About."Pop Poetrist"

自分の写真
Pop Poetrist Country:Japan Birth:20/7/1980 I introduce lyrics and design. Lyrics utilize translation tools and try also overseas languages.

2017/08/12

Third Man

Third Man(2017)

In the other side, "he's evil"
Here 'he's cruel'
In a conversation, in between
Either way it sounds legitimate,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Look at the place where white and black are combined
Third man

In the other side "I'm not bad"
At this time "he's bad"
Pick up whispers, get into ears
Both of them feel right,
Third man suffering from contradiction

White / Black, Black / White
Returning like Othello
Which will win, which is justice?
Third parties away from such circle

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
See the place where justice was combined
Third man

Faced to defeat,
The moment of winning
Without even noticing it even
You're knocked down

Nobody hurt
Thinking seriously about such an indulgence
Survive without winning or losing
Third man




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
第三の男(2017)

向こうでは「あいつは悪だ」
こっちでは「奴は残酷だ」
言い合いの中、間に入っては
どっちもまともに聴こえて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
白と黒を合わせた先を見る
第三の男

向こうでは「僕は悪くない」
こっちでは「奴が悪いんだ」
囁きを拾う、耳に入っては
どっちもまともに感じて、
矛盾に悩み込む 第三の男

白か黒、黒か白
Othelloのように返し合い
どちらが勝つか、どちらが正義か?
そんな輪から自ら離れたサードパーティー

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
正義を合わせた先を見る
第三の男

倒すために向き合って、
勝った瞬間
それすらも気付くことなく
君は倒される

誰も傷付けない
そんな甘えたことを、本気で考えて
勝敗を外して生き残る
第三の男

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/11

MC(Become become)

MC(Become become)

Good morning.
Japan is in the morning.
"Typhoon"
Due to the period of heavy rain,
I wondered if it gets wet in the rain but also in poetry?
I think everyday.



Thanks to you, Poetry
"Become"
Exceeded 2,000 PV.
Thank you very much.
I wrote it for those with mental disabilities,
It would be greatly appreciated if you don't like it,
feel the courage and power.


Well then, also.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
MC(Become become)

おはようございます。
日本は朝。
「台風」という、
暴風雨が多い時期のため、
雨に濡れてまたポエトリーでも浮かばないかな?と思う毎日です。



お陰さまで、ポエトリー
「Become」
が2,000PVを超えました。
ありがとうございます。
精神の障害を持つ方に向けて書きましたが、
そうでない方にも、勇気や力を感じていただければ幸いです。


それでは、また。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/10

Jumping down

Jumping down(2016)

Sunflower didn't bloom only in my bowl.
Was it all started at that time?
Just go up and just wish you could get off
Jump down and break your bones
I know that it hurts.
Repeat such a thing

An enemy appeared! How many times have you been in this?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are searching for a hand (there's nothing there)
If it was right it won,
Even losing anything until you win.

I know because I became alone.
Even if you do, you will not come.
But I am right there as soon as I reach out.
That's how it felt.

An enemy appeared!
Is that really true?
Even though we are sometimes accused
To the imagination of the moment without it
Even if you are looking for a hand (so there's nothing)
It was a momentary momentary leak,
Am I not asking about it again?

I know because I became alone.
Even if you do, you'll not come.
But I'll turn around if you call out.
That place is.

How many times
Did you jump off the athletic?
Did you break my bones?
Only one Graduation
I was happy at that time
Now I want to apologize for that background.

I know because I became alone.
The more you think about it, the more enemies will grow.
But I'll turn around if you call out.
'cause that is the only difference.

Even if you do, you'll not come.
Even if you do, you'll not come.
That's why I was closed.
'cause someone opened it now.
That gratitude will be handed over.








(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
ジャンピング・ダウン(2016)

僕の鉢にだけ 向日葵が咲かなかった。
その時に全部始まっていたのか?
上るだけ上って ただ降りればいいのに
飛び降りて骨を折って
痛い事を知る。そんな事の繰り返し

敵が現れた!これで何度目だ?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(そこには何もないし)
それが正しければ勝ってきたし、
勝つまで幾らでも負けていく。

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも手を伸ばせば すぐそこにいる。
そんな気がする。

敵が現れた!本当にそうなのか?
ただ時にあれこれ 罵られても
無いものねだりの空想に
手を探られても(だから何もないし)
それは一時の心が漏れただけで、
僕はまたそれを問い詰めてないか?

一人になったから 僕は知っている。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その場所はある。

僕は何回
アスレチックから飛び降りた?
骨を折った?
たった一人のGraduation
あの時は嬉しかったけど
今はその背景に謝りたくなる。

一人になったから 僕は知っている。
思えば思うほど、敵は増える。
でも声をかければ 振り向いてくれる。
その違いだけだから。

ねだっても、ねだっても、人は来ない。
ねだっても、ねだっても、人は来ない。
だから僕は閉め切っていた。
誰かが開けてくれたから今がある。
その感謝は、引き継がれる。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/09

Światło ciągłe(Polish)

Światło ciągłe(2016,Polish)

Kiedy światło znika
Im więcej będziesz z boku
Ty gapisz się daleko,
Mówię o tym z uśmiechem do tej pory,
Ten smutek jest zbyt ciężki,
Chciałem uciec.
Ale dopóki dłoń nie dotrze do ramienia tego spojrzenia,
W tym czasie powinienem był przejechać.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć uśmiech ma zbyt wiele różnic
Nadal niech sięgnąć po światło.

