrow, become a funny story

The hand dexterity, go overtaken you

You are switched to "maybe", even for
Clock, calendar also everyday life go overtaken you

Bad point collection
Dare is a casual life
Then point the finger to the barrenness
To fool until yesterday, today is an integral part
Now a critical failure, but after tomorrow, become just words

The minute hand naturally goes overtaken you

You are switched to "yet" even for
Clock, calendar nor daily life
Go overtaken you

To let the emotions inconspicuous heart or suffer from their own
Even if it thinks the plan when I tell
No hiding why proceed as expected?

The second hand is accidentally go overtaken you

You want to turn off the only memories remain here forever
But still littered with words to say out loud
Today is also "skewed eye illusion
But still cheering sight to say that I don't care
Fix covers with a "ditto" is not.

You to "force" but I'm switching to
Clock, calendar nor daily life
Go overtaken you

Today also trance as second hand move along
What is coming through even a little bit, even watch shoulder touched.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Touch the hand(2016)

変わる自分に背を向け続けた
敢えて流していたサイクルの味気無さを醸していく
今考えれば不可欠なものが、
昨日には笑い者にされてる
今考えれば重大な失敗が、
明後日には笑い話になる

短針は器用に、君を追い抜かして行く

君には『多分』でも、器用に切り替えてる
時計も カレンダーも 毎日の生活も 
君を追い抜かして行く

要領悪くまとまった
敢えて何気ない生活が
やがて味気なさに指を指す
昨日までの笑い者が、今日には不可欠なものへ
今考えれば重大な失敗が、明後日には言葉だけになる

長針は自然に、君を追い抜かして行く

君には『まだ』でも、器用に切り替えてる
時計も カレンダーも 毎日の生活も
君を追い抜かして行く

感情の赴くままに
でも心目立たない自分に悩む
いつ気持ち伝えるか計画考えても
予想通りに進む訳なんて どこにも隠れてない

秒針は偶然に、君を追い抜かして行く

いつまでもここに残る 消してみたい記憶
だけど声に出して言いたい言葉がまだ散らばっている
今日もまた「目を逸らされた」幻想
だけどそんな事気にしないと言いたい 
それでも沸き上がる視界を
『あの頃』と被せても解決はしないよ

君には『まだ』でも、器用に切り替えてる
時計も カレンダーも 毎日の生活も
君が追い抜かして行く

今日もまた夢うつつのまま 
秒針に沿って手が動く
どんな所を通って来ていても 
少しでも、少しでも、時計の肩に手を触れる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Diventa(Italian)

Diventa(2017,Italian)

È inoltre non diventa ornamento
A volte è gridato che è l'individualità
È presente solo il numero di persone
Se non si camminato per diventare uno speciale
Così, anche per qualcuno
Iinda anche intenzione di dare

Non c'è bisogno di trovare un po '
Se state seguendi
Non avete anche bisogno di proteggere qualcuno
Penso di poter fare così

Potreste aver visto un sacco di dramma
Si potrebbe dare un'occhiata a un sacco di mostri
Ma garantire che essi danno è stato affidato a voi
Cercando di mostrare la prova anche ora

Tu non sei un mostro, naturalmente
Io grido di essere il più facile quando
È presente solo il numero di persone
Non una previsione di conoscere la verità
Così, nel vostro credere direzione
Iinda anche pensato di provare di fronte

Non meno che il progresso piuttosto
Perché la voce entra
E si estendeva lo specchio esiste infinitamente
I incubo visto interrupt

Si potrebbe avere sentito un sacco di rumore
Si potrebbe sentire un sacco di rumore
Ma garantire che essi danno è stato affidato a voi
Cercando di mostrare la prova anche ora

personalità
Inoltre, ho anche, c'è anche a quella persona.
Ma io dico di nuovo
Camminiamo da lì a diventare uno speciale.
La necessità è
Anche a quella persona, anche io, lì anche voi.

Nel buio, Tendere la mano,
Anche solo toccato il dito
Personalità cambierà in particolare.
Un passo oltre,
E 'la vera personalità.

Cercando di mostrare la prova anche ora



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Devenir(French)

Devenir(2017,French)

Vous aussi ne jamais devenir ornement
Il l'est parfois crié qu'il est l'individualité
Il est présent seulement le nombre de personnes
Si vous ne marchiez pour devenir un spécial
Alors, vous aussi pour quelqu'un
Iinda vais aussi donner

Vous n'êtes pas obligé de trouver plutôt
Si vous êtes suivi
Vous ne devez également protéger quelqu'un
Je pense que je peux le faire

Vous avez peut-être vu beaucoup de tragédie
Il pourrait prendre un coup d'oeil à un grand nombre de monstres
Mais veiller à ce qu'ils donnent a été confiée
Essayer de montrer la preuve même maintenant

Vous n'êtes pas un monstre, bien sûr
Je crie pour être le plus facile quand
Il est présent seulement le nombre de personnes
Pas une prévision de connaître la vérité
Donc, dans votre direction croire
Iinda même pensé à essayer de face

Ne pas moins que des progrès plutôt
Parce que la voix entre
Et il tendit le miroir existe infiniment
I cauchemar vu les interruptions

Vous pourriez avoir entendu beaucoup de bruit
Vous entendrez peut-être beaucoup de bruit
Mais veiller à ce qu'ils donnent a été confiée
Essayer de montrer la preuve même maintenant

personnalité
Vous aussi, moi aussi, il y a aussi à cette personne.
Mais je dis encore une fois
Nous marchons à partir de là pour devenir un spécial.
Le besoin est
Aussi à cette personne, moi aussi, il toi aussi.

Dans l'obscurité, Atteindre,
Même juste touché le doigt
Personnalité changera en particulier.
Un pas au-delà,
Il est la véritable personnalité.

Essayer de montrer la preuve même maintenant




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう



(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Werden(German)

Werden(2017,German)

Sie könnten auch nie Ornament geworden
Es schrie manchmal ist, dass es die Individualität
Es ist nur vorhanden, die Anzahl der Leute
Wenn Sie ging kein besonderes zu werden
Also, auch für jemanden,
Iinda auch werde geben

Sie müssen nicht eher finden
Wenn Sie nach Verfolgte
Sie müssen nicht auch jemanden zu schützen haben
Ich denke, dass ich tun kann, so

Sie haben vielleicht eine Menge Tragödie gesehen
Es könnte einen Blick auf eine Menge Monster nehmen
Aber dafür sorgen, dass sie geben zu euch anvertrauten
Der Versuch, den Beweis auch jetzt zu zeigen,

Du bist kein Monster, natürlich
Ich werde schreien, desto leichter zu sein, wenn
Es ist nur vorhanden, die Anzahl der Leute
Nicht eine Prognose, die Wahrheit zu wissen
Also, in Ihrer glauben Richtung
Iinda dachte sogar, um zu versuchen, mit Blick auf

eher nicht, wenn Fortschritte
Da die Stimme eintritt
Und es erstreckte sich die Spiegel unendlich vorhanden
Ich Alptraum gesehen Interrupts

Sie könnten eine Menge Lärm zu hören
Sie könnten eine Menge Lärm hören
Aber dafür sorgen, dass sie geben zu euch anvertrauten
Der Versuch, den Beweis auch jetzt zu zeigen,

Persönlichkeit
auch Sie, ich auch, ist auch zu dieser Person.
Aber ich sage es noch einmal
Wir gehen von dort aus eine besondere zu werden.
Der Bedarf ist
Auch zu dieser Person, habe ich auch, da Sie auch.

Im Dunkeln, Greifen,
Auch berührt nur mit dem Finger
Persönlichkeit wird auf besondere ändern.
Ein Schritt darüber hinaus,
Es ist die wahre Persönlichkeit.

Der Versuch, den Beweis auch jetzt zu zeigen,




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Become(2017)

君も置物になることはないよ
時に個性だと叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
特別になるには歩まないと
そう、君も誰かのために
与えようと思っても いいんだ

むしろ探さなきゃいけない
守られているなら
君も誰かを守らなきゃいけないし
そうしてもいいと僕は思う

沢山の悲劇を見てきたかも知れない
沢山の魔物を見ていくかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

君ももちろん 怪物じゃない
時に楽をしてると叫ばれるけど
それは人の数だけ存在して
真実を知る予測ではない
そう、君の信じた方向に
向いてみようと思っても いいんだ

むしろ進まなきゃいけない
声が入るゆえに
張られた鏡が無限に存在して
見られる悪夢が割り込むけど

君は沢山の雑音を聴いたかも知れない
君は沢山の騒音を聴くかも知れない
だけど与え合うことは君にも託されてる
その証を今も示そう

個性は
君にも、僕にも、あの人にもある。
だけどもう一度言うよ
特別になるには そこから歩むんだ。
その必要は
あの人にも、僕にも、君にもある。

暗闇の中で、手を伸ばす、
指を触れただけでも
個性が特別に変わっていく。
一歩進めた、
それが真の個性なんだ。

その証を今も示そう

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Une fois dans une vie(French)

Une fois dans une vie(2000,French)

Comment bien s'appelle ?
Juste à ce moment-là ?
Vous pouvez encore rencontrer ?
Les visages et les noms
Quel est le chevauchement ?

TV de gens,
Ceux qui se sont rencontrés à un emploi à temps partiel
Les classes sont la même personne,
Les gens assis à côté de,
Je suis une personne de chien,
Gens voient la même chose
N'oubliez pas que j'ai jamais rencontré
S'il vous plaît essayer de répondre une fois de plus.

