About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/04/29

ริ้น(Thai)

ริ้น(2016,Thai)

ทำให้ในวันนี้คือเมื่อวานนี้
ปัญหาวันนี้จะเดินทางในวันพรุ่งนี้
พรุ่งนี้สามารถมั่นใจได้ว่าเมื่อวานนี้
ในขณะที่เล่าเช่นวงจร
เสมอตอนนี้คืออะไรสง่างาม
ไปกับความงามทาสีเท้าของมัน

ตอนนี้วันเก่าผมอีกครั้งและอีกครั้ง
มันได้รับการพบกับภัยพิบัติที่ไม่คาดคิดที่ไม่คาดคิด
แต่ก็เป็นความเจ็บปวดมากขึ้น
ที่ดังกล่าวเป็นคุณ
เราจะถูกจับและจะมีชีวิตอยู่

จะมีชีวิตอยู่ในขณะนี้

ทุกข์ทรมานจากแผลของเมื่อวานนี้
Make up ซ้อนขึ้นในวันนี้
พรุ่งนี้เป็นชื่อเมื่อวานนี้
ในขณะที่เล่าเช่นวงจร
สิ่งที่คุณมีความสง่างาม
ไปกับความงามทาสีความตั้งใจ

ตอนนี้วันเก่าผมอีกครั้งและอีกครั้ง
มันได้รับการพบกับภัยพิบัติที่ไม่คาดคิดที่ไม่คาดคิด
แต่ก็เป็นความเจ็บปวดมากขึ้น
ที่ดังกล่าวเป็นคุณ
เราจะถูกจับและจะมีชีวิตอยู่

จะมีชีวิตอยู่ในขณะนี้

แม้ว่าเมื่อวานนี้สิ้นหวัง
ตอนนี้ถ้าคุณเป็นคนที่สง่างามนาย
สิ้นหวังยังเป็นสิ่งจำเป็น
ดังนั้นมันเป็นเหมือนที่คุณ
จะได้รับไม่ให้ขึ้น

ตอนนี้จะมีชีวิตอยู่



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
凛(2016)

昨日が今日を作る
今日が明日を見出だす
明日が昨日を確かめる
そんなサイクルを思い返しながら
常に今こそが凛とした
その足で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日の傷に悩む
今日を重ね埋め合わせ
明日が昨日を名付ける
そんなサイクルを思い返しながら
常に君こそが凛とした
その意志で美しさ 塗り替えていく

今や昔、僕は何度も何度も
予期できぬ災難に遭ってきた
でももっと辛かったのは
そんな君であることを
受け止めて生きていくこと

今を生きること。

昨日に絶望したとしても
今、君が凛とした君であれば
その絶望も必要になる
だからそんな君であることを
諦めず受け止めること

今を生きていて。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(StreetPoets in Japan)

MC(Not poetry)


in Japan
The image of the person I met on the street
There is an artist who expresses it on a colored paper in words.

At Yokohama Station
When I stopped by on my way home, I  found out by chance,
Look forward to what kind of words will come from me

If you notice it
Hang up your voice
I asked for it.

Land patterns etc,
With everyday conversation and my eyes alone
It's a floating word.



(Designed by.StreetPoet Daigoro)

(quotation)
Takashi's become
Just a way
Go straight ahead.
Be sure to go ahead
The answer of happiness is
I'll be waiting.
Such a step
With Takashi
Understand and proceed.

It's straight.
I'm objective.
I was glad I knew it again.


When searching on the 「 路上詩人大五郎 」(Rojyosijindaigoro),
※Facebook
searching on the "Tanaka Daiyu"

Since many works will come out,
If you are interested, please do.



(Japanese)
日本には
路上で出会った人のイメージを
色紙に言葉で表すというアーティストがいます。

横浜駅に
帰りに立ち寄った際に偶然見つけて、
僕からどんな言葉が浮かぶか楽しみで

気付いたら
お声をお掛けして
依頼させていただきました。

土地柄など、
日常会話と僕の目だけで
浮かんだ言葉です。

(引用)
隆志なりの
道をただただ
真っすぐ進んで。
進んだ先には必ず
幸せという答えが
待ってるから。
そんな一歩を
隆志で
理解し進んでけ。

真っ直ぐ なんですね。
客観的な僕は。
改めて知れて嬉しかったなあ。


路上詩人大五郎 で検索すると、
沢山の作品が出てきますので、
興味を持たれた方はぜひ。

Aeglane Song(Estonian)

Aeglane Song(2005,Estonian)

Lühidalt jalutuskäigu linna lähedal
Ja ma julgen kõndida sammud kõrvaltänaval
See muutub salapärane ja värske tunde.
Nende päevade teadvuseta idee
Nüüd, kannatused on meenutada

Üle tänava lapsed töötab
Näita koju minu talje
Kunagi ammu taevas, ma ei saa vaadata
Ei ole vaja kohaldada
Niisiis, seistes pilvisusega olin naermine

Juhtida ka sama pilt lõigatud aega, et
Kas koristada lõpuks tunne, et midagi puudu
Pick up kaubaaluse going leotatud mõõduka
Proovige teha uue pildi
Siiani ei ole nüüd

Ainult nii palju mõelnud
Ei ole tunne, et on tehtud edusamme midagi
Killud tungida snap
Nende päevade teadvuseta idee
Nüüd, luua kannatab pea

Juhtida ka sama pilt lõigatud aega, et
Kas koristada lõpuks tunne, et midagi puudu
Pick up kaubaaluse going leotatud mõõduka
Proovige teha uue pildi
Siiani ei ole nüüd

Dream läks hästi saada ühel päeval kava
Enne pikk punane tuli on peatunud nähtav
Ma ootan kõik viis siniseks unustab nüüd

Juhtida ka sama pilt lõigatud aega, et
Kas koristada lõpuks tunne, et midagi puudu
Pick up kaubaaluse going leotatud mõõduka
Proovige teha uue pildi
Siiani ei ole nüüd



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
スロー・ソング(2005)

近くの街歩いてすぐの所で
敢えて脇道の段差を歩いてる
不思議で新鮮な気持ちになる。
あの頃の、無意識な発想を
今、思い起こしては悩んでる

向かい側、子供達が走って
僕の腰をかわして背を見せる
昔は空なんて、眺めなかった
当てはめる 必要もなく
そう、曇ってたって、笑ってた

あの頃を 切り取って 同じ絵 描いても
何か足りない気がして 結局 片付けてしまう
緩やかに染まっていくパレットを手に取って
新しい 絵を描こう
今ではなく 今までを

こんなにも考えてばかりで
何か進展してる実感がない
断片的に入り込むスナップが
あの頃の、無意識な発想を
今、頭抱えて作り出す

あの頃を 切り取って 同じ絵 描いても
何か足りない気がして 結局 片付けてしまう
緩やかに染まっていくパレットを手に取って
新しい 絵を描こう
今ではなく 今までを

夢はいつか 計画となって うまくいっていた
やがて赤信号が見えて 立ち止まった
今 見渡しながら 青色に変わるのを ずっと待ってるんだ

あの頃を 切り取って 同じ絵 描いても
何か足りない気がして 結局 片付けてしまう
緩やかに染まっていくパレットを手に取って
新しい 絵を描こう
今ではなく 今までを


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

그래도 빛을(Korean)

그래도 빛을(2016,Korean)

빛이 사라질 때
측에 체재 하는 경우 있는 만큼
당신은 어디까지 나 먼 곳을 바라보 고,
웃는 얼굴로 이렇게까지 얘기를 하지만
그 슬픔이 너무
달아 나 버리고 싶어 했다.
하지만 시선을 어깨에 손이 닿을 때까지
그때 내가 앞질러 진 것 이에요.

빛은 탄생 될 것으로
빛이 사라진 것.
그 미소에 너무 차이가 있다 지만
그래도 빛에 손을 뻗어 나 가려고 해요.

제거의 대화가 오고가는 사이에
지울 수 없는 만큼 잊어 간다.
그 간접 눈물 없는 슬픔이 있다.
흰색과 검은색으로도 불리 지 않는 동안
원하는 진실 만큼 어둠에 마셔 지 고 간다.
저 우연히 말 없는 공 허 함은 있는데.

빛은 탄생 될 것으로
빛이 사라진 것.
그런 현실이 너무 차이가 있다 지만
그래도 빛에 손을 뻗어 나 가려고 해요.

그래도 좋은 거 야?
곧 나도 사라져가는 것을 알면서
빛을 계속 찾고 하는 것이 노래 계속 하는 것이
누군가의 손이 기지개, 빛이 될 거 야?

빛은 탄생 될 것으로
빛이 사라진 것.
그 미소에 너무 차이가 있다 지만
그래도 빛에 손을 뻗어 나 가려고 해요.

빛은 탄생 될 것으로
빛이 사라진 것.
그런 현실이 너무 차이가 있다 지만
그래도 빛에 손을 뻗어 나 가려고 해요.

그래도 빛을.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

それでも光を。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Help of the Streetlight

Help of the Streetlight(2008)

While unfamiliar
I hear a damaged voice behind far away
Something seems to be similar to that time

Pass by without shaking hands
We unconsciously stir the second hand

Depending on street lights when you notice
Reduce the shoe sole on the way home.

Beyond the quiet underground
It doesn't change
Hand a brilliant light

Let's hear Melody in your ears

As if the line of sight crawled on the ground
I gave up and I'm just stepping on my feet
Let's speak to you
"The story line as well is surely new"

If you notice it is light purple
Beaten the shoulder in the sky and see the window

Faster than yesterday
Reduce the shoe sole on the way home.