Podczas rozmowy metody wymazywania wymieniane są
Im więcej nie możesz wymazać, tym więcej zapominasz.
Nieuchronnie nie ma łez, jest smutek.
Nie mówiąc ani biało-czarne
Będę pijany przez ciemność, tak jak prawda, którą chcę.
Jego szansa, że ​​nie ma słowa, ale jest pusta.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć jest różnica w jej rzeczywistości
Nadal niech sięgnąć po światło.

Możesz zachować to tak, jak jest, prawda?
Wkrótce potem wiedziałem, że zniknę
Aby nadal szukać światła, nadal śpiewaj,
Jeśli ktoś wyciągnie rękę, czy jest lekki?

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć uśmiech ma zbyt wiele różnic
Nadal niech sięgnąć po światło.

Światło rodzi się.
Światło zniknie.
Choć jest różnica w jej rzeczywistości
Nadal niech sięgnąć po światło.






(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
それでも光を(2016)

光消えた時
側に居れば居るほど
あなたはどこまでも遠い所を見つめて、
笑顔でこれまでを語るけど、
その悲しみが重過ぎて、
逃げてしまいたくなった。
だけどその視線の肩に手が届くまで、
あの時僕は、駆け抜けられたはずなんだ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

消去法の会話が交わされる中で
消去できないものほど忘れて行く。
その必然に涙の無い、哀しさがある。
白とも黒とも言われない中で
欲しい真実ほど闇に飲まれて行く。
その偶然に言葉の無い、空しさはあるけど。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

このままで良いんだよね?
やがて僕も消えて行く事を知りながら
光を探し続ける事が、歌い続ける事が、
誰かの手が伸ばす、光になるんだよね?

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その笑顔に余りの違いはあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

光は生まれていくもので
光は消えていくもの。
その現実に余りの違いがあるけれど
それでも光に手を伸ばしていこうよ。

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/08

Schnittansicht eines Regenbogens(German)

Schnittansicht eines Regenbogens(2013,German)

Auge weg von nichts Konversation
Während weiter zu sagen, dass es schön ist
Ich gucke am achromatischen Regenbogen

Ich frage meine Freunde nicht um Rat
Ich bin weg von der Menge,
Ich werde sehen, bis Platinregen aufhört.

Die Romantik, von der ich geträumt habe, war ein Plastik.
Es hörte auf zu regnen und in einen Regenbogen von sieben Farben zu schneiden.
Tränen in der offensichtlichen Antwort, beim Verschütten
Ich habe Lieder geschrieben

Diese Zeit ist schon so viel von diesem Tag vergangen.
Während er fortfährt, Tugend zu erbrechen, Meinung, Zögern,
Ich sehe den achromatischen Regenbogen.

Durch das Bedauern des Bedauerns,
Ich bin weg von der Menge,
Ich werde sehen, bis Platinregen aufhört.

Wie bunt ist die Liebe plastisch.
Der Regen hörte auf,
Es schneidet in den Regenbogen der sieben Farben,
Ich sah den Abschnitt,
Ich sah es an
Beim Blick auf den Himmel zu einer natürlichen Antwort,
Ich bezweifle das.

Weit weg,
Weit weg wie diese Landschaft,
Die Realität, dass es etwa 3 Schritte vergeht.
Verloren im Meer von "stillschweigende Zustimmung"
Ich habe meine Knie gestohlen.
"Lass uns mit einem Lächeln auf das und jemand anderes durchgehen."
Es ist komisch.
Jeder beobachtet mich Im Falle von
Hang auf das Wort Gleichgültigkeit.

Die Romantik, von der ich geträumt habe, war ein Plastik.
Der Regen hörte auf,
Ich habe versucht, einen Regenbogen der sieben Farben zu schneiden
Beim Blick auf den Himmel zu einer natürlichen Antwort,
Ich glaube an mich.