Comment bien s'appelle ?
N'importe quelle connexion ?
Vous aimez vous-même ?
Par jour, mois, année
Parler aux gens ?

Ceux qui ont persécuté,
Gens comme vous,
Les personnes sur le même train,
Qui a dit quoi ?
Gens que je vois,
Ceux qui veulent
N'oubliez pas que j'ai jamais rencontré

S'il vous plaît essayer de répondre une fois de plus.

Comment bien s'appelle ?
Buri en quelle année est-il ?
C'est quand la prochaine ?
Les visages et les noms
Ce qui est d'apprendre ?

Ceux qui ont prêté des notes
Qui était le greffier
Man Group a été le
Qui a la charge,
Ceux qui aiment la musique
Personne physique,
Une rencontre mémorable à l'avenir
Essayez s'est entretenu avec leurs mains.

En outre, une personne après l'autre...





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
一期一会(2000)

どれだけ名前が言えますか?
その時だけですか?今でも会えますか?
顔と名前がうまい具合に
重なるのはどれくらいですか?

テレビに出てる人、
アルバイトで会った人、
クラスが同じ人、
隣の席の人、
犬を飼ってる人、
同じもの見る人、
今まで知り合った記憶に
もう一度会ってみてください。

どれだけ名前が言えますか?
どんなつながりですか?
自分と似てますか?
一日、ひと月、一年で
何人に話しかけていますか?

君をいじめた人、
君が好きな人、
同じ電車の人、
何かと話す人、
なぜか見かける人、
大切にしたい人、
今まで知り合った記憶に
もう一度会ってみてください。

どれだけ名前が言えますか?
何年ぶりですか?次はいつですか?
顔も名前もうまい具合に
覚えるのはどれくらいですか?

ノートを貸した人、
店員だった人、
グループだった人、
担任だった人、
音楽好きな人、
自然でいられる人、
今から知り合う記憶に
その手で会ってみてください。

また一人、また一人…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Sound.(Norwegian)

Sound.(2007,Norwegian)

Night. Utrolig ensom.
NÃ¥ i et hellig sted, har han plassert seg selv.

Og slå av elektrisitet, bli engstelig.
Og slå av TV-en, blir engstelig.

Mørk ting og, betyr det ikke at du er redd i en rolig ting.
I hodet, begynner det å høre en lyd.

Hva om det? Det er hvordan gikk det?

Lyden ønsker å "II (pause)",
Med en Miiru ikke uten også TV, slått på elektrisitet,
Lyden ned et lite volum,
Motvillig jeg gjør øret.
B.G.M. bli innlemmet i ører, dette høres,
Fra noe annet sted, hører alltid.

Ærlig, uutholdelig ønsker å fjerne lyden.
For nå er det også et faktum at bedrag i hodepine medisin.

Men, even're født ord fra her, innrømmer.

Samlede resultater av dagen ytelse,
Det blir en lyd,
Nå har jeg flyter på sitt svakeste,
Noen er hver bevegelse, kald titt på den tiden av Kotobajiri.
Av ord som sa til meg, ironisk repetisjon.
Faktisk tilsynelatende lukt, et antall linjer.
Melody sprer for mange typer.

I morgen, jeg ønsker å bedre ytelsen.

Denne lyden, hvordan skal gjenspeiles i de ansatte papir.
Vanskelig, men hver dag ytelse.
Igjen og igjen, i dette hellige sted,
Jeg har gjentatt den samme setningen.

Så også, gå å se deg i ansiktet er ikke noe.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
サウンド。(2007)

夜。すごい寂しい。
神聖な場所に今、身を置いてる。

電気を消すと、不安になる。
Tvを消すと、不安になる。

暗いことや、静かなことに怯えてる訳じゃない。
頭の中で、サウンドが鳴り始める。

どうなんだ?あれはどうだったんだ?

そのサウンドを「II(一時停止)」にしたくて、
見入るわけもないTVをつけ、電気をつけ、
少しボリュームの下がるサウンドに、
仕方なく耳をやる。
B.G.M.を耳に取り込んでも、このサウンドは、
何か違うところから、永遠に聞こえる。

正直、サウンドを取り除きたくてしょうがない。
とりあえず、頭痛薬でごまかしたこともある。

でも、ここから言葉が生まれてるのも、認めてる。

昼間のパフォーマンスの集計結果が、
サウンドとなって、
今自分の一番弱いところで流れてるんだけど、
誰かの一挙一動、言葉尻のときの冷たい表情。
僕の言った言葉の、皮肉っぽい反復。
いかにも建前臭い、台詞の数々。
メロディは何種類にも広がっていく。

明日は、もっと良いパフォーマンスがしたい。

このサウンドを、どう五線紙に反映させるか。
難しいけど、毎日はパフォーマンス。
何度も何度も、この神聖な場所で、
同じフレーズを反復してる。

それでまた、なんでもない顔して君に会いに行くよ。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/21

Arpeggio ngadto sa 2 song -(Cebuano)

Arpeggio ngadto sa 2 song -(2017,Cebuano)

Gikan sa langit mitan-aw ako sa mga,
Kana nga adlaw sa pagkatinuod kini ga-ulan
Akong tingog, arpeggio,
Nga pagbati ako nagsiyagit sa miaging sa imong igdulungog.

Nga ibutang ang usa ka nagaras lamang sa gidaghanon
Sulayi sa paghinumdom gikan sa karon
Kon ako lamang ako usa ka tawo nga scratched
Ako nga nagsulti mahitungod sa pagbahin sa salamin

karon ikaw
Maglunsad og usa ka lit-ag sa mga pulong ug Kuzuso kanako
Ko kini sa nangagi nga sa tanan nga sa maong mga minahan
Lakaw balik bleaching sa
Ug ang usa ka nawong nga sama sa walay sa maong lit-ag

Sukad sa ulan mohunong adlaw moabut

Akong tingog, arpeggio,
Nga pagbati ako nagsiyagit sa miaging sa imong igdulungog.

Nga ibutang ang usa ka nagaras lamang sa gidaghanon
Sulayi sa paghinumdom gikan sa karon
Kon ako lamang ako usa ka tawo nga scratched
Ako nga nagsulti mahitungod sa pagbahin sa salamin

Busa, kamo usab
Unya buhi pinaagi sa dili sa pagtan-aw sa samin
Ako nga giayo sa tanan nga sa maong usa ka salamin
Lakaw balik bleaching sa
Kini nagtumong sa sa pag-antos sa mga butang nga dili nimo makita ang

-usab ang panan-awon sa ulan Himoa

Kini mahulog sa umaabut nga adlaw Datte bag-o nga ulan
Apan dili ako makahimo sa maghulat alang sa laing adlaw
Ang kamatuoran nga dili usa ka payong
Unya nagtan-aw sa kausaban sa kolor sa langit
Padayon sa pagsulti, "Unsa nga kolor karon."

Magpasabot sa ulan ug sa panan-awon




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
アルペジオ~2曲目~(2017)

僕の見上げた空からは、
あの日 確かに雨が降っていた
僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

今、あなたは
僕を崩そうと 言葉に罠を仕掛ける
僕はそんな地雷を 全てかわして
漂白して返していく
罠など無いような顔をして

その雨も 止む日が来るから

僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

そう、あなたも
そうして鏡を 見ないことで生きてる
僕はそんな鏡を 全て直して
漂白して返していく
見ないことの苦しみを言う

その雨を 幻と変えよう

新しい雨だって いつか降るだろう
だけど僕はもう その日を待つことはしない
傘を差さないということ
そうして空の色の変化を眺めて
「今日は何色」と伝え続ける。

その雨が 幻と伝える

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

彩虹的剖视图(Chinese)

彩虹的剖视图(2013,Chinese)

从谈话中没有什么挪用眼
在继续地说,它美丽
展望彩虹的无彩色

不听朋友的建议
我远离人群,
见证直到铂的雨停了。

那曾梦想那些日子里,爱是塑料。
雨停了,去切入七色彩虹。
眼泪在回答的过程中,而泄漏
我拼了这首歌

时间了,所以从那天起,已经过去了。
美德,口头禅,同时继续吐痰犹豫,
展望彩虹的无彩色。

拖动十年的遗憾,
我远离人群,
见证直到铂的雨停了。

的方式鲜艳的色彩,爱是塑料的。
雨停了,去切入七色彩虹,
的剖视图,我想看看。
而在回答的过程中,在仰望着天空,
我怀疑我。

到目前为止,还很像,这样的景观,
现实,将通过在大约三个步骤。
它迷失在“默契”的森林,
我是用膝盖。
“即使给大家,这也是有
不管我花微笑“。
这是奇怪的。每个人都看着我。
浮字冷漠。

那曾梦想那些日子里,爱是塑料。
雨停了,七色的彩虹
我试图把在削减
而在回答的过程中,在仰望着天空,
我相信我。




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹 
に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Acclamations et Sensibility(French)

Acclamations et Sensibility(2016,French)

Cirque de traces a commencé.
La chose importante viendra probablement de furoncles maintenant.
I like this.
Quand je le "normal" devient "pas compris",
Mais il y a une mémoire de très troublé,
Si vous êtes habitués à ce cirque,
Modification des acclamations dans la sensibilité.

Aussi ce mot
Difficile peut-être?
Mais le sens de bientôt sortir
Parce que maintenant, je serai en forme.

Il a également estimé que je voulais partir de ce moment sur l'écran
Mais que le son repose dans la musique
Je me suis arrêté parce qu'il était quelque chose de désagréable.