I packed it in a bag
Just a little bit tomorrow
again today
Ideas that spread throughout sight
Let's hollow out here

As if the line of sight crawled on the ground
I gave up and I'm just stepping on my feet
Let's speak to you
"Always the same way surely new"

How far will the voice reach?
I unconsciously stir the second hand
The cramped lifestyle notebook is filled up
I'll pack notes in such a situation

While unfamiliar
I hear a damaged voice behind far away
It looks like somewhat similar to that time
My heart surely faces forward

As if the line of sight crawled on the ground
I gave up and I'm just stepping on my feet
Let's speak to you
"Always the same road all the time new"




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
One Day,One Day

知らぬ間に 
遠い背後で傷ついた声が聞こえる
なんかあの頃と似ているようだ

手も振らずに通り過ぎる
僕らは無意識に秒針をかき回す

気がつけば街灯を頼りに 
帰り道 靴底を減らしてく

静かな地下を抜けた先
変わりない だけど 
鮮やかな光に手をやって

Melodyを耳に込めよう

視線はまるで地を這うように
諦めた顔して足だけを進めてる
君に声をかけよう
「筋書き通りも きっと新しい」

気がつけば薄い紫の
空に肩を叩かれ 窓を見る

昨日より早い足取りで
帰り道 靴底を減らしてく

バッグに詰めた 
明日を少しだけにして
今日もまた 
視界全部に広がるアイディアを
刳り抜いてここに込めよう

視線はまるで地を這うように
諦めた顔して足だけを進めてる
君に声をかけよう
「いつも同じ道 きっと新しい」

声はどこまで届くだろう
僕は無意識に秒針をかき回す
窮屈な暮らし 手帳は埋まってく
そんな中で音符を詰めていく

知らぬ間に 
遠い背後で傷ついた声が聞こえる
なんかあの頃と似ているような
心はきっと前を向いているよ

視線はまるで地を這うように
諦めた顔して足だけを進めてる
君に声をかけよう 
「いつも同じ道 ずっと新しい」


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(Ognuno è stato colpito dal terremoto)

Se siete stati colpiti dalla Italia
Quello che era briga di guardare uno giorno buono o parole se raccontare, ma ben presto anche un solo giorno , il più presto possibile , per tornare alla vita originale , mi piacerebbe continuare a trasmettere questa parola .




(Designed by Takashi Hayashitani)

Anche se ci vogliono un paio di giorni ,
Vorrei procedere un passo ,
Ho anche continuerò ad esso.

何日かかっても、
一歩進むことを僕は願い、
僕もそれを続けます。

2017/04/28

Ulan(Cebuano)

Ulan(2017,Cebuano)

Ang ulan nagsul-ob sa
Ang usa lang ka lugas sa tulo sa tubig nahulog sa ibabaw sa nawong sa mga tubig
Kay sa ingon kini lamang
Kanako sa adlaw nga
Kini gibati sa bug-at nga ulan, kini nag-antos

Hingpit, hingpit nga
Magtan-aw alang sa husto nga tubag sa emosyon
Kon sa katapusan sa dili maayo nga katapusan
dili kinahanglan nga nalambigit
Sa usa ka gilay-on sa usa ka gamay nga
Samtang pagdula sa arpeggio

Bug-at nga ulan mobalik sa Naglaum Rain
Lamang ikaw sa gihapon may lang
Busa kini mao ang dili mas lisud kay sa imong hunahuna
Busa
Naningkamot ko sa pagbalik sa mga bug-at nga ulan sa Naglaum Rain

Hingpit, hingpit nga
Magtan-aw alang sa husto nga tubag sa emosyon
Kon sa katapusan sa dili maayo nga katapusan
dili kinahanglan nga nalambigit
Sa usa ka gilay-on sa usa ka gamay nga
Samtang pagdula sa arpeggio

Mga pagbati brush,
Ako namunit posible diha sa paglaom.

Bug-at nga ulan mobalik sa Naglaum Rain
Lamang ikaw sa gihapon may lang
Busa kini mao ang dili mas lisud kay sa imong hunahuna
Busa
Naningkamot ko sa pagbalik sa mga bug-at nga ulan sa Naglaum Rain

Arpeggio sa adlaw, nga dili gayud isalikway dili sa nangagi.
Gilimod sa gahum, sa adlaw-adlaw sa pagbalik sa usa ka negatibo nga nga dili makita, wala gayud og bisan unsa nga butang.
Busa
Naningkamot ko sa pagbalik sa mga bug-at nga ulan sa Naglaum Rain

Una sa tanan gikan sa pulong ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

pouring rain(Irish)

pouring rain(2017,Irish)

Bhí an bháisteach ag caitheamh anuas
Just a thit gráin cheann de titeann uisce ar dhromchla an uisce
I gcás den sórt sin é ach
Chun liom an lá sin
Mhothaíonn sé go báisteach throm, bhí sé ag fulaingt

Cinnte, go hiomlán
Ag féachaint don fhreagra ceart go dtí an emotion
Má tá an deireadh sa deireadh dona
ní gá a bheith go bhfuil baint acu
Ar fad de beagán
Agus iad ag imirt an arpeggio

tuairisceáin báisteach trom don Rain Súil
Ach beidh tú fós ní raibh ach
Mar sin, nach bhfuil sé níos deacra ná mar a cheapann tú
Mar sin,
Déanaim iarracht a thabhairt ar ais an bháisteach throm i Súil Rain

Cinnte, go hiomlán
Ag féachaint don fhreagra ceart go dtí an emotion
Má tá an deireadh sa deireadh dona
ní gá a bheith go bhfuil baint acu
Ar fad de beagán
Agus iad ag imirt an arpeggio

Tá Mothúcháin scuab,
Phioc mé suas agus is féidir le súil.

tuairisceáin báisteach trom don Rain Súil
Ach beidh tú fós ní raibh ach
Mar sin, nach bhfuil sé níos deacra ná mar a cheapann tú
Mar sin,
Déanaim iarracht a thabhairt ar ais an bháisteach throm i Súil Rain

Arpeggio an lá sin riamh, scriosadh nach bhfuil an am atá caite.
Diúltaithe i gcumhacht, gach lá a thabhairt ar ais ar diúltach nach féidir a bheith le feiceáil, tá rud ar bith riamh a fháil.
Mar sin,
Déanaim iarracht a thabhairt ar ais an bháisteach throm i Súil Rain

Ar an gcéad dul as an focal ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

MC(Voice to Kumamoto)

A year passed since the earthquake that occurred in Kumamoto in Japan last April.


Thinking of what I can do, it became like this.

(Designed by Takashi Hayashitani)


Looking at the news on a regular basis
Keep up with nearly a year with another blog
I have told you the current situation,
Reach out my hand from here
I have to pull the news
I can not catch it,
I am sad that I have been stolen in the back.

I can not point everything in the whole world,
I will also up here.







(Japanese)
昨年4月、日本の熊本で起きた震災から1年が過ぎました。

僕のできる事を考えて、この様な形になりました。


ニュースを定期的に見ては
別のブログで1年近くupし続けて
現状をお伝えしてきましたが、
こちらから手を伸ばして
ニュースを引っ張らないと
キャッチできないくらい、
奥の方にしまわれてしまっているのが悲しいです。
全世界の全部に向けられないけれど、
僕はここでもupしますね。

Regen(Dutch)

Regen(2017,Dutch)

De regen droeg naar beneden
Slechts één korrel van water druppels vielen op het oppervlak van het water
Voor dergelijke het alleen maar
Voor mij van die dag
Het voelt aan zware regen, is het leed

Absoluut, absoluut
Op zoek naar het juiste antwoord op de emotie
Als het uiteinde van de slecht einde
Hoeft niet te worden dat de betrokken
Op een afstand van een kleine
Tijdens het afspelen van de arpeggio

Zware regen terug naar de hoop Rain
Alleen zul je nog steeds was er slechts
Dus het is niet moeilijker dan je denkt
dus
Ik probeer de zware regen terug te keren in de hoop Rain

Absoluut, absoluut
Op zoek naar het juiste antwoord op de emotie
Als het uiteinde van de slecht einde
Hoeft niet te worden dat de betrokken
Op een afstand van een kleine
Tijdens het afspelen van de arpeggio

Gevoelens zijn borstel,
Ik pakte het mogelijk in de hoop.

Zware regen terug naar de hoop Rain
Alleen zul je nog steeds was er slechts
Dus het is niet moeilijker dan je denkt
dus
Ik probeer de zware regen terug te keren in de hoop Rain

Arpeggio van die dag, nooit gooi niet het verleden.
Geweigerd in de kracht, elke dag een negatieve die niet kunnen worden gezien terugkeren, is nooit iets te krijgen.
dus
Ik probeer de zware regen terug te keren in de hoop Rain

In de eerste plaats van het woord ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

lluvia(Spanish)

lluvia(2017,Spanish)

La lluvia fue desgastando
Sólo un grano de gotas de agua cayó sobre la superficie del agua
Por ejemplo, sólo
A mí de ese día
Se siente a las fuertes lluvias, que estaba sufriendo

Absolutamente, absolutamente
Buscando la respuesta correcta a la emoción
Si el extremo en el mal final
No es necesario que los involucrados
A una distancia de un poco
Mientras se reproduce el arpegio

lluvia vuelve pesados ​​a la lluvia Con la esperanza
Sólo va todavía no era sólo
Así que no es más difícil de lo que piensa
tan
Trato de devolver la fuerte lluvia en la esperanza de lluvia

Absolutamente, absolutamente
Buscando la respuesta correcta a la emoción
Si el extremo en el mal final
No es necesario que los involucrados
A una distancia de un poco
Mientras se reproduce el arpegio

Los sentimientos son cepillo,
Cogí es posible con la esperanza.

lluvia vuelve pesados ​​a la lluvia Con la esperanza
Sólo va todavía no era sólo
Así que no es más difícil de lo que piensa
tan
Trato de devolver la fuerte lluvia en la esperanza de lluvia

Arpegio de ese día, nunca se descarta no en el pasado.
Negado en el poder, todos los días para devolver una negativa que no puede ser visto, nunca es conseguir nada.
tan
Trato de devolver la fuerte lluvia en la esperanza de lluvia

En primer lugar de la palabra ...

