About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/07/15

Εφαρμογή προβολής στη μουσική(Greek)

Εφαρμογή προβολής στη μουσική(2017,Greek)

Οι άνθρωποι περπατούν, περπατώ επίσης.
Δεν ξέρω που αντιμετωπίζει.
Περνάω μέχρι τώρα, εκείνο το άτομο
Υποτίθεται επίσης να με περάσει.
Μην ξεφύγετε από τον κανόνα μου
Εάν είστε συνειδητοί για την καταστολή
Ένα λευκό και μαύρο αυτοκίνητο πέρασε.

Αυτό που είπε
Λέγεται ότι όλοι είπαν
Αγνωστος
«ÎšÎ±Î¹ εσείς θα το κάνετε» όπως και ο αέρας
Νομίζω.
Γιατί, "Έχετε κανόνες για την πρόθεση;"
Δεν θέλω να το ακούσω,
Πρέπει να κάνω ό, τι λέει ο καθένας; "

Ελευθερία, ελεύθερα, οι άνθρωποι είναι μεταξύ τους
Ενώ το λέτε έτσι, κάντε το
Γιατί κάνετε γραμμές και περπατάτε με σειρές;

Ειδικά, δεν υπάρχει τέτοιο πράγμα.

Οι άνθρωποι υποφέρουν, υποφέρω επίσης.
Δεν ξέρω τι σκέφτεται.
Περνάω μέχρι τώρα, εκείνο το άτομο
Η καρδιά μου, η διέλευση είναι επίσης μέσα στην υπόθεση.
Μην ξεφύγετε από τον κανόνα μου
Εάν είστε συνειδητοί για την καταστολή
Το λευκό και το μαύρο αυτοκίνητο τραγουδούσαν γκρι

Αυτό που είπες
Λέγεται ότι όλοι είπαν
Αγνωστος
«ÎšÎ±Î¹ εσείς θα το κάνετε» όπως και ο αέρας
Λέω,
Γιατί έχετε κανόνες για πρόθεση;
Δεν θέλω να το ακούσω,
Πρέπει να κάνω ό, τι λέει ο καθένας; "

Ελευθερία, ελεύθερα, οι άνθρωποι είναι μεταξύ τους
Ενώ το λέτε έτσι, κάντε το
Γιατί περπατάτε σε σειρές σε σειρές;

Γιατί δεν θέλω κάτι, δεν υπάρχει.

Αυτό που είπες
Το πρόσωπο εκείνη την εποχή, η κλίμακα των λέξεων,
Συμπεριφορά μέχρι τότε,
Μιλώντας με άλλους ανθρώπους
Συλλέξτε όλα και δώστε απαντήσεις

Δεν θα έρθει απάντηση, η απάντηση δεν θα έρθει.

Υποφερω.

Δεν καταλαβαίνω τις λέξεις.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Аспирация, висока(Bulgarian)

Аспирация, висока(2017,Bulgarian)

Няма да решите волята ми
Няма да реша волята ти

Видях света пред очите ми
Задръжте колкото се може повече парчета, колкото можете да отговорите
Можех да ви представя
След това можете да докоснете света ...

Но си помислих, че нещо не е наред
Искам да пея песен, искам да кажа.
Това не е името на човека, за когото поискате.

Различен етап от миналата година
Разбира се, аз се чувствам тук
Но не искам думи
Честта, която продължаваше да тече,
Чувствах се някъде самотна

Аз ще взема волята си

Видях мечта пред очите си
Задръжте колкото се може повече парчета, колкото можете да отговорите
Можех да ви представя
След това обърнете очите си към света ...

Но си помислих, че нещо не е наред
Искам да пея песен, искам да кажа.
Това не е името на човека, за когото поискате.

Различен етап от миналата година
Разбира се, аз се чувствам тук
Но не искам думи
С честта, която продължи,
Не мога да се усмихна пред очите си

Вие решавате вашата воля

Мислех за щастието.
С нежелан глас
Като че ли да лети до света
Въпреки че влязох в къщата,
Искам да накарам песните да слушат

Вие решавате вашата воля

Аз също ще реша волята си.
Тази песен,
Искам да кажа навсякъде.

Сега,
Потвърдих го.