Bombes Head qui aurait prédit cette
Mais il est mortifiant pour flotter rire visage et sourire,
J'aime ça.
Il va changer dans la sensibilité aux acclamations.
Depuis va quitter le cirque d'aujourd'hui
Même dans un tel sentiment nerveux,
Allez pour terminer la sensibilité.

Peut-être que cela est également
Difficile peut-être?
Mais le sens de sortir de flotter
Dans la forme précisément parce que maintenant.

Il a également estimé que je voulais partir de ce moment sur l'écran
Mais que le son repose dans la musique
Je me suis arrêté parce qu'il était quelque chose de désagréable.

La nuit était trop tôt.
Il a fini aussi cirque,
Même vous, même vous,
Dans l'espoir encore que la danse,
Je vais vivre demain.





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
歓声と感性(2016)

足音からサーカスは始まった。
大切なことは 多分これから沸いてくる。
こんな風にね。
僕の「普通」が「不通」になるとき、
すごく悩んだ記憶があるけど、
こんなサーカスになれるなら、
歓声を感性に変える。

この言葉も
もしかしたら難しいかな?
だけどすぐに出た感覚を
今だから僕は形にする。

その瞬間を 画面に残したかった気もした
だけどその音が 譜面に載るのが
なんか嫌だったから 僕はそれをやめた。

これを予測してるであろうBombs Head
ニヤニヤと笑う顔が浮かぶのが悔しいけど、
そんな風にね。
その歓声まで感性に変えていく。
今日のサーカスを残していくため
こんなナーバスな感じでも、
感性を完成させていく。

多分これも
もしかしたら難しいかな?
だけど浮かび出た感覚を
今だからこそ形にする。

その瞬間を 画面に残したかった気もした
だけどその音が 譜面に載るのが
なんか嫌だったから 僕はそれをやめた。

夜はすぐに過ぎた。
サーカスも終わったけど、
君も、君も、
まだ踊ることを期待して、
僕は明日も生きていく。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Pak de hoorn(Dutch)

Pak de hoorn(2016,Dutch)

Het gaat uit naar voor, als stormloop levend
Ik heb gezien vanuit hun ramen.
Zo voelde dat naar de mond wat
Het heeft de remmen ergens te zetten.

Van daar, vanaf daar
Horn wordt gehoord van de achterkant van het venster.
Het is "geholpen" of "Het is de manier" of niet goed kent.
Maar degenen die niet alleen me horen
Ik wil niet stoppen met naar ontmoeten om greep te nemen.

Behoefte om te reageren op het verdriet
Het is zelfs toegestaan ​​voor mij,
Om iemand te lijden en duisternis,
Facing kunnen toestaan
Ik energie die ik bij mij wonen.

Ook van de andere kant, ook van hier
Horn wordt gehoord van de achterkant van het venster.
Het is ook een teken van "een of andere manier",
Ook is er bij de trieste reactie.
Gevoelens zijn dan die in het verlengde van de woorden,
Niet nemen greep Ik viel op de eens zo diep dal.

Als dat grijpen hun verdriet
Het is zelfs toegestaan ​​voor mij,
Om iemand te lijden en duisternis,
Facing kunnen toestaan
Ik energie die ik bij mij wonen.

Nu zelfs ik kan me voorstellen dat 10 keer de feiten
Het wees op een 100-voudige lachte geweest vinger van de waarheid.
Zou ook verbeelding zoiets.
Een voor een Maar, door het grijpen van de hoorn
10 keer van Sterker nog, ik denk dat dat goed is voor creativiteit.

Dat pak de hoorn
Nou, het is toegestaan,
Om iemand te lijden en duisternis,
Toestemming kan worden geconfronteerd
Omdat ik het geluid van de hoorn.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
クラクションを掴む(2016)

前に突き進む、生き急ぐ様に
彼らの窓から 僕は見られている。
だから感じたものを 口にすることを
どこかで歯止めをかけている。

あそこからも、そこからも
窓の奥からクラクションが聴こえる。
それが『邪魔だ』か『助けてくれ』かは良く分からない。
だけど、僕にしか聴こえないものを
掴み取って 応えていくのを止めたくはない。

その嘆きに 応えることなら
僕にも許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可が
僕の生きるエネルギーなんだ。

向こうからも、ここからも
窓の奥からクラクションが聴こえる。
それが『何とかして』のサインでも、
応えて悲しむ時もある。
感情は言葉の続きにあるもので、
掴み取れず 僕は一度深い谷底に落ちた。

その嘆きを 掴むことなら
僕にも許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可が
僕の生きるエネルギーなんだ。

今でも僕は 事実の10倍想像しては
真実の100倍 笑われ 指を指されている。
そんなことも 想像なのかも知れない。
だけど1つ1つ、クラクションを掴むことで
事実の10倍、創造するのは良いと思う。

クラクションを 掴むこと
それなら許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可を
もらうため僕はクラクションを鳴らす。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Terre de la personnalité(French)

Terre de la personnalité(2017,French)

Il est bien entendre la bonté occupe,
Il était facile d'imaginer
En outre recevoir la compassion
Le même aussi important,
Je suis de ce jour-là qui était désespérément d'exprimer la tristesse, je je ne vois

Vous pouvez avoir le savoir
Si le mot est Mara ne rentre pas dans le moule
rayent pas
Mais seulement dire qu'il est
Je pense qu'il ne se remarque pas sur le dos de l'avant du sourire de l'œil

Donc, si tout l'autre donné
Les gens vont être douloureux, il passera l'autre
Alors je suis venu ici,
Suit pas les mots aussi, nous allons reçu

Il est bien entendre la bonté occupe,
Il était facile d'imaginer
En outre recevoir la compassion
Le même aussi important,
Pour vous ce jour qui est devenue désespérée pour exprimer la tristesse, l'espoir et que vous voulez le voir

Vous pouvez avoir le savoir
Si le mot est Mara ne rentre pas dans le moule
rayent pas
Mais seulement dire qu'il est
Je pense qu'il ne se remarque pas sur le dos de l'avant du sourire de l'œil

Donc, si tout l'autre donné
Les gens vont être douloureux, il passera l'autre
Alors venez maintenant,
Suit pas les mots aussi, nous allons reçu

Demain, demain, avec tout le monde

A partir de maintenant ...




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

MC(About setting change)

MC(Not poetry)


Good morning.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.

It's only web version,
Increase the character font of the article,
We modified to make it more readable.

In addition, we set a good button under the article. I'm very happy to push it.


It's about two months soon.
It will evolve more.
looking forward to!



(Designed by.Takashi Hayashitani)
(Japanese)
MC(設定変更について)


おはようございます。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。

ウェブバージョンのみですが、
記事の文字フォントを大きくして、
より読みやすくなるように修正しました。

また、記事の下にgoodボタンを設置しました。押してくださると大変嬉しいです。


もうすぐ2ヶ月。
もっと進化しますよ。
お楽しみに‼

2017/04/20

Display: Display

Display: Display(2009)

Hurry to find the words
I was looking to find Display
So I want to send something like a mirror, a mirror,
I've come here until here, but
Writing the words, there's no continuation

"Perhaps I found it fond of picking it up Unlucky
Even if you try to be blurred like that "
I don't think they will change
Writing the words, there's no continuation

Keeping your face up
I can't tell by that alone
Looking at the ground for a while, in a song that came out
Still I'll reach for the possibilities

I knocked down here all the time,
Familiar talk technique
'Yes, is that so? Huh? Is it true?'
I'm surrounded by listeners and it seems they will not change unchanged.
Writing the words, there's no continuation

I can't tell as much as I wanted
With a song that came out with a moment to look at bad luck
Still I'll reach for the possibilities

Someday
I heard a long time about Pop Music
After all Melody is gentle
Without progress,
I wonder if I listen to it and write a song that looks good so I guess it will continue

Keeping your face up
I can't tell by that alone
With songs that came floating from the ground for a while
Still I'll reach for the possibilities (words)

Keeping your face up
I can't tell by that alone
With songs that came floating from the ground for a while
I'll turn to cold possibilities




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Display:Display(2009)

急いで言葉 
探そうとして 眺めてたDisplay
そう 鏡、鏡みたいに
何か発信したい、
ここくらいまで来てるんで、でも
言葉 書きかけて、続きがない

「多分好き好んで 
見つけては手繰り寄せたUnlucky
そう こんなに、ついてない」
なんてぼやいてみても、
そうしなくても変わりなさそうな
言葉 書きかけて、続きはない

顔を上げたまま 
それだけじゃ 伝えられなくて
地面をしばらく眺めてて 
浮かび出てきた歌で
それでも可能性(じゆう)に 
手を伸ばすよ

一通りここに 叩き込んだ 
馴染ませたトーク・テクニック
「ウン、ソウナノ、エ、ホント?」
だなんて
聞き手にまわり、
そのまま終わって 変わりなさそうな
言葉 書きかけて、続きはない

思い通りなんて それだけじゃ 
伝えられなくて
不運をしばらく眺めてて 
浮かび出てきた歌で
それでも可能性(じゆう)に 
手を伸ばすよ

いつの日だか 
長いこと 耳にしてるPop Music
なんだかやっぱり Melodyは優しい
進展もなく、
そうやって聴いていても良さそうな
歌を 書きかけて、続くのかな

顔を上げたまま 
それだけじゃ 伝えられなくて
地面をしばらく眺めてて 
浮かび出てきた歌で
それでも可能性(ことば)に 
手を伸ばすよ

顔を上げたまま 
それだけじゃ 伝えられなくて
地面をしばらく眺めてて 
浮かび出てきた歌で
冷たい可能性(ことば)に 
目を向けるよ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Meu nome é(Portuguese)

Meu nome é(2016,Portuguese)

certamente eu
Há um passado sombrio escuro.
A fim de não perder de vista amanhã
Há apenas uma vitória no dia de ontem hoje.
Meu nome não é um "ontem".
Vou continuar a dizê-lo.