(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

pioggia battente(Italian)

pioggia battente(2017,Italian)

La pioggia stava portando verso il basso
Solo un granello di gocce d'acqua caduta sulla superficie dell'acqua
Per tali solo
A me di quel giorno
Ci si sente a piogge abbondanti, si soffriva

Assolutamente, assolutamente
Guardando per la risposta corretta per l'emozione
Se alla fine del brutto epilogo
non deve essere che ha coinvolto
A distanza di un po '
Durante la riproduzione del arpeggio

pioggia torna pesante per la pioggia Sperando
Solo si ancora c'era solo
Quindi non è più difficile di quanto si pensi
così
Io cerco di restituire la pioggia in pioggia Sperando

Assolutamente, assolutamente
Guardando per la risposta corretta per l'emozione
Se alla fine del brutto epilogo
non deve essere che ha coinvolto
A distanza di un po '
Durante la riproduzione del arpeggio

I sentimenti sono pennello,
Ho preso è possibile nella speranza.

pioggia torna pesante per la pioggia Sperando
Solo si ancora c'era solo
Quindi non è più difficile di quanto si pensi
così
Io cerco di restituire la pioggia in pioggia Sperando

Arpeggio di quel giorno, mai scartare non il passato.
Negato nel potere, tutti i giorni per restituire un negativo che non può essere visto, non è mai ottenere nulla.
così
Io cerco di restituire la pioggia in pioggia Sperando

Prima di tutto dalla parola ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Χύνοντας βροχή(Greek)

Χύνοντας βροχή(2017,Greek)

Η βροχή φορούσε κάτω
Μόλις ένας κόκκος σταγόνες νερού έπεσε πάνω στην επιφάνεια του νερού
Για τέτοια που μόνο
Για μένα εκείνη την ημέρα
Αισθάνεται καταρρακτώδους βροχής, που υφίσταται

Απολύτως, απολύτως
Ψάχνετε για τη σωστή απάντηση στο συναίσθημα
Αν το τέλος στην κακή κατάληξη
Δεν χρειάζεται να είναι ότι εμπλέκονται
Σε απόσταση λίγο
Ενώ παίζει το αρπέτζιο

Η δυνατή βροχή επιστρέφει στην Ελπίζοντας Rain
Μόνο θα μπορείτε ακόμα υπήρχε μόνο
Έτσι δεν είναι πιο δύσκολο απ 'όσο νομίζετε
έτσι
Προσπαθώ να επιστρέψει την δυνατή βροχή στην Ελπίζοντας βροχή

Απολύτως, απολύτως
Ψάχνετε για τη σωστή απάντηση στο συναίσθημα
Αν το τέλος στην κακή κατάληξη
Δεν χρειάζεται να είναι ότι εμπλέκονται
Σε απόσταση λίγο
Ενώ παίζει το αρπέτζιο

Τα συναισθήματα είναι βούρτσα,
Πήρα είναι δυνατόν με την ελπίδα.

Η δυνατή βροχή επιστρέφει στην Ελπίζοντας Rain
Μόνο θα μπορείτε ακόμα υπήρχε μόνο
Έτσι δεν είναι πιο δύσκολο απ 'όσο νομίζετε
έτσι
Προσπαθώ να επιστρέψει την δυνατή βροχή στην Ελπίζοντας βροχή

Arpeggio του εκείνη την ημέρα, δεν πετάξτε όχι το παρελθόν.
Δεν επιτρέπεται στην εξουσία, κάθε μέρα για να επιστρέψει ένα αρνητικό που δεν μπορεί να δει, ποτέ δεν παίρνουν τίποτα.
έτσι
Προσπαθώ να επιστρέψει την δυνατή βροχή στην Ελπίζοντας βροχή

Πρώτα απ 'όλα από τη λέξη ...



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Ausgießen regen(German)

Ausgießen regen(2017,German)

Die regen wurde Zermürbung
Nur ein Korn von Wassertropfen fiel auf der Oberfläche des Wassers
Für eine solche nur
Für mich diesen Tag
Es fühlt sich zu schweren regen, es leidet

Absolut, absolut
Sie suchen die richtige Antwort auf die emotion
Wenn das Ende der schlechten Ende
Brauchen Sie nicht, dass beteiligt zu sein
In einer Entfernung von einem kleinen
Während der Wiedergabe der Arpeggio

Schwerer regen kehrt zur Hoffnung, Regen
Nur werden Sie noch gab es nur
So ist es nicht schwieriger, als Sie denken
so
Ich versuche, die schwere regen zurückzukehren Regen in der Hoffnung,

Absolut, absolut
Sie suchen die richtige Antwort auf die emotion
Wenn das Ende der schlechten Ende
Brauchen Sie nicht, dass beteiligt zu sein
In einer Entfernung von einem kleinen
Während der Wiedergabe der Arpeggio

Gefühle sind Pinsel,
Ich nahm möglich ist, in der Hoffnung.

Schwerer regen kehrt zur Hoffnung, Regen
Nur werden Sie noch gab es nur
So ist es nicht schwieriger, als Sie denken
so
Ich versuche, die schwere regen zurückzukehren Regen in der Hoffnung,

Arpeggio diesen Tag,
 verwirft nie die Vergangenheit nicht.
Verweigert der Macht,
jeden Tag eine negative Rendite,
die nicht gesehen werden kann, wird nie etwas bekommen.
so
Ich versuche, die schwere regen zurückzukehren Regen in der Hoffnung,

Vor allem aus dem Wort ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

pluie battante(French)

pluie battante(2017,French)

La pluie porte vers le bas
Juste un grain de gouttes d'eau est tombé sur la surface de l'eau
Pour tel, il ne
Pour moi, ce jour-là
Il se sent à la pluie lourde, il souffrait

Absolument, absolument
Vous recherchez la bonne réponse à l'émotion
Si la fin de la mauvaise fin
N'a pas besoin d'être impliqués que
A une distance d'un peu
Tout en jouant le arpège

retourne FORTES PLUIES la pluie Espérant
Seulement vous toujours là était juste
Il est donc pas plus difficile que vous le pensez
si
J'essaie de retourner la pluie dans l'espoir pluie

Absolument, absolument
Vous recherchez la bonne réponse à l'émotion
Si la fin de la mauvaise fin
N'a pas besoin d'être impliqués que
A une distance d'un peu
Tout en jouant le arpège

Les sentiments sont brosse,
Je pris est possible dans l'espoir.

retourne FORTES PLUIES la pluie Espérant
Seulement vous toujours là était juste
Il est donc pas plus difficile que vous le pensez
si
J'essaie de retourner la pluie dans l'espoir pluie

Arpège de ce jour-là, ne pas jeter le passé.
Refusé au pouvoir, tous les jours pour retourner un négatif qui ne peut pas être vu, jamais rien.
si
J'essaie de retourner la pluie dans l'espoir pluie

Tout d'abord du mot ...




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Chuva torrencial(Portuguese)

Chuva torrencial(2017,Portuguese)

A chuva estava usando para baixo
Apenas um grão de gotas de água caiu sobre a superfície da água
Para tal, só
Para me daquele dia
Ela se sente à forte chuva, ele estava sofrendo

Absolutamente, absolutamente
Olhando para a resposta correta para a emoção
Se o fim no final ruim
não precisa ser que envolveu
A uma distância de um pouco
Ao jogar o arpejo

chuva retornos pesados ​​à chuva Esperando
Só você ainda havia apenas
Portanto, não é mais difícil do que você pensa
assim
I tentar voltar a forte chuva na esperança chuva

Absolutamente, absolutamente
Olhando para a resposta correta para a emoção
Se o fim no final ruim
não precisa ser que envolveu
A uma distância de um pouco
Ao jogar o arpejo

Sentimentos são escova,
Peguei é possível na esperança.

chuva retornos pesados ​​à chuva Esperando
Só você ainda havia apenas
Portanto, não é mais difícil do que você pensa
assim
I tentar voltar a forte chuva na esperança chuva

Arpejo daquele dia, nunca mais descartar não o passado.
Negado no poder, todos os dias para retornar um negativo que não pode ser visto, nunca é conseguir nada.
assim
I tentar voltar a forte chuva na esperança chuva

Em primeiro lugar a partir da palavra ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain 豪雨(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、見えないマイナスを返す毎日は、何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/27

Erde der Persönlichkeit(German)

Erde der Persönlichkeit(2017,German)

Es kümmert Güte hören gut,
Es war leicht, sich vorzustellen,
Auch erhalten Mitgefühl
Das gleiche wie wichtig,
Ich bin von diesem Tag, das dringend die Traurigkeit zum Ausdruck zu bringen war, ich, ich habe es nicht gesehen

Sie können über das Know
Wenn das Wort nicht Mara nicht in die Form passen
verkratzt
Aber nur sagen, es ist
Ich denke, dass es nicht auf der Rückseite der Vorderseite des Lächelns des Auges wahrgenommen wird

Also, wenn nur jeder andere gegeben
Menschen schmerzhaft sein werden, wird es sich passieren
So kam ich hier,
Anzug nicht Worte auch, lassen Sie uns empfangenen

Es kümmert Güte hören gut,
Es war leicht, sich vorzustellen,
Auch erhalten Mitgefühl
Das gleiche wie wichtig,
Um euch an diesem Tag, die verzweifelt geworden ist, um die Traurigkeit, Hoffnung Ausdruck verleihen, und will es sehen

Sie können über das Know
Wenn das Wort nicht Mara nicht in die Form passen
verkratzt
Aber nur sagen, es ist
Ich denke, dass es nicht auf der Rückseite der Vorderseite des Lächelns des Auges wahrgenommen wird

Also, wenn nur jeder andere gegeben
Menschen schmerzhaft sein werden, wird es sich passieren
Also kommen Sie jetzt,
Anzug nicht Worte auch, lassen Sie uns empfangenen

Morgen, morgen, mit jedermann

Ab jetzt ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

Pedestrian(Portuguese)

Pedestrian(2008,Portuguese)

Como não precisam da atenção.
Paisagem ao redor é, entrando na pura.

