About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/07/22

MC (How do I want to go?)

MC (How do I want to go?)


Hello.
Long time no see.
Pop poetrist's
It's Takashi Hayashitani.

Thanks to you,
The number of views increased,
It has become possible to receive words and reactions from various places.
Thank you very much.

However,
As for me specifically as a poetrist,
What goals are you aiming for?
When thinking about it,
Although I have talked about before,
I would like to touch more people.
I'm thinking forward.
I definitely make progress.

However,
I also think that I shouldn't think about the future.

This concrete outlook,
I would like to think more than ever.


Although this word itself is ambiguous and it's touched,
It's for the past.
It was a conversation with myself.


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)


(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(今後どう進みたいか?)


こんにちは。
お久しぶりです。
Pop poetristの
Takashi Hayashitaniです。

お陰さまで、
閲覧数も増え、
各地から、言葉や反応をいただけるようになってきました。
ありがとうございます。

しかしながら、
自分は具体的にポエトリストとして、
どんなゴールを目指しているか?
ということを考えた時、
以前にもお伝えしたことはありますが、
より多くの方に触れていただきたい。
と思い前進してきました。
確実に前進はしています。

ただ、
その先を考えていかないと、とも思っています。

この具体的な見通しを、
これまで以上に考えていきたいと思います。


この言葉自体も曖昧で歯がゆいですが、
先のためです。
自分との会話でした。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Aplicando la vista a la música(Spanish)

Aplicando la vista a la música(2017,Spanish)

La gente camina, yo también camino.
No sé a dónde se enfrenta.
Paso por ahora, esa persona
También se supone que me cruza.
No salte de mi regla
Si eres consciente de suprimir
Pasó un coche blanco y negro.

Lo que dijo
Se dice que todo el mundo dijo
Desconocido
"Tú también lo harás", como se emite el aire
Creo.
¿Por qué, "Tienes reglas para la intención?"
No quiero oírlo,
¿Tengo que hacer lo que todos dicen? "

Libertad, libremente, las personas están entre sí
Mientras lo digas, hazlo
¿Por qué haces filas y caminas con hileras?

Especialmente, no hay tal cosa.

La gente sufre, yo también sufro.
No sé lo que piensa.
Paso por ahora, esa persona
Mi corazón, cruzar también está dentro de la suposición.
No salte de mi regla
Si eres consciente de suprimir
El coche blanco y negro cantaba gris

Que dijiste
Se dice que todo el mundo dijo
Desconocido
"Tú también lo harás", como se emite el aire
Yo digo,
¿Por qué tienes reglas de intención?
No quiero oírlo,
¿Tengo que hacer lo que todos dicen? "

Libertad, libremente, las personas están entre sí
Mientras lo digas, hazlo
¿Por qué caminar en filas en filas?

Porque no quiero algo, no hay.

Que dijiste
La cara en ese momento, la escala de palabras,
Comportamiento hasta entonces,
Hablar con otras personas
Recoger todo y dar respuestas

No habrá respuesta, la respuesta no vendrá.

Sufro.

No entiendo las palabras.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/21

First Deja Vu

First Deja Vu(2016)

This eyes for the first time, this ear
There's a memory that shook my heart even when I passed by.
But I didn't understand your name.
Time passed slowly,
To the number that came unexpectedly in the walking path
I was the second
I felt the first impulse.

Then it's as you can see
I listen without singing the same song 1000 times
That's me and I feel comfortable.

If there's anything moving at all
Second impulse suddenly visited

Like I heard it somewhere

Without being listened to by anyone
Even if I pass by Memory that I shook
I'll tell you the name of this song.
Time passed slowly,
The solution flew from the side, and
I was the second
I feel the first impulse.

Then it's as you can see
I listen without singing the same song 1000 times
That's me and I feel comfortable.

If there's anything moving at all
Second impulse suddenly visited

Like I heard it somewhere

Like I heard it somewhere

I feel it somewhere




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
ファースト・デジャ-ヴュ(2016)

初めてこの目、この耳
通り過ぎた時も 心が揺れた記憶がある
だけど君の名前まで分からなかった。
時がゆっくり経っていって、
散歩道で何気無く入ったナンバーに
僕は2回目の
初めての衝動を感じた。

それからは見ての通りさ
同じ曲を1000回 流さずに聴いてる
それが僕らしくて 心地よい。

少しでも動くものあれば
突然訪れる 2回目の衝動

どこかで聴いたような

誰に聴かれなくても
通り過ぎたとしても 僕が揺れた記憶で
君にこの曲の名前を伝える。
時がゆっくり経っていって、
解決は横から飛んできた、そして
僕は2回目の
初めての衝動を感じる。