Certamente I
Pode não chegar.
Mas é
Não um motivo para não chegar.

No mesmo visual com ninguém
Todo mundo no sentido de as mesmas palavras
Se você estiver envolvido com qualquer pessoa
Deve prosseguir sem inflexão

certamente eu
Há um passado sombrio escuro.
A fim de não perder de vista amanhã
Então, para não perder de vista também,
Meu nome não é um "ontem".
Vá dizer isso.

Certamente I
Ele não pode acabar.
Mas é
Não há razão para não começar agora.

No mesmo visual com ninguém
Todo mundo no sentido de as mesmas palavras
Se você estiver envolvido com qualquer pessoa
Deve prosseguir sem inflexão

Agora meu que se tornou?

Agora meu que se tornou?
Promise, will're Defenda quanto?

certamente eu
Há um passado sombrio escuro.
A fim de não perder de vista amanhã
Há apenas uma vitória no dia de ontem hoje.
Meu nome não é um "ontem".
Vou continuar a dizê-lo.

O meu nome é ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
My Name is(2016)

確かに僕は
暗い暗い過去がある。
明日を見失わないためには
今日も昨日に勝つしかない。
僕の名前は「昨日」じゃない。
それを言い続けていく。

確かに僕には
それは届かないことかも知れない。
ただそれは
手を伸ばさない理由にはならない。

誰とでも同じ目で
誰にでも同じ言葉を向けて
誰とでも関わっていけば
傾かずに進めるはず

確かに僕は
暗い暗い過去がある。
明日を見失わないためには
それも見失わないようにして、
僕の名前は「昨日」じゃない。
それを言い聞かせていく。

確かに僕には
それは終わらないことかも知れない。
ただそれは
今始めない理由にはならない。

誰とでも同じ目で
誰にでも同じ言葉を向けて
誰とでも関わっていけば
傾かずに進めるはず

今の僕はどうなってる?

今の僕はどうなってる?
約束、どれだけ守れてるのだろう?

確かに僕は
暗い暗い過去がある。
明日を見失わないためには
今日も昨日に勝つしかない。
僕の名前は「昨日」じゃない。
それを言い続けていく。

僕の名前は…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Una extensión en el Aria(Spanish)

Una extensión en el Aria(2016,Spanish)

Paro y que estoy diciendo
Paro y estoy gritando
pero imperceptiblemente
La primera, la primera, cuanto antes
Persiguiendo la sombra de la persona que lo
No siempre buen narrador

Estoy en mi, suposición importante
pero
En allí, para llenarlo y me
Mucho más de lo que pienso
palabras emitidas, y no además de sobreponer

Si usted vio ahuecado
Asimismo, cuando la sensación final
Si se firmó en el pasado y la línea
El otro, debe salir a la luz

Sin leer las palabras del personaje
Percibir la expresión
También hay que termina la conversación
La espalda, la espalda, la parte posterior es
Llegar a la sombra de la persona que lo
final narrador pobres

Estoy en mi, suposición importante
pero
En allí, para llenarlo y me
Mucho más de lo que pienso
palabras emitidas, y no además de sobreponer

Que las palabras la cual los paquetes a la vez
Que la sensación de estar completamente cansado
En saludo informal cada vez que se cumple
El otro, debe salir a la luz

Sin esperar a que sobrevendrá
En el pasado fue el mensaje
Bueno incluso ¿Qué hay de grandes y pequeños
Se sigue cumpliendo todos y cada uno
Palabras de la cara, la parte posterior de las palabras
Quiero vivir en el mismo calor

La parte posterior de la parte posterior de la parte posterior de las palabras
Faja con problemas de lujo
De la cara de alguien que no está en mi
El primero, la parte posterior es, de los cuales es
Mano tendida en la oscuridad de la gente hacerlo
Revelar pena narrador




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
延長線上のアリア(2016)

止まれと僕は言っている
止まれと僕は叫んでる
だけどいつの間にか
その先は、その先は、その先は
そうやって人の影を追いかける
いつも良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

くりぬいて見たのなら
そこで終わる気持ちにも
これまでと線で結んだなら
もう1つ、見えてくるはず

言葉の文字を読み取らず
その表情を感じ取り
そこで終わる会話にも
その奥は、その奥は、その奥は
そうやって人の影に手を伸ばす
終わり良くないストーリーテラー

僕が僕でいる、大切な空想
だけど
君と僕でいる、それを埋めるには
思うより遥か多く
言葉発し、重ねる他にない

一度に束ねた言葉より
疲れ終わる気持ちより
会うたびに何気無い挨拶で
もう1つ、見えてくるはず

降りかかるのを待たずに
通り過ぎたメッセージに
大小なんてどうでもいい
ひとつひとつ 応え続けて
言葉の顔、言葉の背中を
同じ温かさで生きていたい

言葉の裏の裏の裏を
察し悩んだ空想を
僕ではない誰かの顔の
その先は、その奥は、その内は
そうやって人の闇に手を伸ばし
嘆き紐解くストーリーテラー


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

No Good bye The Man

No Good bye The Man(2016)

Sometimes you come out in a dream
Even in reality
I am restarting
You have a mysterious hindrance,
I can't get out until I wake up.

Just go out before your name on the shoulder
I caught it in suspected betrayal.
In such reality
My name is also mistaken for today

So Good bye The Man
But if you really disappear
Perhaps, I stopped walking
'cause I'll go see you
Now, only visible things
Accept it, I'll live
No Good bye The Man

I don't see you much anymore now
The reality and its inside
Lap by little
I have told you a number of times,
From now on too, it will not change

I tried to erase your name on the shoulder
I was frightened when I was suspected of betrayal.
In such reality
That person calls my name

So Good bye The Man
But if you really disappear
Perhaps, I stopped walking
'cause I'll go see you
Now, only visible things
Accept it, I'll live
No Good bye The Man

So Good bye The Man
But if you really disappear
Perhaps, I forgot how to give hands
'cause I'll blame you
Now, only visible things
Accept it, I'll live
No Good bye The Man



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
No Good bye The Man(2016)

時に君が夢に出てくるんだ
現実もその中でも
僕はリスタートしているのに
君には不思議な足かせがついていて、
目覚めるまで、外れない

肩についた君の名前ばかり前に出て
裏切りを疑われる中で受け止めてきた。
そんな現実の中で
僕の名前は今日も呼び間違えられる

So Good bye The Man
だけど君が本当に消えてしまったら
多分、僕は歩くのを止めてしまって
君に会いに行ってしまうから
今、目に見えていくものだけ
受け止めて、生きていくから
No Good bye The Man

今は君とあまり会わないよね
現実とその中が
少しずつ重なり合ってきた
君には何度も言ってきた事だけど、
最初から今も、変わらない

肩についた君の名前を消し去ろうとした
裏切りを疑われると怯えながらきた。
そんな現実の中で
僕の名前をあの人が呼んでいる

So Good bye The Man
だけど君が本当に消えてしまったら
多分、僕は歩くのを止めてしまって
君に会いに行ってしまうから
今、目に見えていくものだけ
受け止めて、生きていくから
No Good bye The Man

So Good bye The Man
だけど君が本当に消えてしまったら
多分、僕は手のさしのべ方を忘れて
君のせいにしてしまうから
今、目に見えていくものだけ
受け止めて、生きていくから
No Good bye The Man


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC (About irritable personality)

MC (Not poetry)


Long time no see.
It's Takashi Hayashitani of Pop poetrist.
In Japan now,
The season is spring.

It's my constitution,
Sensitive to changes in atmospheric pressure,
It gets disgusting,
I'll not stand up.

I'm exhausted because I'm over sensitive to sound and vision, everything.


However, because of its hypersensitive feeling,
I think that I can pick up the words.

With a good relationship
I hope today as well.




(Designed by.Takashi Hayashitani)



MC(過敏な性格について)


MC(Not poetry)


お久しぶりです。
Pop poetristのTakashi Hayashitaniです。
日本は今、
季節が春になっています。

僕の体質なんですが、
気圧の変化に敏感で、
気持ち悪くなったり、
立てなくなったりしてしまいます。

音や視覚、あらゆることに過敏であるために、疲れてしまいます。


ただ、その過敏な感覚ゆえ、
言葉を拾えているのだと思います。

うまく付き合っていけたらと
今日もまた願っています。

Drop out Boy

Drop out Boy(2016)

From a long time as a mysterious spell called "everyone"
I have been troubled
Every time there is "everyone"
'cause I speak like a rule.
Always sitting in the corner of the classroom
Inferior student who was able to study
It once fell off from the cycle of society
But even so
I couldn't have nodded with 'everyone'
Around to circle around
Finally came back to now
There are lots of "everyone" here
I'm letting my compassion pass by.