Balão voou.
Em tempo hábil,
Nde voou para o meu lugar,
De repente para o lado,
Ele foi levado para o ansioso,
Entregou à garota.
Eu tinha um grande cara alegre.

De algum lugar,
Bubbles veio voando.
Até os velhos tempos perseguindo,
Tentei Nigiritsubuso,
Agora, crianças,
Duck você está indo Nigiritsubuso,
Quão longe voar,
Que os pontos de vista do além, muito divertido.

Mesmo assim, existem muitas pessoas.
Esta rua para proteger os utentes vulneráveis ​​da estrada é,
Mas um pouco abafado, agradável.
Ou entrou em todos felizmente lojas,
Ou não glee em apontando para alguma coisa,
Através da janela de mostra,
Ou enquanto passado nos olhos,
Colorido, a loja de cortina,
Ou tente um pouco fascinado.

Ele estacionou um carro de bombeiros vermelho.
Pergunto-me se alguma coisa havia a.
Depois que um pouco de paisagem chocante,
vento fresco, invadiram as estradas vicinais.

Foi também um lugar como este.
Tal, eu aprendi um pouco de emoção.

Vamos lá,
Signal foi visto.
O carro entrou em vista.
O sinal intermitente,
E pendurados nas pessoas que estão executando com pressa,
Parar a corrida sem propósito,
Vamos esperar aqui.

Hoje, se não o resto.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
歩行者天国(2008)

注意力のいらない通り。
周りの風景が、純粋に入ってくる。

風船が飛んできた。
タイムリーに、
僕の所に飛んできたんで、
ふっと手にとって、
不安そうに駆け寄ってきた、
女の子に手渡した。
すごい嬉しそうな顔をしてた。

どこかから、
シャボン玉が飛んできた。
昔は追いかけてまで、
握りつぶそうとしたけど、
今は、子供達が、
握りつぶそうとしてるのをくぐって、
どこまで飛んでいくか、
その先を眺めるのが、凄く楽しい。

それにしても、人が多い。
交通弱者を保護するこの通りは、
少し暑苦しいけど、心地よい。
みんな楽しそうにお店に入ったり、
何かを指差してはしゃいでいたり、
Show Windowの中を、
目にしながら通り過ぎたり、
色鮮やかな、カーテンショップに、
ちょっと見とれてみたり。

赤い消防車が停まっている。
何かあったのかな。
その少しショッキングな風景のあと、
涼しい風が、入り込んできた裏道。

こんな場所もあったんだ。
そんな、ささやかな感動を覚えた。

さあ、
信号が見えてきた。
車が見えてきた。
信号の点滅に、
慌てて走ってる人につられて、
目的もないのに急ぐのをやめて、
ここで待とう。

今日は、休みじゃないか。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Pouring Rain

Pouring Rain(2017,Retranslation)

It was raining.
Only one drop of water,
I fell to the surface of the water
That's it,
To me on that day,
I felt it was Pouring rain,
I was suffering

By all means, by all means,
Looking for correct answers to emotions,
If it's a bad end,
I'll not be involved
In a place far away
While playing the arpeggio

Pouring rain returns to Hoping Rain
Just to be you as it is
So it's not harder than you think
So
Let's return,
Pouring rain to Hoping Rain

By all means, by all means,
Looking for correct answers to emotions,
If it's a bad end,
Ill not be involved
In a place far away
While playing the arpeggio

I can vomit feelings,
Hoping to be picked up.

Pouring rain returns to Hoping Rain
Just to be you as it is
So it's not harder than you imagine
So
Let's return,
Pouring rain to Hoping Rain

Arpeggio of that day,
It's never a past to throw away.
With denial as a motive power,
Even if I return an invisible debt,
There's nothing to get.
Therefore,
Let's return,
Pouring rain to Hoping Rain

First of all, from that word ...




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Pouring rain(2017)

雨が降りつけていた
たった一粒の水滴が、
水面に落ちた
それだけなのに
あの日の僕には
それが豪雨に感じて、
悩んでいた

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから、思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

どうしても、どうしても
感情に正解を探して
バッドエンドにして 終わりにすれば
関わることをせずに済む
少し離れたところで
アルペジオを奏でたまま

気持ちは吐けて、
拾われることを期待して。

豪雨はHoping Rainに戻る
ただあったままの君になるだけ
だから、思うよりも難しくはない
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

あの日のアルペジオは、
決して棄てる過去じゃない。
否定を動力にして、
見えないマイナスを返す毎日は、
何も得ることはないよ。
だから
豪雨をHoping Rainに戻そう

まずはその言葉から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)
Retranslation
2017.11.16

スクランブル・ドーナッツ(Japanese)

スクランブル・ドーナッツ(2017,Japanese)

僕はずっと待っていた
何でそこを言ってもらえないのかって。
沢山書き込んだメモリーは
枝ばかりが集まり すぐに枯れる

そして繋がらない

ドーナッツ・ホールを見つめて
空いた穴 何故なんだ?と問う
でも寸前で気付くんだ
ドーナッツ・コールを受けて
あなたもここまで来たんだね。
空いた穴 ドーナッツのまま
流れてきた時間 それを受けて
穴を埋めていくつもりだよ

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終える。

ドーナッツ・コールに迷って
シンプルさ 遠ざかる感覚
やがて僕は壊れていった
ドーナッツ・コールを受けて
それで終わりと思うあなたは
空いた穴 ドーナッツの穴を
埋めようとした僕を 支配と呼んで
穴を探されて刺される、なぜ?

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終える。

変な奴だと言われても
支配者だと言われても
そんなつもりはないし
僕も思うより早く 引き渡す日が来る
その準備は今からスタートし
ドーナッツ・コールを終わりにして、

僕のドーナッツ・ホールを
まだ見ぬ君が埋めていく

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/04/26

试着听听森林(Chinese)

试着听听森林(2013,Chinese)


试着听听森林。

自己动手做是正确的。
为什么我躲在一个声音直到现在。

无法用言语浮动。
这样的一天到一天不休其次,
但是你要说还有什么在这里,
但不同的东西吃。

这是可怕的,
隐藏手口
它可能已经取得方式。

我失去了很多东西。
地位,荣誉,ä¿¡ä»»,生活。
它接着说已经过去了比什么都重要的时间。
我给它的范围应该是没有的地方,
它一直致力于伸出手来更多的时间。

这样的自己,还是正确的。

我现在,
可笑了弯路,
放眼未来看不见的黑暗。
我喝了药,
但要尽量消除它
它不会改变你的眼前,暗下去。
我累了。
这是在胸部什么,
烟雾是灰色的云。

在后卫
而靠在墙上满涂鸦,
的楚喜可以喝一小口。
但是缘故很长一段时间后。好事。
火车运行在头顶的声音是,
我们重拾他的镇静。

在另一个合适的句子和双关语
我说累了。

我试着听林。

自己没有错。
让我们并肩在任何句子。



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
森に訊いてみる(2013)


森に訊いてみる。

自分は正しかったのか。
今までなぜ声を潜めていたのか。

言葉が浮かばない。
そんな日々が延々と続いて、
だけど言いたいことはここにあって、
でも口にすると何か違う。

それが怖くて、
口元を手で隠す
ようになったのかもしれない。

いろんなものを失った。
地位、名誉、ä¿¡é ¼、生活。
何よりも過ぎていった時間。
僕はその届くはずない場所へ、
手を伸ばしさらに時間を捧げてきた。

そんな自分は、正しいのか。

僕は今、
とんでもなく遠回りな、
先の見えない闇を見てる。
僕は薬を飲んで、
それを晴らそうとするけど
目の前は変わらず、暗くなっていく。
そして僕はくたびれる。
胸の中が何かこう、
もやもやした灰色の雲のよう。

ガード下の
落書きだらけの壁にもたれかかって、
缶のチューハイを一口飲む。
久々の酒だ。酔いが回る。
頭上を走る電車の音が、
冷静さを取り戻してくれる。

もう適切な文章や語呂合わせには
疲れたといっていい。

森に訊いてみた。

自分は間違っていない。
どんなセンテンスでも並べてみよう。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Tierra de la personalidad(Spanish)

Tierra de la personalidad(2017,Spanish)

Es la bondad es el cuidado oír bien,
Era fácil imaginar
También recibirá la compasión
Lo mismo tan importante,
Soy de ese día que estaba desesperadamente para expresar la tristeza, que yo no lo vi

Puede tener los conocimientos
Si la palabra es Mara no encaja en el molde
se raye
Pero sólo dicen que es
Creo que no se nota en la parte posterior de la parte frontal de la sonrisa del ojo

Por lo tanto, si simplemente entre sí dado
La gente va a ser doloroso, pasará entre sí
Por eso vine aquí,
Traje no las palabras también, ha recibido permiten

Es la bondad es el cuidado oír bien,
Era fácil imaginar
También recibirá la compasión
Lo mismo tan importante,
Para este día de que se ha convertido en desesperada para expresar la tristeza, la esperanza y la quieren ver

Puede tener los conocimientos
Si la palabra es Mara no encaja en el molde
se raye
Pero sólo dicen que es
Creo que no se nota en la parte posterior de la parte frontal de la sonrisa del ojo

Por lo tanto, si simplemente entre sí dado
La gente va a ser doloroso, pasará entre sí
Dakara ahora vienen otros,
Traje no las palabras también, ha recibido permiten

Mañana, mañana, con nadie

A partir de ahora ...