それからは見ての通りさ
同じ曲を1000回 流さずに聴いてる
それが僕らしくて 心地よい。

少しでも動くものあれば
突然訪れる 2回目の衝動

どこかで聴いたような

どこかで聴いたような

どこかで感じてる


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/20

The beginning song

The beginning song(2007)

Although I came from a neighboring town, somewhat the world is different.
I thought that I don't want to,
After all looking around above,
The eyes become points.
Here my name
If you leave it carved somewhere
I feel like I can do something

If you don't make it in time,
The door closes in front of you, the train leaves.
I've no time to grieve it,
The same colored train will come again.

Oh in a fast-forward city
I managed to bring a dream.
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed

As much as music alone with klaxon
It resonates, but it does not match
Often it often comes true
Straying at the height of the building
Keep an eye on the guide
I got out of the station today.

I still have something to sing like this

Taxis and salaried workers
Which line is lining up?
Red face, shaking feet
Although the viewpoint isn't right
The face feels warm somewhat

Oh in a fast-forward city
I managed to bring a dream.
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed

Someday I'll be in this
Will it be massaged into dust?

Pillars of the pedestrian bridge Who wrote it
Strikeout which can't be said as words
Let's remember today and live.

Is it fast forwarding?
Feel impatient with the movement of the signal
Shaken by crowds
I mourn that the station is still there

Oh in a fast-forward city
Even now I've a dream
Shooked by crowds
Let's sing like not being destroyed






(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
始まりの歌(2007)

隣町から来たのに何だか世界が違う。
したくないと思っていたけど、
やっぱり上を見回して、
目が点になってしまう。
ここで自分の名前
何処かに彫り残しておけば
きっと何か やっていける様な気がして

間に合わないと駆け込んで
目の前でドアが閉まる、電車は去って行く。
それを悲しむ暇もなく、
また同じ色した 電車がやってくる。

ああ 早送りの街に
なんとか夢を運んで来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に 歌って行こう

klaxonだけで音楽になるくらい
鳴り響く、だけど合っていない
がっくり来ることが多い
ビルの高さに迷いつつ
案内に目を凝らして
今日も駅から抜け出た

こんな僕でも 歌えることはまだ残ってる

タクシーとサラリーマン達は
どっちが並んでるだろう?
赤い顔、ゆれる足元
視点は合っていないけれど
その顔はなんだか 暖かい感じがした

ああ 早送りの街に
なんとか夢を運んで来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に 歌って行こう

いつか僕もこの中で
揉まれて塵になってしまうのか

歩道橋の柱 誰が書いたのか
言葉とも言えない殴り書きを
今日も思い出して生きよう。

ああ 早送りなのか
信号の動きに焦り感じる
人ごみに揺らされる
まだその駅だと 嘆くけど

ああ 早送りの街で
今でも夢を抱えて来た
人ごみに揺らされて
壊されない様に歌って行こう


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/19

Anwenden der Ansicht auf Musik(German)

Anwenden der Ansicht auf Musik(2017,German)

Leute gehen, ich gehe auch.
Ich weiß nicht, wo er steht.
Ich gehe jetzt vorbei, diese Person
Es soll auch mich überqueren
Springe nicht aus meiner Herrschaft
Wenn Sie sich der Unterdrückung bewusst sind
Ein weißes und schwarzes Auto ging vorbei.

Was er sagte
Es wird gesagt, dass jeder sagte
Unbekannt
"Du wirst auch das tun", wie die Luft ausgegeben wird
Ich denke.
Warum, "Hast du Regeln zur Absicht?"
Ich will es nicht hören,
Muss ich tun, wie jeder sagt? "

Freiheit, frei, die Menschen sind miteinander
Während du so sagst, tu es so
Warum machst du Zeilen und geht mit Zeilen?

Vor allem gibt es so etwas nicht.

Menschen leiden, ich leide auch
Ich weiß nicht, was er denkt.
Ich gehe jetzt vorbei, diese Person
Mein Herz, Kreuzung ist auch innerhalb der Annahme.
Springe nicht aus meiner Herrschaft
Wenn Sie sich der Unterdrückung bewusst sind
Weißes und schwarzes Auto sang grau

Was hast du gesagt
Es wird gesagt, dass jeder sagte
Unbekannt
"Du wirst auch das tun", wie die Luft ausgegeben wird
Ich sage,
Warum hast du Regeln zur Absicht?
Ich will es nicht hören,
Muss ich tun, wie jeder sagt? "

Freiheit, frei, die Menschen sind miteinander
Während du so sagst, tu es so
Warum gehen sie in Reihen in Reihen?