Потвърди това.



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
高い志(2017)

僕の意志をあなたは決めない
あなたの意志を僕は決めない

目の前には世界が見えた
応えられるだけのピースを持って
君に提示することはできただろう
そうすれば世界に触れられる…

ただ、何か違うと思ったんだ
僕は歌を歌いたい、伝えたい。
君の求めてる人の名前ではないんだ。

去年とは別のステージを
確かにここに、感じている
だけど望まない言葉を
流し続けた栄誉って、
どこか寂しいと感じたんだ

僕の意志は僕が決める

目の前には夢が見えた
応えられるだけのピースを持って
君に提示することはできただろう
そうすれば世界に目を向ける…

ただ、何か違うと思ったんだ
僕は歌を歌いたい、伝えたい。
君の求めてる人の名前ではないんだ。

去年とは別のステージを
確かにここに、感じている
だけど望まない言葉を
流し続けた栄誉で、
目の前は笑顔にならない

あなたの意志はあなたが決める

幸せを考えた。
望まぬ声かけで
世界に飛ぶくらいなら
家の中に籠ってでも、
歌を聴かせたいんだよ

あなたの意志はあなたが決める

僕の意志も僕が決める。
この歌を、
どこまでも伝えたいんだ。

それを今、
僕は確かめた。

僕は確かめた。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Scratch and scream and consolation solo

Scratch and scream and consolation solo (2016)

This scratch,
Feeling cut with a sharp knife
From an unexpected place
I was triggered
It looks like such a feeling

The passage of time
Even now I have such a face
If it gets scratched anyhow
Let's prepare such
As much as hated
It's easier for you to hate it
"I don't understand anyway"
Because I can evacuate.

In places where I can't see
One person just competing solo
I can't hear the hustle and bustle

Surely somewhere
The wound is only one time at that time.
I will tell you in the head.
But I would like to receive that.
Make a "trigger" for a moment
It looks like a "trap" around
"I don't understand anyway"
While hiding expectations

In places where I can't see
One person just a fantasy of a fantasy
Unscathed scenery shouts, will not reach

To accept is to lose
Accepting is dirty
I can't get out
I want to get out
It's obvious
"It's not your answer
That's not what I want. "

Will it notice?
In a similarly damaged blue room
You are screaming for a single injury

Concerto
In a place waiting for that voice
Please wake up and come.






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
傷と叫びと協奏独唱(2016)

この傷、
するどいナイフで切られた感覚
思いもよらぬところから
トリガーを引かれた
そんな感覚に似てるんだ

時は経ち
今もそんな顔をしてる
どうせ傷付くくらいなら
そんな準備をしておこう
嫌われるくらいなら
嫌わせた方が楽だ
「どうせ理解しない」と
避難ができるから。

目にもつかないところで
一人ただ 競争独唱
叫びの喧騒は聴こえていない

どこかできっと
傷はあの時の一回だけ、と
頭では言い聞かせてる
だけどその分をもらいたい
ちょっと「きっかけ」を作る
周りには「ç½ 」に見える
「どうせ理解しない」と
期待を隠しながら

目にもつかないところで
一人ただ 狂想独唱
無傷の風景 叫び、届かない

受け入れることは負けること
受け入れることは汚れること
抜け出せないのを
抜け出したいのを
分かりきっている
「あなたの言う 答えじゃない
欲しいのはそれじゃない」

気付くだろうか?
同じように傷付く青い部屋の中で
一人傷を叫んでいることを

協奏曲
その声を待っている場所に
目を覚まして、来てほしい。



(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Applying view to music

Applying view to music(2017)

People walk, I also walk.
I don't know where he faces.
I pass by now, that person
It's also supposed to cross me.
Don't jump out of my rule
If you're conscious of suppressing
A white and black car passed by.

What he said
It's said that everyone said
Unknown
"You too will do so" like air is issued
I think.
Why, "Do you have rules to intention?"
I don't want to hear it,
Do I have to do as everyone is saying? "

Freedom, freely, people are with each other
While saying so, do so
Why are you making rows and walking with rows?

Especially, there's no such thing.