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地球の性格(2017)

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってたあの日の僕は、それを見ていなかったんだね

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だからここに来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

思いやる優しさは良く聞くし、
想像もしやすいけど
思いやりを受け取ることも
同じくらい大切で、
悲しみを表現することに 必死になってるこの日の君に、それを見てもらいたいと願うよ

分かってはいても
その言葉が型に嵌まらないと
傷付いてしまう
でもそれを言うだけでは
目の前の微笑みの裏には気付かないと思うんだ

そう、与え合うだけだと
人は苦しくなる、すれ違っていく
だから今来た、
似合わない言葉も、受け取っていこう

明日も、明日も、誰とでも

今から…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist©)

地図と風景(Japanese)

地図と風景(2017,Japanese)

You open a map
If I look around
We feel like going, we go

I thought, but tomorrow
I thought but memories of a faraway day
そんな僕は
昨日来た場所に
辿り着けずに迷ってた
地図を目にしても
浮かび上がらない、
what do you do now?

僕も誰もが知ってるはずの
言葉が出てこなかった
何もかも疲れて 諦めようとした時
忘れてた、どこか懐かしい
言葉が降って来た
君が地図を開いて
僕が見渡していけば
前に進める気がするよ

Stacked logic
Instant quotes available
地図を見過ぎて
すれ違う人波に
ぶつかりそうになってた
地図を目にしても
赤い信号変わらない、
what do you do?

僕も誰もが知ってるはずの
言葉が出てこなかった
何もかも疲れて 諦めようとした時
忘れてた、どこか懐かしい
言葉が降って来た
君が地図を開いて
僕が見渡していけば
前に進める気がするよ

It's fun.
I'm going to have fun.

It's fun.
I'm going to have fun.

君が地図を開いて
僕が見渡して そして前へ

信号が青になる



(Takashi Hayashitani Pop poetrist)


(Designed by.Takashi Hayashitani)

Skyscrapers

skyscrapers(2017)

I'm troubled,
To be recognized,
I was crying for an old reason
Breathed in,
When passing by,
I forgot the reasons of the past

Compared to someone,
Become a competitive nature,
Exhausted,
I want to return to life-size.
Like surrounded by skyscrapers,
I felt lonely

Go ahead.
When I began to notice,
Know that "why?" Is unnecessary
The more I think it is,
A solution spills from next door
That's it.
Is that so?

I'm troubled,
To be recognized,
I was crying for an old reason
Breathed in,
When I arrived here,
I forgot about nature and reason

Compared to someone,
Looking for the visible height,
Exhausted,
I forget the depth.
Like surrounded by skyscrapers,
I felt lonely.

Go ahead.
When I began to notice,
Know that "why?" Is unnecessary
There's no need for the past to soak, talk,
I draw a solution from the neighbor.
That's it.
Is it such a thing.

Go ahead,
When I accepted it,
Before folding "why?"
I'll never put away the past days
Yesterday's solution begins
That's it.
Let's do that.

In your daily life,
Surely there is special



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Skyscrapers(2017)

悩み続けて、
認められたくて
僕は昔の理由を叫んでた
息をついて、
通り過ぎたとき
僕は昔の理由を忘れていた

他の誰かと比べようとすれば
背伸びのし合いになるし
疲れ果てて
戻りたい等身大
高層ビルに囲まれたような
孤独になるような気がした

前に進む。
気付き始めた頃、
「何で?」の要らないことを知る
それしかないと思い込むほど
隣から解決がこぼれる
そんなものだよ、
そうなのかな?

悩み続けて、
認められたくて
僕は昔の理由を叫んでた
息をついて、
ここに着いたとき
僕は自然と理由を忘れていた

他の誰かと比べようとすれば
目に見える高さを求めて
疲れ果てて
深さを忘れてる
高層ビルに囲まれたような
孤独になるような気がした

前に進む。
気付き始めた頃、
「何で?」の要らないことを知る
過去が染み渡り、
話す必要がなく
隣から解決を汲み取る
そんなものだよ、
そんなものかな。

前に進み、
受け入れた頃、
「何で?」と畳み掛ける前に
過ぎた日々を 添え置くこともなく
昨日の解決が始まる
そんなものだよ、
そんなものにしよう。

君のさりげなさの中に
きっと特別が込まれてる

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Retranslation
2017.10.25

göstermek için selam söyle(Turkish)

göstermek için selam söyle(2005,Turkish)

fena değil, aynı zamanda rezervasyonu olmayan için yapılır rağmen
Tercüme Sad gösteriyi bilmiyor ayakkabı geldi
Ben kahkaha da bana zorbalık olduğunu merak eminim?

oda üzerinde Perde
Ben ya da eğlenceli iki kişi outside'm yürüyen mutlaka merak
Hatta ayrıca sıkışık bir odada tavana görülen felsefede kepek var

It yeni üzücü gösterisi üzücü gösterisi var oluyor
Ama burada gülmek hep seni yorumuyla nazikçe alır

size bir şey söylemez için, ama kenar seninle kesmeliyim
Soğuk haber "Şimdi, şimdi ne yapacağız?" Geldi
Bana perde arkasında da eleştirdi bunun dışlanmışların yapacağını eminim?

onlar hiçbir ilişki kadar
Kesinlikle olmuş ya herkes ile bireyin eğlenceli dışında kaldırdı olurdu
Ayrıca sıkışık bir odada tavana baktı düşünüyorum ne

It yeni üzücü gösterisi üzücü gösterisi var oluyor
Ama burada gülmek hep seni yorumuyla nazikçe alır

Hep hayır bildirmeden vurmak söz ver
Sana açıklayacak
Ne de üzücü şarkı değil bu şarkı

It yeni üzücü gösterisi üzücü gösterisi var oluyor
Ama burada oturup hep seni yorumuyla nazikçe alır

It yeni üzücü gösterisi üzücü gösterisi var oluyor
Ama sadece senin yorumlanmasında
nazikçe burada gülmek Capture



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Say hello to show(2005)

予約なんてしてないのに 行いなんて悪くないのに
訳も解らず土足で やって来た Sad show
きっと僕をまた いじめては笑うんだろう?

カーテン越しの部屋
きっと外じゃ 楽しく二人で歩いてたりしてるんだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 哲学にでもふけているよ

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

君とは縁切ったはずなのに 君には何も言ってないのに
冷たいニュースが やって来た 「さあ、どうしよう?」
きっと僕をまた 裏で批判してのけ者にするんだろう?

関係ない彼らまで
きっと外じゃ 楽しくみんなで盛り上がったりしてるだろう
窮屈な部屋で天井でも見て 何を思う

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここで笑う

約束もなく 報告もなく いつもknockはなく
君に言い渡すだろう
悲しい歌も そうじゃない歌も

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で 優しく取り込んで ここに座る

It's sad show It's new sad show
だけど君なりの解釈で
優しく取り込んで ここで笑う

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/25

Προσπαθήστε ακούγοντας το δάσος(Greek)

Προσπαθήστε ακούγοντας το δάσος(2013,Greek)


Προσπαθήστε ακούγοντας το δάσος.

Κάντε στον εαυτό σας είχε δίκιο.
Γιατί έκρυψα φωνή μέχρι τώρα.

Οι λέξεις δεν μπορούν να επιπλέουν.
Τέτοια μέρα με την ημέρα είναι ατέλειωτα ακολουθείται,
Αλλά αυτό που θέλω να πω είναι εδώ,
Αλλά κάτι διαφορετικό και να τρώνε.

Είναι τρομακτικό,
Απόκρυψη από το στόμα το χέρι
Θα μπορούσε να κάνει τον τρόπο.

Έχασα πολλά πράγματα.
Κατάσταση, την τιμή, την εμπιστοσύνη, τη ζωή.
Πήγε το χρόνο που έχει περάσει περισσότερο από οτιδήποτε άλλο.
Ι εμβέλειά της δεν πρέπει να είναι μέρος,
Έχει αφιερώσει περισσότερο χρόνο άπλωσε το χέρι.

Τέτοια τον εαυτό σας, ή να διορθώσει.

Είμαι τώρα,
Γελοία μια παράκαμψη,
Κοιτάζοντας το σκοτάδι μπροστά από το αόρατο.
Ήπια το φάρμακο,
Αλλά όταν το Χαρασό
Δεν αλλάζει μπροστά στα μάτια σας, πηγαίνετε σκοτάδι.
Και έχω κουραστεί.
Τι είναι το στήθος,
Όπως της γκρίζα σύννεφα που δεν μπορεί να θεωρηθεί, όπως ομίχλη.