Weil ich nichts will, da ist nein.

Was hast du gesagt
Das Gesicht zu dieser Zeit, die Skala der Worte,
Verhalten bis dahin,
Im Gespräch mit anderen Leuten
Sammeln Sie alle und geben Sie Antworten

Keine Antwort wird kommen, die Antwort wird nicht kommen.

Ich leide.

Ich verstehe die Worte nicht.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Prisoners without numbers

Prisoners without numbers(2016)

He calls it prison there
I can only see a room that I can name it.

Even where I can see it,
He appeals that he can't see.
To the strength of too many words,
I want to doubt whether I'm seeing hallucinations, but apparently it doesn't seem.

"Someone come quickly!
Open the key!
I don't want to be in such a place! "
I say
"The key isn't attached."
I don't have a door like this room
He knocks all the way.

It's just a room from me.
He is calling by number.
Today too, the number is different,
He doesn't recognize that.
Even if you appeal that it's not
Another number will be returned.

 "Someone come quickly!
Open the key!
I don't want to be in such a place! "
I say
"The key isn't attached."
I don't have a door like this room
He knocks all the way.

I can't find the answer.
I don't know if there's an answer.
I suffer. I suffer.
He also puts out a word saying "I'm worrying."
I cried, holding my head.
"Get out of here!"

One morning, one room.
A man entered the room and said:
"There have been no people here for a long time."



(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
番号のない囚人(2016)

彼はそこを監獄と呼んでる
僕には名前をつけるまでもない
部屋にしか見えない。

僕からは見える場所でも
彼は見えないと訴える。
あまりの言葉の強さに、
僕は幻覚を見てるのかと
疑いたくもなるけど、
どうやらそれはないようだ。

「誰か早く来てくれ!
鍵を開けてくれ!
こんな所にいたくないんだ!」
僕は言う
「鍵なんてついていません。」
ドアもないような この部屋を
彼はずっとノックしてるんだ。

僕からはただの部屋1つ。
彼は番号で呼んでる。
今日も番号は違うもので、
彼にその認識はない。
だから無いと訴えても
また違う番号が返ってくる。

 「誰か早く来てくれ!
鍵を開けてくれ!
こんな所にいたくないんだ!」
僕は言う
「鍵なんてついていません。」
ドアもないような この部屋を
彼はずっとノックしてるんだ。

答えが見付からない。
答えがあるかないかも分からない。
僕は悩む。僕は悩む。
彼も「悩んでる」と言葉を突く。
頭抱えて 僕はこう叫んだ。
「ここから出してくれ!」

とある朝、ワンルーム。
一人の男が部屋に入り、こう話した。
「長いことここには
人がいないんです。」

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/18

Fortfarande ljus(Swedish)

Fortfarande ljus(2016,Swedish)

När ljuset försvinner
Ju mer du stannar vid sidan
Du stirrar långt borta,
Jag pratar om det med ett leende hittills,
Den sorgen är för tung,
Jag ville springa iväg.
Men tills handen når axeln av den blicken,
Vid den tiden borde jag ha gått igenom.

Ljus är födt.
Ljuset kommer att försvinna.
Även om leendet har för mycket skillnad
Låt oss ändå nå ljuset.

I samtalet av radering metod utbyts
Ju mer du inte kan radera, ju mer du glömmer.
Oundvikligen finns det ingen tår, det är sorg.
Utan att säga vit eller svart också
Jag blir full av mörkret så mycket som sanningen jag vill ha.
Dess chans att det inte finns något ord, men det är tomt.

Ljus är födt.
Ljuset kommer att försvinna.
Även om det finns en skillnad i dess verklighet
Låt oss ändå nå ljuset.

Du kan behålla det som det är, eller hur?
Snart efter visste jag att jag också skulle försvinna
För att fortsätta söka efter ljus, fortsätt sjunga,
Om någon annans hand blir utsträckt, är det lätt?

Ljus är födt.
Ljuset kommer att försvinna.
Även om leendet har för mycket skillnad
Låt oss ändå nå ljuset.