People suffer, I also suffer.
I don't know what he thinks.
I pass by now, that person
My heart, crossing is also within the assumption.
Don't jump out of my rule
If you're conscious of suppressing
White and black car sang gray

What you said
It's said that everyone said
Unknown
"You too will do so" like air is issued
I say,
Why do you have rules to intention?
I don't want to hear it,
Do I have to do as everyone is saying? "

Freedom, freely, people are with each other
While saying so, do so
Why are walking in rows in rows?

'cause I don't want something, there's no.

What you said
The face at that time, the scale of words,
Behavior until then,
Talking with other people
Collect all and give answers

No answer will come, the answer willn't come.

I suffer.

I don't understand the words.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Ju

Ju(2017)

I don't want to know that
I never heard of it returning
Now it's as expected
Tired of without betraying
If it's 1
I want you to add 9, but you
I'll chant for the first time as "so"
1 + 1 + 1 + 1 + 1

Though it's seriously conscious
Service area of ​​important matter
Filled up satisfied
Sufficiency, severe at that time

Freedom, gone again

Itchy back says saying scratching there
Decades and "there" can't be scratched
Don't let your fingers hurt your eyes
Tired of without betraying
If it's 1
4 + 5 is fine, but you're
I'll chant for the first time as "so"
1 + 1 + 1 + 1 + 1

Though it's seriously conscious
Service area of ​​important matter
Filled up satisfied
Enough, ten times more
(Sadness 90, sorrow bitterness)

Freedom, gone again

What's visible
All "External legislation of self law"
In what I saw
I get the difference from myself
Even this servant
The right to think that I can't forgive you
If it doesn't exist
However
It gets crushed only if I say something

So get into trouble
1 + 1 + 1 + 1 + 1

1 + 1 + 1 + 1 + 1







(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ジュウ(2017)

それを知りたいわけじゃない
返ってくるのは 聞いたことじゃない
今となっては 予想通りの言葉で
裏切ることなくうんざりして
1というなら
9を足して欲しい、だけど君は
「だから」と始めて唱えてく
1+1+1+1+1…

重々承知なことだけど
重要事項のサービスエリア
突っ切って満たされて
充分、その頃にゃ重症で

自由、また消えた

痒い背中、そこを掻いてと言う
何十年と 「そこ」は掻かれない
指をさせない 視線配れないわけで
裏切ることなくうんざりして
1というなら
4+5でもいい、だけど君は
「だから」と始めて唱えてく
1+1+1+1+1…

重々承知なことだけど
重要事項のサービスエリア
突っ切って満たされて
充分、その頃にゃ十倍に
(悲しき90、悲しき苦渋)

自由、また消えた

目に見えるものは
全部「自分法治外法権」
目に見えたことで
全部自分との違いを受ける
この僕ですら
許せないなんて 思う権利は
ないかも知れないと
だけども
何も言わないとただ潰される

だから悩み込む
1+1+1+1+1…

1+1+1+1+1…


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/14

The Anthem of Devil

The Anthem of Devil(2016)

I was called a demon's face
From her got her first thought
I was casually told like BGM
It is still remembered clearly even now
Although it seems to be cursed by a mirror
I have been able to keep watching until now.

Why have you been disliked?
Why have you been betrayed?
While throwing out unnecessary things,
I pick out the answer,
why? why? why?
I haven't found it yet.

Fight, I always watch to win
Unnoticed in a conversation
I uttered words to beat you
To stop such a fight
Today also fight
The Anthem of Devil

Watch as fast as you wish to lament
I keep turning, but this heart
Changes casually like BGM
I'll still remember that clearly
It seems to be suspected to be a mirror
But I could believe and come.

Why have you been disliked?
Why did you go away?
While deciding what you don't need,
I'm squeezing the answer,
why? why? why?
I have not found it yet.