υπό φρούρηση
Και κλίνει ενάντια στον τοίχο γεμάτο γκράφιτι,
Το αλκοόλ μπορεί να πιει μια γουλιά.
Αλλά μετά από ένα μεγάλο χρονικό διάστημα από το αλκοόλ. Καλή σειρά του.
Ο ήχος μιας αμαξοστοιχίας στην εναέρια είναι,
Μας να ανακτήσει την ψυχραιμία του.

Σε μια άλλη κατάλληλη πρόταση και το λογοπαίγνιο είναι
Λέω κουρασμένος.

Προσπάθησα να ακούτε το δάσος.

Τον εαυτό σου δεν είναι λάθος.
Ας δίπλα-δίπλα σε κάθε πρόταση.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
森に訊いてみる(2013)


森に訊いてみる。

自分は正しかったのか。
今までなぜ声を潜めていたのか。

言葉が浮かばない。
そんな日々が延々と続いて、
だけど言いたいことはここにあって、
でも口にすると何か違う。

それが怖くて、
口元を手で隠す
ようになったのかもしれない。

いろんなものを失った。
地位、名誉、ä¿¡é ¼、生活。
何よりも過ぎていった時間。
僕はその届くはずない場所へ、
手を伸ばしさらに時間を捧げてきた。

そんな自分は、正しいのか。

僕は今、
とんでもなく遠回りな、
先の見えない闇を見てる。
僕は薬を飲んで、
それを晴らそうとするけど
目の前は変わらず、暗くなっていく。
そして僕はくたびれる。
胸の中が何かこう、
もやもやした灰色の雲のよう。

ガード下の
落書きだらけの壁にもたれかかって、
缶のチューハイを一口飲む。
久々の酒だ。酔いが回る。
頭上を走る電車の音が、
冷静さを取り戻してくれる。

もう適切な文章や語呂合わせには
疲れたといっていい。

森に訊いてみた。

自分は間違っていない。
どんなセンテンスでも並べてみよう。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Echo

Echo(2008)

Judgment that I can't decide by myself
Anyway, I'll listen to everyone's voice
The opposite message echoes like an Echo
After all it returns to the start

Whatever you wonder about getting lost
Pull out the overlapping voices many times
Just pick up what you like and try it

Look, see it in a whimsical judgment
So I should go where I want to go
The Echo staff score on the footsteps you give is made

Whatever you ask, it does not come nicely
It seems that someone else's voice is like that
If there is a condition that can be swallowed among them
Even if it hurts a bit, I should lend my ears

Whatever you wonder about getting lost
Push the Echo over and over again
Just pick up what you like and try it

You see, walk on the basis of judgment
So where shall we prepare to go next?
The Echo staff score on the footsteps that you emit is made

Lighting fixtures, even if the light does not shoot you
Cross the pedestrian as it is
In retrospect, I'm watching the blink of the signal

You can walk it and think about it
Now, where shall we prepare to go next?
The Echo staff score on the footsteps that you emit is made

You see, walking and worrying about it
So I should go where I want to go
The Echo staff score on the footsteps that you emit is made

One footprint, one note
One sound and one note
One sorrow, one note

Smiley songs are made



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Echo(2008)

自分ひとりでは決めかねる判断
とりあえずみんなの声を聞いてみる
正反対のMessageがEchoのように耳に響く
結局のところ振り出しに戻る

さあどうしようなんて迷っても
何重にも重なった声を掻き分けて
好きなものを拾って試してみるだけさ

ほら 歩いてごらん 気まぐれな判断で
だから行きたい所に行けばいい
君の発する足音にかかるEcho
五線譜は作られてく

どれを聞いてもしっくりこない
他人の声なんてそんなものだろう
その中で飲み込める条件があるなら
ちょっと痛くても耳は貸すべきさ

さあどうしようなんて迷っても
何重にも重なったEchoを掻き分けて
好きなものを拾って試してみるだけさ

ほら 歩いてごらん 根拠ない判断で
だから 次はどこに行く準備をしようか
君の発する足音にかかるEcho
五線譜は作られてく

照明器具、光が君を射していなくても
そのまま横断歩道を渡って
振り返りざまに信号の点滅を見てる

ほら 歩いてごらん 考えてもいい
さあ、次はどこに行く準備をしようか
君の発する足音にかかるEcho
五線譜は作られてく

ほら 歩いてごらん 悩んでもいい
だから行きたい所に行けばいい
君の発する足音にかかるEcho
五線譜は作られてく

足跡ひとつ、音符がひとつ
音ひとつ、音符がひとつ
悲しみひとつ、音符がひとつ

笑顔の曲が作られてく


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

melodinin Açık mavi(Tulkish)

melodinin Açık mavi(2013,Tulkish)

O şampanya ister
fantezi sözleri çıkıp olamaz
sonsuza dek düz bir yol bulduk için
Bu kalbin kolları çekmek için kaygı nedir?

Koltuğun köşesine bel bırakılıyor bugün metroyu
Hep aynı duyuru ve biraz gülmek

Toka Birini sevmek Toka duyguları iletmek
Böyle olanlar yerde unutulmuş olarak
Bu trende böyle Belki bunu kastettiniz

Yanıp sönen bir sokak ışığı gibi sırtımda gölge bakın
Güneş şey yapamaz için aynı şekilde yorgun karanlık olur
"Bir şey yapmazsan, bir şey hissediyorum eğer."
Benim kaymasını bugün şiirinde kriz böyle bir anlamda değişecek

Herkes parkı toz ruhunu değil atmak
Geri hiçbir aklı ya bugün bir şey acıyor oluyor

Şimdi hayat Toka Toka yere ait
görmezden Has görülebilir görünüyor
Fute çürüklüğü ben damlar favori müzik değilim

yörünge sezonu dışında bir havai fişek gibi sırtımda görülebilir
Güneş şey yapamaz için aynı şekilde yorgun karanlık olur
"Bir şey yapmazsan, bir şey hissediyorum eğer."
bugün şiirinde değişecek bana böyle bir duyarlılığa alınır

Seni görmek istiyorum
Sana "sen" olarak çağırmak görmek istiyorum
su akan Dalgaları, melodi şey bile
Hala yaşıyor olduğuna inanmak istiyorum benim

sezon dışı bir havai fişek gibi mucize görüş alanıma görülebilir
Değişmeyen gün hala Hihamatanoboru istiflenmiş
"Bir şey yapmazsan, bir şey hissediyorum eğer."
Bugünkü şiir yerine git bana böyle bir duyarlılığa alınır




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
水色の旋律(2013)

あのシャンパンファイトみたいな 
言葉の空想は出てこない
ずっとずっと真っ直ぐな道のり 解っているのに
この心の袖を引っ張る不安は何だろう?

今日も地下鉄に乗り 隅の席に腰を落とす
いつもと同じアナウンス 僕は少し笑う

誰かを愛するとか 気持ち伝えるとか 
どこかに忘れているような
もしかして それはこの列車の中なのかもね

点滅してる街灯みたいに 僕の背中に影が見える
何もしてないのに同じように疲れて 陽は暗くなる
「何かしなきゃ、何か感じなきゃ」
そんな危機感 僕をすり抜けて 今日の詩に変わっていく

誰もいない公園 砂埃 魂を投げる
心なしか今日は背中が何か痛いんだ

どこかに属するとか 今の生活とか 
見ているようで目をつぶってる
ふて腐れ 僕は好きな音楽 垂れ流すんだ

季節外れの花火みたいに 僕の背中に軌跡が見える
何もしてないのに同じように疲れて 陽は暗くなる
「何かしなきゃ、何か感じなきゃ」
そんな感性 僕を取り込んで 今日の詩に変わっていく

君に会いたい
「君」と呼べる君に会いたい
水の中に流れる波紋、旋律なんかも
まだ僕の中に生きてると信じたい

季節外れの花火みたいに 僕の視界に奇跡が見える
変わらない日常 それでも積み重ねて 陽はまた昇る
「何かしなきゃ、何か感じなきゃ」
そんな感性 僕を取り込んで 今日の詩に変えていく


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Візьміть ви сподіваєтеся(Ukrainian)

Візьміть ви сподіваєтеся(2017,Ukrainian)

Якщо біль, яку я отримую
Він не буде в очі до тих пір, поки немає дзеркала
Я так не хвилює прямо зараз
Це сталося перед трохи подряпина
Він не може піти, тому що він з'явиться
Це буде повторюватися багато разів

серйозна розмова
Причина, по якій так би мовити
Я не хочу бачити біль людей

Я сам, як хоче Кабай
В такий момент
Направляючи один крок ногою на кого-то ще
Як перестати турбуватися і почати жити тільки таку кількість
Я вважаю, так що тепер

Візьміть сподівається прийняти вам надію

Все, що я рухаю
Якщо є річ, яка може бути в очах, тому що добре, навіть коли щось
Якщо ви бачили, то чи чують
Трохи подряпини від I, який стався в передній частині очі
Розмірковуючи, тому що це буде здаватися
Я хочу повторити таким же чином,

серйозна розмова
Причина, по якій так би мовити
Не відвертайтеся очей на людей болю

Я сам, як хоче Кабай
В такий момент
Направляючи один крок ногою на кого-то ще
Як перестати турбуватися і почати жити тільки таку кількість
Я вважаю, так що тепер

Візьміть сподівається прийняти вам надію

Швидше за раніше, ніж пізніше
Події, такі, як повернутися на
При збереженні в кутку також бути в оці
Для того, щоб стежити за словами, навіть трохи
Ми збираємося стек
I I "Це не брехня."