Ljus är födt.
Ljuset kommer att försvinna.
Även om det finns en skillnad i dess verklighet
Låt oss ändå nå ljuset.






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/17

Карты и пейзажи(Russian)

Карты и пейзажи(2017,Russian)

Вы открываете карту
Если я осмотрюсь
Мы чувствуем, что идем, идем

Я думал, но завтра
Я думал, но воспоминания о далеком дне
мне нравится это
В том месте, где я пришел вчера
Я потерялся, не достигнув
Даже если вы видите карту
Не возникает, что вы теперь делаете?

Все должны знать и меня.
Никаких слов не вышло
Все устало и попыталось бросить
Я забыл, где-то ностальгический
Слова пришли
Вы открываете карту
Если я осмотрюсь
Мы чувствуем, что идем, идем

Сложенная логика
Доступны мгновенные кавычки
Посмотрите на карту слишком много
Человеку, проходящему мимо друг друга
Это должно было ударить меня.
Даже если вы видите карту
Красный сигнал не меняется, что вы делаете?

Все должны знать и меня.
Никаких слов не вышло
Все устало и попыталось бросить
Я забыл, где-то ностальгический
Слова пришли
Вы открываете карту
Если я осмотрюсь
Мы чувствуем, что идем, идем

Это весело.
Я собираюсь повеселиться.

Это весело.
Я собираюсь повеселиться.

Вы открываете карту
Я оглядываюсь, и мы идем





(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
地図と風景(2017)

君が地図を開いて
僕が見渡していけば
前に進める気がするよ

思い立ったが吉日
考え付いたが遠き日の記憶
そんな僕は
昨日来た場所に
辿り着けずに迷ってた
地図を目にしても
浮かび上がらない、さあどうする?

僕も誰もが知ってるはずの
言葉が出てこなかった
何もかも疲れて 諦めようとした時
忘れてた、どこか懐かしい
言葉が降って来た
君が地図を開いて
僕が見渡していけば
前に進める気がするよ

立ち並ぶロジック
インスタントに手に入る名言
地図を見過ぎて
すれ違う人波に
ぶつかりそうになってた
地図を目にしても
赤い信号変わらない、さあどうする?

僕も誰もが知ってるはずの
言葉が出てこなかった
何もかも疲れて 諦めようとした時
忘れてた、どこか懐かしい
言葉が降って来た
君が地図を開いて
僕が見渡していけば
前に進める気がするよ

楽しいんじゃない
楽しんで行くよ

楽しいんじゃない
楽しんで行くよ

君が地図を開いて
僕が見渡して 前に進む


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Still light

Still light(2016)

When the light disappears
The more you stay by the side
You stare far away,
I talk about it with a smile so far,
That sorrow is too heavy,
I wanted to run away.
But until the hand reaches the shoulder of that gaze,
At that time, I should have run through.

Light is born.
Light is going to disappear.
Although the smile has too much difference
Still let's reach for the light.

In the conversation of erasure method is exchanged
The more you can't erase, the more you forget.
Inevitably there's no tear, there's sorrow.
Without saying white or black as well
I'll be drunk by the dark as much as the truth I want.
Its chance that there is no word, but it is empty.

Light is born.
Light is going to disappear.
Although there is a difference in its reality
Still let's reach for the light.

You can keep it as it is, right?
Soon after I knew that I would also disappear
To continue to search for light, keep singing,
If someone else's hand gets stretched out, is it light?

Light is born.
Light is going to disappear.
Although the smile has too much difference
Still let's reach for the light.

Light is born.
Light is going to disappear.
Although there is a difference in its reality
Still let's reach for the light.






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/07/16

Application de la musique(French)

Application de la musique(2017,French)

Les gens marchent, je marche aussi.
Je ne sais pas où il est confronté.
Je passe à présent, cette personne
Il est également censé me croiser.
Ne sautez pas de ma règle
Si vous êtes conscient de la suppression
Une voiture blanche et noire passa.

Ce qu'il a dit
On dit que tout le monde a dit
Inconnu
"Vous aussi le ferez" comme l'air est émis
Je pense.
Pourquoi, avez-vous des règles à l'intention?
Je ne veux pas l'entendre,
Dois-je faire comme tout le monde le dit? "

La liberté, librement, les gens sont les uns avec les autres
Tout en le disant, faites-le
Pourquoi faites-vous des rangs et marchez-vous avec des rangées?

Surtout, il n'y a rien de tel.