No one wants to deny
It's not biased to anyone
Even I,
I complained about society
'cause I'll live in that society today as well
Both I and you as well
I can find convincing myself on the spot
If you found it
I say to everyone,
That's Rock That's Rock Boy

From ancient times to "strangely" that "everyone"
I have been troubled
"Everyone" "Everyone" "Because it's all like"
I was dissatisfied that I couldn't see the answer there.
But I can cry for existence
I also often see the hidden feelings
Once falling out of the cycle of society
forcibly
I never staggered with "everyone", but
I took it around in a roundabout way
The day will come to make use of it now.
In a lot of 'everyone' waiting to wait
Crossing consideration

No one wants to deny
It's not biased to anyone
Even I,
I complained about society
'cause I'll live in that society today as well
Both I and you as well
I can find convincing myself on the spot
If you found it
I say to everyone,
That's Rock That's Rock Boy

A mood that starts something first
It has been laughed and deconstructed
"Everyone" "Everyone" "Everyone" "Everyone" "Everyone"
'cause I speak like a rule.
But no matter who I asked, I didn't answer
Mysterious tacit understanding
Once falling out of the cycle of society
I took it around in a roundabout way
The day will come to make use of it now.
Everyone worries about "everybody" with a cycle
Connect with compassion

No one wants to deny
It's not biased to anyone
Even I,
I complained about society
'cause I'll live in that society today as well
Both I and you as well
I can find convincing myself on the spot
If you found it
I say to everyone,
That's Rock That's Rock Boy

All experience
From yourself today
Believe that you can be connected.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
脱落Boy(2016)

昔から『皆』という不思議な呪文に
僕は悩まされてきた
ことあるごとに『皆は』と
ルールのように話すから。
いつも教室の隅に座ってて
勉強できるフリした劣等生で
一度社会のcycleからも脱落した
それでも
『皆』に揃えて頷くなんてできなかった
遠回りに遠回りして
やっと今に戻ってきた
ここにも沢山の『皆』があって
思いやりをすれ違わせてる

誰も否定したくない
誰にも偏らない
僕ですらもなお、
社会に不満を言ったところで
今日もその社会で生きていくのだから
僕も君も皆も
納得できる僕を意地でも探す
見つけたのなら
皆に言うさ、
That's Rock That's Rock Boy

昔から『皆』という不思議なくくりに
僕は悩まされてきた
『皆』『皆は』『皆そうだから』
そこに答えが見えないのが不満だった。
だけど存在を叫ぶことができて
隠しがちな感情もよく目にして
一度社会のcycleからも脱落して
無理矢理
『皆』とずらして頷く事もないけど
遠回りで掴み取った
それを今、活かす日が来る。
待ちに待つ沢山の『皆』の中で
思いやりを交差させていく

誰も否定したくない
誰にも偏らない
僕ですらもなお、
社会に不満を言ったところで
今日もその社会で生きていくのだから
僕も君も皆も
納得できる僕を意地でも探す
見つけたのなら
皆に言うさ、
That's Rock That's Rock Boy

何かを最初に始めるというムード
笑われ、貶されてきた
『皆』『皆』『皆』『皆』『皆』
ルールのように話すから。
だけど誰がいるのか聞いても答えなく
暗黙の了解に謎をかける
一度社会のcycleからも脱落して
遠回りで掴み取った
それを今、活かす日が来る。
誰もが『皆』に悩むcycleで
思いやりを繋げていく

誰も否定したくない
誰にも偏らない
僕ですらもなお、
社会に不満を言ったところで
今日もその社会で生きていくのだから
僕も君も皆も
納得できる僕を意地でも探す
見つけたのなら
皆に言うさ、
That's Rock That's Rock Boy

全ての経験は
今日の自分から
繋げられることを信じて。

2017/04/19

Arpeggio a 2 canzone -(Italian)

Arpeggio a 2 canzone -(2017,Italian)

Dal cielo ho guardato la,
Quel giorno certamente pioveva
La mia voce, arpeggio,
Quella sensazione Stavo urlando oltre il vostro orecchio.

Che metterebbe un graffio solo il numero
Cercate di ricordare da ora
Se io ho solo una persona che è graffiato
Avevo raccontato di dividere lo specchio

ora è
Avviare una trappola a parole e mi Kuzuso
Mi ha passato tutte queste miniere
Torna al candeggio
E una faccia come non esiste una trappola

Dal giorno di pioggia cessate verrà

La mia voce, arpeggio,
Quella sensazione Stavo urlando oltre il vostro orecchio.

Che metterebbe un graffio solo il numero
Cercate di ricordare da ora
Se io ho solo una persona che è graffiato
Avevo raccontato di dividere lo specchio

Così, anche voi
Poi in vita da non guardarsi allo specchio
Ho riparato tutti come uno specchio
Torna al candeggio
Si riferisce alla sofferenza delle cose che non si vedono

Cambiamo la visione della pioggia

Sarebbe cadere un giorno Datte nuova pioggia
Ma non sarò in grado di aspettare un altro giorno
Il fatto che non un ombrello
Poi guardando il cambiamento del colore del cielo
Continuare a dire, "Di che colore è oggi."

Trasmettere la pioggia e la visione





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
アルペジオ~2曲目~(2017)

僕の見上げた空からは、
あの日 確かに雨が降っていた
僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

今、あなたは
僕を崩そうと 言葉に罠を仕掛ける
僕はそんな地雷を 全てかわして
漂白して返していく
罠など無いような顔をして

その雨も 止む日が来るから

僕の声、アルペジオは、
君の耳を通り過ぎて その感覚を僕は叫んでいた。

その数だけ 傷をつけてしまうこと
今から思い起こしてみる
傷付いているのが 僕一人だけだと
鏡を割るくらいに言い聞かせてたよ

そう、あなたも
そうして鏡を 見ないことで生きてる
僕はそんな鏡を 全て直して
漂白して返していく
見ないことの苦しみを言う

その雨を 幻と変えよう

新しい雨だって いつか降るだろう
だけど僕はもう その日を待つことはしない
傘を差さないということ
そうして空の色の変化を眺めて
「今日は何色」と伝え続ける。

その雨が 幻と伝える

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Инверсия инноваций(Russian)

Инверсия инноваций(2017,Russian)

В прошлом также, даже сейчас, в будущем,
Герой, который нарисовал ребенка
Go чучела с расстоянием
Там также смеялись над
Был также стал только один человек
Но из старой сказки даже сейчас
Лучший рассказ не найден

Теперь мы, конечно, чувство
Он будет обновлен после того, как 3-х секунд
Слова борьбе за, спрашивает
Если мой свет в прошлом сказать, что до сих пор ослепительно
Это даже как переписывание
Поголодать существования
В прошлом, даже сейчас, в будущем
Из-за появления в себе
Для того, чтобы сделать сегодня? Что теперь делать?

В прошлом, даже сейчас, в будущем,
Герой, который нарисовал ребенка
Go чучела с расстоянием
Заброшенные покупке также стал
Было также высказано мнение, что только один человек
Но из старой сказки даже сейчас
Не смотрите на лучший рассказ

Теперь мы, конечно, чувство
Через 3 секунды будет обновляться
Стиль хотел для этого, по-прежнему изменить
Если до сих пор видны фантом в прошлом моего света
Он даже проглотил, такие как
Поголодать существования
В прошлом, даже сейчас, в будущем
Из-за появления в себе
Для того, чтобы сделать сегодня? Что теперь делать?

В прошлом, даже сейчас, в будущем,
Герой, который нарисовал ребенка
Go чучела с расстоянием
Там также смеялись над
Был также стал только один человек
Но не меняется
Мало того, складываю беспокойный

Теперь мы, конечно, чувство
Он будет обновлен после того, как 3-х секунд
Стиль хотел для этого, по-прежнему изменить
Если мой свет в прошлом сказать, что до сих пор ослепительно
Это даже как переписывание
Поголодать существования
В прошлом, даже сейчас, в будущем
Из-за появления в себе
Для того, чтобы сделать сегодня? Что теперь делать?

Anthem изменится сегодня

Из-за появления в себе
Для того, чтобы сделать сегодня? Что теперь делать?


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Inversion Innovation(2017)

これまでも、今も、これからも、
子供の頃 描いてたヒーローに
距離を詰めて行く
笑われたこともあった
一人だけになったこともあった
だけど今も昔話から
ベストストーリーは見付からない

今、確かに感じている
3秒後に更新されていく
そのために闘いの言葉、問い掛ける
過去の僕の光が まだ眩しいと言うのなら
それですら書き換えるような
存在に飢えていく
これまでも、今も、これからも
思い描いてる姿のため
今日はどうする?今は何をする?

これまで、今も、これからも、
子供の頃 描いてたヒーローに
距離を詰めて行く
放棄したくもなった
一人だけになった気もした
だけど今も昔話から
ベストストーリーを探さない

今、確かに感じている
3秒後も更新されていく
そのために求むスタイル、まだ変える
過去の僕の光に まだ幻が見えるなら
それですら飲み込めるような
存在に飢えていく
これまでも、今も、これからも
思い描いてる姿のため
今日はどうする?今は何をする?

これまで、今も、これからも、
子供の頃 描いてたヒーローに
距離を詰めて行く
笑われたこともあった
一人だけになったこともあった
だけど変わってはいない
留まらず、悩んで積み上げる

今、確かに感じている
3秒後に更新されていく
そのために求むスタイル、まだ変える
過去の僕の光が まだ眩しいと言うのなら
それですら書き換えるような
存在に飢えていく
これまでも、今も、これからも
思い描いてる姿のため
今日はどうする?今は何をする?

アンセムは今日も変わる

思い描いてる姿のため
今日はどうする?今は何をする?


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

A luta vai continuar(Portuguese)

A luta vai continuar(2016,Portuguese)

Uma longa foi
Tudo o que pode ser impulso a partir da
Um pouco de pensamento sobre a voz.
Ele ouviu e sentiu todo o
Além disso, a força do golpe.