Fight, I was watching you always win
Unnoticed in a conversation
I uttered words to beat you
To stop such a fight
Today also fight
The Answer of Devil

Not singing to win
It doesn't scream to beat down
Just to do this
Now I'm looking for words and delivering it

Fight, I was watching you always win
Unnoticed in a conversation
Nothing left after defeating you
To stop such a fight
Today also fight
The Answer of Devil

The Answer of Devil

The Anthem of Devil






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
The Anthem of Devil(2016)

僕は悪魔の顔と呼ばれていた
初めて想いを寄せた彼女から
BGMの様にさりげなく言われた
それを今でも鮮明に記憶されてる
鏡に呪われそうだけど
今まで見続けては来れた。

何故嫌われてしまったの?
何故裏切られてしまったの?
要らない物を捨てながら、
答えを選び出してるけど、
何故?何故?何故?
まだ見つからない。

戦う、いつも勝つことを見てる
会話でもいつの間にか
君を倒す為に言葉発していた
そんな戦いを止めるために
今日も闘う
The Anthem of Devil

時計は嘆きたいくらいの速さで
回り続けてるけど、この心
BGMの様にさりげなく変わる
それを今でも鮮明に記憶させてく
鏡に疑われそうだけど
それでも信じては来れた。

何故嫌われてしまったの?
何故離れて行ってしまったの?
要らない物を決めながら、
答えを絞り出してるけど、
何故?何故?何故?
まだ見つからない。

戦う、いつも勝つことを見てた
会話でもいつの間にか
君を倒す為に言葉発していた
そんな戦いを止めるために
今日も闘う
The Answer of Devil

勝つために歌うわけじゃない
倒すために叫ぶわけじゃない
こうしているためだけに
今は言葉を探し、届けてるだけだ

戦う、いつも勝つことを見てた
会話でもいつの間にか
君を倒した後何も残らなかった
そんな戦いを止めるために
今日も闘う
The Answer of Devil

The Answer of Devil

The Anthem of Devil


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/13

Grabbing Klaxon

Grabbing Klaxon(2016)

Before going forward, like living hurry
I'm seen from their window.
So let's say what you felt
There's a braking somewhere.

From there, from there
I can hear horn from behind the window.
I'm not sure if it's "disturbing" or "helping".
But what I can only hear
I don't want to stop grabbing and responding.

If it's to respond to that wail
I was also allowed,
To someone's suffering and darkness,
A good permission to face each other
It's my energy to live.

From the other side, also from here
I can hear horn from behind the window.
Even if it signs "somehow"
Sometimes I feel sorry to respond.
Emotion is a continuation of words,
I couldn't grab it and I fell to a deep valley once.

If you grab that lamentation
I was also allowed,
To someone's suffering and darkness,
A good permission to face each other
It's my energy to live.

Even now I imagine ten times the fact
It's laughed at 100 times the truth and pointed at a finger.
It may be imagined such a thing.
But by grasping the horn one by one
I think that it's good to create 10 times the fact.

Grabbing a horn
If that is allowed,
To someone's suffering and darkness,
Facing each other and giving good permission
I ring the horn to get it.





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
クラクションを掴む(2016)

前に突き進む、生き急ぐ様に
彼らの窓から 僕は見られている。
だから感じたものを 口にすることを
どこかで歯止めをかけている。

あそこからも、そこからも
窓の奥からクラクションが聴こえる。
それが『邪魔だ』か『助けてくれ』かは良く分からない。
だけど、僕にしか聴こえないものを
掴み取って 応えていくのを止めたくはない。

その嘆きに 応えることなら
僕にも許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可が
僕の生きるエネルギーなんだ。

向こうからも、ここからも
窓の奥からクラクションが聴こえる。
それが『何とかして』のサインでも、
応えて悲しむ時もある。
感情は言葉の続きにあるもので、
掴み取れず 僕は一度深い谷底に落ちた。

その嘆きを 掴むことなら
僕にも許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可が
僕の生きるエネルギーなんだ。

今でも僕は 事実の10倍想像しては
真実の100倍 笑われ 指を指されている。
そんなことも 想像なのかも知れない。
だけど1つ1つ、クラクションを掴むことで
事実の10倍、創造するのは良いと思う。

クラクションを 掴むこと
それなら許されていて、
誰かの苦しみや闇に、
向き合って良い許可を
もらうため僕はクラクションを鳴らす。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/12

Feliz(Spanish)

Feliz(2013,Spanish)

"Tirar" garantizado todos los días "
Voy a ir por una vida sin un mapa. "
Tal sentimiento si dice entre paréntesis
Pero como el sol está brillando
Incluso si usted bebe whisky
Una realidad irritante que no estoy intoxicado