Les gens souffrent, je souffre aussi.
Je ne sais pas ce qu'il pense.
Je passe à présent, cette personne
Mon cœur, le passage à niveau est également dans l'hypothèse.
Ne sautez pas de ma règle
Si vous êtes conscient de la suppression
La voiture blanche et noire a chanté le gris

Ce que tu as dit
On dit que tout le monde a dit
Inconnu
"Vous aussi le ferez" comme l'air est émis
Je dis,
Pourquoi avez-vous des règles à l'intention?
Je ne veux pas l'entendre,
Dois-je faire comme tout le monde le dit? "

La liberté, librement, les gens sont les uns avec les autres
Tout en le disant, faites-le
Pourquoi marchez-vous en rangées en rangées?

Parce que je ne veux pas quelque chose, il n'y en a pas.

Ce que tu as dit
Le visage à cette époque, l'échelle des mots,
Comportement jusqu'alors,
Parler avec d'autres personnes
Recueillez tous et donnez des réponses

Aucune réponse ne viendra, la réponse ne viendra pas.

Je souffre.

Je ne comprends pas les mots.




(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
視界を譜面にあてていく(2017)

人は歩く、僕も歩く。
彼がどこに向くかは解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の前を横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 通り過ぎていった

彼が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は思う。
何で、「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列を作って 歩くのはなぜ?

特にない、は無しだからね。

人は悩む、僕も悩む。
彼が何を思うか解らない。
今すれ違う、あの人が
僕の心、横切ることも、想定内。
My ruleが飛び出さないように
抑え込むこと 意識したら
白と黒い車が 灰色を歌った

君が言ったことが
皆の言ったことだと言われて
いつの間にか
「お前もそうしろ」的な空気を出される
僕は言う、
何で「意思にまでルールがあるんだ?
聞きたくもないのに、
皆が言ってるとやらないといけないの?」

自由、自由に、人はそれぞれと
そう言いながらそうして
ぞろぞろと列の中 歩くのはなぜ?

何か嫌だ、は無しだからね。

君の言ったこと
その時の顔、言葉の音階、
それまでの行動、
他の人との話し方
全部を集めて答えを出していく

回答は来ない、解答は来ない。

僕は悩む。

僕は言葉が分からない。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Tempo(agora) para se adaptar(Portuguese)

Tempo(agora) para se adaptar(2016,Portuguese)

As pessoas que me conhecem a mim mais do que não
A cor diferente de um ângulo diferente, no brilho das diferentes
Sabendo que a existência da imagem reflectida em ti,
Eu mais do que ninguém vai olhar para mim

Tal facto
E convenientemente esquecido fingir
Ele deixaria de andar esperar pela sua resposta

Enfrenta-lo como
Como eu continuar
Por ainda há um caminho
Ouça pesos dados

Que as pessoas saibam mais do que você não são
Mas eu acho que, no momento de um ângulo diferente
Em um dos ramos refletida de você, coisa inalterada
Você mais do que ninguém sabe que você

Tal facto
E convenientemente esquecido fingir
Palavras "É tudo", apontando assim o dedo

Então, como se enfrentam
Como continuar a falar
Que ainda há um caminho
Conhecer a bondade dadas

Mesmo que o não querer rever de tempos em tempos
Torna-se o humor que você deseja apagar todos
Para jogar em volta de mim no passado
Derramamento e "Vamos, tentando desviar",
Coloque uma mão no meu ombro ruim,
Que detenha, repita
Ontem de voz, preencha a voz de hoje
No curso de apenas mais rápido do que eu penso
Caso eu notei

Tal dias
Para alguém que foi para convenientemente olho
dependentes I palavra, resultando em espera quer

Há como Enfrentando
Ou continuar a atender como
Que ainda há um caminho
Ouvir quando administrado

Torne-se cansado de avaliação de tempos em tempos
pessoas puxão no humor parecia tudo
Ele vai mostrar meu passado
Derramamento e "Vamos lá, trabalhar duro",
Coloque as mãos sobre os fracos meu ombro,
Que detenha, repita
A voz de hoje, cheio de agora de voz
No curso de apenas mais rápido do que eu penso
Devo construir

As pessoas que me conhecem a mim mais do que não
Que as pessoas saibam mais do que você não são
Recebeu tenho de ontem,
Entreguei agora,
Esperar por amanhã para vir.
Repeti-lo, repetir, repetir.

novo você
Você sempre vai encontrar você em primeiro
Eu quero estar com essas palavras




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
時間(いま)に当て嵌める(2016)