É triste eu acho que foram
Pouco a pouco, pouco a pouco,
Alguém para visitar que não é
A felicidade e o conhecimento.

Quando algo acontece, apenas a voz
E então eu
Quando algo acontece de mencionar o
Uma pessoa perdida de
Hoje, como a voz continua

Não, a luta vai continuar

E os problemas continuam.
Eu razão, desde o passado para encontrar.
Um pouco antes de pensar, antes.
Nasceu até a hora " de volta
Também sonolência atacado.

É triste eu acho que foram
Pouco a pouco, pouco a pouco,
O telefone continuará a ser
A felicidade e o conhecimento.

Quando algo acontece, apenas a voz
E então eu
Quando algo acontece de mencionar o
Uma pessoa perdida de
Hoje, como a voz continua

Não, a luta vai continuar

Não, a luta vai continuar

Não, a luta vai continuar

Não, a luta vai continuar

A batalha estava terminada.

A luta vai continuar

A luta vai continuar




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
闘う(2016)

ずっと昔からだった
何もできないことを突き付けられては
少し上を考える、声にする。
聞こえたと感じた頃に
また無力さに襲われる。

それを悲しいと思ってたけど
少しずつ、少しずつ
誰にでも訪れることじゃない
幸せと知る

何かあった時だけ 君に声を
きっとそれでは僕は
何かあった時 何も言えずに
一人迷ってしまうから
今日もこうして 声を続けてく

何もない、という闘いは続く

ずっと悩み続けてた
何もできない理由を過去から探す
少し前を考える、更に前へ。
生まれた時まで戻る頃に
また眠気に襲われる。

それを悲しいと思ってたけど
少しずつ、少しずつ
自分と話し続けていくことは
幸せと知る

何かあった時だけ 君に声を
きっとそれでは僕は
何かあった時 何も言えずに
一人迷ってしまうから
今日もこうして 声を続けてく

何もない、という闘いは続く

何もない、という闘いは続く

何もない、という闘いは続く

何もない、という闘いは続く

戦いは終わった。

闘いは続く

闘いは続く


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

ノー・アブラカタブラ(Japanese)

ノー・アブラカタブラ(2004,Japanese)

いつも思う
僕だけなぜか使えない
見えない魔法に 長いこと 耳をすまして

不可思議な街は僕を置いて
その魔法は すべてセオリーへ
居場所探して 身につけたもの それは魔法じゃない

尋ねてみた
「その魔法はどこに売ってますか?」
知らないような 君の表情が 疑わしい

いつも思う
僕だけなぜか使えない
見えない魔法に 長いこと 腕を伸ばして

欲しいもの全部 僕をかわす
このセオリーが 魔法にならない
居場所探して 見えたアイディア それも魔法じゃない

頼んでみた
「その魔法をどうか教えてくださいm(__)m」
何言ってるのと 君の表情が 語ってる

いつも思う
僕だけなぜか使えない
見えない魔法を 長いこと 探し求めて

もう疲れ果てて
影も形もわからないまま

僕は思う
僕以上にはなれないんだ
見えない魔法は 
誰一人 知るよしもなく

見えない魔法を
誰一人 使えない街に
僕はいる 君も



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

스토리에 개구리(Korean)

스토리에 개구리(2016,Korean)

비극은 누군가가 일으켜
너에게 닥치는 것.
그래서 "내 잘못이 아니에요"
라고 외치고도 닿지 않는 잔혹함을
받아 것을 요구된다.

그것은 길고 긴 시간을 거쳐,
잊을 위해 겪을지도 모른다.
알고 있어도 그 때
옆에 있던 녀석을 가리키며
편해졌 싶지도된다.

그렇지만 상처는 종려 없다.
어떻게하면 쉽게 될 수있는?
과연 비극
누구에게나 평등하게 방문?

비극이 일어나도
내일이 있다면, 살아갈.
잊해야하나요? 다른 방법이 있나요?
생각도 확실한 대답은 아마 나오지 않는다.
그렇지만 찾는 것은 중요한 것 같다.
그것을 나는 소리로 바꾸어 간다.

그것은 길고 긴 시간을 거쳐,
잊을 위해 겪을지도 모른다.
죄와 책임은 다른구나
그렇게 너에게 계속 설득도
내 버리고 싶지도된다.

지금도 상처는 종려 없다.
어떻게 받아 들여지는?
과연 비극
누구에게나 평등하게 방문?

비극이 일어나도
내일이 있으니까 진행될 수 밖에 없다.
잊해야하나요? 다른 방법이 있나요?
생각도 확실한 대답은 아마 나오지 않는다.
그렇지만 찾는 것은 중요한 것 같다.
그것을 나는 소리로 바꾸어 간다.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Turn to Stories(2016)

悲劇は誰かが起こして、
君に降りかかるもの。
だから「僕のせいじゃない」
と叫んでも届かない残酷さを
受け止める事を求められる。

それは長い長い時を経て、
忘れ去る為に苦しむかも知れない。
分かっていてもその時に
側にいたあいつを指差して
楽になりたくもなる。

だけど傷は癒えやしない。
どうすれば楽になれるの?
果たして悲劇は
誰にでも平等に訪れるの?

悲劇が起きたって
明日があるなら、生きていける。
忘れればいいの?別の方法があるの?
考えても確かな答えは、多分出ない。
だけど探すことは大切な気がする。
それを僕は、声に換えて行く。

それは長い長い時を経て、
忘れ去る為に苦しむかも知れない。
罪と責任は別なんだ
そう君にずっと諭しても
投げ出したくもなる。

今も傷は癒えやしない。
どうすれば受け止められる?
果たして悲劇は
誰にでも平等に訪れるの?

悲劇が起きたって
明日があるから、進むしかない。
忘れればいいの?別の方法があるの?
考えても確かな答えは、多分出ない。
だけど探すことは大切な気がする。
それを僕は、声に換えて行く。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/18

To colorful flowers

To colorful flowers(2016)

Someone closes my eyes today as well.
With no more open eyes
I don't know what will happen
Normally to welcome tomorrow
I don't have it anymore.

In that situation I'll draw tomorrow and live my present
Everyone ends up in front of me
How strongly can you look forward
You should be worried even if you are not told

Echoing from the stereo
A beautiful Deep Green coloring up
Beautiful things beautiful. That.
I want to keep feeling it more than anything.

The future will soon come
By the time it is called the past
Presence of colorful flowers
You'll notice it

Gray Forest Draws the future and lives in the present
While everyone is passing away today
How strong your feelings can be returned
Even without being told I'll face forward

Echoing from the stereo
A beautiful Deep Green coloring up
Beautiful things beautiful. That.
I want to keep feeling it more than anything.

The future will soon come
By the time it is called the past
Presence of colorful flowers
You'll notice it

Someday I also close my eyes
With no more open eyes
I don't know what will happen
Normally to welcome tomorrow
I don't have it anymore.

So
Beautiful things beautiful. That.
I want to keep feeling it more than anything.





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
色とりどりの花達に(2016)

今日も誰かが目を閉じる
もう目を開けることなく
どうなるかは僕には分からないけど
普通に明日を迎えることは
もうないんだ

そんな中で 明日を描いて 今を生きる
誰もが目の前で終わってしまう中で
どれだけ強い気持ちで 前を見据えるか
言われなくても 気にするべきなんだ

ステレオから響いてる
美しいDeep Greenが 彩っていく
Beautiful things beautiful. That.
それを何よりも感じ続けたい。

未来がやがて
過去と呼ばれる頃に
色とりどりの花達の存在
それに気付くだろう

灰色の森 未来を描いて 今を生きる
誰もが今日を受け流していく中で
どれだけ強い気持ちで 声を返せるか
言われなくても 前を向くんだ

ステレオから響いてる
美しいDeep Greenが 彩っていく
Beautiful things beautiful. That.
それを何よりも感じ続けたい。

未来がやがて
過去と呼ばれる頃に
色とりどりの花達の存在
それに気付くだろう

いつか僕も目を閉じる
もう目を開けることなく
どうなるかは僕には分からないけど
普通に明日を迎えることは
もうないんだ

だから
Beautiful things beautiful. That.
それを何よりも感じ続けたい。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

vista en sección transversal del arco iris(Spanish)

vista en sección transversal del arco iris(2013,Spanish)

Desviar los ojos de la conversación no nada
Sin dejar de decir que es hermosa
Mirando hacia el color acromático del arco iris

Sin escuchar los consejos de los amigos
Estoy lejos de las multitudes,
Testigo hasta que la lluvia de platino cesó.

Amor que había soñado esos días es de plástico.
La lluvia cesó, ir a cortar en los siete colores del arco iris.
Lágrimas en el curso de la respuesta, mientras que los derrames
Yo había escrito la canción

Tiempo más así que desde ese día ha pasado.
Virtud, mantra, sin dejar de vacilar escupir,
Mirando hacia el color acromático del arco iris.

Arrastrando el pesar de la década,
Estoy lejos de las multitudes,
Testigo hasta que la lluvia de platino cesó.

Los colores brillantes de la forma, el amor es de plástico.
La lluvia cesó, ir a cortar en los siete colores del arco iris,
Una vista en sección transversal, traté de mirar.
Mientras mira hacia el cielo en el curso de la respuesta,
Yo me hizo dudar.

Lejos, también muy parecida a la de un paisaje tal,
Realidad que pasaría en tres pasos sobre.
Lostwandering a Jukai de "acuerdo tácito",
Estaba con la rodilla.
"A pesar de que todo el mundo este es también allí
Vamos a pasar con una sonrisa ".
Eso es extraño. Todo el mundo me mira.
Por flotante de la palabra apatía.