(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
虹の断面図(2013)

何でもない会話から目を逸らす
それが美しいと言い続けながら
無彩色の虹を覗いてる

友達のアドバイスも聞かず 
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく。
当然の返信に涙、零れながら
僕は歌を綴ってた

あの日からもうこんなに時が過ぎた。
美徳、持論、迷いを吐き続けながら、
無彩色の虹を覗いてる。

一昔の後悔を引きずり、
僕は人ごみから離れて、
プラチナの雨が止むまで見届ける。

色鮮やかの様、恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込んでく、 
断面図、眺めてみたんだ。
当然の返信に 空を見上げながら、
僕は僕を疑う。

遥か、遥かそんな様な風景も、 
3歩程度で通り過ぎてしまう現実。
「暗黙の了解」の樹海に迷い込み、 
僕は膝をついた。
「あれもこれも誰にでも
笑顔で切り抜けよう」
不思議だね。皆僕を見てる。 
無関心という言葉を浮かせて。

あの頃夢見てた恋心はプラスティック。
雨が止み、七色の虹に切り込みを入れてみたんだ
当然の返信に空を見上げながら、
僕は僕を信じる。


(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/07

Pysyvästi vihreä(Finnish)

Pysyvästi vihreä(2013,Finnish)

Järjestä punainen, sininen, vihreä paletti
Valkoinen, musta ja keltainen ovat samassa paikassa
Oh, seitsemän värin sateenkaari
Voit värittää kaiken eläväksi
Jätä se minulle.

Keltavihreä, ruskea paletti loistaa
Purppura, voin hyväksyä kirsikan kukkien värin
Voi meren meri
Voit tehdä siitä värin, joka ei näytä vähän
Jätä se minulle.

9: 24,
Tehdään myös yksi paratiisi täällä
Tämä on se, minun väri on kiusallista
Mutta tällainen väri, kuinka hieno on se?

Minulle kerrotaan, että he ovat kymmeniä muita
Mikä väri olet? Mikä väri olen?
Älä katso sitä näin tikkaiden hallitsijassa
Surulliset primäärivärit heijastuvat peiliin
Syötä labyrintti, ikuisesti vihreä
Se menee pitkälle kauas

Yksi sana, yksi täällä,
Jos annat värin
Väri, värikylläisyys pelkää
Uusi väri, miksi ei?

Niin, se on se.
Harmaa kaupunki taivas on tummaa väriä
Itsemurha toimii moottoritien yli joen auton
"Mestari, hyvää mieltä!"
Älä katso tällaisia ​​silmiä
Karkeat primäärivärit peilissä
Pysyvästi, ikuisesti vihreä
Aina värjätty ikuisesti ja ikuisesti ...







(Designed by.Takashi Hayashitani)


(Japanese)
永久にグリーン(2013)

赤、青、緑 パレットに並べる
白も黒も黄色も 皆同じ所へ
ああ 七色の虹よ
全部ビビッドに彩ってもいいじゃない
僕に任せておくれよ

黄緑、茶色 パレットは輝く
ç´«、桜色も僕は受け入れるよ
ああ 七色の海よ
ちょっと似合わない色にしてもいいじゃない
僕に任せておくれよ

9時24分、
ここにもひとつ、楽園を作ろう
これがそう、僕の色 なんか照れくさい
でもこんな色、なんて素敵じゃない?

あのさ 十人十色と謳われるけれど
君は何色?僕は何色?
杓子定規に そんな目で見ないで
鏡に映る 意外な原色
迷宮入り、永久にグリーン 
染まり行く ずっと遠くまで

言葉にひとつ、ここにもひとつ、
色をつけるなら
君の色、僕の色 混ぜこぜにして
新しい色、なんていいんじゃない?

ああ、あのさ 
灰色の都会 空は暗い色
車の川を渡る 自殺行為のハイウェイ
「策士!常識!」 
そんな目で見ないで
鏡に映る 粗末な原色
永久に、永久にグリーン 
染まり行く ずっとずっとずっと…

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)

2017/08/06

Sky·High

Sky·High(2005)

Unusually the overhead is blue one color
Without seeing the reality you looked over
Always somewhere cloudy
There is no guarantee to deliver even if you want to cry

Good music for your body
Introducing in favorite
Let's find a gap

Sky High
Gray Sky Boiled Ending
Little by no means
You should say words

What on earth has that man on earth
I guess it was a bitter smile on me
Always somewhere cloudy
There's no tightness even after cleaning

A good choice for your body
Introducing in favorite
Let's pry the gap

Sky High
Gray sky
Not always boiling
Little by no means
You should say words

From tomorrow to choose
Take a finger

Sky · high
Everyone so much,
it's not scary
Little by no means
Let me know the words







(Designed by.Takashi Hayashitani)

(Japanese)
スカイ・ハイ(2005)

珍しく頭上は青一色
見渡した現実はそうは行かずに
いつもどこかが曇りがち
叫びたくても 届く保証がない

体に良い音楽を
好き好んで取り入れて
隙間を見つけていこう

スカイ・ハイ
灰色の空 煮えたぎらない結末
少しずつ整頓して
言葉にすればいい

あの人はいったい何を持って
僕に苦笑いしたんだろうね
いつもどこかが曇りがち
掃除をしてもキリがない

体に良い選択を
好き好んで取り入れて
隙間をかき分けよう

スカイ・ハイ
灰色の空
煮えたぎらない いつも
少しずつ整頓して
言葉にすればいい

選ぶべき明日の中から
指をさして

Sky・high
みんなそんなに
恐いわけじゃない だから
少しずつ整頓して
言葉を僕に聞かせて

(Takashi Hayashitani Pop poetrist)