Tan pronto como dije "adiós"
Te vas como otra persona
"¿Cómo estás?" Tengo una voz

Eh, tú
Alegre
¿Debería todavía quedarme?
Alegre
¿No habría mejor dejarla ir?
Alegre
Los sentimientos no están todavía delante del camino de las espinas
Por favor, dime la frase que puedes cantar

Tíralo y lánzalo todos los días
Rotación sin sentido
Salir y beber un poco de un café amargo
Sí, mientras el sol está brillando
Imitar el viento al nombrarlo como un paseo sin sentido

No hay llamada entrante
Desplácese con mirar el teléfono celular muchas veces

Eh, tú
Alegre
¿Debería todavía soportarlo?
Alegre
Su mano se aleja gradualmente de aquí
Alegre
Los sentimientos no están todavía delante del camino de las espinas
Por favor, dime la frase que puedes cantar

Pase el paseo por el autobús.
Estoy gritando al final de la carretera de sol
Aparecen sombras
Sin cesar al oscuro cielo blanco
Levantar una voz que no se puede expresar



(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
Merry(2013)

『“保証された毎日”捨てて 
地図の無い人生を行く』
カッコよく言えばそんな感じ
でも、陽のあたるうちに 
whiskey飲み干しても
酔わない僕に苛立つ現実

「さよなら」言った途端に 
君は他人の様に離れていって
『元気?』と声を掛けてきた

ねえ
Merry 
まだ僕は 居座るべきだったの?
Merry 
彼女の手 離さない方が良かったの?
Merry 
実感はまだない 棘の道を前にして
歌えるphrase 教えてください

前に出して、毎日捨てて 
意味の無いrotation
外に出て 少し苦めのcoffeeを飲む
そう、陽のあたるうちに
意味の無い 散歩と名付けて風に倣う

着信の無い 
携帯を何度も目にして Scrollする

ねえ
Merry 
まだ僕は 堪えるべきだったの?
Merry 
彼女の手 徐々にここから離れてく
Merry 
実感はまだない 棘の道を前にして
歌えるphrase 教えてください

散歩道を busに乗って通り過ぎてく
道路の先で 叫んでるsunshine 
影が映る
果て無く暗い 白い空に向かい 
言葉にできない 声を挙げる

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

バイオレットの空(Japanese)

バイオレットの空(2008,Japanese)

人と向き合うことに、
疲れたのかもしれない。
ついつい、表情の背後に回って、
本当のところはどうなんだろう、
って
一人で悩みこんでしまう。

今日の仕事が終わった。
バイオレットの空、
陰になっている黒い木々、
冷たい風。
人のいない風景に、今日は慰められてる気がする。

明確な理由がないと、
信用できなくなったのは、
いつからだろう。
少し不機嫌な顔の原因を、
全部自分の中から
必死に探すようになったのは、
いつからだろう。

あの人は、
なぜ今会話のトーンが冷たいの?
なんて、
人のリズムを読み取って
不安になったのは、
いつからだろう。

僕は何か、
悪いことを言ったのか。
僕は何か、
外れたことを言ったのか。
常にぐるぐると回ってる。

気にかかる協調性。
だけど
話しかけるタイミングに
迷って疲れてしまう。
だから、一人でやる。
一人でやった方が、
エネルギーを使わない。

でもいつか、
手放しで安らげる場所を見つけたら、
今日を片隅に置いておきたい。
明日もまた、
青い空を見て、
言葉を得られるように。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)







(Designed by.Takashi Hayashitani)

2017/07/11

Return to prologue

Return to prologue(2017)

Starting Side story
Somehow far prologue
Rewinding, spending
It gets tired, but
Let's appreciate the miracle still going on

Hi, Hello

on the train
Even if you run at full speed
Run the same way rail
Then sit down
Let's write even a new song
'cause there's continuation there

Hi, Hello

If you go with someone's speech
As it is, drink liqueur quietly
Look a bit ahead in the future
I'll decide on this will afterwards

Collecting Side story
Somehow far prologue
When to rewind, make a mistake
I want to cry
Let's appreciate the miracle still going on

Hi, Hello

on the train
Even if you run at full speed
Run the same way rail
It will not rush.
I got off to such a feeling
'cause there's continuation there