Amor que había soñado esos días es de plástico.
La lluvia cesó, traté de poner una muesca en los siete colores del arco iris
Mientras mira hacia el cielo en el curso de la respuesta,
Creo en mí.



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹 
に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

「 」(Italian)

「    」(2017,Italian)

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Non serve a nulla nei ricordi spezzati
Non c'è bisogno più parlare
La sua incapacità ora
Dal momento che andare a cambiare le parole

momento peggiore
E la lotta giusta lotta
Ho corso troppo, dimenticata dal tempo
Il momento più bello è stato supposto per 1 pagina

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Che si continui a rappresentare
Vivere per me
Lotta per il meglio,
Inoltre, va oltre oggi oggi

Non serve a nulla nei ricordi spezzati
Non c'è bisogno più parlare
La sua incapacità ora
Dal momento che andare a cambiare le parole

Non serve a nulla nei ricordi spezzati
non si perde so dove,
Anche ora la sua impotenza
Dal momento che andare a cambiare le parole


(Designed by.Takashi Hayashitani)




(Japanese)
「     」(2017)

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

最悪な瞬間
足掻くだけ足掻いて
走り過ぎ、忘れた頃に
最高の瞬間の1ページになっていた

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

壊れた思い出に用はない
居場所分からず迷い、
その無力さも今
言葉に変えていくから

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Dear Sir, Kurt Cobain

Dear Sir, Kurt Cobain(2016)

You are not screaming well that it is the mosquito,
I had went scattered in that way.
But I, to not think so
I have heard the cry even now.

Did it mean also it
You don't want? You don't want?
That we don't face? That you don't seek?
Hello, Hello, Hello, Hello.Hello?
Even as it was even likely
What you love is
Now, I'm happy to live.

You and I are not much difference
Only I'm not great.
Rather than just not want to say there
You and the general public is not much difference
The empathy to which seemed at that time, would have been hidden
I wonder if didn't appear until the sadness?

You're screaming negative to yourself,
It was the I went to change the lock.
But I, which was experience
I have heard the cry even now.

Did it mean also it
You don't want? You don't want?
That we don't face? That you don't seek?
Hello, Hello, Hello, Hello.Hello?
Also in the future we do not face
What you love is
Now, I'm happy to live.

You and I are not much difference
Only I'm not great.
Rather than just not want to say there
You and the general public is not much difference
The empathy to which seemed at that time, would have been hidden
I wonder if didn't appear until the sadness?

If you're a mosquito, I also in the mosquito
Otherwise, I also not.
If you're a milt bastard, I also in albino bastard
Otherwise, I'm not even albino bastard.
That's it, just it.

Deny the negative.
Deny the negative.
Dany the negative.
And received a negative
Seek the strength to it even also forgive
We continue to is me such a way of life.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
拝啓、カート・コバーン(2016)

あなたは蚊だと良く叫んでいて、
そんな風に散っていってしまった。
だけど僕は、そうは思っていないし
叫びを今も耳にしてる。

もしかしてそれも
望んでいないこと?望んでいないこと?
臨んでいないこと?求めていないこと?
Hello,Hello,Hello,Hello.Hello?
例えそうだったとしても
あなたが愛したものは
今、幸せに生きている。

あなたと僕は、大して違いはない
僕が偉大じゃないだけ。
ただそこを言いたいわけではなくて
あなたと一般人は、大して違いはない
あの時見えた共感の先に、隠されていたであろう
悲しみまでは見えなかったのかな?

あなたは自分への否定を叫んで、
それをロックに変えていってしまった。
だけど僕は、それを体感して
叫びを今も耳にしてる。

もしかしてそれも
望んでいないこと?望んでいないこと?
臨んでいないこと?求めていないこと?
Hello,Hello,Hello,Hello.Hello?
臨んでいない未来でも
あなたが愛したものは
今、幸せに生きている。

あなたと僕は、大して違いはない
僕が偉大じゃないだけ。
ただそこを言いたいわけではなくて
あなたと一般人は、大して違いはない
あの時見えた共感の先に、隠されていたであろう
悲しみまでは見えなかったのかな?

あなたが蚊なら、僕も蚊で
そうでないなら、僕もそうじゃない。
あなたが白子野郎なら、僕も白子野郎で
そうでないなら、僕も白子野郎じゃない。
ただそれだけ、それだけ。

否定を否定。
否定を否定。
俺は「否定」。
否定を受け止めて
それすらも許す 強さを求める
そんな生き方を 僕はしていくよ。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Scrambling Donut(German)

Scrambling Donut(2017,German)

Ich hatte gewartet
Sie tun, ob nicht zu sagen bekommen.
Lot-Speicher geschrieben
Wither sobald nur Zweig gesammelt

Und führen nicht

Staring at the Donut Hole
Ich Warum leeres Loch? Stellen Sie die
Ich stelle fest, in den Rand Aber
In Reaktion auf die Anruf-donut
Es ist Ihnen auch hier kam.
Es bleibt vakant Loch Donut
Und die Zeit erhalten geflogen es
Ich werde gehen, um das Loch zu füllen

Auch wird gesagt, ein seltsamer Kerl zu sein
Auch heißt es, Herrscher zu sein
Es ist nicht wie das geht
Geben Sie Tag früher kommen, als ich auch denken
Die Vorbereitung wird ab sofort beginnen
Beenden Sie den Donut-Anruf.

Verloren in der Donut-Call
Einfach ist weg Gefühl
Es dauerte nicht lange, ging ich gebrochen
In Reaktion auf die Anruf-donut
Also ich denke, Sie werden am Ende
Die Löcher in den leeren Loch Donut
Anrufversuch und wurde beherrscht mich zu füllen
Bites ist ein Loch zu finden, warum?

Auch wird gesagt, ein seltsamer Kerl zu sein
Auch heißt es, Herrscher zu sein
Es ist nicht wie das geht
Geben Sie Tag früher kommen, als ich auch denken
Die Vorbereitung wird ab sofort beginnen
Beenden Sie den Donut-Anruf.

Auch wird gesagt, ein seltsamer Kerl zu sein
Auch heißt es, Herrscher zu sein
Es ist nicht wie das geht
Geben Sie Tag früher kommen, als ich auch denken
Die Vorbereitung wird ab sofort beginnen
Am Ende der Donut-Call,

Mein Donut-Loch
Go-Fill-kun noch ungesehen


(Designed by.Takashi Hayashitani)




(Japanese)
スクランブル・ドーナッツ(2017)

僕はずっと待っていた
何でそこを言ってもらえないのかって。
沢山書き込んだメモリーは
枝ばかりが集まり すぐに枯れる

そして繋がらない

ドーナッツ・ホールを見つめて
空いた穴 何故なんだ?と問う
でも寸前で気付くんだ
ドーナッツ・コールを受けて
あなたもここまで来たんだね。
空いた穴 ドーナッツのまま
流れてきた時間 それを受けて
穴を埋めていくつもりだよ

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終える。

ドーナッツ・コールに迷って
シンプルさ 遠ざかる感覚
やがて僕は壊れていった
ドーナッツ・コールを受けて
それで終わりと思うあなたは
空いた穴 ドーナッツの穴を
埋めようとした僕を 支配と呼んで
穴を探されて刺される、なぜ?

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終える。

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終わりにして、

僕のドーナッツ・ホールを
まだ見ぬ君が埋めていく

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/17

Banca di frase(Spanish)

Banca di frase(2005,Spanish)

Viaggio scuro semper errori Ero preoccupato

Vain masculina abbastanza, zoppicando per le campane e fischietti
Mala punti cámara alla suoni però Eco

Meccanicamente, ridere recentemente
indistinguibile cuasi.
Tutto il divertimento e anche divertente comunque
Rimane il mio piede sinistro

È anche abbastanza llegado impressione profonda

Inutile llegado masculina, zoppicando dalla cose inútiles Punti negativi anche se varia nella frase

Conclusione, sempre avanti
Giocatore va al guasto.
En breve, è la base de della mia fiducia desiderata
Rimane il mio piede sinistro

Una lasciato profonda impressione llegado
Ecco dettagliate alcune

Inutile llegado masculina, zoppicando dalla cose inútiles
Punti negativi anche se varia nella frase

Capito che da qualche parte de
Lo Tengo qui.

Inutile llegado masculina, zoppicando dalla cose inútiles Malo punti però un cambiare La Frase

Presto sarà canzone


(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
The Bank(2005)

暗い道のり いつも間違えてばかり
僕は思い悩んでいた

無駄なほどに傷ついて
余計なものまで抱え込んで
要領悪くまとめても
エコー・ルームに響く

機械的に君は最近笑ってる
殆ど見分けがつかないね
皆は楽しく 先も楽しみなのに
僕は足踏みのまま 停滞したまま

印象深い物ほど
細かなところもここにある

無駄な程に傷ついて
余計な物まで抱え込んで
要領悪くまとめても
それはフレーズに変わる

結論が欲しくていつも早送り
故障するPLAYER キリがないね
要は自信の 根拠が欲しくて
僕は足踏みのまま 停滞したまま

印象深いものほど
細かなところもここにある

無駄な程に傷ついて
余計な物まで抱え込んで
要領悪くまとめても
それはフレーズに変わる

どこかで解っているから
ここに蓄えてるよ

無駄な程に傷ついて
余計な物まで抱え込んで
要領悪くまとめても
それをフレーズに変えよう

それはやがて歌になる


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

The Boy who lost expression

The Boy who lost expression(2016)

I didn't feel anything.
With trembling hands so that I couldn't write anything,
There's no word to say,
Pressure to be pressed from above,
I feel empty,

What a world you can withdraw
But in front of me,
I can't like the imitation of someone like this.