Я сам, як хоче Кабай
В такий момент
Інший охоплення для кого-то другого
Як перестати турбуватися і почати жити тільки таку кількість
Я вважаю, так що тепер

Візьміть сподівається прийняти вам надію

Слово, яке видається
Замінити обіцянку назавжди
Борючись із таким тиском
А також народилася нова фраза
До наступного хтось
Раптово здати день обов'язково настане.

Я до нього
Співайте на повну потужність

Візьміть сподівається прийняти вам надію



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Take you hope(2017)

自分が受ける痛みなら
鏡でもない限り 目にすることはない
だから今は気にはならないけど
目の前で起きた ほんのちょっとのかすり傷は
見えてしまうゆえ 逃げられないし
何度も反復してしまうんだ

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みは見たくない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

自分が動く全てを
一度でもいいから 目にできることがあれば
どう見えてるか、聴こえてるかを
目の前で起きた 僕のちょっとのかすり傷を
見えてしまうゆえ 考えながら
同じように反復していきたい

真面目な話
そう言う理由で
人の痛みに目を背けない

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一歩足を向ける
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

すぐにでも
翻すような出来事
目にすることも片隅に置きながら
少しでも言葉が続くように
積み重ねていくんだ
『嘘じゃないよ』ってね

我が身、庇いたくなるような
そんな瞬間に
他の誰かに もう一つ手を伸ばす
そんな数だけ 道は開ける
今はそう信じてる

Take you hope Take you hope

発した言葉は
永遠に約束に換わる
そんな重圧と闘って
また新しいフレーズが生まれて
次の誰かに
ふと手渡す日がきっと来る。

それまで僕は
全力で歌うよ

Take you hope Take you hope



(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/24

Echo(Albanian)

Echo(2008,Albanian)

Aktgjykimi të paaftë vendoset vetëm me veten
Provoni kohë duke dëgjuar zërin e të gjithëve
E kundërta e saktë e Mesazhit jehon në veshët si Echo
Përsëri në fazë përgatitore në fund të fundit

Tani në qoftë se edhe pyesin duke u përpjekur për
Wade përmes zërave mbivendosura në shtresat shumë
Vetëm të përpiqet të marr atë që ju pëlqen

Në sy në këmbë vizitë vendim pakujdesshme
Unë shkoj në vendin që ju doni të shkoni në mënyrë
Echo simbol i stafit në bazë të gjurmëve të emetuara nga ju do të jetë bërë

Nuk ka ardhur mirë për të dëgjuar se si
Do një gjë të tillë si zëri i të tjerëve
Nëse ka një kushte swallowable në
Ajo duhet të japë veshin edhe lënduar pak

Tani në qoftë se edhe pyesin duke u përpjekur për
Wade nëpërmjet mbivendosjes Echo në shumë shtresa
Vetëm të përpiqet të marr atë që ju pëlqen

Në sy duke ecur vizitë bazë ka më ndershmëri
Pra, ajo që ne përpiqemi për të përgatitur për të shkuar diku tjetër
Echo simbol i stafit në bazë të gjurmëve të emetuara nga ju do të jetë bërë

Gjithashtu ndriçim ndeshjeve, drita nuk është duke treguar për ju
Siç është nëpër kalim për këmbësorë
Duke parë në sinjal ndezje të shikojnë prapa Zama

Unë gjithashtu mendoj se ju mund të shihni në këmbë Look
Tani, çfarë duhet të përgatiten për të shkuar diku tjetër
Echo simbol i stafit në bazë të gjurmëve të emetuara nga ju do të jetë bërë

Ajo gjithashtu trazuar vizitë për të ecur Shiko
Unë shkoj në vendin që ju doni të shkoni në mënyrë
Echo simbol i stafit në bazë të gjurmëve të emetuara nga ju do të jetë bërë

një gjurmë, vë në dukje një
një tingull, vë në dukje një
Një trishtim, vë në dukje një

Shkuarja në shumën prej një buzëqeshje është bërë


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Echo(2008)

自分ひとりでは決めかねる判断
とりあえずみんなの声を聞いてみる
正反対のMessageがEchoのように耳に響く
結局のところ振り出しに戻る

さあどうしようなんて迷っても
何重にも重なった声を掻き分けて
好きなものを拾って試してみるだけさ

ほら 歩いてごらん 気まぐれな判断で
だから行きたい所に行けばいい
君の発する足音にかかるEcho 五線譜は作られてく

どれを聞いてもしっくりこない
他人の声なんてそんなものだろう
その中で飲み込める条件があるなら
ちょっと痛くても耳は貸すべきさ

さあどうしようなんて迷っても
何重にも重なったEchoを掻き分けて
好きなものを拾って試してみるだけさ

ほら 歩いてごらん 根拠ない判断で
だから 次はどこに行く準備をしようか
君の発する足音にかかるEcho 五線譜は作られてく

照明器具、光が君を射していなくても
そのまま横断歩道を渡って
振り返りざまに信号の点滅を見てる

ほら 歩いてごらん 考えてもいい
さあ、次はどこに行く準備をしようか
君の発する足音にかかるEcho 五線譜は作られてく

ほら 歩いてごらん 悩んでもいい
だから行きたい所に行けばいい
君の発する足音にかかるEcho 五線譜は作られてく

足跡ひとつ、音符がひとつ
音ひとつ、音符がひとつ
悲しみひとつ、音符がひとつ

笑顔の曲が作られてく


(Takashi Hayashitani Pop poetrist) 

Merry

Merry(2013)

"Throw away" guaranteed everyday "
I'll go for a life without a map. "
Such a feeling if it says parenthesively
But as the sun is shining
Even if you drink whiskey
An irritating reality that I'm not intoxicated

As soon as I said "goodbye"
You're going away like someone else
"How are you?" "I got a voice

Hey you
Merry
Should I still stay?
Merry
Wouldn't have better let her go?
Merry
Feelings aren't yet in front of the path of thorns
Please tell me the phrase you can sing

Pull it out and throw it out everyday
Meaningless rotation
Go out and drink a bit of a bitter coffee
Yes, while the sun is shining
Imitate the wind by naming it as a meaningless walk

There's no incoming call
Scroll with looking at the cell phone many times

Hey you
Merry
Should I still bear it?
Merry
Her hand gradually moves away from here
Merry
Feelings aren't yet in front of the path of thorns
Please tell me the phrase you can sing

Pass the walk along the bus.
I'm screaming at the end of the road sunshine
Shadows appear
Endlessly to the dark white sky
To raise a voice that can't be expressed



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Merry(2013)

『“保証された毎日”捨てて 
地図の無い人生を行く』
カッコよく言えばそんな感じ
でも、陽のあたるうちに 
whiskey飲み干しても
酔わない僕に苛立つ現実

「さよなら」言った途端に 
君は他人の様に離れていって
『元気?』と声を掛けてきた

ねえ
Merry 
まだ僕は 居座るべきだったの?
Merry 
彼女の手 離さない方が良かったの?
Merry 
実感はまだない 棘の道を前にして
歌えるphrase 教えてください

前に出して、毎日捨てて 
意味の無いrotation
外に出て 少し苦めのcoffeeを飲む
そう、陽のあたるうちに
意味の無い 散歩と名付けて風に倣う

着信の無い 
携帯を何度も目にして Scrollする

ねえ
Merry 
まだ僕は 堪えるべきだったの?
Merry 
彼女の手 徐々にここから離れてく
Merry 
実感はまだない 棘の道を前にして
歌えるphrase 教えてください

散歩道を busに乗って通り過ぎてく
道路の先で 叫んでるsunshine 
影が映る
果て無く暗い 白い空に向かい 
言葉にできない 声を挙げる

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Afterimage Flashback(Cebuano)

Afterimage Flashback(2016,Cebuano)

"Sa wala pa kini nga tungod kay pagbuhat sa ingon usab karon?
Tungod kay ang tanan dinhi alang kaninyo dinhi ang husto nga tubag. "
Unya kita ang nanungas sa
Tungod kay wala kini,
Ako usab nga mahimong nag-inusara
Gigutom kalig-on nga kini mahimong miingon nga ang husto nga

Lang ang akong "? "Ang dili madugay
Kini usab sa sa "ang akong bugtong nga butang."
Ang kamahinungdanon sa maong usa ka pagbati
Ang usa ka kinaiya sa baga, gusto ko nga sa pag-ingon pinaagi sa pagdugang!
Karon nakadawat hilaw nga deal mao,
Kini mao ang pag-usab sa sa "mga sa unahan"!

"Tungod kay gihapon Siya mao ang usa ka matang guy
Sa halayo nga walay mahitungod sa, igo dili, ang mga kabus. "
Lakaw miagi sa usag usa diha sa kalolot
Apan kini dili,
Unsa kon ang "? Sa diha nga kini mao ang gitawag nga "
ako nice kon unsa ang imong isulti?

Lang ang akong "? "Ang dili madugay
Kini usab sa sa "ang akong bugtong nga butang."
Ang kamahinungdanon sa maong usa ka pagbati
Ang usa ka kinaiya sa baga, gusto ko nga sa pag-ingon pinaagi sa pagdugang!
Ang Usuwarai mao ang karon,
Kini mahimong sa istorya sa sa bandera!

Sa diha nga kini usab pag-ayo giisip sa kalibutan
Nga nga miingon nagdako.
Ang Matsuriage nga sinalsal sa mga prinsipyo
Kini nga dinalian.
Ang Dugang pa nga miingon
Magbasol, nga-atubang uban sa,
Pinaagi sa usa ka kantidad nga dili motalikod sa mga mata sa kahayag tinan-awan!