Hi, Hello

If you go with someone's speech
As it is, drink liqueur quietly
Look a bit ahead in the future
Later, I'll ask this will

Still far prologue
Perhaps epilogue coming soon

Run the same way rail

There is continuity
Let's appreciate the miracle

Hi, Hello




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Return to prologue(2017)

始まってくSide story
何故か遠いprologue
巻き戻すこと、費やして
それに疲れるけど
まだ続く奇跡に 感謝しよう

Hi,Hello

電車の中
全速力で走っても
同じ様にレールを走る
それなら座って
新しい歌でも書いていこう
そこに続きがあるから

Hi,Hello

誰かの台詞で行くのなら
このまま静かに liqueurを飲んで
ちょっと先の将来を見て
後はこの意志に決めていく

かき集めるSide story
何故か遠いprologue
巻き戻す時を、間違えて
叫びたくなるけど
まだ続く奇跡に 感謝しよう

Hi,Hello

電車の中
全速力で走っても
同じ様にレールを走る
焦ることはないさ
そんな気持ちまで降りてしまって
そこに続きがあるから

Hi,Hello

誰かの台詞で行くのなら
このまま静かに liqueurを飲んで
ちょっと先の将来を見て
後はこの意志に聞いていく

まだ遠いprologue
多分すぐに来るepilogue

同じ様にレールを走る

そこに続きがある
奇跡に 感謝しよう

Hi,Hello

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/10

ブラックコーヒー(Japanese)

ブラックコーヒー(2008,Japanese)

blackは
僕を現実に戻してくれる。
理由は良くわからない。

hometownを出て、
昨日と同じ電車に乗ろう。

通りに自販機がある。
ちょっと
あったかい飲み物でも飲んで、
落ち着こうか。

黒い目。
黒い髪。
黒い服。
黒い空。

加えて今、
ブラックのホットのボタンを押す。
どうやら僕は、
ブラックが好きらしい。

座席に座ろうと思ったけど、
どこも
中途半端に空いていて、
座れそうに無いから、

やめにして、
ドアの近くでもたれかかってる。
嫌いなわけではないけど、
やっぱり
女性の隣は座りにくい。

窓の外を見ている。
・・訂正。
窓に映った、自分を見ている。
やっぱり痩せた。
それは否めない。
しかし、
窓の外 風景を見ると、
時間的なことを考えてしまう。

「明日を切り開こう」
「明日はきっと晴れるさ」
今、
そんな音楽を耳に入れてる。
ほんとう、どうなるのかな。

でも、とりあえず、
電車から降りないと、
始まらないだろう。

倒れるドミノのように、
一日が過ぎていくとしたら、
どうなんだろう。
いや、
実はそうなのかもしれない。

だからこそ、
考えながら、
実感しながら、
生きることが、
大切なのかも知れない。

そんなことを言っていたら、
降りる駅に着いた。
気がついたら、僕は
黒いラベルの空き缶を持ってた。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)




(Designed by.Takashi Hayashitani)

Stagepass

Stagepass(2016)

When I was in the classroom
I thought that was all it was.
There's no one different from here
So don't do it if you can't do it here
I regretted being denied.

Without knowing outside
The classroom takes old age
And when you hear it
It seems like that would be that much,
Those who were friendly
I've not seen you for a long time

If now,
I can't stay in the classroom, I don't want to.
If you're watching such time,
There's nothing I can't think of all being bad.
at least
There are only a few rooms.
I'm receiving a pass to see a wide world right now.

Using that path,
Even in a step it will change just by looking outside.
One day?
When crossing the old age class,
You should think that it was good with this.

That was the case.

Without knowing outside
The classroom takes old age
And when you hear it
It seems like that would be that much,
Those who were friendly
I've not seen you for a long time

If now,
I can't stay in the classroom, I don't want to.
If you're watching such time,
There's nothing I can't think of all being bad.
at least
There are only a few rooms.
I'm receiving a pass to see a wide world right now.

Using that path,
Even in a step it will change just by looking outside.
One day?
When crossing the old age class,
You should think that it was good with this.

That was the case.