The past has nothing to do with it,
I sometimes hear kindness
It was connected from there.
This is what he talks about,
Even though there is an image, don't go outside and rage in a cage

I'm here.
I'm here.

What a world you can withdraw
But in front of me
A copy of someone like this,
I don't feel like seeing it either.

The past has nothing to do with me, kindness
Sometimes I hear it
It was connected from there.
This is what he talks about,
Even though there is an image, do not go outside and rage in a cage

I'm in such a place
I'm running around in this
'Cause I'm suffering from it all the time, I feel guilty about living without thinking.
Running tires. Get tired.
However, I point at that it is skipping around.
I know.
I don't see that.
That's why I hold my head unnecessarily.

The past has nothing to do with it,
I sometimes hear kindness
It was connected from there.
This is what he talks about,
Although there is an image,
Don't go outside and you can rage in the cage



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
表現を失った少年(2016)

何も感じなくなった
何も書けないくらい震えた手で、
言える言葉は無いわけで、
上から押さえ付けられるような圧力、
空しさを感じてしまうよ、

何を出してもいい世界
でも目の前の、
こんな誰かのimitationを、僕は好きになれない。

過去は関係ないよ、
って優しさを時に耳にするけど
そこから繋がってきていた。
これがそれを語ってるわけで、
イメージはあるのに、外に出ないで檻の中で暴れるんだ

ここにあるのに。
ここにあるのに。

何を出してもいい世界
でも目の前の
こんな誰かの書き写しを、
僕は見る気もしない。

過去は関係ないよ、って優しさを
時に耳にするけど
そこから繋がってきていた。
これがそれを語ってるわけで、
イメージはあるのに、外に出ないで檻の中で暴れるんだ

こんな所に踞っている僕は
この中では走り回ってる
ずっと悩んでいるから、考えないで生きることを罪にも思う。
走れば疲れる。くたびれる。
だけど周りはサボっていると指差す。
分かってる。
そう見えてないのは分かってる。
だから余計に頭抱えてしまう。

過去は関係ないよ、
って優しさを時に耳にするけど
そこから繋がってきていた。
これがそれを語ってるわけで、
イメージはあるのに、
外に出ないで檻の中で暴れるんだ


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

「A」「ï¼²」「ï¼´」「」(Japanese)

「A」「ï¼²」「ï¼´」「」(2006,Japanese)

僕は・・まるで仕組まれたかのように大雨に打たれて、
顔はいつも通りだけど、心ではそうもいかずに泣いてた。

僕は仕事を昼で切り上げて、
東京の、しかも人だかりにまみれて、気を紛らわそうとしたよ。
軽いフットワークで人波を避けつつ、
画素の少ない携帯のカメラで、アルファベットの
「A」「ï¼²」「ï¼´」
の文字
を探して撮っては、重ねて考えてみたりして。
なんとか集中しようとして。
なんとか・・楽しもうとして。

昨日ありもしない嘘をつかれて、彼女に拒否された。
・・・どこかで、わかってた。
でも、言える事は全部言えたつもりだよ。
そういう意味でどこかすがすがしかった。・・悲しいはずだけどね。
表面的には正反対の性格だから、
本当にわかりあった時、お互い助け合うなんていう、
そんな大切な関係を築ける、って思ってたんだ。
・・・でも、本当は反対じゃなくて、お互いは平行線で、交わることは・・
ない。
それを君に言われた様な気がする。

あれから2週間。今は寂しいだけ。
誰かに必要とされていたい。でも、
君にはもう、心を向けることはないと思う。
努力することはとても素晴らしい事だけど、
どんなに努力してもかなわないものに出会った数だけ、
ここから芸術が生まれてく。そんな気がする。
そしていつか、どんなに努力してもかなわないものが叶って、
共有できたとき、

・・・僕は本当に笑っているだろう。
誰かと一緒に。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)





(Designed by.Takashi Hayashitani)

Arpeĝo(Esperanto)

Arpeĝo(2016,Esperanto)

Pluvas.
La dato ŝanĝo se rimarkante
Mi ankoraÅ­ pensas la samon mi estas.
La ago estas je la komenco,
Kvankam estas ankoraÅ­ daÅ­ra
Kaj kavigita tie nur
Tio nenecesaj, kaj kritiki min.

Mi Se vi ne klarigis ĝis la fino
Tie ne estas permesita devigo?
Mi instrukcioj por fari se vi volas,
"Mi ne havas sufiĉe da vortoj por mi ankoraŭ."
Mi rigardas malsupren kaj.

La ĉielo estas jam mallume. Mi ankaŭ Do Cry
Pluvo daÅ­re falas.
En la arpeĝo retumba
Vi komencas paroli pri tiu kanto.
Estas malĝoja, pluvas.

Kio estis forgesita hieraÅ­
Ĝi plenigos en la hodiaŭa vortoj.
Do ankaŭ estas malĝoja
Ĝis vi trovas la vorton por plenigi morgaŭ
Maltrankviliĝu alfrontas malsupren.

Rerigardante rigardi nur la komenco
Ne ridu pri mi en la dorso.
Rakonto iras nur kie ne.
"Ĝi estas ankaŭ konata antaŭ tio mi scias."
Mi rigardas malsupren kaj.

La ĉielo estas jam mallume. Mi ankaŭ Do Cry
Pluvo daÅ­re falas.
En la arpeĝo retumba
Vi komencas paroli pri tiu kanto.
Estas malĝoja, pluvas.

Se vi ne volas bedaÅ­ri,
Ne nur daÅ­rigi eldoni.
Nur uzi ĝis tago-al-taga
Mi kredas ke ne estas.

La ĉielo estas jam mallume. Mi ankaŭ Do Cry
Kaj pluvo daÅ­re falas
En la arpeĝo retumba
Vi komencas paroli pri tiu kanto.
Estas malĝoja, pluvas

Mateno venis.
Sed la ĉielo estas blua,
Pluvo ne haltis ankoraÅ­.
Arpeĝo estas ĉiu volumo.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
アルペジオ(2016)

雨が降り続く。
気が付けば日付は変わり
まだ僕は同じことを考えていた。
そのアクションは始まりで、
まだ続きがあるのに
そこだけをくり抜いて
余計なことを、と僕を批判する。

僕は最後まで説明しないと
許されない義務があるの?
説明書が欲しいなら作るけど、
『まだ僕には 言葉が足りないんだ』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

昨日忘れたものを
今日の言葉で埋めていく。
それでまた悲しくなって
明日埋めるワードが見つかるまで
下を向いて思い悩む。

最初だけを見て振り返って
背中で僕を笑わないで。
いないところだけで話が進む。
『僕が知る前にまた知られている』
と下を向いてしまうよ。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く。
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて、雨が降り続く。

後悔したくないのなら、
公開し続けるしかない。
日々を使いきることしか
ないと信じてる。

空はもう暗い。僕もSo Cry
雨は降り続く
アルペジオが鳴り響く中で
君はこの曲はと語り出す。
それが悲しくて
雨が降り続く

朝が来ていた。
空は青いけど、
雨は降り続く。
アルペジオは鳴り響く。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Everywhere Affirm

Everywhere Affirm(2016)

To someone that you're in refuge
There I wonder if the to hurry location
To someone to go to the place you
There I wonder if the balloon can be denied
"What, I'm still useless.
I don't know "
Fear is that anyone would say in one second

Words madness
The guilt that has been felt
Like a I was cracked vase
It had shattered
Now we speak, to up to accompany the flowers
It took time of more than calendar.

The important thing is
Still continue to positive
To regain strength

You've gotten to know, speak rules
Start from the place isn't the start,
Go to the right, change to the left, it
"All tacit understanding,
It's not known. "
Words overflow are such fantastic

Words weapon
And in only one phrase ear
Like a I was cracked vase
It had shattered
Now up to this point, up to accompany the flowers
It took time of more than calendar.

The important thing is
Still continue to positive
To admit that the unfinished

When are you also always in the street until the

'Cause it is in as usual forever

The important thing is
Still continue to positive
To go in search of strength



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Everywhere Affirm(2016)

君が逃げ込んでる誰かには
駆け込める場所があるのかな
君が置きに行く誰かには
拒否できる吹き出しがあるのかな
「なんだ、やっぱりダメなんだ。
あいつは分かってない」なんて
誰でも1秒で言えてしまう恐さ

言葉は狂気
感じてきた罪悪感に
僕は花瓶が割れたみたいに
粉々に砕けてしまった
今こうして、花を添えるまでに
カレンダー以上の時を要した。

大切なことは
それでも 肯定し続ける
強さを取り戻すこと

君が知り得てる、話すルールは
スタートでない所から始まり、
右に行く、左に変える、それを
「全部暗黙の了解、
あいつは分かってない。」なんて
言葉溢れてる様な幻想

言葉は凶器
たったワンフレーズ耳にして
僕は花瓶が割れたみたいに
粉々に砕けてしまった
今ここまで、花を添えるまでに
カレンダー以上の時を要した。

大切なことは
それでも 肯定し続ける
未完を認めること

いつまでも いつも通りでいるには

いつまでも いつも通りでいるため

大切なことは
それでも 肯定し続ける
強さを求めてくこと


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)