僕を僕以上に 知る人はいない
違う角度から 違う色、違う明るさで
君に映る絵の存在を知りながら、
誰よりも僕は僕を見ていく

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
君の答えを待ち 歩くのをやめてしまう

それをいかに向き合って
いかに思い続けるか
まだ 道があることで
授かれた重さを聴く

君を君以上に 知る人はいない
違う角度から 僕は時に言い当てるけれど
君の映る枝の一つで、変わらないことは
誰よりも君は君を知ってる

そんな事実を
都合良く忘れたフリをして
「それが全てだ」と 言葉、指をさしてしまう

そこでいかに向き合って
いかに話し続けるか
まだ 道があることに
授かれた優しさを知る

時々見直すのも嫌になって
全部消したい気分になってくる
過去に僕を丸投げして
「さあ、寄り道しよう」とこぼす、
ダメな僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
昨日の声、今日の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
気付いていけばいい

そんな毎日を
都合良く目についた誰かへ
僕は依存して 言葉、欲して待ってしまう

そこにいかに向き合って
いかに応え続けるか
まだ 道があることに
授かれた時を聴く

時々見直すのが嫌になって
全部見えた気分で人を突く
過去の僕を見せていって
「さあ、頑張ってます」とこぼす、
弱い僕の肩に手を置いて、
引き止める事、繰り返す
今日の声、今の声で埋める
思うより早く過ぎていく中で
築いていけばいい

僕を僕以上に 知る人はいない
君を君以上に 知る人はいない
昨日からもらい受け、
僕は今に引き渡して、
明日が来るのを待つ。
それを繰り返す、繰り返す、繰り返す。

新しい君を
常に君が最初に見付けてく
そんな言葉でありたい


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

Kalm(Dutch)

Kalm(2017,Dutch)

Ten slotte,
Uit het dialoogvenster
Ik heb geen woorden om met mijn hart te verbinden
Verdriet uit die lach,
Zoeken, krassen, vinden, beschadigd

Plotseling zal het instorten
Een stem om te vertellen
Ik zocht naar overwinning of nederlaag daar, ik ben net terug.
Verbeelding aan de achterkant van het lachende gezicht
Ik voelde me daar ontsteld en sloot het deksel dicht
Loop weg van de klok

De tijd gaat voorbij.

Ik keek zo'n landschap tot een tijdje geleden,
Ik kwam hier om nu te gaan liggen
Wie probeer je te winnen?
Okee,
Hoe meer je denkt, het is niet vies

Plotseling zal het instorten
Een stem om te vertellen
Ik lijn mijn lijnen en ik ben net terug.
Verbeelding op een vraag die door de ogen wordt gezien
Ik voelde me daar ontsteld en sloot het deksel dicht
Om te ontsnappen aan woorden

De tijd gaat voorbij.

Ik keek zo'n landschap tot een tijdje geleden,
Ik kwam hier om nu te gaan liggen
Wie probeer je te winnen?
Okee,
Hoe meer je denkt, het is niet vies

'Waarom begrijp je het niet?'
Waarom kan je het niet erkennen? "

'Waarom begrijp je het niet?'
Waarom kan je het niet erkennen? "

Het zal niet veranderen in geluid
Het wordt omgezet in dagelijkse beweging

Ik keek zo'n landschap tot een tijdje geleden,
Ik kwam hier om nu te gaan liggen
Ik stopte concurreren.
Op dat moment,
Ik merkte op, deze plek is niet vies

Okee

Okee

Kom op, maak het open




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
Calm(2017)

結局、
吹き出しの中から
心と繋がる言葉はない
その笑顔から悲しみを、
探し、傷付き、見つけ、傷付いた

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
そこで勝ち負けを探して、ただ帰ってる
目に映る 笑顔の奥への想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
時計から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

ふと気付くと、倒れそうになる
伝えるための声なのに
自分の台詞を並べて、ただ帰ってる
目に映る クエスチョンへの想像
そこに悩む顔した、蓋を閉じて
言葉から逃げていく

時は過ぎていく

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
君は誰に勝とうとしてるの?
大丈夫、
君が思うほど、そこは汚れていないよ

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

「どうして理解されないんだ?
どうして認められないんだ?」

それは音に変わることなく
日々の動きに変換される

そんな風景をさっきまで見ていて、
今、落ち着く場所に来たんだ
僕は競うことをやめた
そんな時、
気が付いたんだ、ここは汚れていないよ

大丈夫

大丈夫

さあ、開いてごらん


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)