Lang ang akong "? "Ang dili madugay
Kini usab sa sa "ang akong bugtong nga butang."
Ang kamahinungdanon sa maong usa ka pagbati
Ang usa ka kinaiya sa baga, gusto ko nga sa pag-ingon pinaagi sa pagdugang!
Karon nakadawat hilaw nga deal mao,
Kini mao ang pag-usab sa sa "mga sa unahan"!



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)
残像フラッシュバック(2016)

『前はそうだから今もこうだろう?
皆こっちなんだからこっちが正解だ』
そうして受け流されてきた
そうじゃないから、
僕はひとりになっても
正しいと言える強さに飢えた

『何で僕だけ?』をやがて
『僕だけのもの』に変えていく
そんな気持ちの大切さを
文字を太くして、デカくして言いたい!
受けた仕打ちが今、
『越えたもの』に変わりつつあるんだ!

『どうせあいつはこんなやつだから
遠く触らず、当たらず、かわいそう。』
優しさはすれ違っていく
それじゃないけど、
『なら何だ?』と言われたら
僕はどう答えればいいだろう?

『何で僕だけ?』をやがて
『僕だけのもの』に変えていく
そんな気持ちの大切さを
文字を太くして、デカくして言いたい!
その薄笑いが今、
ストーリーのフラグになるんだ!

世の中を深く考えすぎだと
言われて育った。
祭り上げ叩かれて価値観を
押し付けられてきた。
またこう叫んだことを
後悔だ、と突き付けられても、
目を背けない分だけ光は見える!

『何で僕だけ?』をやがて
『僕だけのもの』に変えていく
そんな気持ちの大切さを
文字を太くして、デカくして言いたい!
受けた仕打ちが今、
『超えたもの』に変わりつつあるんだ!

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

One By One(Japanese)

One By One(2016,Japanese)

気兼ねなく話している そんなつもりでも
君から一言『格好つけている』なんて。
僕はありとあらゆる 思考を重ねて
無駄な堂々巡りも繰り返しながら
描いた自分でいたはずなのに。

努力で届かない 君との出会いは
全部『しょうがない』で流された。
僕は先を見て
『しょうがない』から始めていたら
どうしようもなくなっていた

One By One.
声も届かない遠い所は
そうして進んで 体感していく。
歩幅には限界があること。
そこに下を向かずに、
歩き続ける事を大切にして。

『何で駄目なんだ?』
『あいつと何が違うんだ?』
彼と僕とを計りにかけて理由を作る。
僕の努力の方向 変わることに疲れて
無駄な堂々巡りを繰り返しながら
疲れた自分に同意を投げ掛けた。

努力で届かない 君との出会いは
全部『しょうがない』で流してた。
その傷は無駄だと
『しょうがない』から始めていたら
癒えない言葉を抱えていた。

One By One.
声も届かない遠い所は
そうして進んで 体感していく。
歩幅には限界があること。
そこに下を向かずに、
歩き続ける事を大切にして。

見えていないところで、
君は試されている。

One By One.
声も届かない遠い所は
そうして進んで 体感していく。
歩幅には限界があること。
その幻滅を受け止めて、
歩き続ける事を大切にして。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




(Designed by.Takashi Hayashitani) 

MC(10,000 access)

MC(10,000 access)

Good morning.
It is Pop poetrist Takashi Hayashitani.
It opened from March 5 this year,
It is about two months soon.

Thanks to you
The number of views exceeded 10,000 PV.

thank you everyone.

Organizing my Facebook page is also in progress.
Works will be posted more and more!

Thank you also from today.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(10,000アクセス)

おはようございます。
Pop poetrist Takashi Hayashitaniです。
今年3月5日から開設して、
もうすぐ2ヶ月。

お陰さまで
閲覧数10,000PVを超えました。

皆さんありがとう。

Facebookページの整理も進行中。
作品もどんどん掲載します‼

今日からもよろしくお願い致します。

「 」(Swedish)

「     」(2017,Swedish)

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Det går utöver idag

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Det går utöver idag

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Dessutom går det bortom dag idag

Det finns ingen användning i trasiga minnen
Det finns ingen anledning längre tala
Dess oförmåga nu
Sedan kommer att ändra uttrycker

värsta ögonblick
Och kämpar just kamp
Jag sprang också, bortglömda av den tid
Det bästa tillfället var tänkt att en sida

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Det går utöver idag

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Det går utöver idag

Att vi fortsätter att representera
Att leva för mig
Kämpa för den ganska,
Dessutom går det bortom dag idag

Det finns ingen användning i trasiga minnen
Det finns ingen anledning längre tala
Dess oförmåga nu
Sedan kommer att ändra uttrycker

Det finns ingen användning i trasiga minnen
Förlorade inte vet vistelseort,
Redan nu sin maktlöshet
Sedan kommer att ändra uttrycker




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
「   」(2017)

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

最悪な瞬間
足掻くだけ足掻いて
走り過ぎ、忘れた頃に
最高の瞬間の1ページになっていた

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

表現していくことが
僕にとって生きることさ
戦うのではなくて、
今日もまた、今日を超えていくんだ

壊れた思い出に用はない
もう話す必要もない
その無力さを今
言葉に変えていくから

壊れた思い出に用はない
居場所分からず迷い、
その無力さも今
言葉に変えていくから

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/04/23

99F FENSTER(German)

99F FENSTER(2005,German)


Aufzug, tragen wird mich an den anorganischen
Es ist da, schöne Aussicht
In der obersten Etage des Zimmers

99 Bodenfenster sichtbar Landschaft
Nur das Dach des Gebäudes
Ich möchte dort drüben auf der anderen Seite des Fensters gehen
Gerecht zu werden, wenn es ein Flügel von hier zu Ihnen

Auch im Rückblick, wenn auch viel Glück
Leute, die ich bin ohne Flügel glücklich.
Geht die Treppe hinunter

99 Bodenfenster sichtbar Landschaft
„Wir sind zu Fuß in Richtung der Unterseite.“
Ich möchte dort drüben auf der anderen Seite des Fensters gehen
Gerecht zu werden sofort hier aus, wenn es ein Flügel

Auch im Rückblick, egal was du gesagt hast
Die Menschen sind Sie ohne Flügel glücklich.
Geht die Treppe hinunter

Dark Fire Escape heute
Steigen Sie still lief
Unerträglichen des Gases solcher täglichen
Es wird fristlos dekorieren

Auch im Rückblick, egal was du gesagt hast
Leute, die ich bin ohne Flügel glücklich.
Ich gehe Sie die Treppe hinunter, um zu sehen.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
99F WINDOW(2005)

エレベーター、無機質に僕を運んでく
辿り着いた、見晴らしのいい
最上階の部屋

99階の窓 見える風景は
ビルの屋上ばかり
窓の向こう あそこに行きたい
翼あれば ここから君に会えるのに

背中 眺めても、どう頑張っても
翼のない 僕は幸せな人。
階段を降りて 歩いて行ける

99階の窓 見える風景は
「下を向いて歩いてる」
窓の向こう あそこに行きたい
翼あれば ここからすぐに会えるのに

背中 眺めても、何を語っても
翼のない 君は幸せな人。
階段を降りて 歩いて行ける

今日も暗い非常階段
黙々と駆け降りる
気の狂いそうなそんな毎日は
気づかずに彩っていく

背中 眺めても、何を語っても
翼のない 僕は幸せな人。
階段を降りて 君に会いに行くよ。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Asking the forest

Asking the forest (2013)


I ask the forest.

Were you right?
Why were you hiding your voice until now?

No words come to mind.
Such days are going on endlessly,
But what I want to say is here,
But if you say it is something different.

I'm afraid of it,
Hide your mouth with your hand
It may have become like it.

I lost something.
Status, honor, trust, life.
The time passed past nothing.
To the place where it shouldn't reach,
I reached out and devoted my time.

Is such myself correct?

I'm now,
Trembly unrelated,
I'm watching the unseen darkness.
I have medicine,
I try to make it sunny
It doesn't change in front of me, it gets dark.
And I get tired.
Something in my heart like this,
It seems like a gray cloud that looked aloofing.

Under the guard
Leaning against the graffiti-sized walls,
Drink a bite of canned chuhai.
It's a long time for Liqueur. Sickness turns.
The sound of a train running overhead,
It regains calmness.

Already with appropriate sentences and puns
You can say that you are tired.

I asked the forest.

I'm not wrong.
Let's arrange any sentences.


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
森に訊いてみる(2013)


森に訊いてみる。

自分は正しかったのか。
今までなぜ声を潜めていたのか。

言葉が浮かばない。
そんな日々が延々と続いて、
だけど言いたいことはここにあって、
でも口にすると何か違う。

それが怖くて、
口元を手で隠す
ようになったのかもしれない。

いろんなものを失った。
地位、名誉、ä¿¡é ¼、生活。
何よりも過ぎていった時間。
僕はその届くはずない場所へ、
手を伸ばしさらに時間を捧げてきた。

そんな自分は、正しいのか。

僕は今、
とんでもなく遠回りな、
先の見えない闇を見てる。
僕は薬を飲んで、
それを晴らそうとするけど
目の前は変わらず、暗くなっていく。
そして僕はくたびれる。
胸の中が何かこう、
もやもやした灰色の雲のよう。

ガード下の
落書きだらけの壁にもたれかかって、
缶のチューハイを一口飲む。
久々の酒だ。酔いが回る。
頭上を走る電車の音が、
冷静さを取り戻してくれる。

もう適切な文章や語呂合わせには
疲れたといっていい。

森に訊いてみた。

自分は間違っていない。
どんなセンテンスでも並べてみよう。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)