Dark room
In a room where no one is present
I was also suffering.
I wanted to stop it.
In such a case, from somewhere
A voice caught that "You're important"
I thought so, I can live another day.
Even so,
If someone remembers the same feelings,
Next is the number I'll leave.

To be able to become that voice,
Ill continue to hope.





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Stagepass(2016)

教室の中で過ごしてた頃
それが全部だと思ってた
ここと違う人はいない、って
だからここでダメならダメなんだ、って
否定されてることを恨んでた。

外を知らないまま
教室は歳を取っていく
そしていざ聞けば
あれだけ楽しそうで、
仲が良かった3人は
ずっと会ってないんだって

もし今、
教室にいられない、いたくない
そんな時間を見てるのなら、
全部がダメだなんて思うことはない。
少なくとも
そこはほんの一部の部屋。
今、広い世界を見る パスをもらってるんだ。

そのパスを使って、
一歩分でも外を見るだけで変わるよ。
いつしか
歳を重ねた教室を横切るとき、
これで良かったと思えるはず。

僕はそうだった。

 å¤–を知らないまま
教室は歳を取っていく
そしていざ聞けば
あれだけ楽しそうで、
仲が良かった3人は
ずっと会ってないんだって

もし今、
教室にいられない、いたくない
そんな時間を見てるのなら、
全部がダメだなんて思うことはない。
少なくとも
そこはほんの一部の部屋。
今、広い世界を見る パスをもらってるんだ。

そのパスを使って、
一歩分でも外を見るだけで変わるよ。
いつしか
歳を重ねた教室を横切るとき、
これで良かったと思えるはず。

僕はそうだった。

暗い部屋
誰もいない部屋で
僕も悩んでた。
もうやめてしまいたい、って思った。
そんなとき、どこかから
「君が大切だ」って声がして、
もう一日生きていける、そう思った。
それも昔、
誰かが同じ思いをして残った声ならば、
次は僕が残す番だ。

その声になれることを
僕は望み続ける。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/09

Calm(Hungarian)

Calm(2017,Hungarian)

Végül,
A párbeszédablakban
Nincs semmi szava a szívemhez
Szomorúság a mosolyból,
Keresés, karcolás, megtalálás, sérülés

Hirtelen összeomlik
Egy hang, amit meg kell mondani
Kerestem a győzelmet vagy a vereséget, csak visszatértem.
Képzelet a mosolygó arc hátulján
Nyugtalanul éreztem magam, lezártam a fedelet
Fuss el az órától

Idő telik el.

Egy ilyen tájat csak egy ideig figyeltem,
Most azért jöttem, hogy letelepedjek
Ki akarsz nyerni?
Rendben,
Minél többet gondolsz, nem piszkos

Hirtelen összeomlik
Egy hang, amit meg kell mondani
Összeszerelnek a vonalai, és én csak visszamegyek.
Imagination egy kérdésre, amelyet szemmel kell látni
Nyugtalanul éreztem magam, lezártam a fedelet
A szavak elől menekülni

Idő telik el.

Egy ilyen tájat csak egy ideig figyeltem,
Most azért jöttem, hogy letelepedjek
Ki akarsz nyerni?
Rendben,
Minél többet gondolsz, nem piszkos

- Miért nem érted?
Miért nem ismeri el? "

- Miért nem érted?
Miért nem ismeri el? "

Nem fog megváltozni
Mindennapi mozgássá alakul

Egy ilyen tájat csak egy ideig figyeltem,
Most azért jöttem, hogy letelepedjek
Megálltam a versenyben.
Ilyenkor,
Észrevettem, ez a hely nem piszkos

Rendben

Rendben

Gyerünk, nyisd ki



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Calm(2017)

結局、
吹き出しの中から
心と繋がる言葉はない
その笑顔から悲しみを、
探し、傷付き、見つけ、傷付いた

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
そこで勝ち負けを探して、ただ帰ってる
目に映る 笑顔の奥への想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
時計から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
自分の台詞を並べて、ただ帰ってる
目に映る クエスチョンへの想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
言葉から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

それは音に変わることなく
日々の動きに変換される

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
僕は競うことをやめた
そんな時、
気が付いたんだ、ここは汚れていないよ

大丈夫

大丈夫

さあ、開いてごらん


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)